おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2011年06月05日

SHALAMAR『BIG FUN』

表題のアルバムは1979年に発表された彼らの3rd.アルバムである。「ソウル・トレイン」から生まれた彼らであるが、デビュー当時は番組の人気はあったものの、今一つ波に乗れないでいたのだが、本アルバムは彼らがブレイクすることになったアルバムである。(初めてゴールドディスクを獲得したアルバムでもある。)Bilboardのアルバム・チャートでは最高位23位を記録し、1980年の年間アルバム・チャートでは56位にランクインしている。

収録曲は以下の全7曲である。『The Right Time For Us』『Take Me To The River』『Right In The Socket』『The Second Time Around』『I Owe You One』『Let's Find The Time For Love』『Girl』。

この中からシングル・カットされたのは3曲である。1st.シングルの『The Second Time Around』はBillboardで最高位8位を記録し、1980年の年間シングル・チャートでも44位にランクインしている。また、R&Bチャートとダンス・チャートでは1位を獲得している。(結果的にこの曲が彼らのシングルでは最大のヒットとなった。但し、イギリスでは最高位45位に留まり、前のシングルにも及ばず、更に後により大きなヒット・シングルが複数曲生まれている。)2nd.シングルの『Right In The Socket』と3rd.シングルの『I Owe You One』はBillboardのHOT 100にはランクインせず、R&Bチャートで前者が22位、後者が60位を記録している。

お薦め曲は、彼らの最大のヒット曲である『The Second Time Around』と、シングル曲の『Right In The Socket』、そして『Let's Find The Time For Love』と『Girl』をピックアップしておく。

ダンサブルなR&Bを中心としたサウンドであるが、グループ結成の経緯を考えるとこれは当然である。また、軽快な感じがするのも聴いていて気持ちのよいところである。サウンドの方も'70's終盤のディスコ・ブームの時期のものとは少し違ったもので、'80'sということを意識したものになっている。発表こそ'70's('79年8月)であるが、'80'sのアルバムと言って良い内容である。

尚、曲数がやや少ない(時間的には37分強で、曲数を考えたらこんなものですね。)と感じるだけに、複数のボーナス・トラックを追加しての再発を願いたいアルバムの一つである。


Big Fun

Big Fun

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sequel (UK)
  • 発売日: 1996/07/31
  • メディア: CD

Big Fun

Big Fun

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 1996/08/06
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック