おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2009年03月08日

ゴルゴ13#47

今回の物語は依頼された仕事ではなく、骨休みとしてフランスのホテルに行った時の物語で、過去に対して、プロのゴルゴと、素人のダニエルということの対比がしっかりと描けていた物語でした。(ただ、一般的には、過去に対して、男のゴルゴと女のダニエルは、逆ではないか、と言われているところがあるだけに...←「プロ」ということを抜きにしての一般論。)

フランスのあるホテルに静養のためにやってきたゴルゴ。(ゴルゴも人間ということですね。)そのホテルのバーでは、町長のバルドー夫妻の結婚3周年記念パーティが行われていた。ゴルゴはいつものように他人に関わらないように一人で酒を口にしていたが、そんなゴルゴの姿を見かけたバルドー夫人・ダニエルは激しく動揺した。というのは、ダニエルはかつて娼婦をしていて、その時にゴルゴと一夜を共にしたことがあり、彼女はゴルゴがそのことをネタにして恐喝にやってきたと思ったのだった。で、バルドーはゴルゴを消すために殺し屋を雇った。が、ゴルゴには、その殺し屋は赤子の手を捻るようなものであり、あっさりと失敗する。ゴルゴはバルドー夫妻から話を聞くが、ゴルゴはダニエルのことを完全に覚えていなかった。殺し屋を雇ったことを水に流して貰い、バルドーは安心したが、ダニエルはそれでも安心しきれなかった。というのは、ダニエルはダニエルで、夫とは別に殺し屋を雇っていたのだった。で、ダニエルは殺し屋にキャンセルを告げるが、殺し屋はターゲットがゴルゴということで、名を挙げられるということで俄然張り切る。とはいっても、結局はゴルゴの前には全く歯が立たず、消されてしまう殺し屋、そしてその殺し屋と一緒にいたことから、ダニエルも消されたのだった...

ゴルゴにしてみれば、娼婦を買ったことがあっても、それはその場限りのものという割り切りがあるため、それが誰であろうとどうでも良いことであり、プロとしての割り切りがある。一方、ダニエルも、ごく普通の男と結婚していたのならともかく、町長夫人になったということで、やはり過去には触れられたくないということで、過剰反応をする。しかも、殺し屋まで雇うのだから、凄まじい怯え方と言うことが出来る。(でも、簡単に殺し屋を雇うことができるというのが凄い所でもありますけど...)

ゴルゴにとったら、一文にもならない殺しであったが、降りかかる火の粉は振り払うということでした。→本当の意味での静養、骨休み、休暇というのは、人が全くいない所にでも行かないと、ゴルゴには不可能ということですね。でも、全く人がいない所となると、食事から全て自分で作ることをしないとイケナイので...

今回の物語で思い出したのは、「68FILMS」時代の「東京少女」の「彼女の告白」という物語でした。これはコミカルな物語で、全くシャンルは違うが、「勘違い」が発端になって展開される物語としたら、同じカテゴリーに入ります。


↓この物語は「SPコミック25巻」に収録されています。

ゴルゴ13 (25) (SPコミックス)

  • 作者: さいとう たかを
  • 出版社/メーカー: リイド社
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: コミック
 
↓「勘違い」ということで...

敬語の達人―クイズでわかるあなたの勘違い (祥伝社黄金文庫)

敬語の達人―クイズでわかるあなたの勘違い (祥伝社黄金文庫)

  • 作者: 山岸 弘子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫


勘違いことばの辞典

勘違いことばの辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京堂出版
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本


いつのまにか大恥をかいている「ああ勘違い」の日本語345 (角川文庫)

いつのまにか大恥をかいている「ああ勘違い」の日本語345 (角川文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫


男と女の進化論―すべては勘違いから始まった (新潮文庫)

  • 作者: 竹内 久美子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/03
  • メディア: 文庫
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ゴルゴ13第47話(3.6)
Excerpt: 『夜は消えず』 静かなホテルに、静養のために訪れたゴルゴ。 たまたまそのホテルで町長のバルドー夫妻の結婚記念パーティーが開かれ、 ゴルゴの姿を見かけたバルドー夫人ダニエルは、激しく動揺する。 ..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2009-03-09 01:05

ファイル47/貴婦人が逃れたかった夜
Excerpt:  さて、東京マルイのM16ゴルゴ13カスタムの発売まで後1週間。現状では買えそうにないというかサバイバルゲームをしないので買ってもしょうがないんですが、欲しくなってしまって困ります(苦笑)〔Targe..
Weblog: CrazyQuailLogNote:くれーじーくえいるの雑記帳
Tracked: 2009-03-10 12:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。