おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年03月30日

篤姫#13

薩摩を出た篤姫。ということで今回から舞台が変わることになったが、今回は新たな舞台となる江戸までの物語と、江戸での波乱の物語の序章でした。ちょっと息抜きという感じの物語と言うこともあって、またもコミカル調が復活し、青春ドラマという雰囲気に戻っていました。しかも、篤姫だけでなく、尚五郎もしっかりとコミカルなピエロの役割を担っていて、ピエロ・尚五郎の存在感がありました。(ピエロとしての存在感ですけど...)

船に乗って大坂に向かう篤姫一行。海が荒れているということで船酔いに苦しむが幾島がしっかりと篤姫をフォローしていて、この二人の間に信頼の絆が強くなった所はポイントでした。

京に入った篤姫は近衛家へ挨拶に行く。修学旅行とは少し違うが、旅を楽しんでいた篤姫は、ここで一本笑いを取ってくれた。(海で塩味にというのは、なかなか面白い発想でした。)

江戸に向かう途中、富士山を目にした篤姫。標高3776mの富士山と1117mの桜島とでは、やっぱりスケールが違いますね。→そんなことよりも、あの富士山を目にしたら「恋する日曜日・文學の唄」の11話「彼女の告白」をちょっと思い出しました。

江戸に到着し、薩摩藩邸に入ったが、I丸城に入った時と同様に、ちょっと場違いな所にやってきてしまった、というような雰囲気がありました。が、母・英姫との対面はなかなか叶わず、色々と不満を(幾島に)言う篤姫。幾島に対しても随分と変わったものです。

そして、ついに対面となったが、冷たい態度で、しかも顔もはっきりと見せないということで、何か、悪事を企む黒幕と言った風に見えたのですけど...→北原佐和子が老女の中にいたが、彼女が殺されて、その犯人という2時間ドラマでは?と思いました。

一方、尚五郎は、斉彬の江戸行きに同行することが出来ず、篤姫(当時は於一)にふられた時の呆然とした状態をまたも出してたが、そういう役回りが板に着いちゃいましたね。この後、江戸行きが決まった西クが頭角を現すようになり、それを耳にした尚五郎が焦るというピエロぶりを発揮してくれそうですね。

次回は、2時間ドラマではないが、事件が起きそうです。篤姫は輿入れの話が進まず不満をぶつけて爆発。一方で老女・北原佐和子が何者かに殺され、江戸城からたまたまやってきていた高村さんがしゃしゃり出てきて、暇つぶしになると思って「・高村コンビ」を結成。「匂う、悪の香」となった方が面白かったりして...

それよりも、今回は放送終了後の番組宣伝で「クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス」の予告が流れて、ちゃんがいたことの方が頭に残りました。→の夢の共演を期待しているのですけど...

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: ムック

篤姫―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)

篤姫―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本
NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)

NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川ザテレビジョン
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: ムック
NHK大河ドラマ[篤姫] 完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK)

NHK大河ドラマ[篤姫] 完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: 大型本
↓この作品もとっても良い物語です。
恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション

恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション

  • 出版社/メーカー: KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(D)
  • メディア: DVD
↓長女&次女の共演を見たい!!
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
↓分家の長女&次女はこちらで共演しましたが...(初回分はHD-DVD付きという骨董品でもあります。)
ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森~銭形海+THE MOVIE 2.1~

ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森~銭形海+THE MOVIE 2.1~

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • メディア: DVD
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(23) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『篤姫』第13回「江戸の母上」
Excerpt: 2008年『篤姫』第13回。。島津氏って宮崎県から出た家柄なのね。。しらなかった。。船旅は、やっぱり揺れるのね。。大荒れの日向灘。 篤姫、酔う。で瀬戸内海から京へと。。江戸の母上・英姫から西陣織の生地..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-03-30 20:54

篤姫(3月30日)
Excerpt: 冒頭で都城こそ島津発祥の地、という曰くつきのエピソードが流れましたね。 昨年の風林火山でも山本勘助出生の地ということで似たような話しがあったような・・・ こういうのもなんですが、NHKに物申してみ..
Weblog: 今日感
Tracked: 2008-03-30 20:56

「篤姫」第13回
Excerpt: 第十三回「江戸の母君」徳川将軍家の御台所になるため、篤姫はまず船で大坂に向かう。荒い波にもまれ激しい船酔いに苦しむ船旅となったが、篤姫と幾島の絆はさらに深まった。その後、篤姫らは京都の近衛忠熙に挨拶に..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-03-30 21:03

篤姫 第13回 江戸の母上様
Excerpt: 内容九州を出発した篤姫たちは、船酔いに悩まされながらも、無事京都に到着した。数日後、島津家と深い繋がりのある京都の近衛家近衛忠煕を訪ねた篤姫、幾島。そんななか、近衛家老女・村岡から御台所は公家という噂..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-03-30 21:08

大河ドラマ「篤姫」第13話「江戸の母君」
Excerpt: 御台所になる前に、まずは京の近衛家の養女となることになった篤姫。でもえらく船酔いが激しいようで・・・。大変ですねぇ(^^;)でも寝ずの番をして、菩薩まで用意してくれたと幾島のこと、篤姫はちょっと心を開..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-03-30 21:11

篤姫 江戸の母君
Excerpt:  英姫役の余貴美子さん、まってました!! ほんとに演技が上手で、他の女優さんたちが、学芸会をしているように見えてしまいました。 最近、映画「クロサギ」を見に行ったら、病室の中に介護士役の佐々木すみ枝さ..
Weblog: 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集
Tracked: 2008-03-30 21:22

大河ドラマ「篤姫」 第14回「江戸の母君」
Excerpt: 船で江戸に向かう篤姫一行ですが、激しい揺れに みな船酔いで、見ているほうまで、なんだか酔ってきそう・・・。 一方 薩摩では、斉彬の江戸への参勤に伴い 人事異動です。 尚五郎は、江戸に行くのは 自分..
Weblog: 風のうわさ
Tracked: 2008-03-30 22:13

篤姫・第13話
Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 今日はちょっと遅くなってしまいました(来週はもっと遅くなると思いますが)さて→篤姫第13話です。 【篤..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-03-30 22:20

大河ドラマ篤姫第13回「江戸の母君」
Excerpt: いよいよ大奥の扉を開けようとしている。
Weblog: よく考えよう
Tracked: 2008-03-30 22:24

篤姫〜第13話・英姫
Excerpt: 篤姫(宮崎あおい)は、帆船に乗って京都に向かいますが、海が荒れて船酔いで苦しみます。船がどんなに揺れても幾島(松坂慶子)は泰然自若としており、下女たちをテキパキと指図して姫様を介抱させます。頼りになる..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-03-30 22:43

『篤姫』第13回
Excerpt: 〜江戸の母君〜 
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-03-30 22:44

篤姫 第13話 『江戸の母君』 感想…追記・大食い女王
Excerpt: 原作読み始めました〜!バックグラウンドを知れて中々に興味深いです。 感想参りますわ〜。
Weblog: またつまらぬものを書いてしまった
Tracked: 2008-03-30 22:53

★ここまで来たら殿を信じるしかないよ・・「篤姫13」
Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜長塚パパ。。とりあえずご無事でなにより。。大河ドラマ「篤姫」江戸行きならず尚五郎ショ〜〜ック。。今回の江戸行きに選ばれたのは西郷どん。..
Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・
Tracked: 2008-03-30 23:01

篤姫〜第13話・江戸の母君
Excerpt: 篤姫は船酔いしますが、幾島が適切に介抱してくれます。少しずつ二人も仲良くなっていきます。まずは京都に向かいますが、幾島は近衛家で江...
Weblog: テレビドラマ図鑑〜データベース
Tracked: 2008-03-30 23:31

篤姫 第13回「江戸の母君」!
Excerpt: <忠誠心!>「馬子にも衣装とはこのこと!」幾島もつい本音が!「まだ正式には決まったわけでは・・・」斉彬の話と違います。「お世継ぎが治める国は既になくなっとるわ」水戸のご老公も口が悪いですね。なぜ、尚五..
Weblog: バレルオーク
Tracked: 2008-03-30 23:32

篤姫「江戸の母君」
Excerpt: 篤姫「江戸の母君」 さーてさて、江戸へ向かう篤姫は日向灘の時化で船酔いゲロゲロです。 幾島は船酔いしないみたいですね。 寝ないで看病してくれた幾島に「信頼」を寄せるようになった篤姫。 その頃、今和..
Weblog: 『ならうよりなれろ!!』
Tracked: 2008-03-30 23:45

篤姫 #13 江戸の母君
Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 薩摩の今泉島津から本家の島津家に養女入りして、尚且つ京の...
Weblog: ビヨビヨ素材日記
Tracked: 2008-03-31 00:38

篤姫「江戸の母君」
Excerpt: 篤姫「江戸の母君」 近衛家は名門なのですね。 五摂家筆頭らしい。 この名門家と600年も付き合うのある島津は、昔は近衛家の家来だったのか?。 侍女のしの帰る。 しのが…、篤姫に随行せず薩摩に残った..
Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。
Tracked: 2008-03-31 07:27

第13回「江戸の母君」
Excerpt: 島津家発祥の地、そこは東国原英夫(そのまんま東)宮崎県知事が学生時代までの18年間を過ごした出身地たる、今の宮崎県都城市に広がっていた近衛家の荘園・島津荘に苗字が由来するのだそうだ。ただ、今の宮崎県都..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-03-31 19:24

一途に
Excerpt: 『なおごろう 薩摩を頼んだぞ!』 琉球への任を命ぜられた小松の言葉 殿を信じる道を選んだ小松 葛藤を乗り越えた 小松 なおごろう 頼んだぞ!
Weblog: 何もかも,気軽に行こう!何とかなるさ☆
Tracked: 2008-03-31 21:11

「篤姫」第一三話
Excerpt: 主と従・・・上に立つ者と仕える者。 異なる立場に生まれる信頼と絆と忠誠・・・とやりきれないさ。 第一三話『江戸の母君』
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
Tracked: 2008-03-31 21:54

篤姫 第13話
Excerpt: ついに船で薩摩を後にした篤姫でしたが…
Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・
Tracked: 2008-03-31 23:54

篤姫「江戸の母君」
Excerpt:  ついに江戸へ。  篤姫と幾島の関係が少し変わったのが印象に残る。  少しじゃねーのか。後半、英姫の態度で困惑、調べる、と宣言したときなんか。  尚五郎、後塵を拝す。まさか西郷に先を越されるとは思わ..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-04-01 22:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。