おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2007年10月04日

「悲しき別れの歌」

表題の作品は1965年の日活映画である。屋馴染みの吉永小百合浜田光夫コンビによる青春ラブ・ストーリーである。が、今回、この作品を取り上げたのは、その主役コンビが目的ではない。カチンコ「女囚さそり」やカチンコ「野良猫ロック」シリーズでここのところ筆者がハマッている梶芽衣子さんのスクリーン・デヴュー作だからということで取り上げたのである。(但し、この時は「梶芽衣子」ではなく、本名の「太田雅子」名義で出演している。)本作ではそんなに大きな役ではなくて端役での出演である。また、当然ではあるが、「クール・ビューティ」という雰囲気はまだない。

また、本作は1959年の東宝作品「ある日わたしは」(岡本喜八監督、上原美佐の初主演作であり、宝田明とのコンビによる作品である。また、田村奈己のデヴュー作でもある。)と同一原作(石坂洋次郎の「ある日わたしは」)の映画化作品である。

作品データを記しておくと、1965年の日活作品で、時間は94分である。原作は石坂洋次郎、監督は西河克己、脚本は三木克巳と智頭好夫の2人、撮影は萩原憲治、美術は佐谷晃能、音楽は池田正義である。そして出演は、吉永小百合、浜田光夫、松山英太郎、浜川智子、宮口精二、高峰三枝子、田村清臣、田代みどり、宇野重吉、荒木道子、西尾三枝子、進千賀子、和田悦子、川口道江、太田雅子、加藤洋美、松本克平、副島稔夫、たちである。

物語は、北国から上京して洋裁学校に通う娘が、県人会の席で出会った医学部に通う青年に恋をする。そのことを母に告げるが、その青年はかつて自分を愛した男の息子だということでショックを受ける母。そんな母は娘に過去を打ち明けるが...

本作は、やっぱり吉永小百合と浜田光夫を見るための作品である。(早くの梶さんは、はっきり言ってどうでもいいような役である。)が、こういう特定のスターを中心にしたのが日本映画界の黄金時代の作品でもある。サユリストであればたまらない1本となるのでしょうね。

それにしても、こういう作品もちゃんとソフト化してもらいたいところである。(かつて、LDではリリースされていたんですけどねぇ...)

↓本作の原作小説はこちら(出版年の違いでいくつか出ています)

ある日わたしは (1963年)

  • 作者: 石坂 洋次郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1963
  • メディア: −

ある日わたしは (1964年)

  • 作者: 石坂 洋次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1964
  • メディア: −

ある日わたしは (1959年)

  • 作者: 石坂 洋次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1959
  • メディア: −

↓本作はDVDもビデオも無いので、こういうものを...
SAYURI  吉永小百合アルバム

SAYURI 吉永小百合アルバム

  • 作者: 吉永 小百合
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/10/28
  • メディア: 単行本

吉永小百合の映画

吉永小百合の映画

  • 作者: 片岡 義男
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 単行本

MEIKO FANZINE―長浜治による梶芽衣子写真集 (1974年)

  • 作者: 長浜 治
  • 出版社/メーカー: 勁文社
  • 発売日: 1974
  • メディア: −
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。