おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2007年06月03日

MUSIC:S 「ビリー・ジョエル in 東京ドーム」

2006年11月30日に、東京ドームで久しぶりの来日公演を行ったBILLY JOEL。そのライブの模様がON AIRされたので、ここに取り上げることにした。放送はBS-FUJIで、2時間(1時間54分)枠での放送で、途中に入るCMも4回で、CMカットをすると本編は約106分ということで、たっぷりと聴かせてくれるライブの放送でした。

それにしても、BILLYですが、頭も薄くなり、体の方はかなり丸くなったものですね。'70's後半から'80's前半に発表したアルバム・ジャケットの写真からは別人のようです。でも、歌の表現力、ピアノの演奏の腕の方は、衰えるどころか、益々円熟しています。中にはこのライブに行かれた方もいらっしゃるでしょうし、その方は生でもっとたっぷりと堪能されたことでしょうね。「日本」ということをやはり意識した構成でもありました。

今回、ON AIRされた曲は以下の全20曲であった。『Prelude/Angry Young Man』、『さくらさくら』のメロディをピアノで弾いて、それをイントロとして始まった『My Life』、『Honesty』、『The Entertainer』、『Zanzibar』、『New York State Of Mind』、『Allentown』、『Don't Ask Me Why』、『The Stranger』、『Just The Way You Are』、「いち、に、いち、に、さん、し」と日本語でテンポを取ってスタートした『Movin' Out (Anthony's Song)』、『An Innocent Man』、『Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)』、『She's Always A Woman』、『I Go To Extremes』、『Big Shot』、『It's Still Rock And Roll To Me』、『You May Be Right』。アンコールとしてプレイした『Scenes From An Italian Restaurant』、『上を向いて歩こう』(BILLYにしたら『Sukiyaki』と記しても良いかも、いや、日本でのライブだから、やはり『上を向いて歩こう』の方が良いですよね。)のメロディをピアノで弾いて、それをイントロとして始まる『Piano Man』。

数多くのヒット曲を放ち、アルバムも大量に発表しているBILLYだから、あの曲は?この曲は?というのが多いだけに、残念ながらON AIRされなかった曲も数多い。(当日演奏されなかった曲もあるでしょう。)が、'70's後半から'80's初頭の一連のヒット曲はしっかりと押さえていて、「日本」でのライブと言うことを考えたら、まずは無難な選曲でしたね。(流石に『Goodnight Saigon』はねぇ〜)筆者の好きな数曲も流れなかったのがちょっと寂しいですけど...

ライブの放送を録画した場合、結構面倒くさくなるのが、それぞれの曲の頭にチャプターを打ち込む所である。(CMカットは映画やドラマの場合と何ら変わらない。)106分で20曲ということは、平均すると1曲が5分強ということになる。(実際、全ての曲が同じ時間ということはあり得ないですが...)これを目処に、その作業を行ったら、やはり結構時間がかかってしまった。が、それぞれの曲を頭出しできるようになりますから、これは大事なことです。今後は、DVDにムーブさせることが残っていますし、そのDISCのレーベルをどんな風に印刷しようか、じっくりと考えようと思います。(こういう作業って、完成させるよりも、作業中に「ああしよう、こうしよう」と思って色々とやっている間の方が楽しいんですよね〜)このライブの様子を(映像は切って)音声をBGMにしながら...

↓BILLYのアルバムをいくつか 
ビリー・ザ・ヒッツ

ビリー・ザ・ヒッツ

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/07/19
  • メディア: CD

ビリー・ザ・ベスト

ビリー・ザ・ベスト

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2003/11/06
  • メディア: CD
オール・マイ・ライフ

オール・マイ・ライフ

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2007/04/18
  • メディア: CD
ストレンジャー(紙ジャケット仕様)

ストレンジャー(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/11/03
  • メディア: CD
ニューヨーク52番街

ニューヨーク52番街

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/04/19
  • メディア: CD
ピアノ・マン(紙ジャケット仕様)

ピアノ・マン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/11/03
  • メディア: CD
ナイロン・カーテン

ナイロン・カーテン

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/05/24
  • メディア: CD
Glass Houses

Glass Houses

  • アーティスト: Billy Joel
  • 出版社/メーカー: Sony Mid-Price
  • 発売日: 1998/10/20
  • メディア: CD
ストリートライフ・セレナーデ

ストリートライフ・セレナーデ

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/04/19
  • メディア: CD
ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル

ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル

  • アーティスト: ビリー・ジョエル
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2005/01/01
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 13:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(etc.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。