おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年04月07日

「ANTONY AND CLEOPATRA」

月曜の1本目は音楽もののはずなのに、映画となり、しかもローテーションから飛んで「A」で始まる作品に飛んだのは、チャールトン・ヘストンの訃報が届いたためです。カチンコ「ベン・ハー」「十戒」「猿の惑星」などの代表的な出演作はこれまでに述べているので、彼の初監督作品であるこの作品を選ぶことにしました。享年84歳でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

表題の作品は1971年の映画「アントニーとクレオパトラ」である。この作品はアカデミー賞も獲得しているC.ヘストンが初めて監督を務めた作品でもある。また、脚本もヘストンであり、彼は監督、脚本、主演の三役を本作で担っている。

作品データを記しておくと、時間は170分、アメリカ、イギリス、スイス、スペインの合作映画である。原作はウィリアム・シェイクスピア、製作はピーター・スネル、監督と脚本はチャールトン・ヘストン、撮影はラファエル・パチェコ、音楽はジョン・スコットである。そして出演は、チャールトン・ヘストン、ヒルデガード・ニール、フェルナンド・レイ、ジョン・キャッスル、エリック・ポーター、フアン・ルイス・ガリアルド、カルメン・セヴィラ、フレデレック・ジョーンズ、たちである。

1969年のカチンコ「ジュリアス・シーザー」に出演して以来、ヘストンが映画化を熱望していたシェイクスピア原作の本作は、監督、脚本、主演を兼ねる意欲作であり、壮大なスケールのスペクタクル劇となっている。また、戦争のシーンの迫力は凄い。アントニーとクレオパトラの悲劇の愛を、3時間近い大作として描いている。

シーザーの死後4年が流れ、繁栄を極めたローマ帝国にも内乱の兆が現れてきた。アントニーは北アフリカにいて、エジプトの女王クレオパトラとの恋に落ちていた。ローマにいるアントニーの妻・ファルビアと弟のルーシアがオクタビアスに戦いを挑み、敗れて散ったという知らせがアントニーに届く。また、ポンペイの軍がローマに迫っていた。アントニーは急いでローマに戻ると、ポンペイ軍を制圧するためにオクタビアスの姉・オクタビアと結婚して戦いに行き、ポンペイ軍を壊滅する。平和を取り戻したローマに戻ったアントニーは、オクタビアを振り切って再びクレオパトラの元に走った。するとオクタビアスは、アントニーの一族に対する侮蔑と背徳行為に激怒して、アントニーとクレオパトラのいるアレキサンドリアへと大軍を送り込んだ。アントニーは敗北するが、クレオパトラがアントニーの心を癒してくれる。オクタビアスはアントニーを引き渡すようにクレオパトラに使者を出し、クレオパトラはこれを承知するが、アントニーはこれを侮辱と受け止めて再び戦いを挑む。が、大軍の前には歯が立たず、再び地にまみれた。アントニーはこの敗北はクレオパトラの裏切りのせいとして激怒するが、アントニーを恐れたクレオパトラは砂漠にある秘密の廟に身を隠したが...

アントニーとクレオパトラの愛のドラマであるが、そのドラマの方は特にこれというものが無くて平凡なものである。本作の魅力は、何と言っても戦いのシーンである。見応え満点の迫力の戦争シーンは必見である。

C.ヘストンが亡くなったということで、NHKの衛星映画劇場が近いうちに予定を変えて、彼の出演作を放送してくれるのではないかと思うが、「ベン・ハー」や「十戒」ではなくて本作を放送するということは出来ないでしょうかねぇ...(「ジュリアス・シーザー」でも構わないが、本作は監督と脚本まで務めているだけに、追悼企画としたらピッタリだと思うのですけど...)

チャールトン・ヘストン

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 芳賀書店
  • 発売日: 1981/09
  • メディア: 単行本


チャールトン・ヘストン―スペクタクルの輝ける勇者 (1974年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 芳賀書店
  • 発売日: 1974
  • メディア: −
 
↓本作のソフトが無いので、C.ヘストン出演作をいくつか。

ベン・ハー 特別版(2枚組)

ベン・ハー 特別版(2枚組)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション

十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD
地球最後の男 オメガマン

地球最後の男 オメガマン

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD
ソイレント・グリーン 特別版

ソイレント・グリーン 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD
ミッドウェイ 特別版(ユニバーサル・セレクション第6弾) 【初回生産限定】

ミッドウェイ 特別版(ユニバーサル・セレクション第6弾) 【初回生産限定】

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD
猿の惑星 (ベストヒット・セレクション)

猿の惑星 (ベストヒット・セレクション)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
大いなる西部

大いなる西部

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD
ダンディー少佐

ダンディー少佐

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。