おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2014年08月16日

夏は怪談と言いたいところだが…

暑い夏(と言っても、完全に去年と比べると気温は低いですね…)にはやはり『怪談』を読みたくなります。(当然、怪奇映画なども見たくはなるものの、イメージを色々と空想できる本の方がベターであるのは言うまでも無い。)

と言っても、最近の作家の作品ではなくて、江戸時代から語り継がれている怪談物語であるとか、明治・大正・昭和(前半)の怪談などを読みたくなるのである。これらの物語は映画化されている作品も多いだけに、その原作本という位置づけにもなる。(中には『現代風』にアレンジされている映画もあるが、そういうものは原作物語とは完全に別物である。)『牡丹灯籠』をはじめ、多くの作品が該当することになるが、これらは怪談であると同時に江戸時代を舞台にした時代小説でもある。(近年は時代劇の新作が殆ど無くなっているだけに、時代小説から入っていくという道もあるようにも思う。)
そういえば、『青空文庫』では、今年からパブリックドメインになった野村胡堂の「銭形平次捕物帖」の追加が7月の頭で一旦終わってしまいましたね。(まあ、そのうちに再び追加されていく事になるでしょうが…)その後は、室生犀星、木暮理太郎、槙本楠郎、長谷川伸、槙本楠郎、竹内浩三と言った作家の作品が追加されているのだが、怪談ものと言えば忘れてはならない小泉八雲の作品が追加されていない。(一応、14作品(但し、内1作は同一作品の新字新仮名/旧字旧仮名なので、実質的には13作品)が公開されている。)彼の作品の全てが公開されていないので、追加を期待しているのだが、今年も無理のようですね…
 
または、以前から読みたいと思っているのが根岸鎮衛『耳嚢』であるのだが、これの電子書籍版がリリースされていない(KOBOにはあるようだが、KOBOはサポートが酷いので、商品ではないので無視。)のは今年もそのままだったので、読めていないしなぁ…(紙の本は文庫で全三巻でリリースされているが、1400ページ強、3700円ぐらになるし…)
 
で、去年も読んだ小泉八雲の『耳無芳一の話』『雪女』『ろくろ首』などを今年も読んだ作品を今年も読みました。
 
まあ、怪談以外でも読みたい作品は『青空文庫』には山のようにあるのは今も変わらないので、読む本に困ることはないのですがね〜
 
吉川英治の『新・平家物語』と『新書太閤記』を早く追加してもらいたいところです。(『黒田如水』と『大岡越前』は今年の春に読んだが、今度は『上杉謙信』あたりを読もうと思っているところです。)
↓いくつか

小泉八雲集 (新潮文庫)

小泉八雲集 (新潮文庫)

  • 作者: 小泉 八雲
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1975/03/18
  • メディア: 文庫



骨董・怪談: 個人完訳 小泉八雲コレクション

骨董・怪談: 個人完訳 小泉八雲コレクション

  • 作者: 小泉 八雲
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2014/06/27
  • メディア: 単行本



怪談―小泉八雲怪奇短編集 (偕成社文庫)

怪談―小泉八雲怪奇短編集 (偕成社文庫)

  • 作者: 小泉 八雲
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1991/09
  • メディア: 単行本



耳嚢〈上〉 (岩波文庫)

耳嚢〈上〉 (岩波文庫)

  • 作者: 根岸 鎮衛
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1991/01/16
  • メディア: 文庫



耳嚢〈中〉 (岩波文庫)

耳嚢〈中〉 (岩波文庫)

  • 作者: 根岸 鎮衛
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1991/03/18
  • メディア: 文庫



耳嚢〈下〉 (岩波文庫)

耳嚢〈下〉 (岩波文庫)

  • 作者: 根岸 鎮衛
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1991/06/17
  • メディア: 文庫



大岡越前 (吉川英治歴史時代文庫)

大岡越前 (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/08/03
  • メディア: 文庫



黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)

黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/11/11
  • メディア: 文庫



新・平家物語 文庫 全16巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

新・平家物語 文庫 全16巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫



新書太閤記 文庫 全11巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

新書太閤記 文庫 全11巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫

posted by MEICHIKU at 06:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本/電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。