おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2009年12月10日

古代少女ドグちゃん#10

残りも少なくなってきた「ドグちゃん」。残りは前後編となる最後の物語のみとなりました。で、今回登場した妖怪は「親もどき」。しかし、これまでと違って、妖怪退治ではなく、結果的には妖怪を助けることになった物語でした。(これまではドグちゃんは何が何でも妖怪退治をしていたが、まさか、人情ドラマになって妖怪助けをやることになろうとは...)

また、「風刺」と言うことではモンスターペアレントを取り上げていて、妖怪VS子どもの保護者という対立図式(妖怪のほうが人間ぽくて、保護者の方が妖怪というかモンスターという感じになっていて、上手く描いていました。)は本作の奥深さでした。

転校してきた小学生の宮本万里がクラスメートたちからいじめられていた。そこに万里の母・可奈子が駆けつける。一見したところ、よくありそうな光景と思われたが、そんな親子と出会ったドグちゃんと誠。ドグちゃんは妖怪の臭いを感じ取り、親子を追った。仕方なく、誠もついていく。ドキゴローを呼び寄せて更に詳しく調べさせ、妖怪検索をすると、妖怪親もどきと分かった。親もどきは、過剰な愛で子育てを繰り返し、世間の秩序を乱す恐ろしい妖怪ということで、ドグちゃんに連絡したドキゴローだったが、万里に捕まってしまった。

ドグちゃんと誠が駆けつけるが、誠は親子の絆を引き裂くのか?と、妖怪退治に反対する。が、万里はドグちゃんに、母が妖怪ということを告げ、退治することを依頼した。万里はいつも母に監視され、プライバシーがなかったことにうんざりしていたのだった。

そんな所に可奈子が買い物から戻ってきた。で、万里を守ろうとする可奈子。ドグちゃんは退治しようとする。そんな中、正体を現した可奈子は、万里が自分を殺してくれと依頼したことに衝撃を受けた。

そんなところに、万里の学校の教師や親たちが、万里と可奈子親子に出ていくようにという要求を突きつけるためにやってきた。(ここに「モンスターペアレント」に対する抵抗使用とするPTAの姿が...)一同に対して誠が間に入って仲裁しようとするが、両者の激しい対立の前には何も出来なかった。

で、ドグちゃんと親もどきは一時休戦として、手を結んで講義する親たちと対峙することになる。凄まじいPTAの親たちの前にタジタジとなるドグちゃんだったが、ふとしたところから白雪姫に出てくる毒リンゴの絵を見ると、それを切って「毒リンゴ・ビーム」(実に分かりやすいネーミングでもあり、ストレート過ぎる攻撃ですね。)を発射して、PTAの親たちを眠らせた。

その夜、親子の絆を取り戻した万里と可奈子は、この町を離れることにして、出ていく。ドグちゃんは「今回は見逃してあげるけど、次に見かけたら...」と言い、誠と共に親子の旅立ちを見送った。

帰宅したドグちゃんと誠。風呂の用意をしていたドグちゃんだったが、胸に痛みを感じて倒れてしまった。その頃誠は、母の写真を見つめながら、自分の子どもの頃のことを思い出して語りかけていた。誠に風呂の用意が出来たことを告げに行ったドキゴローが風呂場に戻ってくると、ドグちゃんが倒れていて、そのことを誠に伝えに以降とするが、ドグちゃんは「誠には内緒にしておいて...」と言うと気を失ってしまった、ドグちゃんが大変なことになっていることを知らない誠は、「ドグちゃんがいると、いつも楽しいから」と母の写真に語りかけていた...

妖怪ハンターのドグちゃんが妖怪を退治しないで見逃したという意外な展開には驚いたが、今回は妖怪というよりも、モンスターペアレントになっている妖怪・親もどきと、それに対して立つ上った他の子どもの保護者と学校の対立を描き、そして学校側を退治してしまったというブラックな妖怪(「化け物」と言った方が適切かも...)を退治したということで、随分と毛色の違う物語でした。(と同時にブラック度も高かったですね。)→「風刺」ということを看板にしている本作の本領発揮というところであるが、こういう展開だと、どこかのPTA関係団体がクレームをつけてくる様な気がしないでもないですね。

また、物語の完結に向けての伏線としてドグちゃんが倒れるということで最終章に突入ということになったが、それと同時に最終章では誠の死んだ母が登場って、これだけでも凄い展開になりそうですね。しかも、これまでは写真でしか登場しなかった斉藤由貴の登場です。残り2回(物語としたら前後編なので、1つの物語)楽しみです。

尚、次回は15分繰り下がって25:40スタートとなるが、EPGの情報によって録画予約時間が自動的に修正されるだけに、何もしなくても良いというのは楽で良いですね...(アナログ・ビデオで録画している方は時間修正を忘れないようにしましょう。)



古代少女ドグちゃん ドキドキパック 上(期間限定版) [DVD]

古代少女ドグちゃん ドキドキパック 上(期間限定版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD

posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

古代少女ドグちゃん 第10話「妖怪 親もどき」
Excerpt: 第10話「妖怪 親もどき」
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2009-12-10 17:39

古代少女ドグちゃん 第十話 親もどき
Excerpt: 『妖怪 親もどき』内容クラスメートにいじめられる宮本万里(高良光莉)すぐに駆けつけ助ける母・可奈子(美保純)ある日のこと。そんな親子に出会う誠(窪田正孝)とドグちゃん(谷澤恵里香)すると、、、“臭う”..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-12-10 18:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。