おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2006年08月14日

DEVO『FREEDOM OF CHOICE』

表題のアルバムは1980年に発表された彼らの3rd.アルバムである。シンセサイザーを巧みに使ったのがこれまでの彼らのサウンドであったが、本アルバムではそのサウンドに磨きがかかったのと同時に洗練された者へと発展した。これによって機械的なサウンドという印象だったのが和らぎ、表現力が増すことになり、奏でられるサウンドのスケールが一回り大きくなった。ということもあってか、本アルバムは1981年のBillboard年間アルバム・チャートでは64位にランクインしていて、レギュラー・チャートでは最高位22位を記録している。


収録されているのは以下の全12曲である。『Girl U Want』『It's Not Right』『Whip It』『Snowball』『Ton O' Luv』『Freedom Of Choice』『Gates Of Steel』『Cold War』『Don't You Know』『That's Pep』『Mr. B's Ballroom』『Planet Earth』。この中からは『Whip It』がシングル・ヒットを記録していて、1981年のBillboard年間シングル・チャートの94位、レギュラー・チャートでは最高位14位を記録している。


本アルバムからのお薦め曲は『Girl U Want』『Whip It』という所を挙げるが、いずれもが洗練されたエレクトリック・サウンドである。その一方で、『It's Not Right』もお薦め曲とするが、この曲は'70'sの時代に「テクノ」と呼ばれたサウンドの延長線上にあるものであり、パッと聴くと陳腐でナローな音という印象を受けるが、これはシンセの使い方を考えて、音数を減らすというシンプルな方向へのアプローチを示していることに他ならない。シンプルな音、単音に近づいていくほど、そこから受ける迫力、音の厚みというものは減ってくるが、少ない音で表現しなければならないということは、逆に難しいことでもある。(例えば、俳句は5・7・5という限られた文字数で表現しなければならないが、それと同じことである。)つまり、芸術性がその根底に無いと、とても鑑賞する音楽にはなり得ないということである。完全な単音とまでは流石に行っていないが、そういう芸術性を感じる曲なのである。


本アルバムは1980年の作品であり、シンセサイザーを使ったエレクトリック・サウンドというのはこの後数年で更に飛躍的に発展することになる。これには技術の進歩という要素もあるが、1980年の時点ではまだまだ未完の世界でもあったということは否めない。そのため、この後隆盛を極める'80'sサウンドに親しんでいる耳では、陳腐な印象を感じてしまうということも否定はしない。が、その当時の技術水準を頭に入れてもらえれば、よくぞここまで練り上げたものだ、ということを感じていただけるであろう。そういうことを考えながら聴いてもらいたいアルバムである。

 
 
Freedom of Choice

Freedom of Choice

  • アーティスト: Devo
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。