おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年03月30日

ケータイ刑事銭形海39話[Final](3rd.13話・感想)+次回予告(東京少女・山下リオ)

二段構成で記してきた「銭形海」であるが、遂に最終回となりました。(最後まで二段構成で記します。)放送後の最初は、いつものように簡単な感想と次回予告についてです。(今回の「次回予告」は後番組の「東京少女」・山下リオ」の第1話「初恋ダッシュ」についてとなります。)

最終回の物語は、当然ながら相棒との別れの物語でもあり、「さらば松山刑事! 〜愛のメモリーは聞こえるか?」という物語です。やはり、相棒との別れの物語となると、一味違いますね。今回は松山さんに見せ場がしっかりと用意されていて、いい感じでした。

最初は、松山さんの栄転を祝う送別会ということで、語られてはいなかったが、ちゃんはやはりおじいちゃまから松山さんの栄転のことを聴いていましたね。但し、プレゼントを揃える(買ってきた物を贈った)時間があったということで、昨晩ではなく、数日前に教えられたのでしょうね。

松山さんはパプアニューギニア警察に出向ということで、ちゃんの相棒はみんな遠くに言ってしまうことになりました。(高村さんはスコットランドヤード(イギリス)、五代さんは沖縄ですからね)ある意味では銭形とコンビを組むと言うことは、裏の出世コースですね。

今回は岡野警部の名前もしっかりと出てきたが、来るべきカチンコ「M3」ではちゃんと岡野さんがコンビを組むことになるのでしょうね。(ちゃんの相棒はまたも松山さんか?)で、その岡野さんはヨーデル検定4級の資格を受けにスイスに行っていた、ということで、「2nd.」の時に五代さんがもうすぐ1万になると言っていたけど、確実に1万は突破しているでしょうね。(岡野さんの復帰が楽しみです。)

ゲストの木之元亮は「太陽にほえろ!」のロッキー(岩城創)ではなくて波越哲平ということだったが、ロッキーは殉職しているのだから、これも当然でしょう。が、「富士見署」ということでは「トミーとマツ」だし、松山さんが「山登りしてるか?」と尋ねていて、「グロッキーで...」という答えは「太陽にほえろ!」をたっぷりといじっていて、面白い所でした。→「太陽にほえろ!」のロッキーのキャラを使い、さらには駄洒落で返すなんて、流石はエース・KJ脚本ですね。(何を求められているのか、ちゃんと分かっている。)

今回の事件は、赤坂刑務所から脱獄というのが、赤坂刑務所は「日本のアルカトラズ」と言われている脱獄不可能の刑務所である。(「・10話」を参照されたし。今回はそのことは語られていませんでしたが...)→この設定を知っていたら、これもヒントになります。

ちゃんから松山さんへのプレゼントの「日ピジン辞典」が出てきた時、まさかこれを使ってカチンコ「荒野の1ドル銀貨」をやるのか?と思ったら、その通りになっちゃったが、「・2nd.14話」の古銭のストラップによるカチンコ「荒野の1ドル銀貨」の再現をここで繰り返しても仕方ないですし、これはこれで良かったところです。

その前のところでるんるん『愛のメモリー』がたっぷりと流れて、しかもこれまでの「・3rd.」でのシーンのいくつかが出てきた所はちょっとウルウルときました。曲も良い曲ですし、「名曲はいつの時代でも名曲である」と筆者は言っているが、その言葉に誤りのないことを改めて感じた所でした。

今回の物語では、これまでのシリーズのいくつかの物語を思い出させてくれた。逆探知の所では「・26話」を、松山さんが廃工場に入って行く所ではカチンコM2」を、ピンチの松山さんを間一髪でちゃんが現れた所は「・11話」を、ちゃんの叫びは「・2nd.4話」を、港での別れのシーン(パプアニューギニアに行くのに飛行機ではなくて、どうして船でいくの?)は「・2nd.22話」や「・1st.26話」等複数を、それ以外にも、「」「」「」「」「」の物語をいくつか思い出しました。

ちゃんは、松山さんにもイルカのストラップを最後にプレゼントしていたけど、やっぱり手作りストラップも用意していたんですね。

ただ、「・2nd.14話」のような展開(=ちゃんは二階級特進で警視監に昇進)はありませんでした。ということで、カチンコ「M3」でのちゃんは警視正のままで、(TVシリーズでコンビを組んでいない)岡野さんとおそらくコンビを組んだ「M3」の最後に二階級特進で警視監に昇進ということですかね。

鑑識メモの方は、「銭形海」では「さかなへんの漢字シリーズ」が続いていたが、最後に3つを出して(「鰆」「鰍」「鮗」)松山さんネタに繋いだが、上手い所でした。また、束志ということで「・2nd.14話」に準じた所もありましたね。で、「また会う日までさようなら」と言ってたけど、「M3」か7代目(ちゃんの妹・三女)には登場してくれるでしょう。(「柴田太郎復帰」というのも期待しているのだが...→7代目では、相棒は変わらず、鑑識が途中で交代という手があるかも???)

そして、「鑑識メモ」から続く形でご挨拶(いつもは「着ボイスDL」の部分)ということになったが、こういう形だと地上波での放送でも流しやすいかもしれませんね。

ということで、第四期「ケータイ刑事」も9ヶ月で幕となりました。「シリアス路線」でいくと言っていたが、シリアスな物語から、コメディ色の強い物語まで、これまでに築き上げられた「ケータイ刑事・ワールド」をしっかりと継承しながら、「世田谷区下北沢」が新たに事件多発地域に加わったこと、そして何と言っても「舞台」ということで、「ケータイ刑事・ワールド」を更に広げてくれた6代目・ちゃん。お疲れ様でした。(柴田束志さんも9ヶ月連続の2度目、お疲れ様でした。)また、1クール3ヶ月ごとでしたが、高村さん、五代さん、松山さん、ありがとうございました。7代目の登場を待っています。

また、「・3rd.」はTVシリーズに初登場となる松山さんが相棒ということで、やはり「トミーとマツ」での脱線ぶりが頭に浮かんだし、五代さんとキャラが被らないか心配したが、思った以上にシリアスな方向に進んでいき、五代さんとも差があって、引っかき回すだけにならなかったのは良い所でした。7代目以降でも再登場願いたい所です。

他にも色々と思い浮かぶこともあるが、それは火曜日にUPする方に記すことにします。

次回からは、「東京少女・山下リオ」がスタートする。(毎月一人の女優が週替わりで別々の設定・役柄にチャレンジ!ということなので、山下リオは4月です。5月以降は「セピア編」にも登場した顔ぶれがやっぱり有力???)まずは「初恋ダッシュ。」という物語です。次回予告ではるんるん『イケナイ恋』が流れていたが、やっぱりこの曲が主題歌になるということ何ですかね。また、次回予告を見た範囲では、「恋日・3rd.」のような若い女の子の物語のように感じました。とりあえずはHPの更新を見てから、火曜日にUPする方にもう少し詳しく記すことにします。

一つキニナルのは、プレゼントのアンケートについてである。「銭形海」では、アンケートに「土曜23時ドラマ枠で好きな番組は何ですか?」という質問の選択肢が「ケータイ刑事シリーズ」「恋する日曜日シリーズ」「両方とも好き」「どちらでもない」の4つなのだが、これがどうなるのか、ということである。(この質問が無くなるというのが無難なところ...)→「銭形海」でも1度当選した筆者だが、今後も応募はしていきます。(でも、次はいつ当たることになるのかなぁ?)

今回で最終回を迎えた「銭形海」であるが、来週からは日曜日の朝10時で1st.1話から再放送が始まる。(4/6スタート)また、関西ではMBSでも4/10(木)深夜から「銭形海」の放送がスタートする。→関西では、同じ週にBS-iとMBSで同じ物語が放送されるということになります。(いずれMBSの方はお休みが入って、週遅れとなり、BS-iの再放送終了(=2008年年末)時点では2〜3週遅れになるのではないかと思いますが...)

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森~銭形海+THE MOVIE 2.1~

ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森~銭形海+THE MOVIE 2.1~

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • メディア: DVD
↓歴代ケータイ刑事
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
↓一応「ロッキー編」を
太陽にほえろ! 1977 DVD-BOX 2 ボン&ロッキー編 (初回限定生産)

太陽にほえろ!4800シリーズ Vol.47「ロッキー婚約編」

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: VHS
↓やはり名曲です。

愛のメモリー

  • アーティスト: 松崎しげる/田中星児,松崎しげる,田中星児,たかたかし,D.Boone,R.McQueen,馬飼野康二,あかのたちお,カラオケ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1993/10/27
  • メディア: CD
↓こういうものを

ピジン語小辞典

  • 作者: 守田 健一
  • 出版社/メーカー: 泰流社
  • 発売日: 1990/12
  • メディア: 単行本
 

実用パプア(ニューギニア)語入門―発音・文法・会話集・単語集

  • 作者: 戸部 実之
  • 出版社/メーカー: 泰流社
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

新ニューギニア語入門 (1975年)

  • 作者: 岩佐 嘉親
  • 出版社/メーカー: 大陸書房
  • 発売日: 1975
  • メディア: −
 

ピジン・クレオール入門 (シリーズ・21世紀の言語学)

  • 作者: ロレト トッド
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 1986/07
  • メディア: 単行本
はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば

はじめてのピジン語―パプアニューギニアのことば

  • 作者: 岡村 徹
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本
↓やっぱりこの作品も...
荒野の1ドル銀貨 スペシャル・エディション

荒野の1ドル銀貨 スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • メディア: DVD
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 01:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 なぜ船か。
 それはやっぱり海だからでは。
Posted by makiray at 2008年03月30日 22:40
無難な回答ありがとうございます。
飛行機だと、機内で日焼けは出来ないですが、船だと途中でも日焼けをすることも出来るからでしょうかねぇ。
また、「栄転?」というように「?」があったので、直ぐに赴任しなくても良いということもあるのでしょうね。
尚、「噂の刑事トミーとマツ」で確認していませんが、飛行機恐怖症ということはなかったと思います。
Posted by MEICHIKU at 2008年04月01日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ケータイ刑事 銭形海3rd #13「さらば松山刑事!愛のメモリーは聞こえるか?」
Excerpt: パプアニューギニア警察に出向って栄転なんですかね? どう考えても左遷な気がして仕方ないんですが…。 「ケータイ刑事 銭形海」最終回...
Weblog: 『真・南海大決戦』
Tracked: 2008-03-30 21:46

銭形海「バカ」
Excerpt:  って言った時の海がすっげぇ可愛かった。 「さらば松山刑事!〜愛のメモリーは聞こえるか?」  暗い部屋に入ったら保護色でマツが見えない、とかいうネタを期待した俺は人でなしですかそうですか。  さすが..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-03-31 07:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。