おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年07月02日

「DEATH TRAP」

表題の作品は1976年のアメリカ映画「悪魔の沼」である。1974年の「悪魔のいけにえ」のヒットによって有名になり、ハリウッドに招かれたT・フーパー監督が実話を元にした第2作である。'90's後半以降は作品にも恵まれないでいるが、初期作品は何かとエネルギーのあったということで、本作もホラー作品としてたっぷりと楽しめる作品である。 作品データを記しておくと、時間は90分、監督はトビー・フーパー、脚本はトビー・フーパー、アルヴィン・L・ファスト、キム・ヘンケルの3人、撮影はロバート・カラミコ、音楽はトビー・フーパートウェイン・ベルの2人である。そして出演は、ネヴィル・ブランド、メル・ファーラー、スチュアート・ホイットマン、マリリン・バーンズ、クリスティン・シンクレア、ウィリアム・フィンレイ、カイル・リチャーズ、キャロリン・ジョーンズ、ロバート・イングランド、ロバータ・コリンズ、ジャナス・ブリス、たちである。 テキサスの田舎町。ミス・ハッティの淫売宿を追い出されたクララはスターライト・ホテルというモーテルにやってきた。クララが淫売宿から来たと知ったモーテルの主人ジャッドは、彼女を殺し、モーテルの側にある沼に投げ捨てた。その沼にはクロコダイルが生息していて、クララの死体はクロコダイルに食いつかれた。そんな中、ロイとフェイという夫婦が娘・アンジーと共に泊まりにやってきた。が、ペットの犬がクロコダイルに食われてしまい、そのショックでアンジーは半狂乱になってしまう。また、クララの親・ハーヴェイとリビーが探しにやってきたが、ジャッドはクララが来たことを否定し、警察に行き、保安官と共にミス・ハッティの淫売宿に行ったが、クララが居たことは否定され、モーテルに戻った。そんな時、ロイが、クロコダイルを殺してくれるように頼むが、拒否されたことから、自分で殺そうとした。で、ジャッドは大鎌でロイを殺し、沼に捨て、フェイ、アンジーを襲った。アンジーの悲鳴を聞いたハーヴェイもジャッドに殺されて、やはり沼に捨てられた。更に、土地の若者・バックが恋人のリネットと共にやってきて、少女の悲鳴を耳にしたことから、やはり沼に突き落とされる。リネットは何とか逃げ切った。次々と人が失踪していくということで、警察も本格的に捜査を開始していて、捜査の手はスターライト・ホテルに達した。リビーが縛られているフェイを救うが、クロコダイルに襲われて重症を負う。逃げ回るアンジーを追ったジャッドだったが、瀕死のフェイが遂に沼に突き落として、アンジーは助けられた... 連続失踪事件の背後にあった恐怖の出来事を巧みに描いていて、ヒッチコックの名作「サイコ」のような恐怖感を与えてくれる。また、クロコダイル(=鰐)が人を襲うというパニック映画も製作されていることもあって、やはりその恐怖感もある。ということで、このジャンルの作品に求められる要素はたっぷりと詰まっている。 しかし、全体的には低予算と言うこともあるのか、不完全燃焼ということを随所に感じられる。この点が惜しいところである。(やはり、「悪魔のいけにえ」の次の作品ということで、期待する部分も大きいですからね...) とは言っても、本作は実話が元になっているということを考えると、こういう事件があったということの方がよっぽど怖いということになりますね...  
悪魔の沼 [DVD]

悪魔の沼 [DVD]

  • 出版社/メーカー: クリエイティブアクザ
  • メディア: DVD
悪魔の沼 デラックス・エディション [DVD]

悪魔の沼 デラックス・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: デックスエンタテインメント
  • メディア: DVD
悪魔の沼 特別価格版 [DVD]

悪魔の沼 特別価格版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結構私は好きな作品です。
あまり知られていないですが、国際ファンタスティックSF映画祭で「黄金の一角獣賞」「主演男優賞」を受賞しているので、まったくの駄作ではないような気もするのですが・・・。ちなみにフェイが重症を負ったのは、クロコダイルに襲われたのではなくて、ジャッドに鎌で切りつけられ2階から突き落とされたからですよね(別にどうでもいいことですが)。
Posted by カップラーメン at 2012年07月08日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278466823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。