おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年01月27日

ケータイ刑事銭形零1話[裏ネタ編]

BS-iの再放送枠に合わせて「銭形雷[裏ネタ編]」を記していたが、その再放送も終了したということで、今度は本家四姉妹の作品について、「[裏ネタ編]」を記していくことにしました。(「[裏ネタ編]」を記す場合、色々と調べると自分の勉強にもなりますので...)で、ちゃんからというのが順番としては正しいのだが、それでは面白くないので、末っ子・四女のちゃんから始めようと思います。(よって、日曜日の1本目は、やっぱり「ケータイ刑事」ということになります。→放送中ではないから、週に2本ということもあり得るかもしれません。)

ということで、第1話は「天才中学生刑事登場! 〜世界最大の難問・モリマーの最終定理殺人事件」という物語である。で、ちゃんには数学のネタが随所に出てくるが、今回は「円周率」(最初に「遠州理津」と変換候補が登場してしまった...)と、劇中に登場する「モリマーの最終定理」の元ネタである「フェルマーの最終定理」について、そしてこれらだけだと頭がこんがらがってしまうでしょうから、ちゃんが使った電卓から「7セグメント・ディスプレイ」について記すことにします。(内容について、完全に理解しているわけではなく、概要を知識として知っておくだけで十分でしょう。)

尚、MBSの放送の時に記事は「ここをクリック(MBS)」、BS-iの再放送時に「[改訂版]」として記したものは「ここをクリック(改訂版)」して下さい。

円周率」:数学における定数の一つであり、「π」で表される。難しく言うと、平面幾何学における円の周の長さと直径の比を意味している定数である。これは無理数であって、「a/b」という有理数では表すことの出来ない数字である。(小数点以下、無限に続く数字である。)時々、円周率を○桁まで暗唱したというような話を耳にすることもあるが、現在では小数点以下1兆桁を越える所まで計算されている。

一般には「3.14」という近似値で覚えられている。一時期、小学校ではこれを「3」にするというような教育内容の改訂が行われたが、やはり「3.14」ぐらいは覚えているべきである。

一応、ここに、円周率を記しておくことにするが、何処までもという訳にもいかないので、小数点以下200桁(丹羽Pが夏帆ポンに100桁まで暗記するように、と言っていたので、その倍ということにしておきます。)まで記しておくことにする。(10桁毎にスペースを入れておきます。)

π=3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 5820974944 5923078164 0628620899 8628034825 3421170679 8214808651 3282306647 0938446095 5058223172 5359408128 4811174502 8410270193 8521105559 6446229489 5493038196 …

繰り返すが、一般的には「3.14」で十分である。が、「3.14159265358979323846」というように、小数点以下20桁まで覚えていたら、それなりに博があるとされるでしょうね。(だからと言って、特に恩恵があるということもないですけど...)

フェルマーの最終定理」:3 以上の自然数nについて、x^n+y^n=z^nとなる0でない自然数(x,y,z)の組み合わせがない、という定理のことである。尚、n=2の場合はこれを満たすものは無数に存在する。(例えば、(x,y,z)=(3,4,5)、(6,8,10)、…)これの証明は約360年にわたってされなかったことから「フェルマーの大予想」とも言われていたが、1994年になって、イギリスの数学者・アンドリュー・ワイルズによって証明された。そのため、「フェルマー・ワイルズの定理」とも言われる。これにはドラマがあり、1993年に発表した時には、その内容に驚愕させたが、後の査読で、致命的な誤りが一ヶ所あることが判明した。で、その修正に難航したが、1年後の1994年にそれを克服する新たな証明を行った。(その証明については、チンプンカンプンなので、ここには記しません。興味がある方はご自分で探して下さい。)

尚、フィールズ賞(ちゃんもカチンコ「M2」で受賞していましたね。)の受賞資格には40歳以下という規定があるため、40代の前半であったワイルズは受賞することは出来なかったが、彼の功績が評価されて、異例の特別賞を受賞している。

フェルマーは17世紀のフランスの数学者であり物理学者である。(1601年〜1665年)上記の最終定理の他にも、「フェルマーの原理」(光は一番短い時間で到達できる経路をとって進む。)を発見していることでも知られている。

7セグメント・ディスプレイ」:数字を表示するために開発されたものであり、「8」の字状に7つのパートから構成されている。これによって「0」〜「9」の数字を表示する。また、小数点を表示する点がセットになっていて「8セグ」の場合もある。

「16進数」を表示するために「A」から「F」までも表示することが出来る。で、アルファベットを表示させることも出来るが、いくつかの文字はそのままでは7セグ・ディスプレイに表示させることは出来ない。(D,K,M,Q,R,T,V,W,X,f,k,m,p,s,v,w,x,y,z)また、そのまま表示したら数字と判別できない文字もある。(8とB、2とZ、5とG)。ということで、アルファベットの表示は、大文字を使う場合と小文字を使う場合があり、表示できない文字については一部を変形させることでAからZまでの26文字の判別が可能になっている。

これを改善するために、「8」の字に「X」と「I」の6つのセグメントを組み合わせた13セグメント、更に7セグの素子の一部を複数に分割した14セグメントや16セグメントのディスプレイも後に開発されている。14/16セグ・ディスプレイを使うと、一部の文字を変形することなく、アルファベット26文字の表示が可能である。しかし現在では、後に開発されたドットマトリクスのディスプレイに取って代わられている。とはいっても、数字しか表示しない普通の電卓であれば、7セグ・ディスプレイで十分である。

この物語に登場した「1831」と「13404538051」を7セグ・ディスプレイに表示して逆さにすると「hEBI」、「ISOBEShOhEI」と読むことが出来るというものの他の例としては「993」が「EGG」、「663」が「Egg」、「07734」が「hELLO」というものがある。(他にも色々と作ってみては如何?)

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

↓「円周率」ということで
不思議な数πの伝記

不思議な数πの伝記

  • 作者: Alfred S. Posamentier, Ingmar Lehmann
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2005/11/03
  • メディア: 単行本

πの歴史 (ちくま学芸文庫)

πの歴史 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: ペートル ベックマン
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 文庫
円周率πの不思議―アルキメデスからコンピュータまで (ブルーバックス)

円周率πの不思議―アルキメデスからコンピュータまで (ブルーバックス)

  • 作者: 堀場 芳数
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/10
  • メディア: −
円周率πをめぐって (はじめよう数学)

円周率πをめぐって (はじめよう数学)

  • 作者: 上野 健爾
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
パソコンで挑む円周率―πの歴史から計算まで

パソコンで挑む円周率―πの歴史から計算まで

  • 作者: 大野 栄一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1991/10
  • メディア: 新書
π(パイ)の神秘

π(パイ)の神秘

  • 作者: デビッド ブラットナー
  • 出版社/メーカー: アーティストハウス
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 単行本

↓「フェルマーの最終定理」について
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

  • 作者: サイモン シン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

  • 作者: サイモン シン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本
天才数学者たちが挑んだ最大の難問―フェルマーの最終定理が解けるまで (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

天才数学者たちが挑んだ最大の難問―フェルマーの最終定理が解けるまで (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

  • 作者: アミール・D. アクゼル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫
フェルマーの大定理が解けた!―オイラーからワイルズの証明まで (ブルーバックス)

フェルマーの大定理が解けた!―オイラーからワイルズの証明まで (ブルーバックス)

  • 作者: 足立 恒雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 新書
フェルマーの大定理―整数論の源流 (ちくま学芸文庫)

フェルマーの大定理―整数論の源流 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 足立 恒雄
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫
↓参考まで
画像入出力デバイスの基礎 光学と半導体物理の理論からディスプレイとイメージセンサを理解する

画像入出力デバイスの基礎 光学と半導体物理の理論からディスプレイとイメージセンサを理解する

  • 作者: 藤枝 一郎
  • 出版社/メーカー: 森北出版株式会社
  • 発売日: 2005/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ディスプレイデバイス

ディスプレイデバイス

  • 作者: 松川文雄
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2008/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

表示デバイスの最新技術 (1984年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: シーエムシー
  • 発売日: 1984/12
  • メディア: −

ディスプレイデバイス

  • 作者: 伊吹 順章
  • 出版社/メーカー: 産業図書
  • 発売日: 1989/06
  • メディア: 単行本
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。