おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2011年08月31日

WILD SWANS『SPACE FLOWER』

表題のアルバムは1990年に発表された彼らの2nd.アルバムである。第一期が1980年から1982年、第二期が1988年から1990年、そして2009年に三度結成して現在に至る第三期がある彼らであるが、オリジナル・アルバムは第二期に発表している。ポスト・パンク、ニューウェーブ系のバンドであるが、彼らはリヴァプール出身ということで、否応なしにBEATLESの幻影につきまとわれてしまい、彼らの本来の所が出せなかった様に感じられてしまったのが残念なところであった。また、本アルバムは彼らの2枚目のアルバムであるが、本国イギリスではリリースされず、リリースされたアメリカ、ドイツでもチャートインすることもなかった。

収録曲は以下の全10曲である。『Melting Blue Delicious』『Butterfly Girl』『Tangerine Temple』『Immaculate』『Space Flower』『Chocolate Bubblegum』『I'm A Lighthouse』『Magic Hotel』『Vanilla Melange』『Sea Of Tranquility』。

尚、この中からシングル・カットされた曲はない。

お薦め曲としては『Melting Blue Delicious』『Butterfly Girl』『Magic Hotel』とアルバム・タイトル・ナンバーの『Space Flower』をピックアップしておく。

サウンドの方は特にこれということのないロック・サウンドであるので、聴きにくいと言うことも無いのだが、これが彼らのスタイルだ、という所が出ていないため、平凡なロックノ範疇に収まってしまっているのが実にもったい所である。普通のロック・ファンであれば、可もなく不可もなしと言うことになってしまうが、特に毒にもなることがなく、比較的聴きやすいサウンドであるため、一応、チェックしておいても宜しいかと...(その時に、ここはという所が感じられたらいいのですが...)


Space Flower

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1990/05/18
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。