おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年10月13日

ケータイ刑事銭形愛25話[裏ネタ編]PART 11

銭形愛」の25話「スーパー五代、遂に登場!! 〜連続ヴァーチャル殺人事件」の「裏ネタ編」の増補は今回限りとなります。で、「人格その3・ネガティブ五代」の部分のネタから、「グラウンド」について、「密室」について、「握手」について、「ノーコン」について、「キャッチボール」について記します。尚、「密室」は「・21話[裏ネタ編]PART 8」で、「握手」は「・9話[裏ネタ編]PART 6」で、「キャッチボール」は「・25話[裏ネタ編]PART 6」て記したものをベースにして、それぞれ加筆しました。 また、この物語について過去に記した記事は「ここをクリック」してご覧下さい。また、この物語に対する過去に記した裏ネタ編は2009/7/4〜9の連日付です。 「グラウンド」:元々の意味は「地面」「敷地」「用地」という意味であるが、スポーツ競技を行う場所、運動場、競技場のことを指す。(運動場や競技場でも、競技を行う場所のことを指し、観客席やロッカー、控え室などのことは指さない。)尚、「グランド」と表記したり、言うことがあるが、これはアクのでも日本語であって、英語の「Grand」(「グランド」)とは全く別(日本語では同音異義語ということになる。)である。 電気工学や電子工学、電気回路では、基準となる電位(接地電位)のことを指し、「GND」と記すこともあるが、これも「グラウンド」である。→「地面」と言う意味から来ている。 英語では「Ground」、ドイツ語では「Boden」、フランス語では「Terre」、イタリア語では「Terra」、スペイン語では「Tierra」、ポルトガル語では「Chão」、中国語では「運動場」と言う。 「密室」:密閉された部屋のことであって、外界から完全に切り離されて独立した状態になっている部屋のことを言う。そのため、その密室の中には、人が外部から侵入できない/外部に゛ることが出来ない状態になっている。(その部屋にある窓やドアなどは、密室の内部から鍵が掛けられていて、外からはそれを開けることが出来ない状態になっているため、外から入ることが出来ない状態にある。また、ガラス窓やドアは破壊していればそこが通路になるため、密室となっている場合は、それらは破壊されていないことが前提条件となる。) 尚、密室は、外界から切り離されている状態てあるが、空気を遮断しているものではない。あくまでも人の出入りが不可能なように、外部から遮断されている部屋のことである。(空気と水は隙間から入って行くことは可能である。また、小動物が内部に侵入することが可能であっても、人間が出入りすることが不可能であれば、それは「密室」と呼ばれる。) 推理小説の世界では、密室で事件が起こり、そこで死体が発見される、というのは定番のジャンルの一つとして確立している。この場合は、どうやって犯行が行われたのか、どうやって密室が作られたのか、という謎を解いていく所がポイントとなる。「ケータイ刑事」シリーズでも「密室」で事件が起こったというのはお馴染みのものであり、密室の謎解きが展開される物語が結構ある。 また、「密室」にはもう一つの意味がある。それは「秘密にして、他人に知らせない部屋」という意味である。こちらの意味としての使用はあまり使われなくなっているのが現状であるが、「密室政治」「密室会議」というように、他人の介入を許さずに独裁的な手法で進められることについて、悪い印象を持った言葉として使われることがある。 英語では「Locked Room」と言うが、第二の意味としては「Closed Door」と言う。(英語では使い分けられている。)また、「Secret Room」という言い方もある。ドイツ語では「Geheimes Zimmer」、フランス語では「Pièce Secrète」、イタリア語では「Stanza Segreta」、スペイン語では「Cuarto Confidencial」、ポルトガル語では「Quarto Secreto」、中国語では「密室」という。 「握手」:挨拶の一つとして、信愛の印、または和解の印として行われる行為の一つであって、互いの手を握り合うこと、及びその動作のことをいう。 挨拶の場合は、更にハグをしたり、(頬への)キスなどというより親密度が高い人の間で行われるものもあるが、握手はその第一歩となるものである。一方、喧嘩、紛争などの場合に行われるものは「仲直り」を意味しており、これは互いに和解したということの意思表示である。また、スポーツの試合の後、戦った両選手(両チーム)が握手をするということがよくあるが、これは互いの健闘をたたえ合うことと、試合終了によって試合中の遺恨を全て水に流したという意味でもある。 また、芸能人がファンとの間で「握手会」と称するものを行うことがあるが、この場合はファンとの間での信愛のために行うものである。 選挙では、候補者が有権者の間で握手をして廻る行為が行われるが、これも信愛のためにということになる。ただ、この場合は有権者の方には「協力する(=投票する)」という行為とは結びつかなくても問題はない。 英語では「Handshake」、ドイツ語では「Händedruck」、フランス語では「Poignée de Main」、イタリア語では「Stretta di Mano」、スペイン語では「Apretón de Manos」、ポルトガル語では「Aperto de Mão」、中国語では「握手」と言う。 「ノーコン」:いくつかの言葉の略語であるが、特に断り無しに使った場合は、野球に於いて、ピッチャーの制球が悪いこと、「ノー・コントロール」の省略した言い方となる。(この物語では、野球について語っているため、この意味である。) それ以外では、各種ラジコンの玩具が操縦不能になること(「ノー・コントロール」「制御不能」)という意味、ゲームが終了すること(「ノー・コンティニュー」)という意味、無効試合のこと(「ノー・コンテスト」)、コンプレックスが無いこと(「ノー・コンプレックス」)という意味で使われる。 プロレスでは、無効試合となることがたまにあって、その時に「ノーコン」と言うことで耳にすることがあるものの、普通は野球での意味として使われる。→それだけ野球が身近なスポーツとなっていることの証でもある。 英語では「No control」、ドイツ語では「Keine Kontrolle」、フランス語では「Aucun contrôle」、イタリア語では「Niente controllo」、スペイン語では「Ningún mando」、ポルトガル語では「Nenhum controle」、中国語では「不康」と言う。 「キャッチボール」:2人、またはそれ以上に人数で、互いにボールの投球/捕球を繰り返す運動のことを言う。野球では試合前の練習の一つとして、必ず行われるものでもある。(肩を温める、などの準備運動の一つでもある。)また、親子(父と息子)が行うキャッチボールは、家族の絆を強めるものの一つとして、当たり前のように行われる運動となっている。 尚、キャッチボールとは「Catchball」ということで英単語だと思うであろうが、これは和製英語であって、英語では通じない。英語では「Catch」と言い、「キャッチボールをする」は「Play Catch」若しくは「Play Ball」と言う。 また、ボールを互いに投げて受けることを繰り返すことから転じて、2人の人が言葉のやりとりをすることを「言葉のキャッチボール」と言うこともある。 英語では「Catch」、ドイツ語では「Fang」、フランス語では「Prise」、イタリア語では「Presa」、スペイン語では「Captura」、ポルトガル語では「Captura」、中国語では「投接球練習」と言う。
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
グラウンドの空

グラウンドの空

  • 作者: あさの あつこ
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/07/17
  • メディア: 単行本
図説 密室ミステリの迷宮 (洋泉社MOOK)

図説 密室ミステリの迷宮 (洋泉社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2010/10/25
  • メディア: ムック
密室入門 (メディアファクトリー新書)

密室入門 (メディアファクトリー新書)

  • 作者: 有栖川有栖
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2011/08/29
  • メディア: 新書
別れ際に握手する奴とは二度と会うな。

別れ際に握手する奴とは二度と会うな。

  • 作者: TADANAGA
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2009/01/24
  • メディア: 新書
たにぞうの一球ノーコン

たにぞうの一球ノーコン

  • 作者: 谷口 國博
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本
おやこでキャッチボール

おやこでキャッチボール

  • 作者: 株式会社キッズレーベル
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: 単行本
子育てキャッチボール―ボールひとつから始まる教育再生

子育てキャッチボール―ボールひとつから始まる教育再生

  • 作者: 古田 敦也
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本
親子で遊ぼう マジックキャッチ

親子で遊ぼう マジックキャッチ

  • 出版社/メーカー: KASHIMAYA
  • メディア: おもちゃ&ホビー
カイザー(kaiser) 親子グローブセット  KW-310

カイザー(kaiser) 親子グローブセット KW-310

  • 出版社/メーカー: カイザー(kaiser)
  • メディア: スポーツ用品
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。