おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年02月17日

篤姫#7

前回は菊本の自害という衝撃の終わり方をしたが、今回はこれまでのホームドラマの総決算という形の物語でした。サブタイトルは「父の涙」となっているが、娘を嫁に出す父を描いたような感じでもありましたね。

菊本が自害したことで於一はショックを受けたが、父はその菊本を罪人のように扱い、不浄門から処理したということで、父に食ってかかる於一。そんな於一に母が事情を打ち明けた。菊本は両親と於一に、それぞれ遺書を残していた。が、於一宛ての遺書は父が焼き捨てるように命じた。菊本は、本家の姫となる於一を自分のような身分の低い者が於一を育てたという事実を消すために自害したのだった。で、改めて本家の姫の重さを知る。→流石に於一は、菊本の自害については「謎は解けたよ、ワトソンくん」とは行かなかったですね。(ちゃんだったら謎を自力で解いたでしょうが...)

ここまではちょっと重い雰囲気に包まれていて、今までとは少し違っていると感じたが、ここから先は今までのホームドラマという雰囲気に戻り、形の上では嫁に行く娘と父の物語のようになる。で、砲台の話や、アメリカの軍艦が迫っているという話は、今後の展開には必要であるが、完全に別世界の物語という感じで浮いてましたし...(アメリカの軍艦をCGで描いていたけれど、レベルの低いCGでしたね...)

前回まではピエロのような役回りだった尚五郎も今回は味なことをしましたね。生まれた時に斉彬から貰ったお守りを於一のお守りと交換することを申し出て、於一もそれを承諾し、互いのお守りを交換した。尚五郎の頭の中では一応は整理が付いたようだが、実際に側にいなくなったこれから、本当の自分の気持ちとの葛藤がありそうだが、道化のようだった前回からは成長したものですね。

で、いよいよ於一が城に行く日がやってきた。強がっている素振りを見せた父だったが、花嫁の父と同じ寂しさを本当に感じるのはこれからですね。

娘が嫁ぐということをテーマにした父と娘の物語というのは色々あるが、大河ドラマの雰囲気がなくて、ホームドラマだったが、ここまでを「第一部」と考えたら、ホームドラマもここまでと思って良いのでしょうね。で、次回からは「第二部」として、島津本家の姫となった新たな物語に突入です。次回予告をみた範囲だと、コミカルな要素に満ちた於一の青春物語というように感じましたけど...

於一は養女として本家に入ったので、嫁に行った訳では無いが、やっぱりカチンコ「花嫁の父」(1950年)、カチンコ「花嫁のパパ」(1991年)という2本の映画を見たい気持ちになりました。(「花嫁のパパ2」は見たいとはなりませんでしたが...)


新装版 天璋院篤姫(上)

新装版 天璋院篤姫(上)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 文庫

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 文庫
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子, 田渕 久美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: ムック
NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)

NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川ザテレビジョン
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: ムック
↓「謎は解けたよ、ワトソンくん」
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/05/22
  • メディア: DVD
↓見たくなった映画はこちらです。
花嫁の父

花嫁の父

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/10/06
  • メディア: DVD
花嫁の父

花嫁の父

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • 発売日: 2006/12/14
  • メディア: DVD
花嫁のパパ

花嫁のパパ

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2006/04/19
  • メディア: DVD
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ⛄| Comment(0) | TrackBack(22) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

篤姫 第7回「父の涙」
Excerpt: <最後の一手!>菊本の件で、すっかり腑抜けになってしまった於一。「あなたは、貴方を思うものの気持ちがわかっていない」尚五郎のこの言葉には、自分を重ねた説得力があります。於一に伝わりましたかな?若狭の草..
Weblog: バレルオーク
Tracked: 2008-02-17 20:48

『篤姫』第7回「父の涙」
Excerpt: 2008年『篤姫』第7回。。自害した菊本は罪人同様。。屋敷を血で汚した。。遺骸は身内に下げ渡された。。尚五郎と碁を打っていても、心ここにあらずの於一。。菊本のことを忘れられず、グチグチいっている於一を..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-02-17 20:50

「篤姫」第7回
Excerpt: 第七回「父の涙」菊本の自害に激しい衝撃を受けた於一は、忠剛が彼女の遺体をまるで罪人のように処分したことを知り反感を抱く。その夜、於一はお幸から、菊本が遺書を残していたと聞かされる。遺書には、本家の養女..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-02-17 21:02

篤姫 第7回 城入り
Excerpt: 内容島津本家、斉彬の養女となるコトが決まった於一。だが、その陰で菊本は逝った。衝撃を受けた失意の於一ではあったが、父・忠剛は屋敷を血で汚した不届きモノと菊本をなじり、菊本のことは忘れろと、於一に命じる..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-02-17 21:14

篤姫(2月17日)
Excerpt: 自らの存在を於一の人生から消すために、自害した菊本。 忠節は天晴れなのですが、せつな過ぎます。
Weblog: 今日感
Tracked: 2008-02-17 21:20

篤姫・第7話
Excerpt: 篤姫第7話です。先週は菊本の「何故?」「どうして!?」の衝撃的な自害で終わりましたが・・・いよいよその「死の真相」が明らかになるようですね。 さて、それに伴いまして今回ワタクシ『幕末薄っすい知識倶楽部..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-02-17 21:22

大河ドラマ「篤姫」第7話「父の涙」
Excerpt: 菊本の死の真相。前回ここで何故?って思ったのですが、菊本の決意はこの時代ならではの風習ってことで・・・。あまりに切なく、一途で悲しいものでした この夜以降は菊本の名も口にしてはならないという..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-02-17 21:23

大河ドラマ 篤姫 第七回「父の涙」
Excerpt:  これもまた曲名シリーズなのかしら?「父の涙」。教会で静かに歌い継がれている名曲だそうで・・・。とまあそれはおいといて、父の涙と申しますと、どうしてもこう、情けなさとか滑稽さとか、不器用さとか遣る瀬無..
Weblog: 真田のよもやま話
Tracked: 2008-02-17 21:27

篤姫第7回「父の涙」
Excerpt: 先週、斉彬家の養女になることが決まった於一ですが、養女に決まったことを誰よりも喜んだ菊本の自害は驚きました。原作を読んだのはもう5年以上も前の話なので原作にこの場面があったかどうかが記憶にはありません..
Weblog: さくら色通信
Tracked: 2008-02-17 22:26

篤姫〜第7話・別れ
Excerpt: 篤姫ですが、菊本(佐々木すみ江)は元々島津今泉家に存在しなかった者として扱われます。遺体も不浄門から遺族に引き渡され、葬儀すら出しません。いつになく厳しい父親・島津忠剛(長塚京三)に於一(宮崎あおい)..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-02-17 22:32

【篤姫】第七話
Excerpt: 泣けた。一人娘がいなくなる前の家の中の寂しさ。皆が於一を思い、その先行きを祈る気持ち。自らを亡くして心残りを消し去ろうとした菊本。「前を向いて生きろ」と諭す尚五郎。上に立つ者の心得を聞かせる母。そして..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2008-02-17 23:08

篤姫〜父の涙
Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」第7話〜父の涙・・・ああ、またあやうく脱落しそうでした撮り溜めていた録画分を一気に観たら・・・家族やその周りの人たちの於一への愛情がいっぱいで、涙がとまらないよ・・・尚五郎ぉ〜..
Weblog: うさうさ日記
Tracked: 2008-02-17 23:47

◎篤姫「父の涙」
Excerpt:  於一が殿様の養女になる日が近づいてきた。 あまりにも悲しい、乳母:菊本の自害。 幼馴染みの親友:尚五郎と語り合いながら、睦まじく碁を打ち合い、お守りを交換する。 父の忠剛は、アメリカの軍艦来航対策の..
Weblog: 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集
Tracked: 2008-02-18 00:02

NHK篤姫(07)薩摩の話:篤姫の父
Excerpt: 承前:NHK篤姫(06)薩摩の話:島津本家の姫  Muは、なにを隠そう娘がおります。ええ、息子もおります。どんな娘か息子かは、Muを見ればわかります。  さて。  今夜のドラマでは、今和泉島津の娘が、..
Weblog: MuBlog
Tracked: 2008-02-19 05:07

元祖引き篭もり、島津忠剛!!
Excerpt: 菊本の扱いに対して父・忠剛に反感を抱く於一{/cat_7/} 親の心子知らずと云ったところでしょうか。 わが子がわが子で無くなる寂しさに忠剛はじっ と耐えていたのでしょうね{/hamster_6/} ..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2008-02-19 07:10

「篤姫」第七話
Excerpt: 於一が島津本家の養女になる日が近づいていく。 娘が遠い存在になる日が、 家族が離れ離れになる日が刻々と。 第七話『父の涙』
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
Tracked: 2008-02-19 20:49

篤姫「父の涙」
Excerpt:  菊本のことを別にすると、於一自身については淡々と進んでいたように見える。決めたことだから、ということになるのかな。  尚五郎でも怒ることがある。  そりゃそうだ。あれは、菊本だけじゃなく、自分..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-02-20 21:11

篤姫「父の涙」
Excerpt: 篤姫「父の涙」 自害した菊本を罪人同様の扱いをした父・忠剛に於一は反発します。 母・お幸は於一に菊本が書置きを残してあったことを話します。 自分ごとき身分低きものが、姫さまの乳母として仕えていた..
Weblog: 『ならうよりなれろ!!』
Tracked: 2008-02-21 22:44

神様があなたをお守りくださりますように・・・。(宮崎あおい)
Excerpt: ・・・さて、「佐々木夫妻の仁義なき戦い」なのだが・・・「ドラマの面白さ」について
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2008-02-22 00:10

篤姫 #7 父の涙
Excerpt: お守りを交換したのに、それは「友の証」だなんて・・・Σ(・ε・;) 。尚ちゃん、完璧、失恋じゃないっすか!? 今週は、BSで遅れて見たせいもあって、感想を書くのが遅れました。って、サッカー[E:soc..
Weblog: たっくんママのひとりごと
Tracked: 2008-02-22 22:11

篤姫第7回「父の涙」
Excerpt: 於一(宮崎あおい)の養育係だった菊本が自害。菊本はずっと仕えてきた於一が養子に行ってしまうのが寂しくて自害したのかと思いましたが、違いました。自らの身分の低さが於一の今後に支障があると自ら命を絶ったと..
Weblog: OUR DAYS 
Tracked: 2008-02-23 03:23

第7回「父の涙」
Excerpt: 不吉な風である…ざわざわと、そして雷がゴロゴロと鳴る。忠剛に呼び出された於一は、自害し果てた菊本のことを冷徹にも「忘れよ!…罪人に同等の所業に及んだのだぞ!」と言い放つ。時は嘉永4(1851)年、齢・..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-02-24 19:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。