おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年04月07日

鳳神ヤツルギ2 #1

テレビショッピング番組が中心のTwellVでの放送であるが、木更津を舞台にしていることで、千葉と繋がりの深いTwellVらしい所でもありますね。 本作は、ZEN PICTURESの製作で、千葉テレビの放送というところは前作と同じである。(BSでの放送もTwellVということ、千葉テレビでの放送終了後と言うところも同じ。) 初回と言うことで、一応記しておくことにします。 まず、感じられたのは、前作よりも敵の造形は進化していますね。ヒーロー側の方は特に変わっていないが、前作の敵は、顔出し幹部の2人は別にして、怪人の造形は同好会レベルということを感じたのだが、本作ではそれが怪人らしいものになっていて、少しは期待できそうです。但し、戦闘員については前作のマイナーチェンジという範疇でしかないですが... 物語の方は、ヤツルギの力を失っている主人公が、その力が無くても敵に立ち向かっていく熱い所は健在であり、ノリは変わらないというところですね。 また、前作で封印した海帝帝国ザブーンのあの2人が、封印が解けて甦ったということで、これが新たな敵・地帝帝国とどう絡んでいくかがポイントでしょうかね。 前作もそうであったが、この作品はやはりB級作品の範疇であって、最近、何かと話題になっている「ローカルヒーロー」ものの一つである。ローカルヒーローというと、基本的にはB級であり、C級というものも珍しくないが、本作はZEN PICTURESが製作しているだけに、B級作品であるものの、B級の中ではAランクの作品として色々と楽しませてくれることでしょう。B級作品の楽しみ方の範囲で、楽しもうと思います。(来週からは特に記すことはしないつもりですけど...) ↓前作ですが...
ZEN / 鳳神ヤツルギ1 [DVD]

ZEN / 鳳神ヤツルギ1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD

ZEN/鳳神ヤツルギ2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD
鳳神ヤツルギ3 [DVD]

鳳神ヤツルギ3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 11:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。