おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年01月06日

ケータイ刑事銭形海27話(3rd.1話・感想)+28話(3rd.2話)予告

二段構成で記している「銭形海」。放送後の最初は、いつものように簡単な感想と次回予告について、思ったことをそのまま記しています。今回の物語は、シリーズで初の3rd.シリーズに突入(3クール目に突入したのは「」「」に続いて3作目)したその第1話(通算では27話)の「噂の刑事、ついに登場! 〜日焼け書道家殺人事件」である。新しい相棒のマツカチンコ「M2」に登場しているが、TVシリーズには初めての登場ということで、期待と不安が入り交じります。

第1話ということなので、ゲストはクイーン・宝積有香さんというのはお約束。それにしても、今回はマツとの出会いがどういう形になるのか、という所以外は、殆ど予想された範囲内であり、本当に面白いように「予想通り」に進んだ物語でした。でも「キング」と「クイーン」に「プリンス」まで出てきたというのにはちょっと驚きました。→次は「プリンセス」も登場することになる?

まずはOPタイトルの部分。「Second」の文字が「Third」の文字に変わり、歌詞が3番になったものの、基本的には「2nd.」と同じでした。ちゃんバンドのライブで、五代さんの所が松山さんに変わり、ちゃんのアップの部分と携帯電話のアップだけが3rd.に合わせて差し替えられたのは当然でしょうが、ちょっと新鮮みがなかったですね。と言うことなので、客席にいる宝積さんと諏訪さんはそのまま登場する。→ただ、「iしたい。」の「銭形海3rd.」で、2nd.のOPの映像がそのまま使われていたが、これだったらば文句の付けようがないと言うことになります。

自転車に乗って初詣と言うことだったので、やはり予想通り、冒頭は制服姿で登場となったちゃん。事件解決後、正月らしく、着物姿で改めてお参りするというのも予想通りということで、こうも予想が出来ちゃうと、それを裏切ってくれた時は本当に怪作、傑作となりそうな予感がします。(が、裏切ってくれなかったら...)

第1話のお約束で、マツは「俺はこういうものだ」と言って「日焼けカラオケ WIN」の30分無料券を出したが、どうやったら1枚のカードと警察手帳(こちらは厚みがあります)を間違えるのでしょうかねぇ?(マツらしいと言えばマツらしいですけど...)また、「巡査長」ではなくて「巡査」になっているという説明があったが、「M2」では「巡査長」ではなくて「巡査部長」に昇進したはずなんですけど...?

一方、ちゃんも、お約束とはいうものの、やっぱり青葉台学園の学生証を見せて「あっ、間違えた」そして「公文書偽造で逮捕する」と言われて、1st.の高村さん、2nd.の五代さんに続いて、手錠を掛けられたのは3回目になりました。これまで相棒が途中で変わったちゃん、ちゃん、ちゃんは新パートナーの時は逆に手錠を掛けた方になった(ちゃんはお互い掛け合おうとして、掛けなかったですが...)ので、手錠は1回しか掛けられていないのに、ちゃんはこれを大幅に更新するダントツの3回というのは...

尚、「M2」でちゃんとちゃんを知っているマツだけに、この2人の特徴を口に出す(名前は出さない、バックにそれぞれのるんるん主題歌が流れる)というのもやっぱり予想通りでした。(ちゃん、ちゃん、ちゃんについては、名前は知っているでしょうが、面識はない(はず)ですからね。)また、柴田束志さんとも「M2」で面識があるだけに「久しぶり」というのもやっぱり予想通りでしたね。

マツが「日焼けサロン」の会員証を持っているというのは予想できたが、割引券という所がマツらしく、五代さんや高村さんとは違う所でしょうか。だけど、高村さんは割引券を集めていた物語があったので、新鮮みという所は弱かったですけど...

被害者の頭に包丁が真っ直ぐに突き刺さっていた、ということで思い出したのは「・2話」でした。その時点で何かトリックが仕掛けられているだろうと思い、半紙を見たところでやっぱり予想した通りのトリックだったが、第1話はそういうことではなくて、相棒との出会いとお約束、そしてクイーン・宝積さんの姿が見られたら良いので、とやかくは言うことは控えておく。

いつるんるん『愛のメモリー』を歌うのかと思っていたら、最後にやっぱり歌ったマツ。第1話ぐらいはちょっと控えておいて貰いたかったですが、害にはなっていなかったので、まあ良しといったところでしょうか。次は、いつ「トミー」の名前を出すかという所でしょうね。(が、マツもトミーと同様に第2話がホラー・ネタということで、弱点が暴露されてしまう、というのは、狙っていることでしょうね。やっぱり「トミーとマツ」はこういう所でも良いコンビです。)→BS-iで「噂の刑事トミーとマツ」を再放送してくれませんかねぇ...(MBSでもいいけれど...)

マツと「ケータイ刑事」との繋がりは、今までは「M2」だけだったが、その「M2」の音楽が使われるなど、やっぱりこれも予想した通りでした。ただ、るんるん『カンのメモリー』を歌うというのは今後のお楽しみに取っておいたということなんでしょうね。

第1話ということで、お約束に満ちた内容であり、「予想通り」というものであったが、TVシリーズで初となるマツだけに、ちょっと期待した所もあったのだが、まあ、無難な船出だったと言っていいでしょうね。(最初からぶっ飛ぶと、逆に不安になってしまいますから...)でも、マツってやっぱり色が黒いですね。今回、初めてちゃんハートたち(複数ハート)が色白に見えました。

次回は、3rd.2話(通算では28話)の「吸われる魂! 〜血を吸うカメラ殺人事件」です。このタイトルから思い出されるのは、佐々木浩久監督のカチンコ映画「血を吸う宇宙」(2001年、中村愛美主演)である。(「発狂」シリーズの第2弾です。また、当然、第1弾のカチンコ「発狂する唇」(2000年、主演は三輪ひとみ)そのパロディをやってくれるということでしょうか?また、ゲストは「」では初めての登場となるが、「ケー刑事」ではお馴染みの半海一晃さんです。次回予告を見た範囲では、もうマツがぶっ壊れるようですけど...→詳しくは火曜日にUPする方で。

鑑識メモの方は、やはり「さかなへんの漢字」シリーズが継続する事になったが、「鮟鱇」ということで1文字ではなくて2文字のものに発展しました。(1文字だけだと、ネタに限界があるので、いずれは2文字もあり得ると思ってました。)ところで、柴田さんが「黒い男」と言った所で、ちゃんこと早織ちゃん揺れるハート主演の「怪談新耳袋 絶叫編〜黒い男たち」のタイトルが頭をよぎりました...

そして、次が「予想」を越えたものが登場しました。ちゃん一人で「着ボイス」のDLのお知らせとなるはずだったが、なんとマツも登場して、着物姿のちゃんとマツ新年のご挨拶でした。→これは今回だけしか絶対に見ることの出来ないお宝映像ですね。

その後、インフォマーシャルちゃんが登場したが、これも前回予想した通りで、Bパートと次回予告の間のCMが1分だったことで、確信しました。但し、今回のインフォマーシャルは前回の時と全く同じものでした。1st.の時のように複数バージョンがあるとは思うのですけど...


↓まずは「舞・2話」ということで
ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/04/23
  • メディア: DVD

↓マツということで、やっぱり「M2」関係を。

ケータイ刑事 THE MOVIE2 オリジナル・サウンドトラック・アルバム

ケータイ刑事 THE MOVIE2 オリジナル・サウンドトラック・アルバム

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: BS-i
  • 発売日: 2007/02/28
  • メディア: CD
↓頭をよぎった「怪談新耳袋 絶叫編 〜黒い男たち」

怪談新耳袋 絶叫編 左

  • 出版社/メーカー: キング
  • 発売日: 2007/07/11
  • メディア: DVD
↓やっぱりこれが...

愛のメモリー

  • アーティスト: 松崎しげる/田中星児, 松崎しげる, 田中星児, カラオケ, 馬飼野康二, あかのたちお, たかたかし, D.Boone, R.McQueen
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1993/10/27
  • メディア: CD
↓来週の予習を...
血を吸う宇宙

血を吸う宇宙

  • 出版社/メーカー: アップリンク
  • 発売日: 2002/10/25
  • メディア: DVD
発狂する唇

発狂する唇

  • 出版社/メーカー: アップリンク
  • 発売日: 2001/01/25
  • メディア: DVD
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 01:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ケータイ刑事 銭形海3rd #01「噂の刑事、ついに登場!日焼け書道家殺人事件」
Excerpt: もっと開き直って歌うのかと思ったら、意外と控えめでした。 たぶん、これからどんどん壊れていくんだと思います。 「ケータイ刑事 銭形...
Weblog: 『真・南海大決戦』
Tracked: 2008-01-06 01:15

銭形海「噂の刑事、ついに登場!〜日焼け書道家殺人事件」
Excerpt: 「ケータイ」初の 3rd Season. オープニングが基本的にそのままなのはなぜだろう。予算の関係か。  歌詞も変わっているが、大政絢がちゃんと歌ってる(最初、あんまり口元が映らないから唄だけ新録..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-01-08 07:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。