おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2006年07月31日

Black Jack21 〜#14:恐怖のフェニックス病

いよいよドクター・クーマと対面するBJ。今回の物語の原作は「ブラックジャック病」であるが、もはり骨組みもない。ドクター・クーマの名前だけで使った物語である。BGMは物語の部隊がアフリカということなので、アフリカを感じさせるサウンドをたっぷりと堪能できる「アフリカン・ヒーリング」というアルバムと、やはりこの曲ということでヴァン・マッコイの『アフリカン・シンフォニー』(この曲、色んな所で使われているので、誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう)が収録されているアルバム「ヴァン・マッコイ」としました。


BJはヘリを使ってドクター・クーマを探していた。その途中で様々な病気が一斉に発生していることに気づく。嫌がるパイロックに「金なら幾らでも出す」でアーノル村に向かわせるが、途中までで、ジャングルを3時間も歩かなければならなかった。で、ジャングルを歩いていくBJとピノコ。途中「ライオンが出そう」というピノコに「ジャングルにライオンはいない」とBJ。(ここでジャングル大帝レオが出てくれば面白かったのに...)


BJとピノコは途中でマリーとジルという兄妹と出会い、二人は目標にしている村の住民だと分かるが、ドクター・クーマの名前を出すと拒絶されてしまう。アーノル村に到着したBJは村の中を一軒一軒回るがドクター・クーマの名前は「悪魔の医者」として嫌われていた。が、マリーがクーマの居場所に案内してくれる。その場は遺跡だった。で、ドクター・クーマと対面したBJだったが、「悪名高き医者」として出て行けと言われる。BJは「ノワール・プロジェクト」の名前を口にすると、ドクター・クーマの表情が変わった。が、そこにジルが駆け込んできて、母が倒れ、助けて欲しいということで、ジルの家へ。


母は動脈血栓症で腸管壊死を起こしていて緊急オペが必要だった。が、村人たちはドクター・クーマを追い出そうとする。が、コマはこの場でオペを行うと言い、母の緊急手術が始まる。


オペは順調に進んでいくが、その途中でBJは突然めまいを起こして倒れてしまう。で、ドクター・クーマが注射を一本射つが、凄い熱を出して丸一日意識がない状態だった。それは蚊に刺されて「眠り病」と呼ばれる病気にかかったのだった。で、母の手術の後始末はドクター・クーマが行い、母は無事に救われた。で、ドクター・クーマはBJの問いに答え始める。


最初にBJが間影三は私の父と言うと、ドクター・クーマは「君には知る権利がある」と言い、ノワール・プロジェクトについて語り始める。それは30年以上前、世界の巧妙な医師が集められた。人工臓器開発はシュタインと間影三、ガン治療のスペシャリストのクロイツェル、薬品開発のジョルジュ、臓器移植の本間とその助手クーマが働くことになった。また、全満徳が全てを統括して、生命の可能性と限界に挑んだのだった。(この全というのが黒幕でした。)


で、ある時ジョルジュが偶然に発電ウィルスを発見し、ブラッド・オブ・フェニックス(BOP)と名付け、人工臓器の電源として使用することにした。が、本間だけがこれに反対した。で、本間は孤立して研究所を追われることになる。で、クーマが本間の後任となった。人工心臓の移植手術は次々と成功して学会発表の直前と言うところになるが、移植手術を受けた患者たちが次々と謎の病で倒れてしまった。(これが本間血腫で、BOPと因果関係があると思われたが、治療法は発見できなかった。)で、本間は医学界からも追われることになった。また、他のメンバーは研究を闇に葬り去ろうとした。で、クーマもこの地にやってきて医者と獣医として働くようになったのだった。


で、話を終えたクーマはBJの元を去ろうとするが、BJが「プロジェクトとフェニックス病との関係」を尋ね、シュタインとジョルジュがフェニックス病で亡くなったことを告げ、更にはこの地で流行っている病気はフェニックス病ではないかと口にするBJ。しかし、クーマはBJの元を去っていってしまう。


ピノコとマリーはジャングルで墓参り。ここで突然現れた黒ヒョウに襲われるが、クーマが二人を助け、代わりに襲われる。BJを呼びに言ったピノコたちが戻ってくるが、クーマは黒ヒョウに襲われて品詞の状況だった。で、BJが傷を診ようとするが、「もう助からない」として、クーマはこの地にフェニックス病を持ち込んだことを告白する。


数年前に全満徳がクーマの前に現れ、野生動物にBOPを試すことになった。(BOPには老化促進を停止させる働きがあることが分かった。)で、BOPを野生動物にら投与する。当初は成果があったが1年も経つと、次々とBOPを投与した動物たちが次々と倒れていき、周囲の村人たちも原因不明で倒れていった。で、進化したBOPを発見する。で、これがフェニックス病を引き起こしたのだった。


で、BJは「フェニックス病を食い止める責任がある」とクーマに言うが、クーマは意識を失ってしまう、また、村人たちはクーマを憎んでいたが、マリーの代わりに襲われたということで村人たちはこの村に必要な人だち思い直し、血液を提供してくれたことにより、一命を取り留めるクーマ。


そこにヘリのパイロットが現れ、BJに「父親が危篤」だと告げる。(で、次回へ)


完全にオリジナル・ストーリーとなった今回の物語。人工心臓、本間血腫とフェニックス病が関係しているとは思っていたが、それがウイルスが原因だったんですね。が、いずれにしても「ブラックジャック病」とは関係ない物語となると予想していただけに、もはや驚きはしませんが...


尚、来週は「コナン」が1時間枠での放送となるスペシャルのためにBJはお休みで、次回は8/14です。(で、8/21もコナンSPでお休みとなるため、8月は隔週で2回しかBJは放送がない...で、9月で終了してしまう...)

 
アフリカン・ヒーリング

アフリカン・ヒーリング

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: デラ
  • 発売日: 2004/06/25
  • メディア: CD

ヴァン・マッコイ

ヴァン・マッコイ

  • アーティスト: ヴァン・マッコイ, ソウル・シティ・シンフォニー
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1999/08/04
  • メディア: CD
↓これは買いですね。
BLACK JACK BEST ALBUM

BLACK JACK BEST ALBUM

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: CD
ウイルス進化論―ダーウィン進化論を超えて

ウイルス進化論―ダーウィン進化論を超えて

  • 作者: 中原 英臣, 佐川 峻
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 文庫
ウイルスは生物をどう変えたか―進化の演出者・ウイルスの世界を探る

ウイルスは生物をどう変えたか―進化の演出者・ウイルスの世界を探る

  • 作者: 畑中 正一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/01
  • メディア: 新書
posted by MEICHIKU at 20:10| Comment(0) | TrackBack(19) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「恐怖のフェニックス病」を観て…
Excerpt: アニメ『ブラック・ジャック21』の感想です。 サブタイトルは「恐怖のフェニックス病」 原題はやはり「ブラック・ジャック病」でしたが、村人は誰もヤムイモ(誤記 ではない)を食べてませんし、クー..
Weblog: You's Voice
Tracked: 2006-07-31 21:20

BJ21「恐怖のフェニックス病」の感想(7/31)
Excerpt: 21-14「恐怖のフェニックス病」 BJを見ていてついに眠気が(爆) カープとかではよくい眠りしてるんですけどBJではなかったんですよw あーなんというか…だるい展開?だったような(オイ) ..
Weblog: なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
Tracked: 2006-07-31 21:22

21−14:「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: 【ストーリー】 BJとピノコはヘリでオコンジャ村へ向かうが、村人は様々な病気で亡くなっていた。ヘリのパイロットは流行り病だと言うが、死人の病状はまったく別なもので、流行り病とは思えなかった。 BJ..
Weblog: アニメ『ブラックジャック』感想
Tracked: 2006-07-31 21:42

ブラックジャック 21-14「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: 21-14「恐怖のフェニックス病」
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2006-07-31 21:58

ブラック・ジャック21「21-14 恐怖のフェニックス病」
Excerpt: 予想されていたこととは言え、現実を受け止める事が出来ません。やはり、ブラック・ジャック21は秋で放送が終了します。後番組は、現在少年サンデーで掲載されている結界師になります。残り少ない放送回になります..
Weblog: astroboy-nj's today
Tracked: 2006-07-31 22:22

ブラック・ジャック21 「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: SMAPライブレポUPでアセっていても、 ブラック・ジャックは忘れません(笑)。 中居くんも、こんな顔してないで、 ブラック・ジャックみたいに真面目な顔してクサい台詞、 吐いてくれればいい..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-07-31 22:53

21−14:「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: BJ「ジャングルにライオンはいないよ」 えっ… それって…… とある白いライオンの存在を 否定していることに(;・∀・) すごいなー同作者の漫画の存在そのものを 同作者..
Weblog: 間夫妻応援日記
Tracked: 2006-08-01 00:47

終わりの始まり
Excerpt:  9月終了が決まっている『ブラック・ジャック21』は第14話を迎えた。あと何話あるかは分からないが、最後まで見守っていこうかと思う。  よみうりテレビの公式ページ ・「恐怖のフェニックス病」  ..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2006-08-01 01:04

BJ69〜72 雪山〜アフリカクーマ博士
Excerpt: BJ69〜72 雪山〜アフリカクーマ博士 次クール,この枠で少年サンデー連載の『結界師』(作・田辺イエロウ)が 始まるという情報が流れてますが,曜日・時間変更でもなければ アニメBJ終了ということに..
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2006-08-01 05:45

恐怖のフェニックス病
Excerpt: 今日のキャラクターデザインは瀬谷さんでしたぁ! 一人でひそひそとテンションあがってましたぁvv やっぱりいいですね☆ 神村さんがキャラクターデザインしてくれない今となっては 瀬谷さんがすっ..
Weblog: 玖聖の戯言
Tracked: 2006-08-01 13:28

21-14 恐怖のフェニックス病
Excerpt: いきなり「ノワールプロジェクト」について判明(しかもクーマの一人語り)だったので、かえって興ざめというかなんというか・・・(モゴモゴ) とりあえず、本間先生は悪くないんだ!ってのが救いかな? あと..
Weblog: Na Na Na...
Tracked: 2006-08-01 14:41

ブラック・ジャック21「恐怖のフェニックス病」感想
Excerpt: 来週またコナンスペシャルかよ――!!!! いいかげんにしてくれよ――――――――!!!!! 。・゜・(/Д`)・゜・。笑
Weblog: 生きてるってすばらしい。
Tracked: 2006-08-01 15:44

ブラック・ジャック21-14「恐怖のフェニックス病」
Excerpt:  eBayにハマってて感想が遅れたなんてことは秘密ですv(おい)  つってもいつもこんなもんですがな ヘリで降り立つ2人…  ほんと21になってから、やたら成金っぷりを発揮してくれますな。で..
Weblog: 黒男の感想を書きつけるブログ
Tracked: 2006-08-01 18:51

21-14「恐怖のフェニックス病」(ブラックジャック病)
Excerpt: 再来週はもしや「骨肉」!!((意外と展開速いなぁ;義理の母は黒幕なのか!?小蓮らしき人物が登場していたけど、紅蜥蜴とやや顔つきが違っているようなぁ(えええ!!数年であんなに劇的に変化するもんかなぁ〜し..
Weblog: てづかっ子な日記
Tracked: 2006-08-01 19:53

「きょうふのフェニックス病」
Excerpt: 今日の「ブラック・ジャック」は、ジャングルというところにいるクーマせんせいをお
Weblog: たっぺちゃんのひとりごと
Tracked: 2006-08-02 21:15

ブラックジャック「恐怖のフェニックス病」 感想。
Excerpt: 感想書く前に叫ばせてください・・。  BJ終わるなーーーー!!! 頼む、頼むから終わらないでくれえぇぇーーー!!まあ、そんなこと一ブログで叫んでも決定は変わらないよな・・。でもせめて別枠..
Weblog: 好きなもの。
Tracked: 2006-08-03 00:13

BJ「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: へぇ〜〜。ほぉ〜〜〜。ふぅ〜〜〜ん。ってな感じでした、今週のBJ。(おい)今日の作画は、ピノコちゃんはあまり好みではありませんでした…(汗)先生はなんだか…幼かったような。あ、でも眠りから覚めた時の先..
Weblog: 〜蛇とジャック〜ブログ
Tracked: 2006-08-03 16:00

21ー14「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: 東京旅行の準備やら忙しいので手短に感想を…というよりあまり感想自体な(強制終了)いってみよーー! 今回、キャラデザは瀬谷さんだったみたいですねw そんな面影もありましたが、ところどころ「???」な..
Weblog: BLACK-MEGLOG
Tracked: 2006-08-04 15:15

21-14「恐怖のフェニックス病」
Excerpt: 安野モヨコ著「ハッピ??・マニア」11巻より傷が逆だ (笑) ごめんなさい感想がむちゃくちゃ遅れたので画像でごまかしましたあーもーprz なので今回ちょっとテンション低いです(´д` ;)…▼
Weblog: squirrel*。.☆child (リスコ)の雑記帳
Tracked: 2006-08-04 22:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。