おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2007年01月28日

Boukenger task47

残すところ、今回を含めて3話となったボウケンジャー。いよいよクライマックスの物語に突入しました。ということで、BGMは2枚組の「轟轟戦隊ボウケンジャー全曲集」(主にDISC 1)としました。


リュウオーンが新たなジャリュウを生みだそうとしていたが、肉体は限界に達していて、新たなジャリュウは生まれてこなかった。で、どんな危険なプレシャスだろうが力を手に入れようとしてリュウオーンは出て行った。


基地では、真澄のボウケンジャケットとアクセルラーを手にした菜月が沈んでいる。が、さくら姉さんとチーフはマイペースを保っている。菜月と蒼太は捜しに出ようとするが、「決めるのはアイツだ、捜す必要はない」とチーフ。(ということで、菜月、チーフ、さくら姉さんのキャラがよく出ています。)そうしているとも牧野がリュウオーンがパンドラの函がある遺跡に現れたと知らせる。(Mr.ボイスは不在ということだったが、どうして不在になるの?→何なりかの伏線を張りましたね。)で、出動するメンバーたち。


その頃真澄は一人である海岸にいた。そんな真澄に声を掛ける少女。真澄の言葉は一匹狼の時代のものに戻っていました。


遺跡にやってきたリュウオーンは、そこにあったパンドラの鍵を手に入れようとする。が、ガジャが現れ、それを阻止し「我は全てのプレシャスを破壊する」と言い、リュウオーンを吹っ飛ばし、パンドラの鍵を奪っていく。


遺跡に到着したボウケンジャーの面々。強力なプレシャス反応を探知するが、現れたのはガジャだった。で、手にはパンドラの鍵があった。ということで、パンドラの鍵を回収しようとするボウケンジャーとガジャの間でバトル開始。が、パワーアップしたガジャには攻撃が全く通じない。で、ボウケンジャーを圧倒したガジャはパンドラの函の元に向かった。


で、リュウオーンがその様子を見ていて、ボウケンジャーにガジャの目的を語る。(この時、さくら姉さんが「ガジャは明らかにパワーアップしていました。あなたはその理由を知ってるんですか?」とリュウオーンに問うが、こんな所でも丁寧な言葉を使うさくら姉さん、良いキャラです。)で、「これが冒険者の末路だ」と言って剣を自らの腹に刺して自害するリュウオーン。で、兜だけ残してリュウオーンは溶けるかのように姿を消してしまった。


その兜にプレシャス反応があったことから、それを回収する。で、牧野から連絡が入り、牧野が自らその兜を回収に向かい、ボウケンジャーたちはパンドラの函のある所に向かう。が、チーフは何か不自然なことを感じていた。(流石はチーフです。)


牧野はリュウオーンの兜をプレシャス・バンクの保管庫に運び込み、安心する。その頃、ガジャはパンドラの函の元に辿り着き、手を伸ばそうとしていた。そこにさくら姉さんたち(チーフはいない)が現れ「待ちなさい!」と立ち塞がろうとするが、ガジャのパワーの前になすすべもなく、ボロボロにされる。で、ガジャは「教えてやろう。冥土のみやげだ」と言って、パワーアップした秘密を見せる。ガジャは3つのゴードム・エンジンを自らの体に埋め込んだのだった。→それにしても、こういう秘密を簡単に明らかにしてしまうって、やっぱりガジャって根はいい人ですね。で、さくら姉さんたちにトドメを刺さずにパンドラの函の元に歩み寄ると、鍵を差した。


プレシャス・バンクの保管庫にリュウオーンの兜を運び込み、保管させた牧野だったが、リュウオーンの声がした。兜に残っていた細胞から再生復活したのだった。で「邪竜転生」と口にするリュウオーン。警備員が取り押さえようとするが全く相手にならず、牧野をパンチ一発で気絶させたリュウオーンは、保管されているプレシャスに手を出そうとする。


が、そのリュウオーンの体に巻き付くものがあった。それはチーフだった。チーフはリュウオーンの再生能力を十二分に把握していたのだった。で、レムリアの卵に自らの体を投じて幻獣になることを後回しにして、リュウオーンはチーフを先に倒すことにして、保管されているプレシャスを手にして攻撃開始。チーフも変身して、バトル開始。プレシャスを使ったリュウオーンの一撃を食らったレッドはピンチに陥る。


その頃、ガジャはパンドラの函の蓋を開き、災厄を目の前にした。これがまき散らされたら世界は終わる。が、ガジャはプレシャスを呑み込んだ。で、ゴードム・エンジンがそれをエネルギーとして、「絶望」と言う名前の怪物・デスペラートを生み出した。(「パンドラの函」から最後に出てきたのが「絶望」だったということからこの名前にしましたが、「パンドラの函には「希望」が残っていたんですよね。→これが最終決戦へのキーになるんでしょうね。)


デスペラートはボウケンジャーを軽くあしらった。で、ガジャとデスペラートはゴードムの秘宝のある場所に向かった。で、蒼太が、ゴードムの心臓と脳髄を狙っている、と気づき、さくら姉さんがMr.ボイスに連絡を入れる。で、牧野にそのことを伝えたMr.ボイス。牧野はプレシャス・バンクの破壊を決意して、スイッチを入れた。


レッドとリュウオーンの一騎打ちは、リュウオーンが御託を並べている間にレッドが反撃に出て、決着が付いていなかった。色々と言葉を投げかけるレッド。で剣の勝負で刃を交える。早紀に倒れたのはリュウオーンだったが、レッドも遅れてダメージを喰らっていた。


リュウオーンは人間の姿に戻り、レッドも変身解除した。で、人間に戻りたくないと言うリュウオーンはプレシャス・バンクに走っていった。それを追うチーフだったが、牧野が「プレシャス・バンクに爆破命令が出ました」と告げる。が、チーフは中に入っていく。中ではリュウオーンが爆破を阻止しようとしていて、レムリアの卵を使って人間を捨てようとしていた。チーフがそれを止めようとして再び対峙する。そんな中、「夢を見るのは人間だけ。夢を見続ける限りお前は人間だ」と言うチーフの言葉にリュウオーンの心が揺れる。そして「夢を見続ける限り冒険者だ」と言って手を伸ばすチーフ。が、リュウオーンはそれを拒否。爆破までの残り時間かゼロに近づき、そして「0」となり、プレシャス・バンクは炎を上げてどんっ(衝撃)爆発してしまった。


それを見守っている牧野の元にさくら姉さんたちが到着、「あの中に、まだリュウオーンと明石君が...」と告げる牧野。で、顔色が変わる一同。


その頃、真澄は海岸に、ガジャもプレシャスを先手を打って破壊したことを知った。が、ガジャは「神となるのをとめられるものか」と自信を持っていた。


今回の物語は、完全に真澄が蚊帳の外に置かれ、巨大ロボも登場せず、更にレッドの生死は?という状況で、最後の大きなドラマとして大きく動きました。が、戦隊のラストバトルはもっと窮地に追い込まれ、そこから立ち上がるのが常です。いずれにしても、残り2回、見逃すことは出来ません。尚、今回は、レッド(チーフ)の人格者レッドぶりが遺憾なく発揮された物語ということで、歴代戦隊作品というよりも、歴代レッドに捧ぐ、ということにしておきます。


30戦隊大全集の44回目(「歴史上の初」を扱った「スペシャルファイル」の14回目)は「マルチ合体」ということで、「ガオレンジャー」のガオキング、「アバレンジャー」のアバレンオー、そして「カーレンジャー」の天下の浪速ロボスペシャルが一度きりということで紹介される。(考えたら、これが元祖ですよね。)それにしても、CGを取り入れて表現の幅が広がった最近の作品の特徴なんですよね、この「マルチ合体」って。(しかも、玩具の数を増やしているだけということで、お父さん・お母さんからは全く歓迎されないスポンサーの都合によるものでして...)で、菜月が「ダイボウケンに似てるね...」って、ダイボウケンがそれらに似ているんじゃないですか。牧野先生がガオキングとアバレンオーの玩具を隠していたことからも明らかでした。

 
轟轟戦隊ボウケンジャー 全曲集

轟轟戦隊ボウケンジャー 全曲集

  • アーティスト: TVサントラ, NoB, 岩里祐穂, 京田誠一, 桑原永江, 岩崎貴文, 宮内タカユキ, 八手三郎, 中川幸太郎, 堀江美都子, 藤林聖子
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/27
  • メディア: CD
↓今週のネタ
パンドラの匣―変貌する一神話的象徴をめぐって

パンドラの匣―変貌する一神話的象徴をめぐって

  • 作者: ドーラ パノフスキー, アーウィン パノフスキー
  • 出版社/メーカー: 法政大学出版局
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本

パンドラの箱の悪魔

パンドラの箱の悪魔

  • 作者: 広瀬 隆
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 単行本
↓こういうのもあります。
パンドラの匣(はこ)

パンドラの匣(はこ)

  • アーティスト: ロッド・スチュワート
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/10/26
  • メディア: CD

パンドラの匣

パンドラの匣

  • アーティスト: Pierrot
  • 出版社/メーカー: Zenit Music Factory
  • 発売日: 1996/07/27
  • メディア: CD

パンドラの箱

パンドラの箱

  • アーティスト: エアロスミス
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/07/07
  • メディア: CD

パンドラの箱 クリティカル・エディション

パンドラの箱 クリティカル・エディション

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2006/02/25
  • メディア: DVD
↓今週の30戦隊
<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 百獣戦隊ガオレンジャー

<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 百獣戦隊ガオレンジャー

  • アーティスト: Salia 山形ユキオ, 山形ユキオ, 桑原永江, 中川幸太郎, Salia, 奥慶一
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/22
  • メディア: CD

百獣戦隊ガオレンジャー MUSIC&SONG COLLECTION

百獣戦隊ガオレンジャー MUSIC&SONG COLLECTION

  • アーティスト: TVサントラ, ガオレンジャー&山形ユキオ, 串田アキラ
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2001/09/21
  • メディア: CD

爆竜戦隊アバレンジャー 主題歌

爆竜戦隊アバレンジャー 主題歌

  • アーティスト: 吉元由美, 京田誠一, 遠藤正明, 串田アキラ, 森の木児童合唱団, 串田アキラ 遠藤正明
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2003/03/01
  • メディア: CD

爆竜戦隊アバレンジャー全曲集 アバ・ソン大百科

爆竜戦隊アバレンジャー全曲集 アバ・ソン大百科

  • アーティスト: TVサントラ, 遠藤正明, 影山ヒロノブ, 串田アキラ, 高取ヒデアキ, リジェ(鈴木かすみ), ミケラ(緒方文興), ヴォッファ(宇垣秀成)
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: CD

<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 激走戦隊カーレンジャー

<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 激走戦隊カーレンジャー

  • アーティスト: 高山成孝, 森雪之丞, 小路隆, 奥慶一
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/22
  • メディア: CD

「激走戦隊カーレンジャー」ミュージックコレクション2

「激走戦隊カーレンジャー」ミュージックコレクション2

  • アーティスト: TVサントラ, 高山成孝
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1996/07/20
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 18:55| Comment(0) | TrackBack(39) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

轟轟戦隊ボウケンジャー Task.47 絶望の函
Excerpt: いよいよラスト3! 最終決戦迫る!! 今回は最終決戦3部作の第一弾。 リュウオーンの最期とガジャ様最終ミッション序章の同時進行だ! はたしてリュウオーンは悪役としてまともな最期を遂げることが..
Weblog: 感想記
Tracked: 2007-01-28 19:19

轟轟戦隊ボウケンジャー Task47「絶望の函」
Excerpt: 轟轟戦隊ボウケンジャーの第47話を見ました。Task47 絶望の函肉体に限界を迎えたリュウオーンはまともなジャリュウも邪悪竜も生み出せなくなったため、プレシャスを手に入れ力を得ようとしていた。「やっぱ..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2007-01-28 19:36

轟轟戦隊ボウケンジャー Task.47「絶望の函」
Excerpt: Task.47「絶望の函」
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2007-01-28 19:42

ボウケンジャー: Task.47
Excerpt: 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.47「絶望の函」。久しぶりに會川節全開のリュウオーン&明石&ガジャ編。物語が大きくうねる。 以下ネタバレあり。
Weblog: きゃんずぶろぐ
Tracked: 2007-01-28 19:56

轟轟戦隊ボウケンジャー#47
Excerpt: OPのダークシャドウのカットが差し替わってたのにちょっとびっくり。 アッカンベーするシズカも、でしゃばるゲッコウもどちらも可愛らしかった(爆 しかし敵側にも関わらず、この時期になってOPのカット差し替..
Weblog: わんだぶろぐ
Tracked: 2007-01-28 19:56

Task.47 絶望の函
Excerpt: 今日のボウケンジャーはラストに向かって全力疾走!!って感じでしたね。 ・・・・・
Weblog: PC初心者トマトのへなちょこブログ
Tracked: 2007-01-28 20:09

ボウケンジャー Task47「絶望の函」
Excerpt: 闇のヤイバを倒して真墨は姿を消した。
Weblog: あしたはきっとやってくるさ!
Tracked: 2007-01-28 20:24

ボウケンジャー第47話&仮面ライダー電王第1話を観る
Excerpt: ボウケンジャー第47話真墨も帰ってこない、か。さて、どこで何をやってるのやら。そんな中、限界を迎え、まともなジャリュウを産み出すことすらできなくなったリューオーンが新たなプレシャスを狙います。パンドラ..
Weblog: 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
Tracked: 2007-01-28 20:29

轟轟戦隊ボウケンジャー task.47 決意
Excerpt: 内容リュウオーンは、自らの限界を感じプレシャスを吸収しようとしていた。一方ガジャもまた、自らを改造しパンドラの箱を手に入れ、『絶望』を作り上げた。リュウオーンを止めるためレッドは。。。まぁ、すべての『..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2007-01-28 20:51

Task.47 絶望の函
Excerpt: リュウオーンが自分の隠れ家のような場所でジャリュウを生み出そうとするが体が限界のようでジャリュウすら生み出せない。そこでプレシャスを探しに行く。サロンでは、蒼太のギターが流れる中みんなが心配そうな顔を..
Weblog: SlowLife
Tracked: 2007-01-28 20:55

ボウケン:Task.47「パンドラの函」
Excerpt: リュウオーン様ご退場(多分)。最後の最後に元のお姿登場。チーフ生還フラグはやっぱりズバーンをあそこに持っていった事でしょうかね。ここは納得のいける生還の画を期待するとして、真墨をどうするのかが不安で仕..
Weblog: Laundry'sRoom
Tracked: 2007-01-28 20:57

轟轟戦隊ボウケンジャー Task.47「絶望の函」
Excerpt: 闇のヤイバ、ガシャと自らをも滅ぼしかねない程の手段を用いて挑んだ最後の決意を見て、自らの決意の甘さを恥じるリュウオーン。さらに最終手段を用いても、プレシャスを手に入れそこない、ボウケンレッドにも戦いに..
Weblog: ガラダマの英雄(ヒーロー)大行進
Tracked: 2007-01-28 21:28

轟轟戦隊ボウケンジャーTASK47「絶望の函」
Excerpt: 【リュウオーンは一番描くのが大変だけど非常に魅力的なキャラなので許す。】 「先週と先々週をなかったことにして観よう!」と思ったら、冒頭にしっかりと前回からの引きが入っていました。 そうか、なか..
Weblog: 閑古鳥ぽよぽよ
Tracked: 2007-01-28 21:53

ボウケンジャー Task.47
Excerpt: 「ボウケンジャー」も残り3回(47回目)です。 自分の中の闇を否定できず、姿を消したブラック・伊能真墨。 その隙を狙って、リュウオーンが最後の悪巧みを始めたようで… Task.47 絶望の函 ☆脚..
Weblog: ないとうの気ままな(?)日常
Tracked: 2007-01-28 23:18

ボウケンジャー Task.47
Excerpt: ボウケンジャーも残すところあと3話、なのに真墨は未だ帰らず、そしてボウケンジャー最大の危機が…。 今回は敵はリュウオーン?と思わせておいて実はガジャ様が大活躍!やはり最後の敵はガジャ様なんですね。 ..
Weblog: All's Right with the World
Tracked: 2007-01-28 23:56

轟轟戦隊ボウケンジャー Task47「絶望の函」
Excerpt: 「さらばリュウオーン、君の事は忘れない」と言うお話でしたね。
Weblog: 月の光を背に受けて……
Tracked: 2007-01-29 00:56

轟轟戦隊ボウケンジャー【Task47】 
Excerpt: 今週のボウケンジャー 最終3部作の1話目になるのかな? あのおちゃめなガジャ様はどこへ行ってしまったのか{/ee_1/} 先週、真墨やヤイバが「闇、闇」言ってったケド一番闇に落ちてたのはガジ..
Weblog: だいすけでした(^^)v
Tracked: 2007-01-29 01:49

ボウケンジャー#47について(感想とつっこみ)
Excerpt: いよいよ最終三部作ですが、真墨クンは蚊帳の外です(T_T)
Weblog: ゆるりと参りましょう
Tracked: 2007-01-29 09:25

『轟轟戦隊ボウケンジャー』47話
Excerpt: おちゃらけないガジャなんて、つまらん、というエピソード(笑)
Weblog: 裏・無味感想
Tracked: 2007-01-29 10:31

スーパーヒーロータイム+プリキュアの感想 1.28
Excerpt:  今週はプリキュアSSが最終回だ??(泣) なんか人気の面ではパッとしなかったが私は好きだったんだけどな。次回作のプリキュア5には不安もありますが、頑張っていただきましょう。
Weblog: Just Another Day
Tracked: 2007-01-29 11:30

Task47 絶望の函
Excerpt: あらすじ 仲間の元を去った真墨を心配するボウケンジャーに、次のミッションが。この世の災厄がつまっているという函を開く“パンドラの鍵”があるといわれている遺跡にリュウオーンが出現したのだ。ボウケン..
Weblog: Disinfection By Sunlight.
Tracked: 2007-01-29 19:36

【ヒーロー】轟轟戦隊ボウケンジャー Task.47 「絶望の函」
Excerpt: リュウオーンは手下がいなくなったので、自分の血で作り出そうとしたが、うまくいかず。 自らの体を犠牲にした。 黒がいなくなり、帰ってこないため探そうとする黄。 だが、赤はそれを決めるのは黒自身だと..
Weblog: さかっちブログ
Tracked: 2007-01-29 22:46

ボウケンジャー47話 感想
Excerpt: いよいよ今回を含めあと3話。OPからはヤイバ様が消え、次はリュウオーンに死亡フラグが? わくわくしながら、寂しい気持ちを抑えられないでいます。 というわけで、しょぼんとした感想、いきます。
Weblog: けろりん的ひとりごと
Tracked: 2007-01-30 15:08

轟轟戦隊ボウケンジャー 「Task.47 絶望の函」
Excerpt: 最強のガジャ様
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-01-30 20:40

仮面ライダー電王その1 既にクライマックス
Excerpt: 「俺、参上!」 オレって… 「俺、再び参上!!」 …しまった、笑っちゃったよ。あんまりバカで。 「今考えた俺の必殺技!」 ごっこやってる幼稚園児まんまですモモタロス!(笑
Weblog: MEANWHILEに ELSEWHEREで
Tracked: 2007-01-30 21:46

ボウケンジャ― ♯47
Excerpt: 「絶望の函」 あの少しの血で貧血をおこしたのかと(笑) 姐さんに聞いても赤の肩をもつにきまってるじゃん。 傷心の黒は海でたそがれてますよ。 ガジャてばギャグ担当じゃなかったね。 脱いだらすごいの..
Weblog: 朔夜の桜
Tracked: 2007-01-31 11:51

ボウケンジャーTask.47「絶望の函」
Excerpt: なんだかラストに向けて盛り上がってまいりましたガジャさま、パワーアップ!!つえ〜〜と思ってたら、なんとゴードムエンジンを自らの身体に埋め込んだらしい。。で、すべてのプレシャスを吸収してしまおうとしてい..
Weblog: タジタジ☆マハル
Tracked: 2007-01-31 13:27

轟轟戦隊ボウケンジャー Task47「絶望の函」
Excerpt: 見るのが切ないボウケンジャー。あと二回なんですよ(T-T)今日は會川脚本。さて、
Weblog: 海の底まで何マイル?
Tracked: 2007-01-31 14:34

ボウケンジャーTask.47の感想
Excerpt: のっけから、あらまぁですね。リュウオーン陛下って、身を削って邪竜達を生み出していたのかしら。だったら、この前の3千の邪竜って……、もったいない。前に、邪竜を生み出すのは面倒だとか言っていたような気がし..
Weblog: ちょっとしたこと
Tracked: 2007-01-31 15:37

ボウケンジャーTask.47 「絶望の函」
Excerpt: リュウオーン様の肉体は限界。 三千体もジャリュウを生み出したからでしょうか。 その割には奥義を披露したりチーフを追いつめたり元気でした。 自分が人間でしかなかった、と思い知らされ散華。 ある意..
Weblog: いつだって自分流
Tracked: 2007-01-31 16:32

ボウケンジャー「絶望の函」
Excerpt:  ほうほう。  正しくクライマックスですな。緊迫感あふれるシーンに流れるハードなギター サウンド。いいぞぉ。  リュウオーンのカブトもとい兜も、いかにも魔人って感じがしてよし。  Mr.Voic..
Weblog: blog mr
Tracked: 2007-01-31 21:21

夢を描く者・人間。 夢を追う者・冒険者
Excerpt: ▼轟轟戦隊ボウケンジャー  【Task.47】絶望の函真墨くんが帰って来るか来ないかは彼自身が決めること。 今のボウケンらは、とりあえず肉体が限界なリュウオーンが狙うパンドラの鍵を保護する事。そんな..
Weblog: フェログ ??signal shiny day??
Tracked: 2007-02-01 06:47

ボウケンジャー47話と電王1話感想
Excerpt: ボウケンジャー感想 Task.47 絶望の函 ・そういえば先週でリュウオーンは全ての部下を失ったわけですね。  体の方にも限界がきてるって、ここで一気に退場させられそうな気配が  プンプンですねー・・..
Weblog: 瑠璃色の蝶
Tracked: 2007-02-01 10:50

今週のボウケンジャー「絶望の函」
Excerpt: オープニングがダークシャドウのところが変更!!ヤイバがいなくなったからだと思います。
Weblog: 私の大好きなもの
Tracked: 2007-02-01 19:07

今週のボウケン&電王(1月4週目)
Excerpt:  「ボウケンジャー Task.47」  ジャリュウ一族を使い果たしたリュウオーン
Weblog: 村をんなの日常
Tracked: 2007-02-01 20:22

轟轟戦隊ボウケンジャー Task47「絶望の函」
Excerpt: ◆TBさせて頂きます◆「カブト」と「プリキュア」のクライマックスに気を取られていたけど、ボウケンも残りちょっとしか無いんだね。さっき気付いたよ。 今更ですが、さくら姐さんはいつも何を作っているんですか..
Weblog: 『真・南海大決戦』
Tracked: 2007-02-01 21:25

轟轟戦隊ボウケンジャー Task.47 「絶望の函」
Excerpt: ボウケンジャーもラスト3話。ここに来て自分の中に闇がある事からアクセルラーとジャケットを置いて姿を消したボウケンブラック=真墨。しかしながらそんな事が気にならない程最終局面は重大な展開を迎えていました..
Weblog: Midnight Cafe
Tracked: 2007-02-01 21:41

先が見えねぇ!!
Excerpt: >轟轟戦隊ボウケンジャー Task47 今回は最終決戦に向けた大きな動きの話でし
Weblog: マイスター・ノート
Tracked: 2007-02-01 23:01

轟轟戦隊ボウケンジャー #47 「絶望の函」
Excerpt: リュウオーンの中の人、森田順平さんが顔出しでレッドと対峙するシーンは、なかなか良い感じだった。 東映公式/テレビ朝日公式
Weblog: 雨的日記
Tracked: 2007-02-02 19:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。