おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年05月05日

COCTEAU TWINS『TREASURE』

表題のアルバムは1984年に発表された彼らの3rd.アルバムである。ポスト・パンクのバンドとして(インディーズから)スタートした彼らであるが、独特のサウンドを構築していって、何を歌っているのか分からないようなポーカルは、彼らのスタイルとして人気を集めることになったが、その代表的な作品が本アルバムである。チャート成績の方は、本国イギリスのインディーズ・チャートでは2位を記録し、イギリスのアルバム・チャートでは最高位29位を記録している。また、スウェーデンで32位、ニュージーランドで34位を記録するというように、イギリス以外の国でもチャートインを果たした国がある。 収録曲は以下の全10曲である。『Ivo』『Lorelei』『Beatrix』『Persephone』『Pandora』『Amelia』『Aloysius』『Cicely』『Otterley』『Donimo』。 彼らはアルバムからの「シングル・カット」ということは'88年の6th.アルバムで初めて行っていて、それまでの9枚のシングルは全てアルバム・未収録曲である。よって、本アルバムからのシングル・カット曲は無い。 お薦め曲としては、『Ivo』『Lorelei』『Persephone』『Pandora』『Otterley』と言うところをピックアップしておく。(『Ivo』や『Lorelei』『Pandora』という曲は、シングル・カットをしたら、それなりのヒットを記録したのではないかと思うほど、素敵な曲である。) 音楽であるが、単なる音楽ではなく、幻想的な世界を見事に構築していて、その幻想的な世界をたっぷりと堪能することが出来るアルバムである。特に前半は、余りにも綺麗な曲が揃っていて、ながらで聴いていたら、曲の美しさのために、何かをしている手が止まってしまって、曲に聴き入ってしまうほどの素敵な曲が揃っている。それでいて、後半になると、着飾った貴婦人のような美しさを感じられるようになるということで、曲が進化していっていることがよく分かることになる。 ということで、アルバムとして1つの作品として聴くべき内容のアルバムである。シングル・カットされる曲が無いのも、アルバム全体を聴けば納得できるだけのものであって、全10曲と言うよりも10の楽章から成る作品と言った方が良いですね。 ということで、心の清涼剤にもなるアルバムであるだけに、お手元にどうぞ。
Treasure

Treasure

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 4ad / Ada
  • 発売日: 2007/04/09
  • メディア: CD
神々が愛した女たち(Treasure)

神々が愛した女たち(Treasure)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1999/02/20
  • メディア: CD
Treasure(紙ジャケット仕様)

Treasure(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2005/02/23
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 08:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。