おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2007年09月30日

ケータイ刑事銭形海13話(感想)+14話(2nd.1話)予告

二段構成で記している「ケータイ刑事 銭形海」。放送後の最初は、いつものように簡単な感想と次回予告について思ったことを記しています。今回の物語は第13話「さよなら相棒! 銭形海VS高村一平」ということで、高村さんとの別れの物語です。高村さんとの別れの物語は「・2nd.22話」「・1st.13話」「・2nd.14話」に次いで4度目ですが、これまでの3本との違いは監督が佐々木浩久監督ではなかったということです。(脚本の方は全部異なる人です。)が、篠崎誠監督と加藤淳也脚本と言えば、10/13から劇場公開されるカチンコ0093女王陛下の草刈正雄」の監督&脚本ということになります。(篠崎監督は「・2nd.5話」の刑事まつり以来のケー刑事となりました。)しっかりとその映画の宣伝もやっていたのは抜け目のない所でしたね。(笑

また、相棒との別れの物語というと、ハードな展開の物語(特に爆弾が絡むことが多かった)が多かったのだが、今回は少し違っていて、人間ドラマが見られました。ということで、「シリアス路線」という所が一応活きていた物語でした。(ただ、ちゃんネタが登場するなど、やる所はやっていましたけど...)

まずは、ちゃんの鞄のイルカ・マークについて。ラストの高村さんとの別れの所で、鞄のイルカ・マークが確認できましたが、数は13個ありました。今回が13話で事件解決後だったので1個追加したというのは分かりますが、舞台編の4回で1つの事件なのに、ここを4つ付けたということですね。(次回からは「2nd.」になるということで、リセットされるでしょうが...)

高村さんの出向先はスコットランド・ヤードということで、ロンドンでした。スコットランド・ヤードにはちゃんが留学していましたが、そのちゃんは現在はNASAにいるので、愛ちゃんが呼び寄せたのでは無いにしても、「ケータイ刑事」ではお馴染みの所でした。しかも高村さんは「・1st.4話」の時にスコットランド・ヤードのことを口にしていただけに、そこに出向というのも運命だったんでしょうね。

ちゃんはやはり前もって高村さんの出向の話を知っていて、プレゼントを用意(包みのリボンが緑色というのもしっかりと考えられていました。)していましたが、あのストラップは手作りなんでしょうかねぇ。(それにしても、柴田さん。貰えなかったと言って、自分で買いますかねぇ...(@鑑識メモ))でも最後に「さようなら、はなかみまさおさ〜ん」とネタも忘れていない柴田さんでした。

今回の事件のトリックは、直ぐに(ちゃんが薬の瓶を手にした所で)分かっちゃったので、もう少し捻りが欲しかったところでしたが、「ケータイ刑事」では珍しく、人間ドラマが見られたということで、よしとしましょう。また、それなりにネタも散りばめられていましたし...

冒頭で高村さんが荷物の整理をしている所では、これまでの「銭形海」の物語に登場した色んな小物が山のようにありましたが、それ以外にも、「・1st.6話」に出てきた熊の人形があったように見えたんですけど... そんな中、「草刈正雄の華麗なる卓上カレンダー」が出てくる所は流石です。しかも、ちゃんが開いた1月の日付を見たら、1/5が土曜日になっていましたが、これは来年2008年のカレンダーということでしょうか?(いや、2002年、1991年、…という過去のものの可能性もあり得ますね...)

そしてちゃんの嘘泣きたらーっ(汗)が登場しましたが「従姉妹直伝の嘘泣き」と、高村さんにはどうやら嘘泣きは通じなくなりました。→こうなると、やっぱりちゃんにお手本を見せてもらいたくなります。バシッとたらーっ(汗)嘘泣きを決めて、高村さんに奢ってもらいましょう!!

そんな中、またも出た「冷え性?(頑固な女は冷え性)」ネタ。しかし今回は高村さんではなくて容疑者・三崎洋子の口から出るというのも今までにない展開でした。でも、洋子がこれを口にしたということは、高村さんは学生時代から言っていたのか、それとも、もはや常識として誰もが知っていることなのか。これは新たな「謎です」と言っていい?(ちゃんも逆に返すという、人間っぽい所がまた良かったところでした。)

高村さんに関するネタも、久しぶりに「ペッパーダイン大学」の名前が出てきましたが、「るんるんバーボン刑事のテーマ」は歌いませんでした。これは、舞台編でたっぷりと歌ったから、もう十分ということでしょうかねぇ。

ちゃんと高村さんが対立するという展開はちょっと新鮮でしたが、プレゼントの包みを床に叩きつけたり、「冷たい」と言われたことに悩む、というように、感情が前に出たちゃんって、新しい一面となっていました。また、ちゃんも随分と演技が上達しました。

ところで、事件現場となった三崎邸って、「恋日・3rd.」でも見たことがある家だった、ということは不問にします。(それ以外については、火曜日一番の方で...)

次回・第14話(2nd.1話)の物語は「スニーカー、復活! 〜エリーゼのためにならない殺人事件」ということで、2nd.シリーズに突入です。で、TVシリーズでは「・2nd.」以来となる五代さんが復帰です。どれだけ大きくなって帰ってくるのか楽しみですが、五代さんのことだから、何も変わっていないのだはないかと思いますけど...(今度の彼女は何処の女性になっているのかも楽しみです。)で、1話ということでは、やはり初対面の時のお約束をやってくれるでしょうが、どういう形でちゃんと出会うのかが楽しみです。(五代さんはお姉ちゃまとの面識もないだけに、「従姉妹???悪夢だ!」と言っていきなり壊れそうですけど...)また、ちゃんも冬服に衣替えとなり、髪型もポニーテールになるということですが、馬面の五代さんに合わせてのポニーテールなんでしょうか?(ちゃんの髪型の変化と逆を行くちゃんなだけに、3rd.(勿論、岡野さんの復帰)があれば(または、2nd.が第2クール突入の場合も同じ)ストレートになるのでしょうか?)そういえば、柴田束志さんとも初顔になる五代さんですが、逆立ち・束志を見ての反応か楽しみです。

次回予告を見た限りでは、バックに流れたるんるん主題歌の歌詞が変わっていたので、次回からは2番(多分、3番もあるのかも?)になると思っていいでしょうね。ゲストは有坂来瞳さんですが、次回予告に出た赤い帽子の女って、宝積さんですよね。(→ということは、久しぶりに被害者の役ということなんでしょうか...)

鑑識メモは、「さかなへんの漢字」ネタは「鯆」(いるか)って、普通は「海豚」と書くので、誰も分かりませんよ。(→やっぱり勉強になる「ケータイ刑事」です。)それにしても、「イルカのプン太」は舞台編のあと、前回も劇中に出てきましたし、今回もということで、すっかり馴染んじゃいましたね。(飼い主の睦月いずみが逮捕されたから、警視庁が世話をしているのかも...?)

「鑑識メモ」の後のDLのお知らせも、夏服姿&「高村さんには内緒です」は今回限りで、次回からは冬服になり「五代さんには内緒です」に変わるのでしょうが、ここも少し楽しみです。

途中の海ちゃんCMは、前回と同じ第9パターンの「公園のベンチ編」でした。いつものようにAパートとBパートの間だけに流れました。次回からは制服も冬服になりますから、このコーナーがあるとしたら新しいものになるはずですが、引き続いてあるのでしょうか?(以前の3ミニッツ・ストーリーを作るほど、今のDoCoMoに余裕はないと思うので、海ちゃんが登場すると思いますけど...)

最後になりましたが、草刈正雄さん、お疲れ様でした。間に9ヶ月のブランクがあったものの、「ケータイ刑事」においては「・2nd.」に続いて「・1st.」と2クール続いての出演でした。ちゃんの妹・7代目以降になったら、また日本に戻ってきて、コンビを組んで下さいね。


↓高村さんとの別れの物語が収録されているもの
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/06/24
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: DVD

↓泪ちゃんネタに関して、参考まで
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD
↓「スコットランド・ヤード」ということで...
スコットランド・ヤード物語

スコットランド・ヤード物語

  • 作者: 内藤 弘
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1996/01
  • メディア: 単行本

スコットランド・ヤード―ロンドン悪の系譜

  • 作者: 益子 政史
  • 出版社/メーカー: 朝日イブニングニュース社
  • 発売日: 1986/01
  • メディア: 単行本
スコットランドヤード・ゲーム

スコットランドヤード・ゲーム

  • 作者: 野島 伸司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本
↓一応、参考まで(役に立つかな?)
新版 万病を治す冷えとり健康法

新版 万病を治す冷えとり健康法

  • 作者: 進藤 義晴
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
新・自分で治す「冷え症」

新・自分で治す「冷え症」

  • 作者: 田中 美津
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/08/26
  • メディア: 単行本
陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書)

陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書)

  • 作者: 梅崎 和子
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1994/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
あなたも治る冷え症・便秘・生理痛―カイロを貼るだけ、なわとびを3分間するだけでも効果あり 気楽にできて、体の中からキレイになれる!
タイプ別冷え症改善ブック

タイプ別冷え症改善ブック

  • 作者: 南雲 久美子
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 単行本
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 01:00| 京都 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冷蔵庫の上はイルカのプン太と記憶していて、熊の方は頭から消えていたので、12話を再確認しました。
すると、冷蔵庫の上は、海ちゃんが中を調べようとして開けた所は「イルカのプン太」がいたのに、カットが変わって閉じる所からは「木彫りの熊」に変わっていました。ということで、プン太が熊に化けていますね。
また、その近くにウォータークーラーがあって、ここにも「木彫りの熊」が置いてありました。しかも、入電ムービーにも熊は映っていました。北海道出身という被害者ということを考えたら、ピッタリですが、「イルカのプン太」が木彫りの熊に化けたのは何故なんでしょうか?化けたということで取り調べるつもりで押収し、そのままになっていたということでしょうか???
Posted by MEICHIKU at 2007年10月01日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ケータイ刑事 銭形海 #13「さよなら相棒!銭形海VS高村一平」
Excerpt: 誰? 何だか、言われたからやる、みたいな記事になってる気もするけど… まぁ…シーズン最終回だし、いっか。 ということで、銭形海1stシーズンも今回で最終回。 次回からは海の髪型がポニー..
Weblog: 『真・南海大決戦』
Tracked: 2007-09-30 19:58

銭形海「さよなら相棒! 銭形海 VS 高村一平」
Excerpt:  冒頭、しんみりとさせつつも、微妙なカレンダーとか、束志の小細工、映画の宣伝と「ケータイ」としてやるべきことは忘れない。でも、そういう空気はその辺りまで。  中盤、高村が登場しなくなる。それはつまり..
Weblog: blog mr
Tracked: 2007-10-01 21:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。