おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年10月16日

ケータイ刑事銭形海35話(3rd.9話)[裏ネタ編]PART 5

銭形海」の第35話(3rd.9話)「女子高生刑事はケータイ電話の夢を見るか 〜銭形海の悪夢」の裏ネタ編・増補の4回目となる今回は、ニセ海の所のネタから「正体」について、「意外」について、「結末」について、「」について、「マフラー」について記します。尚、「マフラー」は「・18話(2nd.5話)[裏ネタ編]PART 3」で記したものをベースにして加筆しました。 また、この物語について過去に記した記事(MBS放送時に記した[改訂版])は「ここをクリック」してご覧下さい。BS-i(当時)での本放送時に記した記事へのリンクもあります。また、この物語についての過去に記した裏ネタ編は2008/12/6付です。 「正体」:「しょうたい」と読む場合と「せいたい」と読む場合とがある。(読み方で意味が異なる。) 「しょうたい」と読んだ場合は、そのものの本当の姿、変化する前の元の姿、精神が正常状態にあるときの姿、のことである。 一方、「せいたい」と読んだ場合は、正しい姿のこと、または中国語に於いて、漢字の正式な書体のことをいう。(中国語では、省略体が一般的になっていますからね...) 「せいたい」と読むことは少なく、一般的には「しょうたい」と読まれ、そちらの意味で使われる。この物語では、「ニセ海の正体(しょうたい)」ということで、本当の姿は?ということの意味である。が、ジローさんと言うことを考えると「ニセ海の正体(せいたい)」と読んで、普通の人ではない偽者ならではの正しい姿勢というものを見せることにしたら、ここでもジロー・ワールドを発揮できるでしょうね... 英語では「Real nature」、ドイツ語では「Wirkliche Natur」、フランス語では「Vraie nature」、イタリア語では「Vera natura」、スペイン語では「Naturaleza real」、ポルトガル語では「Real natureza」、中国語では「原形」と言う。 「意外」:「意想外(いそうがい)」と言うこともある。思いの外、案外、予想外、想定外、予期しない、ということである。あくまでも、頭で考えたこととは異なった現実の結果に対していうことである。普通は、思っていたことと違っている場合に対して使われるが、思ったよりも悪い結果の場合に限っては「心外(しんがい)」と言うこともある。 英語では「Unexpectedness」、ドイツ語では「Plötzlichkeit」、フランス語では「Soudaineté」、イタリア語、ポルトガル語では「Unexpectedness」(但し、発音は異なる。)、スペイン語では「Incertidumbre」、中国語では「意外」と言う。 「結末」:物事の終わりのこと、物語や文章の結びのこと、最後の締めくくりのことを言う。または、最終的な結果のことをいう。「起承転結」の「結」の部分の事である。 「終わり」「結び」「帰結」「結果」「顛末」「落ち」「終結」「終末」「結論」などと言うこともある。 英語では「Ending」、ドイツ語では「Ende」、フランス語では「Terminer」、イタリア語では「Finendo」、スペイン語では「Acabando」、ポルトガル語では「Terminando」、中国語では「結果」と言う。 「」:「浪」または「濤」と表記することもある。また、「波浪(はろう)」と言うこともある。 水面に於いて、それが上下する高低運動のことをいう。これが発生するのはいくつかの要因がある。また、水面は、海のような広大なものから、湖や池、沼、河川などの自然のもの、浴槽、水槽など、更にコップに注いだ液体の表面など、液体がある場所の表面の全てが対象となり、その全てで起こりうる現象である。 海や湖、池、河川などのような自然にある水面では、風によって起こるもの、船舶などの航行によって生じるもの、地震によって発生するもの(津波はこれに含まれる。)がある。コップの水面などのように小さな水面では、船舶の航行は不可能であるが、風によって生じるものと、震動によって生じるものとがある。 これは、上下方向に動く高低運動が伝搬していく現象であるため、水面で生じる波のようなその他の同様の運動によって生じるものも「波」という。例えば、音は空気の粗密変化という運動の伝搬であり、音も「波」である。(「音波」と言う。)また、電波、光波も、電磁波や光の震動運動の伝搬であって、やはり波である。これらに関しては「波動」と呼ばれることもある。 それ以外では、消えやすいもの、はかないもの、の例えとして使われることもある。 英語では「Wave」、ドイツ語では「Welle」、フランス語では「Vague」、イタリア語では「Onda」、スペイン語では「Ola」、ポルトガル語では「Onda」、中国語では「波浪」と言う。 「マフラー」:「防寒具」と「消音器」という全く異なる2つのものがある。普通は前者のものを指す。(冬場であれば、ほぼ間違いなく前者のことを指す。)後者のものを指す場合は、特定の分野(内燃機関に関する分野)に関して言われるため、専門用語の一つという認識がされている。但し、「サイレンサー」または「消音器」という別の言い方もあって、「マフラー」よりもそれらの言い方がよく使われている。 防寒具の「マフラー」は、寒さを防ぐために、首の回りに巻く細長い布のことである。日本語では「襟巻」または「首巻」と言うこともある。素材は布であるが、主に絹、毛織物、毛皮、毛糸などで作られるのが一般的である。 似たものとして、「スカーフ」や「ネッカチーフ」があるが、「スカーフ」は基本的に方形の布であり、また一般的に薄手の布であって、用途は装飾用である。(防寒具ではない。)また、「ネッカチーフ」は「スカーフ」と大差はないが、「ネッカチーフ」は特に制服の一部になっている「スカーフ」のことを指すことが多い。(ボーイスカウトやガールスカウトの制服としてお馴染みとなっているものでもある。)また、装飾目的だけでなく、保温、防塵という役割も持っているので、「防寒具」の役割もあるのだが、一般的に使用する防寒具ではなく、制服にコーディネートされた防寒具も(一応)兼ねるもの、と言った方がよい。 一方、「マフラー」は長方形の布であって、厚手の布と言うのが基本である。用途も防寒用ということが第一となっている。(外見上は布質と形状が異なっており、第一意の用途としてはスカーフは「装飾用」、マフラーは「防寒用」が基本である。)但し、現在では「マフラー」もファッション・アイテムの一つとなっていて、デザインを含めて装飾用という所が主眼になってきている。(が、第一意の用途はあくまでも防寒具である。) 俳句の世界では、「マフラー」「襟巻」「首巻」は全て防寒具であるために冬の季語である。また、英語では「Muffler」と言うが「Scarf」という単語にも日本語で言う「マフラー」が含まれている。(但し、英単語の「Scarf」には「テーブルクロス」という意味もある。)ドイツ語では「Schal」、フランス語では「Écharpe」、イタリア語では「Sciarpa」、スペイン語では「Bufanda」、オランダ語では「Sjaal」、ポルトガル語では「Cachecol」、中国語では「領子卷」という。 一方、「消音器」の「マフラー」は、内燃機関(エンジン)に設けられているものであって、排気ガスが排出される際に出る音(排気音)を低減するための装置である。「消音器」または「サイレンサー」と呼ぶこともある。アメリカ英語では防寒具のマフラーと同じ「Muffler」と言うが、イギリス英語では「Silencer」と言う。また、銃の発射音を消すための装置は「消音器」または「サイレンサー」と呼び、「マフラー」とは言わない。(米英のいずれでも「Silencer」と言う。)
ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

  • 作者: 孫崎 享
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2012/07/24
  • メディア: 単行本
マネーの正体

マネーの正体

  • 作者: 吉田繁治
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2012/10/30
  • メディア: 単行本
世界超恐慌の正体【コーポラティズム vs  国民国家の最終戦争】 (晋遊舎新書 S08)

世界超恐慌の正体【コーポラティズム vs 国民国家の最終戦争】 (晋遊舎新書 S08)

  • 作者: 安部 芳裕
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2012/09/15
  • メディア: 新書
鉄道会社の意外な魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)

鉄道会社の意外な魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/10/16
  • メディア: 文庫
プロでも意外に知らない〈木の知識〉

プロでも意外に知らない〈木の知識〉

  • 作者: 林 知行
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 単行本
チェーホフ集 結末のない話 (ちくま文庫)

チェーホフ集 結末のない話 (ちくま文庫)

  • 作者: チェーホフ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/12/10
  • メディア: 文庫
波のしくみ―「こと」を見る物理学 (ブルーバックス)

波のしくみ―「こと」を見る物理学 (ブルーバックス)

  • 作者: 佐藤 文隆
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: 新書
風と波を知る101のコツ―海辺の気象学入門 (101Books)

風と波を知る101のコツ―海辺の気象学入門 (101Books)

  • 作者: 森 朗
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: 単行本
波動の法則―宇宙からのメッセージ

波動の法則―宇宙からのメッセージ

  • 作者: 足立 育朗
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本
波動干渉と波動共鳴

波動干渉と波動共鳴

  • 作者: 安田 隆
  • 出版社/メーカー: たま出版
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本
棒針あみ/マフラー、帽子+小もの―はじめてあむ。1日であむ。 (主婦の友生活シリーズ)

棒針あみ/マフラー、帽子+小もの―はじめてあむ。1日であむ。 (主婦の友生活シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2007/08/01
  • メディア: ムック
裏も楽しい手編みのマフラー

裏も楽しい手編みのマフラー

  • 作者: 嶋田 俊之
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2010/10/08
  • メディア: 大型本
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。