おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年10月12日

「ケータイ刑事」と「007」の驚くべき類似点(その281)

今回のテーマは「トイレから流したもの」です。取り上げる物語は、「ケータイ刑事」からは「・2nd.11話」、「007」からは「リビング・デイライツ」です。 「ケータイ刑事」:「・2nd.11話」。「雨音は殺しの調べ 〜男子三楽坊殺人事件」と言う物語。パロディ精神に満ちている物語で、当時人気のあった「女子十二楽坊」をパロディのネタにして「男子三楽坊」としているが、「女子」を「男子」にするというのはともかく、「12」を「3」に減らすという所が如何にも「ケータイ刑事」らしい所である。が、この「3人」というのはミステリーでは何かと扱いやすい数字でもある。低予算と言うことを逆手に取り、しかもちゃんは3代目ケータイ刑事であるなど、何かと面白いことが積み重なった物語である。 女子高生の間で凄い人気となっている音楽ユニットの男子三楽坊。日本の伝統的な楽器でポップスとかも演奏し、メンバーは超イケメンということで、ミーハーなちゃんはらしい所を見せていた。そんな所に、男子三楽坊のメンバーの2人(三味線の猫田仙三(ねこた・せんぞう)、和太鼓の堤大悟(つつみ・だいご))が行方不明になったという知らせが届き、ちゃんと高村さんは男子三楽坊の事務所に向かった。 男子三楽坊のリーダー・竹本尽八(たけもと・じんぱち)に話を聞くが、彼は話をする相手の顔をジット見つめながら話をした。高村さんは「彼の視線、行きすぎた好意を感じるよ」と言っていたが、ちゃんはそれを「気にしすぎですよ、自意識過剰過ぎます」と一蹴した。 やがて、脅迫状が届き、身代金として一億円を要求してきて、取引場所が指定されていた。売れっ子の男子三楽坊ということで、直ちに一億円が用意されて、指定場所の水無月公園に行こうとするが、竹本はトイレに寄ることを求め、トイレを経由してから公園に向かった。 公園には第二の指示書が置いてあり、それに従って身代金の入ったスーツケースを公園の池に沈めたが、犯人は来なかった。1時間経過した時、竹本は「もう少し待ってみましょう」と言い、2時間経過しても犯人が現れないので、スーツケースを引き上げてみることにした。が、中に入っていた一億円は消えていた。 高村さんは、犯人は池の中に隠れていた、と言うが、池から誰も出てきていないため、ちゃんはそれを一蹴し、公園を引き上げることにした。 事務所に戻ってくると、犯人からの新たなメッセージが届いていて、一億円は受け取ったということと、2人の居場所も記されていた。で、その場所に向かったちゃんたち。 そこは廃屋であって、一部の壁や床が壊れていた。そして、そこに堤と猫田の姿があったが、堤は既に死んでいて、猫田は意識を失っているものの無事だった。 意識を回復した猫田に話を聞き、状況、犯行時刻などが分かる。で、ちゃんは、この事件は竹本の自作自演だと見抜いた。が、竹本は一億円をどうやって奪ったかを尋ねる。これにちゃんは、公園に行く前にトイレに寄り、氷が入ったスーツケースと取り替えた。氷が入っていることで重量のことを誤魔化し、池に沈めて長時間待ったことで氷が解けてなくなり、犯人が奪ったというトリックを作った。で、トイレを調べればということで調べるが一億円は出てこなかった。 これにちゃんは「流したんですね、トイレに」と結論を出した。高村さんは「そんなバカな、一億円だよ、一万円じゃないんだよ」と驚き、竹本も「一億円を捨ててまでどうして偽装誘拐なんて...」と言うが、ちゃんは「CDが売れまくっているあなたにとって、一億円なんて大した額じゃない。最初から殺人が目的だった」と言い、提の殺害が目的だったと結論づけた。 これにアリバイを主張した竹本。最初はそれを見抜けなかったちゃんだったが、そのトリックも解き、竹本の犯行と、一億円をトイレに流した事実が判明した。 竹本は、耳が聞こえないことを隠していたが、その秘密を隠すために読唇術を身につけた。が、提がその秘密に気づいて引退を求めた。そのため、提を殺したのだった。 犯罪の証拠を消すためとは言え、一億円をトイレに流したというのは売れっ子スターだから出来ることとはいえ、余りにも普通ではないものがトイレに流されたのでした。 「007」:「リビング・デイライツ」。1987年のシリーズ第15作であって、4代目ボンドのデビュー作である。3代目からバトンを受け継いで、「若さ」を前面に出した作品になり、アクションにも力を入れた作品となったが、日本ではT・ダルトンが蟹江敬三に似ているということから、今一つボンドのイメージと違うという声もある作品である。が、イギリスではT・ダルトンは、原作のイメージに最も近いとダイアナ妃(当時)が語ったことから人気を得たというなど、「所変われば…」ということを感じさせた物語になった。 KGBのコスコフ将軍は私利私欲のための計画を進め、その作戦として西側に亡命を求めた。(この亡命自体も作戦の一つで、偽装亡命を仕組んでいた。)そして、亡命を受け入れることにしたイギリスはボンドを派遣して、コスコフの亡命を手助けする任務を受けてチェコスロバキア(現在はチェコであるが、この物語の当時はチェコスロバキアであった。)のブラチスラヴァに入った。そこのあるホールでクラシックの音楽会が行われている。亡命は、その音楽会の中休みの時に、コスコフはホールから脱出してきて、それをボンドが保護するという手筈になっていた。また、コスコフは、KGBのスナイパーに狙われると言い、ボンドはスナイパーを発見したら直ちに射殺する準備を整えていた。 コンサートが中休みに入り、コスコフは打合せ通りにトイレに入った。そして、個室に入ると、その窓から脱出した。ボンドはその場所の道を挟んだ向かいにあるある店に控えていて、コスコフはそこまでの間はスナイパーに狙われる危険があった。コスコフの姿を目にしたボンドは、スナイパーがいないかを探り、コンサートホールからライフルを持った人影を発見した。それはコンサートでチェロを弾いていた女だった。が、ボンドはその女を射殺せずに、わざと弾を外して驚かせただけだった。間一髪の所を駆け込んできたコスコフ。そしてボンドは、車に乗せてある場所に向かい、そこからコスコフをガスパイプラインを使って脱出させて西側に入れ、更にイギリスに送り届けた。こうしてコスコフのイギリスへの亡命は成功した。 が、イギリスに到着して直ぐに、KGBが襲撃して、コスコフは奪い去られた。しかし、この襲撃は、コスコフが計画したものであって、襲ったのはコスコフの仲間で殺し屋・ネクロスで、コスコフはタンジールに逃亡してそこで仲間(当然、ネクロスもいた。)と合流したのだった。 亡命をするために、トイレが鍵を握る場所になり、その窓から脱出するということで、これもトイレという空間から亡命者が出てきたという普通ではないものが出てくることになったのでした。 共通点は、トイレをトリックに使い、普通はトイレに流さないもの(「ケータイ刑事」では札束、「007」では亡命者)が流れ出ているということである。ということで、「トイレは排泄物を流す場所」ということを、共に逆手に取ったことになったということが共通点である。また、その時トイレを利用した人物には別の目的(「ケータイ刑事」では殺人のための偽装誘拐、「007」では偽装亡命)で「偽装工作」の一つとして使われているということ、またその人物の保身のための行動であったという所も共通している。 一方、相違点としては、「ケータイ刑事」ではその偽装工作を通して、ターゲットである人物(男子三楽坊の提)を殺害したため、死者が出ているが、「007」ではスナイパーをボンドは射殺しなかったため、死者は出ていないということである。(但し、物語が進んで行く内に、ボンドの協力者・ソンダースは死亡、コスコフも死亡している。) 次回も今回と同様に「ある物(できごと)」をテーマにして記す予定です。何が登場するのかはお楽しみに。
ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
リビング・デイライツ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

リビング・デイライツ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
007 リビング・デイライツ アルティメット・エディション [DVD]

007 リビング・デイライツ アルティメット・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
リビング・デイライツ (アルティメット・エディション) [DVD]

リビング・デイライツ (アルティメット・エディション) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX(007製作50周年記念キーチェーン付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX(007製作50周年記念キーチェーン付) 〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。