おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年03月23日

篤姫#12

薩摩編は今回までということで、今回は薩摩を旅立つ所まで、という物語。今後もしばらくは薩摩も出てくるが、篤姫が今後薩摩の地にということはない。ということで、細かく分けると、今泉編とI丸城編に分けられる「薩摩編」はここまでということになりました。

物語は、薩摩に別れを告げるための儀式と逝っていいものがたっぷりと描かれていて、まずは江戸に出立する篤姫のお披露目の宴ということで、家臣たちとの対面が続く。

途中で、ちょっとうんざりふらふらという表情を見せていたところが良かったですね。で、久しぶりに父と母と対面することになったが、感情を抑えきれなくなってたらーっ(汗)泣き崩れてしまった。で、幾島がそのことを厳しくしかる。が、その後で斉彬は今泉島津家の面々を呼び、久しぶりの水入らずの対面をする事が出来た。→分かっているが、ちょっとウルウルと来ました。

そして、ついに江戸に出立する日がやってきた。籠に乗り、今泉島津家を通り、桜島が見える思い出の場所へ向かう。そして、桜島に薩摩を守ってくれるように願った。

途中で尚五郎は行き先を察知して駆けてくるのは良いのだが、それまでは失恋の傷を何処かに引きずっていた尚五郎だったが、本当に薩摩から旅立っていく篤姫の姿を目にして、今度こそようやく吹っ切ることが出来たようですね。

船に乗った篤姫は桜島を眺めながら涙を流した。そして幾島に「お前は嫌いだ」と言ってから「薩摩を思って泣くのはこれが最後」と誓った。

篤姫の旅立ちということで、今回は「別れ」ということがベースに置かれる物語であったが、それぞれ異なる立場の登場人物たちがそれぞれ違った反応をしていて、これまでの物語に区切りを付けることになり、いい感じにまとめていましたね。ただ、「お涙頂戴」の方向に持っていこうとするのがちょっと多すぎましたけど...

今泉の父が、篤姫を見送った後に倒れたが、これは今後も何かあれば登場させようという魂胆のように感じてしまったのですけど...

今回はもうやだ〜(悲しい顔)涙とわーい(嬉しい顔)笑顔の両方が印象に残った篤姫であるが、あおいちゃんはやっぱり上手いですね。ただ、たらーっ(汗)泣きの演技はちゃん(芽以ちゃん)の方が一枚上手だと思いますけど...(何処かにちゃん、更にはちゃん、ちゃん、ちゃんを出演させてもらいたいと思っているのですけど...)

次回からは江戸に入る前で、篤姫は京にいるということになる。その後に江戸に輿入れすることになるが、簡単に輿入れとはならず、ちょっとドラマが展開されることになるが、まずは新たな登場人物を学んでおかなければ...

↓再びこれで登場人物を学んでおきましょう。
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: ムック

篤姫―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)

篤姫―NHK大河ドラマ歴史ハンドブック (NHKシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本
NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)

NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川ザテレビジョン
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: ムック
↓一応こういうものを

薩摩大隅・桜島

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ワラヂヤ出版
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本

写真集 桜島―火山幻想

  • 作者: 西井上 剛資
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 1993/02
  • メディア: 大型本

薩摩歴史散歩―燃える桜島 (1978年)

  • 作者: 中村 光至
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 1978/07
  • メディア: −
↓名前を出したから一応...
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(28) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

篤姫12 尚チャンは篤姫にとって都合のいい男?
Excerpt: 「さらば桜島」って、前回の七夕再会に続き今日もスイーツ路線ですか? 薩摩の人々との別れを描く甘〜いお涙頂戴物語だと分かっていても、何となく観てしまうワタシですが。そう言えば最近すっかり甘党になってき..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2008-03-23 20:47

第12回「さらば桜島」
Excerpt: 2ヶ月もの時を要する、薩摩(今の鹿児島県東部,主に鹿児島市など)と江戸の間の移動時間…鹿児島藩・島津宗家は、この莫大な移動費をどうやって捻出していたのであろうか?参勤交代の縮図は、まさに力や石高のある..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-03-23 20:51

篤姫 第12回 薩摩を立つ日
Excerpt: 内容江戸への旅立つ日が決まった篤姫そこで、家中の主だった面々を城に招き宴が開かれることに。その中には、実父・忠剛、実母・お幸、忠冬、忠敬。。。そして、、尚五郎も。だが皆、形式的なあいさつのみ。幾島から..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-03-23 20:52

『篤姫』第12回「さらば桜島」
Excerpt: 2008年『篤姫』第12回。。2万両≒5億円。17000km2ヶ月近く。薩摩藩が参勤交代に要した労苦。篤姫の江戸への出立の準備が始まる。つか、また篤姫は元に戻った?まぁ、実の両親に会えるんだから仕方な..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-03-23 20:53

「篤姫」第12回
Excerpt: 第十二回「さらば桜島」篤姫が江戸に向けて出立する日が近づき、お披露目のため主な家の者が城に集められた。篤姫と初対面の忠教は彼女とじっくり話し、人物の大きさに感服する。そんな折、篤姫は忠剛やお幸と久しぶ..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-03-23 21:03

篤姫・第12話
Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 薩摩藩が一度の参勤交代で使った費用はおよそ5億円・・・これじゃ幾らあっても足りませんよね。最も、幕府に..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-03-23 21:05

大河ドラマ「篤姫」第12話「さらば桜島」
Excerpt: 篤姫出立の宴。久しぶりの懐かしい人たちの再会。これでまた当分出番ないのであろう久光も登場!!囲碁の話になって、いつもの「女の道は一本道」話をする篤姫。立派な受け答えが出来るようになりましたねぇ。斉彬も..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-03-23 21:19

篤姫 第12話『さらば桜島』 感想
Excerpt: 尚五郎(*´Д`)ハァハァアワーも今日でおしまい。淋しくなるわ〜!
Weblog: またつまらぬものを書いてしまった
Tracked: 2008-03-23 21:24

大河ドラマ 篤姫 第12回「さらば桜島」
Excerpt: さらば故郷桜島  さらば桜島と申しますか、さらば鹿児島、いえいえ、さらば故郷のさらば父母の、みなさ〜まさあ〜らあ〜ば〜ああ〜!これって今生の別れなんでしょうねえ。距離も遠いですけど、身分の隔たりが余..
Weblog: 真田のよもやま話
Tracked: 2008-03-23 21:37

篤姫第12回「さらば桜島」
Excerpt: 遂に篤姫が薩摩を離れることになりました。いきなり江戸へお嫁入りではなくていったん京都の他家へまたまた養女となってから将軍家へのお輿入れとなります。篤姫が薩摩を発つにあたって島津家にまつわる人々がお別れ..
Weblog: さくら色通信
Tracked: 2008-03-23 22:05

大河ドラマ「篤姫」 第12回「さらば桜島」
Excerpt: 篤姫が薩摩を立ち 江戸に向かう時がやってきました。 薩摩の懐かしい人達とも、いよいよ お別れです。 お城で「お別れ会」を開くわけですが、これが さながら ガマン大会のようでして・・・。 能を見物..
Weblog: 風のうわさ
Tracked: 2008-03-23 22:11

篤姫(3月23日)
Excerpt: 実の両親との対面と別れ。 「忠剛殿、お幸殿・・・・」
Weblog: 今日感
Tracked: 2008-03-23 22:36

★篤姫の送別会〜・・「篤姫12」
Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜先週の篤姫は関西では視聴率トップでしたよ23%くらいだったかな。。?すごいですね大河ドラマ「篤姫」今日は江戸に旅立つ篤姫の送別会懐かし..
Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・
Tracked: 2008-03-23 22:39

篤姫〜第12話・さらば桜島
Excerpt: とうとう薩摩を旅立つようですが、本当の両親ともお別れです。篤姫は最初は、はしゃいでいましたが、平伏している両親に「忠剛殿、お幸殿」...
Weblog: テレビドラマ図鑑〜データベース
Tracked: 2008-03-23 23:02

篤姫〜第12話・さらば桜島
Excerpt: 篤姫(宮崎あおい)は、久々の父母との再会で機嫌よく着物を選びます。絢爛豪華なお召し物がこれでもかと干されてますが、広川(板谷由夏)も追従笑いで付き添います。しかし、幾島(松坂慶子)は「もう決まっており..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-03-23 23:04

篤姫 第12話
Excerpt: いよいよ篤姫の出立っ!その前のお披露目&宴が始まります。
Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・
Tracked: 2008-03-23 23:51

篤姫 #12 さらば桜島
Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話はずっと涙が出て来て仕方が有りませんでした…… ...
Weblog: ビヨビヨ素材日記
Tracked: 2008-03-24 00:14

『篤姫』第12回
Excerpt: 〜さらば桜島〜
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-03-24 00:23

篤姫「さらば桜島」
Excerpt:  やっぱり、予想通りの涙ポイントありありの12回、「さらば桜島」でしたね。 養女になってお城に上がったときに、次のステージに上がったような気がしましたが、さらに大きな章の終わりという感じがしました..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2008-03-24 09:40

篤姫 第12回 さらば桜島
Excerpt: いよいよ篤姫が斉彬の養女として江戸に参府することになって、出立前の宴が家中の主だ
Weblog: くまっこの部屋
Tracked: 2008-03-24 23:46

篤姫「さらば桜島」
Excerpt:  まぁ、はっきり言って筋らしい筋はなかったが、何度か、目頭が熱くなった。  とくに、両親との最初の対面シーンと、それに続く、尚五郎との対面。  それにしても、岡田義徳の役が三男だとは思わなかった。若..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-03-25 21:42

今年の大河ドラマ
Excerpt: 篤姫を見ました。 #「さらば桜島」
Weblog: Aut viam inveniam aut faciam!
Tracked: 2008-03-27 02:08

篤姫 #12 さらば桜島
Excerpt: 今週は、バイバイ薩摩・・・という事で、別れの1時間でした。 「タダタケどの、オコウどの」(あれ、オユキだったっけ?)と、呼んではみたもののやっぱり最後は泣いてしまう於一(あえて)は、やはりまだまだ少女..
Weblog: たっくんママのひとりごと
Tracked: 2008-03-29 00:00

篤姫第12回「さらば桜島」
Excerpt: 江戸に出立する前に篤姫(宮崎あおい)をお披露目するために薩摩藩の主だったものが集められた。斉彬(高橋英樹)の弟忠教(山口祐一郎)は篤姫と話し、囲碁を女性の人生にたとえた話から「兄上が養女に迎えた理由が..
Weblog: OUR DAYS 
Tracked: 2008-03-29 03:26

篤姫感想 十二回「さらば 桜島」
Excerpt: 毎回思う事 それは OPのアナウンサーのセリフが一々 ツボに嵌るという事。 今回は 豆知識でしたねー。 参勤交代で薩摩藩が使った金額 一万両 今なら5億円!!年末ジャンボよりスゴイ!! 本編..
Weblog: murmur
Tracked: 2008-03-29 16:32

「篤姫」第一二話
Excerpt: 徳川に嫁ぐ姫としての旅立ちは 娘時代と青春時代との別れ。 第一二話『さらば桜島』
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
Tracked: 2008-03-29 19:08

篤姫 第12回「さらば桜島」!
Excerpt: <今日までありがとうございました!>遅くなって申し訳ありません。ようやく再放送を観てのレビューとなりました。「これは、どうじゃ!」子ども達の間で、篤姫のものまねがブームになっています!「鼻毛は伸びてお..
Weblog: バレルオーク
Tracked: 2008-03-30 01:25

NHK大河ドラマ篤姫 第12回「さらば桜島」
Excerpt: 兎に角、元々姫様ではあったのだが、御台所にならねばと言う立場になるとは。
Weblog: よく考えよう
Tracked: 2008-03-30 03:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。