おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年02月08日

BRYAN FERRY『BOYS AND GIRLS』

表題のアルバムは1985年に発表された彼の6枚目のソロ・アルバムでアリ、かつ、最大のヒットを記録したアルバムである。(シングル・ヒットということでは、他のアルバムからのシングルの方がより大きなヒットを記録しているが、アルバムとしては本アルバムが上である。)チャート成績は、イギリスで3週連続1位を記録し、アメリカでは最高位63位を記録している。(唯一の全英No.1アルバムであり、アメリカでもキャリア・ハイを記録している。)

収録曲は以下の全9曲である。『Sensation』『Slave To Love』『Don't Stop The Dance』『A Waste Land』『Windswept』『The Chosen One』『Valentine』『Stone Woman』『Boys And Girls』。

この中からシングル・カットされたのは3曲である。1st.シングルの『Slave To Love』はイギリスとベルギーで最高位10位、アイルランドで8位、ニュージーランドで11位、豪州で29位を記録している。2nd.シングルの『Don't Stop The Dance』はイギリスで21位、アイルランドで8位、ベルギーで13位、ニュージーランドで16位を記録した。3rd.シングルの『Windswept』はイギリスで46位、アイルランドで29位を記録している。尚、アメリカでは3曲ともチャートインしなかった。

お薦め曲は、シングル・ヒットを記録している『Slave To Love』と『Don't Stop The Dance』、更に『Sensation』『Stone Woman』『Boys And Girls』をピックアップしておく。

本アルバムには豪華なミュージシャンが参加していて、GUY FLETCHER、DAVID GILMOUR、OMAR HAKIMが脇を固めていて、そこに数多くのUKを代表するミュージシャンを中心に多数参加していて、大人の鑑賞に堪える内容のあるアルバムを構築するのに力を貸している。また、B・フェリー自身も脂が乗っていて、一流のミュージシャンたちの間で水を得た魚のように、実に活き活きしている。

'80'sのUKを代表するミュージシャンが集っていることだけでも一聴の価値があるが、内容もあって、完成度が高いアルバムであるだけに、UKロックがお好きな方は聴いておかなければならないマスト・アイテムである。(USロックとは一味違うUKならではのものがあります。)


Boys & Girls

Boys & Girls

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin Records Us
  • 発売日: 2000/03/28
  • メディア: CD

Boys & Girls (Hybr)

Boys & Girls (Hybr)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin Records Us
  • 発売日: 2004/11/30
  • メディア: CD
ボーイズ・アンド・ガールズ

ボーイズ・アンド・ガールズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2010/06/09
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 09:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。