おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2011年01月11日

名曲探偵アマデウス#82 レスピーギ「交響詩『ローマの松』」

5週ぶりとなった新年の一回目は、レスピーギの「交響詩『ローマの松』」の登場でした。今回で3回目の正月を迎えたが、今年も色々と期待したいところです。ただ、1年目の正月の時(ファイルNo.024でした。)のように、カノンさんに表に飛び出して貰いたいな、とも思いました。

ただ、今回は正月気分のつもりなのか、ローマの旅に行ったような気分にさせてくれたということで、遅ればせながらの正月プレゼントの様に感じられた物語でもありました。

冒頭、事務所で気持ちよさそうに居眠りしているカノンさん。「そんなに食べれませんから...」と寝言を言っている。そんな所に外出から戻って来た所長。(紙袋の中には好物のバナナも入っている。)カノンさんが寝ていることで、そっと近づくと「お客さん、追加料金1万円です」と言う。するとカノンさんは慌てて飛び起きて「どんなに食べても1000円ぽっきりって言ったじゃないですか」と言って慌てる。が、所長の顔を見て「なんだ、夢か...」と気づいた。すると「何で起こすんですか」と所長に文句を言うカノンさん。食べ放題ツアーで、毛ガニアイスを食べ損ねたようで、「食べたかったよ...」と言っていた。→大食いと言うことでは銭形泪を思い出させてくれるが、カノンさんもそういうキャラで面白い所です。

そんな所にスマートフォンを手にして「確かこの辺りのはずなんだけど...」と言う女性が現れた。カノンさんが「あの、お客さん?」と尋ねると、「もう着いていたんですね」ということで、それは名曲探偵を捜していた女性だった。おじいちゃんのことで相談があるということで、話を聞くと、老人ホームで暮らしている祖父から「ローマに行きたい」と言うメールが届いたのだが、色々と忙しいこと、そしておじいちゃんには持病があって海外旅行は無理だろうと医者に言われた。おじいちゃんはクラシック音楽の大ファンなので、異国情緒たっぷりの曲を聴かせれば旅に行った気分になるのではないかと思って、相談に来たのだった。生きたいところがローマと言うことで、所長は「ピッタリの曲があります」ということで、レスピー木の『ローマの松』を口にした所長は、自信たっぷりに依頼を引き受けた。

カノンさんと依頼人はローマということで、ローマの観光雑誌やネットに目をやって、映画「ローマの休日」の舞台を巡る、そしてその後は本場のパスタとピザを思いっきり食べる、と言って盛り上がる。が、所長が「お嬢さんたち」と言うと、そうではなくて「ボルゲーセ荘の松」「カタコンベの松」「ジャニコロの丘の松」「アッピア街道の松」を巡ると言う。更に大きな傘松の松ぼっくりを出して、昔から繁栄の象徴とされていたと説明し、曲に入って行く。

まずは「ボルゲーセ荘の松」から。依頼人はスマートフォンで情報を見る。所長はレスピーギの書き記した本をカノンさんに渡して、それを読むカノンさんということで、最新技術を使ったものと従来からの情報の接し方ということで、対称的で面白い所でもありました

華やかなこの曲はローマでは親しみのある場所で、子供たちの賑やかな声のする場所であり、5曲の童歌を取り入れていることが説明される。賑やかで華やいだ曲というのは、子供たちの声を表していたということで、上手く表現していると感心しました。

続いて「カタコンベ付近の松」に入る。カタコンベとは古代の地下墓地のことと説明があってから、ここではローマの過去を表していると説明される。レスピーギがかつて教鞭を執った音楽学校の資料室で、古い楽譜をレスピーギは熱心に研究していて、17世紀に出版された中世のキリスト教の聖歌の響を取り入れた。そして中盤では「5度の幅の音程」を用いているが、これは音楽で初めてハモった音程ということで、古代の情景を描いたということだった。→過去を研究してそれを取り入れるところが凄いところであり、また面白い所でもありますね。(この部分の野本先生の説明は、いつものことながら非常に分かりやすいです。)

続いては「ジャニコロの丘の松」へ。ここでは最後の部分に鳥(ナイチンゲール)の本物の泣き声を使っているということを中心に語られる。楽譜にはレコード番号までを指示して、本物のナイチンゲールの泣き声を録音したレコードをオーケストラと共演させるということにした。これは、楽器ではどんなに工夫しても本物の鳥の泣き声には及ばないということで、レコードを使うということにしたが、これもやはり20世紀ならではですね。(例えば、モーツァルトやベートーベンの時代では、「レコード」というものが存在していないため、こういうことは出来ないですからね...)→ミュージシャンのコンサートには、ライヴ演奏をするもの、ライヴを収録した映像(映画)を上映するものなどがあるが、ライヴ・レコードを流す「レコード・コンサート」というものもあるが、そういうものを思い出させてくれました。

そして最後の「アッピア街道の松」へ。(ここでは所長は依頼人に本を読ませ、「孤独な松」がキーワード。)古代の軍用道路であるアッピア街道であるが、ここでは古代ローマ兵が行進しているのを描いている。しかも「ppp」からクレッシェンドしていて、最後には「fff」に向かっていて、兵士の足音のように描いている。これは過ぎ去った過去ではなく、未来に繋がる永遠の記録として描いていると言うことだった。

で、「ボルゲーセ荘の松」は「人」を描き、「カタコンベの松」は「古代の人の思い」を描き、「ジャニコロの丘の松」は「自然」を描き、「アッピア街道の松」は「栄光と力強さ」を描いたということで、音楽によって様々なものを表現出来るものだということがよく分かりました。

で、依頼人は、この曲を聴けば、おじいちゃんも商社マンとして飛び回っていた元気なコロを思い出すのでは、と考えて、この曲のCDを注文して送ってあげることにした。が、これに所長は「アッピア街道の松はどんな松でしたか?」と頭。依頼人は「たしか「孤独な松」と」と東風得る。すると所長は、「孤独な松」のことを語り、ネットで注文、宅配便で送るのも良いが、「今回はおじいさまに、あなたが直接届けて上げては如何でしょうか」と提案した。そして「思い出話を聞いて上げられる人が側にいることが大事」と諭した。すると依頼人も、おじいちゃんは寂しかったということ、そして「ナイチンゲールの泣き声」とは自分のことだと気づいた。更に、所長はおじいちゃんだけでなく依頼人にもこの曲を聴かせようとしたことにも気づいた。

依頼人はおじいちゃんと過去の思い出話などをすることを決めて帰って行こうとする。すると所長が「ちょっと待って」と呼び止めて「ローマのお土産をおじいさまに」と言って傘松の松ぼっくりを依頼に何投げた。それを受け取った依頼人は笑顔を見せていた。

今回は、ドラマ部分は約36分弱、曲が訳7分、ラストのオチの所が1分強という構成でした。曲の部分は当然のことながら全曲という訳にはいかず、第1部から第4部のそれぞれが、本編での解説に従ってダイジェスト的に流れました。尚、いつもはオーケストラの演奏シーンだけとなるのに、一部にはローマの風景を使っていたこともあって、ローマに言った様な気分にさせてくれました。

ラストのオチは、依頼人から荷物が届いたということで、それを抱えて戻って来たカノンさん。また、添付されていた封筒を手にした所長は「ローマからじゃないか」と言った。で、封筒を受け取ったカノンさんが開封して便箋を取り出して読み始める。あの後、2人で『ローマの松』を聴いて色々と話をしたら、おじいちゃんが元気に回復して旅行に行けるようになった。ということでローマに来ていて、そこから手紙を出したのだった。それで、探偵事務所が繁栄するように願って、プレゼントを贈る、ということだった。で、小包の箱を開くと、そこには大きな傘松の松ぼっくりがたくさん入っていた。所長は「これで我が探偵事務所も繁栄間違いなし!」と喜んでいた。しかし「こんなにあってもなあ」と呟いた所長は「キャッチボールだ!」と言うと立ち上がり、カノンさんに松ぼっくりを投げ始めた。カノンさんはそれを受けるが、次々と所長は松ぼっくりを投げていて、すっかり子供になった所長は完全にはしゃいでいた。→第1部の「ボルゲーセ荘の松」でモチーフにした子供になっていた所長だったが、カノンさんも楽しんでいました。

今回の所長は、観光案内係も出来るという所を見せたが、人生相談も同時にしていて、相変わらずという所をみせていましたね。また、カノンさんも冒頭ではキャラを活かしていたが、依頼人が現れてからはおとなしくて、所長の進行を手助けするという「助手」としての役割に専念していたこともありました。ということで、依頼に対応している所では真面目で堅苦しい感じを覚えたのだが、ラストでそれが一転して、完全に子供に戻ってはしゃいでいた所長と弾けるカノンさんというギャップが面白かったですね。

来週17日はファイルNo.083のヴェルディ「レクイエム」、24日はファイルNo.084のドヴォルザーク「スラブ舞曲集」と続き、31日は何かの再放送となっています。


レスピーギ:ローマの松(ローマ三部作)

レスピーギ:ローマの松(ローマ三部作)

  • アーティスト: レスピーギ,ムーティ(リッカルド),フィラデルフィア管弦楽団
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: CD

ローマの松

ローマの松

  • アーティスト: ワーグナー,リスト,ガーシュウィン,リムスキー=コルサコフ,レスピーギ,ブトリー(ロジェー),ブトリー,ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団,ユー(シルヴィー),カロン(ルネ)
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: CD
レスピーギ:ローマの松、ローマの噴水&ローマの祭り

レスピーギ:ローマの松、ローマの噴水&ローマの祭り

  • アーティスト: ムーティ(リッカルド),レスピーギ,フィラデルフィア管弦楽団
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2002/03/06
  • メディア: CD
レスピーギ:ローマ三部作

レスピーギ:ローマ三部作

  • アーティスト: 小澤征爾,レスピーギ,ボストン交響楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/11/08
  • メディア: CD
レスピーギ:ローマの噴水、ローマの松、他

レスピーギ:ローマの噴水、ローマの松、他

  • アーティスト: レスピーギ,ボッケリーニ,アルビノーニ,カラヤン(ヘルベルト・フォン),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,マイアー(ヴォルフガング)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: CD
レスピーギ:交響詩「ローマの松」 「ローマの祭り」 「ローマの噴水」

レスピーギ:交響詩「ローマの松」 「ローマの祭り」 「ローマの噴水」

  • アーティスト: デュトワ(シャルル),レスピーギ,モントリオール交響楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/06/25
  • メディア: CD
レスピーギ:ローマの松

レスピーギ:ローマの松

  • アーティスト: ライナー(フリッツ),レスピーギ,ドビュッシー,シカゴ交響楽団
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2006/04/26
  • メディア: CD
レスピーギ : 交響詩「ローマの松」

レスピーギ : 交響詩「ローマの松」

  • アーティスト: トスカニーニ(アルトゥーロ),レスピーギ,NBC交響楽団
  • 出版社/メーカー: BMGメディアジャパン
  • 発売日: 1999/05/21
  • メディア: CD
レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの噴水」「ローマの祭り」(XRCD)

レスピーギ:交響詩「ローマの松」「ローマの噴水」「ローマの祭り」(XRCD)

  • アーティスト: トスカニーニ(アルトゥーロ),レスピーギ,NBC交響楽団
  • 出版社/メーカー: ビクタークリエイティブメディア
  • 発売日: 2007/11/02
  • メディア: CD
レスピーギ:ローマの松/ローマの噴水/ローマの祭

レスピーギ:ローマの松/ローマの噴水/ローマの祭

  • アーティスト: アシュケナージ(ヴラディーミル),レスピーギ,オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2005/09/22
  • メディア: CD
レスピーギ:交響詩「ローマの松」〜読饗ライヴ録音シリーズII〜

レスピーギ:交響詩「ローマの松」〜読饗ライヴ録音シリーズII〜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マイスターミュージック
  • 発売日: 1999/07/24
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180036014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アマデウス「おじいちゃんもビックリ? クラシックでローマ巡り」
Excerpt:  透き通った印象の美人だと思ってたが、宝塚の人ね。芸名で一発で解るわ。  iPhone 持って登場したから、そういうオチだろうってことは見当がついたけど、だったら中盤でもうちょっと強調しておくとよか..
Weblog: blog mr
Tracked: 2011-01-16 11:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。