おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年02月05日

ロス:タイム:ライフ#1

第1話ということで、一応見ることにしました。(が、裏番組の関係で、月曜の夜になってようやく見た。)というのは、先日、BS-iが「侍ショートフィルム」と題して、「68FILMS」の「ロスタイムライフ」を放送したためでもある。ちなみに、その「68FILMS」の「ロスタイムライフ」は2003年のゆうばりファンタスティック映画祭で、短編部門でぴかぴか(新しい)グランプリを受賞している。また、時間は約9分半という短い作品である。(ここをクリックすると、「侍ショートフィルム版」を見て記した記事をご覧頂けます。)

今回のドラマは、その「68FILMS版」がベースにあるのは言うまでもない。当然、新機軸が入っているとか、より磨き上げられた内容になっていることを期待したが、そういう新しい所が全く無かったということで、期待外れであった。(予備知識がなかったら、もう少し高く評価できたのも間違いない。元になる作品が面白かっただけに...)時間が本編36分と長くなったことで、随分と間延びしてしまい、更には無駄な描写が多く入っているというように、冗長度の高い平凡な作品に終わってしまった。時間はせいぜい25分までにして、内容をもう少し整理して、大事な所をよりクローズアップするようにした方が、より内容の濃いものになったのは確実である。一応、主人公の人物描写が増えたことで物語の奥行きは50%UPしているが、無駄な所、遊び心の喪失などによって物語の幅が半減してしまい、トータルでは「68FILMS版」の7割の出来といったところでしたね。(こうして見ると、「68FILMS」はそれ以外にも凄い作品、面白い作品が多数あったので、本当に凄い作品のオンパレードだったということにもなる。)

また、放送時間を「ケータイ刑事」の裏に持ってきたのは、丹羽P作品(「68FILMS版」)より質が落ちていることを隠すために、丹羽Pの看板番組の裏に持ってくることで、筆者のような意見を減らそうという策略が頭にあったというように感じてしまった。

冒頭、「人生はサッカーであり、サッカーこそ、人生 元アルゼンチン代表 D.マラディーノ」と出たが、「68FILMS版」では「人生はサッカーであり、サッカーこそ人生 〜Diego Maladona〜」と出ている。読点の追加、そして補足説明とカタカナ化が行われているが、やっぱり地上波向けに修正したという所であろう。が、こういう部分こそ「68FILMS版」と同じにするべきである。

まずは、導入部であるが、人物描写をしっかりとするために撃たれる所にくるまでが長すぎる。ある程度の人物描写は必要であるが、ここは描き方を工夫することで対応し、もっと早く審判団を登場させて本題に入るべきでした。そのため、テンポの悪さを感じてしまった。

で、中山のロスタイムが「4時間17分」。これって、ちょっと長すぎる。ドラマの時間が長くなったとは言っても、せいぜい1時間ぐらいにするべきでしょう。よって、途中でだれてしまう所が出て、それと同時に、残り時間が少ないということからくる緊迫感が全く無くなっている。ここは本作のポイントでもあるために、この欠陥は痛すぎる。(ちなみに、「68FILMS版」のロスタイムは40分でした。)

審判が出てきてからはお馴染みのパターンで物語が進んで行く。実況と解説が入り、途中でイエローカードが1枚出される、妊婦の登場、タクシーで病院へというのは「68FILMS版」と同じ展開である。→お約束というになるのでしょう。但し、イエローカードの出す理由は色々とあるのでバリュエーションの変化に期待する。妊婦というのは、一応、新しい命がまもなく生まれること、主人公はまもなく人生を終えること、そして「生まれ変わる」というキーワードを考えたら、納得できる所であるが、毎回となると、辛いかも...

「68FILMS版」と大きく違うのは、審判とタクシー運転手の物語におけるポジションが変わっている所である。「68FILMS版」では主審の北沢さん(岡野信一郎が演じていた。)がそれなりの貫禄を持っていて、主人公・三浦を引っ張っていたが、本作では審判団は存在感が薄かった。逆に、タクシー運転手(溝上のりへいが演じた)は存在感が薄かったのだが、本作では少しは存在感を出ていた。

そして、最もつまらなくなったのがラストのスタッフのテロップの所である。遊びが完全に無くなり、ただ順番にスタッフの名前が流れていくだけのものになっていた。「68FILMS版」では、スタッフの所に「トップ下」「左サイド」「右サイド」…というように、サッカーのポジションも一緒に出していて、スタッフも楽しんでいるということが伝わってきたが、こういう遊び心が無くなってしまった本作では、楽しんで作っているという姿が全く伝わってこない。兎に角残念である。

内容的には、ちょっとウルルと来るようなものであり、悪くはないのだが、「+α」という遊びの部分が無いこと(一応、各物語の主人公の名前(苗字)は、Jリーグの有名サッカー選手の名前を使っていますけど...ちなみに「68FILMS版」では三浦でした。)、そして全体的に間延びしていて緊張感がないことが大きく、平凡な作品となってしまった。ただ、これが良くも悪くも地上波ドラマの限界という所なんでしょうね。期待が大きかっただけに、せいぜい70点であり、これでは期待はずれとしか言いようがなかった。(次回からは見ないかも...)→筧監督はこれらの問題点についてはよく分かっていることでしょう。やはり、「68FILMS」の時のように、丹羽Pと組んで製作した方が、はるかに内容のあるより面白い作品になったでしょう。残念でした。

ロス:タイム:ライフ

ロス:タイム:ライフ

  • 作者: 筧 昌也 原案, 小林 雄次
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: 単行本
↓リリースされる予定となっているが、是非とも「68FILMS」版も収録して貰いたいところである。

ロス:タイム:ライフ

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 17:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(22) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ロス:タイム:ライフ (瑛太さん)
Excerpt: ◆瑛太さん(のつもり) 瑛太さんは、毎週土曜よる11時10分フジテレビ系列にて放送されている土曜ドラマ『ロス:タイム:ライフ』の第1節に中山春彦役で出演しました。 一昨日はその第1節「カメラマ..
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2008-02-05 18:30

ロス:タイム:ライフ
Excerpt: 「なるほど、この手があったのか!」と思わず膝ポンッ! これまで、この枠は、深夜枠ならではの新企画。 実験的・試みにスマッシュ・ヒットの連続 それだけに、あれだけ評判になり、盛り上がった「..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2008-02-05 18:35

ロス:タイム:ライフ 第1回 感想
Excerpt: 第1節 カメラマン編 『人生の最期に何かが起こる!カメラマン編〜謎の審判団は天使か?悪魔か!?』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-02-05 18:57

「ロス:タイム:ライフ」第1話
Excerpt: 【予約】ロス:タイム:ライフ人生において無駄に過ごしてしまった時間をサッカーになぞらえ、”ロスタイム”として与えられた人々の、最後の時を描くSFファンタジー。1話完結の9本の物語が展開する異色ドラマ。..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-02-05 19:33

ロス:タイム:ライフ 第1節「人生の最期に何かが起こる!カメラマン編〜謎の審判団は天使か?悪魔か!?」
Excerpt: 200802 フジテレビ 土曜23時枠 *公式あらすじ* 死の直前、謎の審判団に"人生のロスタイム"を提示された主人公が、その時間をどう使うかを描く1話完結の連続ドラマ。1..
Weblog: 惑溺耽溺ネタバレ☆ブログ
Tracked: 2008-02-05 19:35

ロス:タイム:ライフ 第1節:人生の最期に何かが起こる!カメラマン編〜謎の審判団は天使か?悪魔か!?
Excerpt: らいかちゃん、上手〜 (≧∇ノ■ゝハイ、チーズ♪ ちょっとピンボケ気味だったけど、お父さんの写真をパチリしてたんだ〜{/camera/} でも、せっかく父娘が出会えたのに・・・{/rabi_cry/..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2008-02-05 19:58

ロス:タイム:ライフ〜第1話・カメラマン編、瑛太
Excerpt: ロス:タイム:ライフですが、人生のロスタイムを与えられた人々を描くオムニバスドラマです。初回は中山春彦(瑛太)のカメラマン編ですが、中山は命も惜しまず前線に駆け出します。火事が起これば、隣のビルの螺旋..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-02-05 20:02

ロス:タイム:ライフ〜第1話
Excerpt: 人生のロスタイムを与えられた人々を毎回主役交代でやるドラマですが、初回は瑛太のカメラマン編です。危険な潜入捜査も厭わないカメラマン...
Weblog: テレビドラマ図鑑〜データベース
Tracked: 2008-02-05 20:08

ロス:タイム:ライフ 第1話
Excerpt: 初回「カメラマン編」の“選手”は 報道カメラマンの中山春彦=瑛太くん。 彼に残された死までのロスタイムは4時間17分。 この時間って人...
Weblog: 塩ひとつまみ
Tracked: 2008-02-05 20:19

ロス:タイム:ライフ 第1節
Excerpt: あたし、これ結構好きかも♪ 話の内容がと言うよりは、ロスタイムのために出てくる、 審判、副審、時計係が面白い!! あと解説と実況。 イエローカードまで出しちゃうし!! 他人に自分が死んだこと..
Weblog: まったり☆てぃ〜たいむ
Tracked: 2008-02-05 21:05

「ロス・タイム・ライフ」第1回
Excerpt: 「ロス・タイム・ライフ」第一回。死の直前、「人生のロスタイム」を提示された主人公が、その与えられた時間をどう使うのか?という不思議な物語。どんなお話になるのか、全く予想がつかなかったのですが見終わると..
Weblog: DorceVita
Tracked: 2008-02-05 21:13

ロス:タイム:ライフ 第1話 最期の写真
Excerpt: 内容『現場で死ねたら、カメラマンとして本望』という報道カメラマンの中山春彦。スクープがとりたくて仕方がない日々を送っていた。そんなある日。電話が鳴る。スクープを狙い、クラブに潜入した中山だったが見つか..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-02-05 21:15

ロス:タイム:ライフ(第1節)
Excerpt: 眠気に負けて、予想通りリアルタイムで見られなかったこのドラマ(汗) SPがようやく終わり、2月からスタートの異例のスタイル。 オムニバス形式ということですが、 この枠なので楽しみにしていました。 ..
Weblog: 霞の気まぐれ日記
Tracked: 2008-02-05 21:28

「ロス:タイム:ライフ」第1話
Excerpt: 第1節「カメラマン編〜謎の審判団は天使か?悪魔か?」 視聴率11.4%
Weblog: またり、すばるくん。
Tracked: 2008-02-05 23:05

「ロス:タイム:ライフ」(第1節:「人生の最期に何かが起こる!? カメラマン編」)
Excerpt: 2月2日から「ロス:タイム:ライフ」が始まった。第1回目は瑛太が演じる報道カメラマン(中山春彦)のところに謎の審判団が現れて、人生のロスタイムを提示される、というものだ。いきなり実況が始まって本物のサ..
Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記
Tracked: 2008-02-05 23:14

ロス:タイム:ライフ 第1話
Excerpt: 見てみました〜第1話。 この時間なので、ちょっと眠気も襲ってきていたのですが… 審判団が颯爽と現われ、実況が始まった途端に目が覚めた(笑 彼らの動き、決してしゃべることはないんだけど表情や首の振り..
Weblog: 日々緩々。
Tracked: 2008-02-05 23:57

ロス:タイム:ライフ 第一話
Excerpt: 瑛太 「カメラマン編」
Weblog: 特に個性の無いブログ
Tracked: 2008-02-06 00:03

ロス:タイム:ライフ 第1節 ~吹石一恵の母親はありか?!~
Excerpt: 「世にも奇妙な物語」であったような話だなぁ、というのが第一印象。 そう思うとそうにしか見えなくなるのだが、作品としては面白かった。 最後きれいすぎるなぁ~という思いもあったのが正直なところ。 第1話..
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2008-02-06 01:04

ロス:タイム:ライフ 第1節「カメラマン編」
Excerpt: 笑いの要素もありながら、ウルッとさせられるとこもあり、何と言っても、セリフは無いけど、とっても人間的な感じの審判団もユニークで、ちょっとお気に入りのドラマになりました。
Weblog: 華流→韓流・・・次は何処?
Tracked: 2008-02-06 03:18

ロス:タイム:ライフvol.1
Excerpt: ■ロス:タイム:ライフ脚本/森ハヤシ、筧昌也出演/瑛太、吹石一恵、小市慢太郎、温水洋一、犬飼若博中村靖日、四井博善、幸野友之、大島蓉子、中込佐知子稲垣鈴夏、湯山大一郎、候偉、桜木裕子、笹山ゆき乃平野稔..
Weblog: ita-windの風速計
Tracked: 2008-02-06 03:38

《ロス:タイム:ライフ》第1節
Excerpt: 『人生はサッカーであり、サッカーこそ、人生』(元アルゼンチン代表 D/マラディーノ) さあ、始まりました、中山晴彦のロスタイム。サッカーの審判が4人現れた。 がさ入れの電話が鳴り、現場に駆けつけた晴彦..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2008-02-06 04:04

「ロス:タイム:ライフ 第1話」カメラマン編瑛太
Excerpt: 誰かが言った 人生はサッカーであり、サッカーこそ人生 それが本当ならロスタイムには何かが起こるはずだ
Weblog: バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)
Tracked: 2008-02-07 01:30