おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年03月30日

ケータイ刑事銭形零18話(2nd.5話)[裏ネタ編]

今回の「銭形零[裏ネタ編]」は、2nd.5話(通算では18話)となる「富豪刑事もビックリ!勝手にコラボレーション 〜刑事まつり殺人事件」という物語についてである。ということで、今回は「コラボレーション」について、「富豪刑事」について、そして劇中に登場した「いたこ」について記す。

尚、MBSの放送の時に記事は「ここをクリック(MBS)」、BS-iの再放送時に「[改訂版]」として記したものは「ここをクリック(改訂版)」して下さい。

コラボレーション」:英語の単語は「COLLABORATION」。意味は「協同」「協力」「合作」「共同制作」である。日本語では「コラボ」と省略して言われることもある。

特に音楽や漫画ではよく見られるものであり、いつもは別々に活動しているアーティストが一時的に一緒になって同じ作品を製作するというものである。(常に組んで、ということになったら「コラボ」とは言わない。)古くは'50's、'60'sの時代から行われていたが、音楽の世界では'80'sの中盤からやたらと多くなった。

'90'sになると、更に「コラボ」というものは多くなり、全く異業種の企業(例えば、雑誌社と特定企業など)が組んで、共同企画ということで色々と生まれている。更に、雑誌がTV媒体に変わったものとして、CM、映画、ドラマなどにも「コラボ」ということが行われるようになった。

音楽の世界では「Featuring(フィーチャリング)」、「Tribute(トリビュート)」、映画やドラマの世界では「Hommage(オマージュ)」と呼ばれるものがあるが、これらと「コラボ」が混同されているが、別物である。「コラボ」は単に共同制作/合作というものであるが、、「フィーチャリング」は「客演」という意味があってメイン・アーティストのアルバムに参加する場合に使われる。(あくまでも「客演」であって、メインにはならない。しかしこれは「コラボ」の一種と言うことも出来る。)「トリビュート」は「賞賛」という意味があって、他への賞賛として捧げられるものである。(コンサートではよく見られる。場合によっては「コラボ」になり得る場合もあるし、なり得ない場合もある。)「オマージュ」は「尊敬」「敬意」と言う意味があり、先人に敬意を払いながら似たような作品を創作することであり、映画やドラマに多く見られる。(「コラボ」にはならないことが多い。)→「敬意」の無い「オマージュ」は単なる「パクリ」である。

よって、今回の物語のサブタイトルに「勝手にコラボレーション」とあるのは、「富豪刑事」との共同制作ではないので、ある意味では正しい表現である。(いや、正しいのなら「コラボ」というタンゴは出てこないはず...)

富豪刑事」:筒井康隆原作の連作推理小説であり、発表されたのは1978年のことである。4編から構成される短編小説である。2005年の第一四半期にドラマ化され、2006年の第二四半期には第2弾となる「富豪刑事デラックス」が製作された。(共に全10話、主演は深田恭子)

この物語の本放送は2005/1/30であり、丁度「富豪刑事」も(地上波、しかもテレ朝系なので他局も他局である。)放送されていた。五代さんを演じている山下真司が鎌倉警部を演じていたこともあるが、本放送中の他局のドラマのキャラクタが登場するという異例のことになったが、こういう冒険をするところはやっぱりBS-iらしい所である。

尚、第1弾の「富豪刑事」の主題歌はるんるん『愛のメモリー』であり、オリジナルの松崎しげる(当然、松山さんです。)ではなくて及川光博がカヴァーしていたが、今になってみるとこれも「ケータイ刑事」ならばネタにしてくれそうな所である。(当時は、松山さんはまだ「ケータイ刑事」との接点はありませんでした。)

いたこ」:「いちこ」とも言う。東北地方において、口寄せ(いたこよせ)を行う巫女のことである。死者や行方不明者の霊を自分に乗り移らせて、その言葉を語る。口寄せとしては、毎年7月に行われる青森県・恐山大祭で行われるものは有名である。交霊術を使うということで、霊能力者とされているが、先天的または後天的な盲目の女性というのが多かった。(科学的な説明は出来ないが、)弱視であることから厳しい修行を経て交霊能力を身につけた霊能力者ということになる。→そうすると、今回の物語に登場した「いたこ刑事」はちょっと珍しいということになる。とは言っても、いたこは心理カウンセラーのような側面も持っているので、いたこ刑事のような人がいても不思議ではないですけど...

尚、青森県の津軽のイタコの習俗、秋田県の羽後のイタコの習俗、等は、現在では国指定選択無形文化財となっている。

※来週4/6からはBS-iで「銭形海」の再放送が始まるので、毎週日曜のこの枠は「銭形海[裏ネタ編]」にします。これまで週2で記してきた「銭形零[裏ネタ編]」は週1のペースになります。


ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
↓地上波ならともかく、BS-iがこれの再放送を始めるなんて、余りにも早すぎる...

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
↓参考まで

コラボレーション・プロフェッショナル―ゼロベース思考の状況マネジメント

コラボレーション・プロフェッショナル―ゼロベース思考の状況マネジメント

  • 作者: 齋藤 嘉則
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本
ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ

ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ

  • 作者: ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2007/06/07
  • メディア: 単行本

霊場・恐山とイタコ (1976年)
  • 作者: 祐川 法幢
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 1976/05
  • メディア: −


巫俗と他界観の民俗学的研究

  • 作者: 高松 敬吉
  • 出版社/メーカー: 法政大学出版局
  • 発売日: 1993/02
  • メディア: 単行本


下北のイタコ物語

  • 作者: 森 勇男
  • 出版社/メーカー: 北の街社
  • 発売日: 1991/06
  • メディア: 単行本


イタコとオシラサマ―東北異界巡礼 (Esoterica selection)

イタコとオシラサマ―東北異界巡礼 (Esoterica selection)

  • 作者: 加藤 敬
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本

↓「富豪刑事」関係

富豪刑事 (新潮文庫)

富豪刑事 (新潮文庫)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1983/01
  • メディア: 文庫

富豪刑事 DVD-BOX

富豪刑事 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


富豪刑事デラックス DVD-BOX

富豪刑事デラックス DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


 

愛のメモリー

愛のメモリー

  • アーティスト: 及川光博,たかたかし,岡村靖幸,塚崎陽平,高野康弘
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2005/02/23
  • メディア: CD
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。