おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2011年02月27日

ケータイ刑事銭形雷23話[裏ネタ編]PART 5

銭形雷」の第23話の「時間を操る美女 〜大学教授殺人事件」についての「裏ネタ編・増補」の4回目となる今回は、事件の被害者と犯人とがこれをしていたということから「口論」について、間宮がこれを使って行っていたことから「実験」について、「ヘッドギア」について、これをトリックに使っていたということから「仮眠」について記します。尚、「仮眠」については「・28話(2nd.15話)[裏ネタ編]PART 10」で記したものをベースとして加筆しました。

また、BS-iの本放送時に記した記事は2006/6/4付けで、MBSでの放送時に記した[改訂版]は「ここをクリック」(ここにはBS-i本放送時に記した記事へのリンクもあります。)してご覧下さい。

口論」:言葉を使って論争することである。あくまでも口での争いであって、手を出すと「口論」ではなくなってしまう。「口喧嘩」「舌戦」「口舌(くぜつ)」などと言うこともある。(但し「舌戦」は主に弁論で争うこと、「口舌」は男女間での言い争いのことを言うのが一般的である。)

学問の世界では、議論が加熱して口論(舌戦)となるということは珍しいことではないのだが、口喧嘩では当たり前となっている相手のことを悪く言う(罵りあいになる)ことは議論の加熱とは言えず、その場合は完全に「口論」になり、「舌戦」の領域を脱したということになる。

英語では「Quarrel」、ドイツ語では「Streit」、フランス語では「Querelle」、イタリア語では「Disputa」、スペイン語では「Riña」、中国語では「口角」という。

実験」:理論や仮説が正しいかを確かめるために行われる行為であって、人為的に一定の条件を設定し、その理論や仮説の内容を試して確かめることである。尚、「実験」には何らかの人為的な一定の条件の下で行われることであって、人為的な手を加えることを一切行わずに、自然現象を調べることは「観察」または「観測」と言って、「実験」とは区別される。

尚、小学校や中学校で行われる理科の実験は、仮説を確かめるものというよりも、実際に行うことで体験させ、理解を深めるということに主眼を置いているものである。(生徒にとっては、理論を確かめるということに変わりはないですが...)

英語とドイツ語では「Experiment」(但し、発音は異なる)、フランス語では「expérience」、イタリア語では「esperimento」、スペイン語では「experimento」、中国語では「實驗」という。

ヘッドギア」:頭部や顔面を保護するために頭部に装着する防具のことである。特に、格闘技で用いられるものと、ラグビーで用いられるものとの2種類がある。前者は軟質のヘルメット(革製というものが一般的である。)であって、アマチュア・ボクシングや一部の格闘技では選手はこれの着用が義務づけられている。(プロ・ボクシングでは、練習では使用するが試合では使用されない方が多い。)近年では顔面も同時に保護するために、フルフェイス・タイプのものが主流になっている。一方、後者は布製のものであって、頭部と耳を守るためのものである。(高校ラグビーでは着用が義務づけられている。)

尚、空手などでは、顔面を保護するために、顔面部に透明のプラスチック製の保護板が付いているものが使用されている。しかしこれは「スーパーセーフ」と呼ばれるものであって、ヘッドギアの一種であるのだがが、一応、格闘技で使用されるヘッドギアとは別物として区別されている。

特に、ラグビーで使用されるヘッドギアは、布製であり、革製のものよりも安価である。そのため、頭部に何かを固定するために、ヘッドギアを付けて固定するということも良く行われている。これの代名詞だったのが、電極付きのヘッドギアを使っていたオウム真理教であった。(電極付きのヘッドギアを装着していることで信者だと言うことが一見して分かりましたね。)

この物語では、電極を固定するという役割をしていたため、オウム真理教のことが頭にあるようですね。(この物語もそうであったが、全く効果がなかったということでも一致しており、胡散臭いということも共通していますし...)

英語では「Head Gear」、ドイツ語では「Kopfbedeckung」、フランス語では「Couvre-Chef」、イタリア語では「Copricapo」、スペイン語では「Tocado」という。

仮眠」:短時間の睡眠のことである。昼寝もこれに含まれる。人間は、個人差があるものの、成人では一日に6〜8時間程度の睡眠が必要とされている。色々とあって十分な睡眠時間を取れない場合に、睡眠不足を補うためにこれを取り、睡眠不足を補うことをする。(例えば深夜勤務や早朝勤務の場合、十分な夜の睡眠時間を取ることが出来なくなる。そのため、昼間に数時間にわたってこれを取ることで、睡眠不足を解消することになる。)

最近の研究では、15〜30分の仮眠が脳を活性化するということが分かった。また、それ以上の時間になると、逆に脳の活性を下げたり、夜の不眠の原因にもなるということが言われるようになった。(完全な実証は蟇田であるが、どうやらそのようである。)

英語では「Nap」または「Catnap」と言うが、「うたた寝」という意味の「Doze」にも「仮眠」と言う意味がある。またドイツ語では「Schläfchen」、フランス語では「Sieste」、イタリア語では「Pisolino」、スペイン語では「Siesta」、中国語では「小睡」という。

「仮眠」と同じく「かみん」と読む(言う)睡眠関係の言葉として、「過眠」と「夏眠」がある。「過眠」は病気の一つであって、「眠りすぎ」と言われる症状である。これは夜に十分な睡眠を取っていても、日中でも眠気が強すぎることが原因となって、ナルコレプシーなどの症状となる場合がある。また、車の運転中に睡魔に襲われて居眠り運転をしてしまうということもある。(寝不足でもないのに昼間でも睡魔に襲われるようなことがあったら、過眠症、またはナルコレプシーになっている場合があるので、専門医の診察を受けた方が良いですよ。)

一方、後者(夏眠)は、生物が高温に対応して適応するものであって、「冬眠」とは逆に暑さや乾燥のため、休眠して涼しくなるのを待つために行われるものである。実際、熱帯地方やサバンナには夏眠をする生物がいる。(例えば肺魚はその代表的な生物であり、干上がった池の泥の中に潜り、粘液で繭を作って、その中にくるまう。)日本では、夏眠をとるような高温や乾燥状態にならないため、夏眠をとる生物はいないが、熱帯地方の蛙、蝸牛、蛇の中には夏眠を取るものがいる。

ちなみに、「仮眠」「過眠」「夏眠」はいずれもが「眠」という文字が入っている同音異義語であるが、特定の業界の人は音で聴いた場合は区別が出来なくなるというややこしい単語でもある。(動物学、または医学を専門としない人であれば、「かみん」と言うと「仮眠」とか思い浮かばないでしょうが...。)といっても、専門家であれば、前後の文脈からどれを指しているのか分かるでしょうが...


ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

夫婦口論

夫婦口論

  • 作者: 三浦 朱門
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2009/11/19
  • メディア: 単行本

家庭口論 (中公文庫 A 76)

  • 作者: 井上 ひさし
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1976/01
  • メディア: 文庫
夫のガマン妻のフマン―当世夫婦口論 (当世夫婦口論)

夫のガマン妻のフマン―当世夫婦口論 (当世夫婦口論)

  • 作者: 週刊ポスト編集部
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本
すごい!うちでもこんな実験ができるんだ!!―米村でんじろう先生のスーパー個人授業

すごい!うちでもこんな実験ができるんだ!!―米村でんじろう先生のスーパー個人授業

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 単行本
世界でもっとも美しい10の科学実験

世界でもっとも美しい10の科学実験

  • 作者: ロバート・P・クリース
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
あぶない科学実験

あぶない科学実験

  • 作者: 川口 友万
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2010/04/01
  • メディア: 単行本
科学の実験~あそび・工作・手品~ (小学館の図鑑NEO)

科学の実験~あそび・工作・手品~ (小学館の図鑑NEO)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/08/06
  • メディア: 単行本
たのしい科学実験365日

たのしい科学実験365日

  • 作者: E・リチャード・チャーチル ルイス・V・ルーシニング ミュリエル・マンデル
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
おもしろ実験・ものづくり事典

おもしろ実験・ものづくり事典

  • 作者: 左巻 健男
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本
エスエスケイ 打撃投手用ヘッドギア ホワイト HG250

エスエスケイ 打撃投手用ヘッドギア ホワイト HG250

  • 出版社/メーカー: エスエスケイ(SSK)
  • メディア: スポーツ用品
ソフタッチ ヘッドギア 大人用 SO-HEDOT ホワイト

ソフタッチ ヘッドギア 大人用 SO-HEDOT ホワイト

  • 出版社/メーカー: softouch ソフタッチ
  • メディア: その他
ウイニング Winning ボクシングヘッドギア H-1900

ウイニング Winning ボクシングヘッドギア H-1900

  • 出版社/メーカー: WINNING(ウイニング)
  • メディア: その他
ノーブランド ヘッドギア (ウレタン製) 赤 XL

ノーブランド ヘッドギア (ウレタン製) 赤 XL

  • 出版社/メーカー: ノーブランド
  • メディア: その他
TWINSフルフェイスヘッドギアMサイズ白【並行輸入品】

TWINSフルフェイスヘッドギアMサイズ白【並行輸入品】

  • 出版社/メーカー: TWINS
  • メディア: その他
ZETT(ゼット) BHL110Pトウシュヨウヘッドギア BHL110P 1100 ホワイト
ラベル:ケータイ刑事
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。