おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年11月16日

篤姫#46

戊辰戦争の火ぶたが切って落とされた物語だったが、戦に関しては完全に語りで済ませたため、何だかんだでホームドラマという形は死守されましたね。そして、それぞれポジションもしっかりと守られていたので、本当に慶応4年(=明治元年)ということを完全に忘れさせてくれる展開でした。残りもあと僅かであるが、やっぱりこのスタイルは最後まで貫かれそうですね。

前半では、寂しい正月を迎えた天璋院と静寛院が語り合っているところが、銭形愛の姉妹の寂しい正月ということになっていました。静寛院は「母上様」と口にしていたが、いつ「お姉ちゃま」と言わないか、なんてことを思いながら見ていました。(そんなゆとりがあるのがまた凄い...)

鳥羽・伏見の戦いによって始まった戊辰戦争については、あっさりと語りによって徳川軍の敗北が語られ、慶喜が江戸に逃げ帰ってきた、ということで、「ホームドラマ」にならない所は見事なまであっさりと片付けてしまう。で、「ホームドラマ」に繋がるところはじっくりと描かれる。

戦が始まったかもしれない、という噂をする所なんか、歴史上のことを考えたらどうでもいいのだが、そちらを取り上げるのだから、本作は凄い所である。で、やっぱり騒ぎの元になることはこの人の口から、ということで、滝山に喋らせるというのもお約束ですね。

慶喜が江戸に戻ってきたのを「凱旋」と思って喜ぶ本寿院は本寿院で、しっかりとギャグ・パートを担当していて、騒ぎの元・滝山の口から事実を知らされて卒倒って、あまりにも美味しすぎました。で、「慶喜の首を差し出せ」と、コロッと態度が変わるというのも、流石はギャグ担当・本寿院はやってくれました。(こういう所は、やっぱりマリバロン様らしく、迫力がありました。)

勝の言葉で天璋院に面会を申し込んできた慶喜。で、会うことにした天璋院。全てお見通しであり、慶喜は天璋院の言葉に従うことしかできなかったが、やっぱり銭形警視総監が全幅の信頼を寄せている長女・銭形愛ですね。将軍をひれ伏せさせてしまうだけの貫禄と迫力がありました。そして、「死を選ぶ」と言う慶喜に「生きるべき」と言い、「家族だから」ということで、やっぱり「ホームドラマ」という本作の屋台骨は安泰でした。

それにしても、普通、この時代を描いたドラマには「ホームドラマ」というものはあり得ない。が、それが堂々とまかり通ってしまう本作は、完全に「目から鱗」「コロンブスの卵」と言っていいでしょうね。

次回は、幾島の再登場です。他の展開などどうでもよくなるのも確実でしょうね。それにしても、まさか終わりも近づいたこの時期に、あの幾島が再登場するなんて、考えもしませんでした。尚、BS-hiの平日の再放送では、幾島が退場した所でもあるだけに、こういうタイミングでの再登場というのも面白いですね。一応、慶喜の助命嘆願がメインテーマになるはずで、幕末の物語だったら、やはり重要なものになるのだが、本作においては、幾島と慶喜となったら、大事なのは幾島ですからね。


篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: ムック

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 文庫
「篤姫」オリジナルサウンドトラック

「篤姫」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: 吉俣良
  • 出版社/メーカー: PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: CD

NHK大河ドラマ オリジナルサウンドトラック「篤姫」2

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 発売日: 2008/10/29
  • メディア: CD
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第壱集

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD
NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集

NHK大河ドラマ 篤姫 完全版 第弐集

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
↓一応、こういうものを...

戊辰戦争・鳥羽伏見之戦跡をあるく

  • 作者: 服部 善彦
  • 出版社/メーカー: 暁印書館
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本

西郷隆盛〈13〉鳥羽・伏見の戦い (1980年)

  • 作者: 海音寺 潮五郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1980/07
  • メディア: −
↓「鳥羽・伏見の戦い」で思い出すのがこれです。(「血風編」の方です。)

必殺からくり人/必殺からくり人・血風編

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: VHS
必殺からくり人 / 必殺からくり人 血風編 ― オリジナル・サウンドトラック全集 8

必殺からくり人 / 必殺からくり人 血風編 ― オリジナル・サウンドトラック全集 8

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 1996/04/05
  • メディア: CD
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(31) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

篤姫 第46回 徳川宗家のために。。。
Excerpt: 『慶喜救出』内容戦いの足音が聞こえる中、大奥は、将軍がいない正月を迎えていた。そのころ大坂の慶喜(平岳大)は、京へ向け軍を進めることを決断。一方、多勢に無勢の迎え撃つ薩摩軍であったが、幕府軍よりも先に..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-11-16 20:43

篤姫 第46回「慶喜救出」!
Excerpt: <上に立つ者の苦さ辛さ!>「頼るべき相手は天璋院様です」勝と天璋院の絶妙の連携プレーです。「さあ、こちらへ」すでに慶喜様はすっかり天璋院様の飼い犬の様になってしまっていました。「歴史はときどき惨いこと..
Weblog: バレルオーク日記
Tracked: 2008-11-16 20:47

「篤姫」第46回
Excerpt: 第四十六回「慶喜救出」天璋院と静寛院は大奥で寂しい正月を迎える。2人の願いもむなしく、大坂では慶喜が薩長軍討伐の兵を挙げようとしていた。西郷らも幕府軍を迎え撃つ準備を京で整え、ついに開戦。薩長軍は、岩..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-11-16 21:01

大河ドラマ「篤姫」第45話「慶喜救出」
Excerpt: 錦の御旗。このまま朝敵として徳川家は追い詰められてしまうのか!? 新しい年が明け、徳川にとって運命の年がやってくる!!寂しい年明けに、和宮は慶喜はどんな人なのかと天璋院に尋ねる。掴みどころが..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-11-16 21:06

『篤姫』第46回「慶喜救出」
Excerpt: 2008年『篤姫』第46回。。265年に及ぶ徳川幕府。。その命運は慶喜の手に。。孝明帝崩御。錦の御旗。。天璋院の覚悟。そして、その運命は。慶応4年(1868年) 正月。天璋院と和宮。慶喜とは。。好きに..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-11-16 21:19

【篤姫】第四十六回
Excerpt: 薩摩を討伐する目的で兵を持って京へ入った幕府軍だったが現れたのは朝廷軍の証である「錦の御旗」を掲げた軍。幕府は、いつの間にか朝敵になったのだった。ショックを受けた慶喜は、軍を京に置き去りにし、側近だけ..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2008-11-16 21:27

篤姫第46話『慶喜救出』感想
Excerpt: 残り5回…今回の天璋院様の言葉に圧倒されました!終盤に来て尚テンション上がる展開持ってくるなんてね〜!慶喜は一言で言えば“掴み所のない男”たとえ好きになれない男でも、公方様に代わりはないわけで…。その..
Weblog: メガネ男子は別腹☆楽天
Tracked: 2008-11-16 21:32

大河ドラマ「篤姫」 第46回「慶喜脱出」
Excerpt: ついに 戦が始まります。 鳥羽伏見の戦いが、戊辰戦争につながっていくのですね。 敗走した慶喜をめぐって、大奥は またもや騒然となります。 特に 本寿院の あわてぶりと 過激な発言は、あいかわ..
Weblog: 風のうわさ
Tracked: 2008-11-16 21:37

【篤姫レビュー】慶喜救出
Excerpt: 徳川慶喜が錦の御旗を見るやいなや、何もかもを放り出して大坂城を脱出した今回。徳川軍は総大将を失って右往左往する羽目に。水戸家出身の慶喜からすれば、いくら形式上といえども朝廷を御輿に担いだ薩摩には逆らう..
Weblog: 必然的なヒストリー
Tracked: 2008-11-16 21:39

★「篤姫46」慶喜心入れ替えたね♪
Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ〜〜大河ドラマ「篤姫」戦が始まる兵の数では圧倒的な徳川勢でしたが。。薩摩長州勢には錦の御旗が〜〜と。。言うことは。。徳川は朝敵となった訳で。。それ..
Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・
Tracked: 2008-11-16 21:40

『篤姫』第46回
Excerpt: 〜慶喜救出〜
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-11-16 21:44

篤姫・第46話
Excerpt: 篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂に戊辰戦争の発端となる鳥羽伏見の戦いです。しかし、このドラマは「大奥目線」な..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-11-16 21:50

篤姫46 将軍篤姫 誕生か?!
Excerpt: 今年も最終回に近づき、大河ドラマも歴史中心で煮詰まってきましたねぇ。そうなると裏舞台の大奥より、歴史の表舞台の人々が中心となり、同時に主人公の出番も減って来る。主人公見たさに観てる視聴者は面白くなくな..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2008-11-16 21:54

篤姫 #46 慶喜救出
Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は鳥羽伏見の戦いで徳川幕府が薩摩の策に嵌り、朝敵...
Weblog: ビヨビヨ素材日記2
Tracked: 2008-11-16 21:57

NHK篤姫(46)最後の将軍・徳川慶喜
Excerpt: 承前:NHK篤姫(45)実家か大奥か 鑑賞前  今夜は錦旗を前にして、新選組や会津藩を見捨てて敵前逃亡した最後の将軍徳川慶喜さんの出番です。明治になっても天璋院篤姫は慶喜を許さなかったという話を原作で..
Weblog: MuBlog
Tracked: 2008-11-16 22:12

第46回「慶喜救出」
Excerpt: 「徳川家を討たねば未来はない!」孝明天皇が崩御したのち、朝廷内では反・徳川の声に呼応する者たちが増えていた。一説によると、孝明天皇にも毒殺説が流れているほどだ…慶喜と相対することを是としない考えだった..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-11-16 23:07

篤姫 46話「慶喜救出」【感想】
Excerpt: 徳川慶喜、江戸へ逃げ帰る。天璋院はどうするのか!
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2008-11-16 23:10

篤姫 46回の感想
Excerpt: 「慶喜救出」 やはり、点と点を結ぶような展開が気になる篤姫も後4話、江戸城無血開
Weblog: spring star☆
Tracked: 2008-11-16 23:57

篤姫「慶喜救出」
Excerpt: 年末に近づくにつれ、紅白につぎ込むためか、予算のなさがあらわになっていくのも大河ドラマの醍醐味でしょうか。wikiで調べると、篤姫の一話あたりの予算は近年ではかなり安上がりだそうです。合戦シーンが少な..
Weblog: ニセ吟遊詩人@放浪記
Tracked: 2008-11-16 23:58

大河ドラマ:篤姫第46話「慶喜救出」
Excerpt: 天璋院と慶喜の対決が見所の回でしたね。鳥羽伏見の戦いに敗れ、ひっそりと江戸へ戻ってきた慶喜。慶喜が頼ったのは勝海舟その人。しかし、その勝が勧めたのが天璋院。そして、ついに2人は対面することに・・・大ま..
Weblog: 山南飛龍の徒然日記
Tracked: 2008-11-17 00:17

勝てば官軍!!
Excerpt: 坂本龍馬が暗殺されてからタガが外れた感じですね{/cat_6/} 特に西郷隆盛は討幕に向けて一心不乱に突き進む覚 悟の様です。 何かにとり付かれた感じです{/baikin_1/} いよいよ鳥羽伏見の..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2008-11-17 09:24

篤姫 第46回「慶喜救出」
Excerpt:  今回は慶喜(平岳大)の話。  「とらえどころのない人」と天璋院(宮崎あおい)に評されていましたが、歴史的評価も分かれる人ですね。  この作品「篤姫」では『心が折れてしまった人』として描かれた。  慶..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2008-11-17 13:02

篤姫〜第46話・慶喜救出
Excerpt: 篤姫ですが、天璋院(宮崎あおい)と静寛院宮(堀北真希)は時の人・徳川慶喜(平岳大)について噂話に花を咲かせます。宮は「良い噂も悪い噂も聞きます」と言いますが、家康の再来から豚一まで慶喜の仇名はたくさん..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-11-17 15:49

死なせはせんぞ・・・生きるのじゃ!(宮崎あおい)篤姫的お手紙の書き方(堀北真希)
Excerpt: たとえば歴史観によってそれぞれに正しい歴史がある。歴史はフィクションに過ぎないか
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2008-11-17 19:10

篤姫第46回「慶喜救出」
Excerpt: 「慶喜救出」って危機一髪の救出劇を楽しみにしていましたが、慶喜ったら自分だけこっそり逃げてるだけじゃん、もしかして篤姫の命乞いの嘆願書が救出?もともと島津のお父様からのミッションで次期将軍は慶喜!と頑..
Weblog: さくら色通信
Tracked: 2008-11-17 22:20

篤姫〜慶喜救出
Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」第45話〜母からの文とうとう鳥羽伏見の戦いです薩摩の兵が錦の御旗を掲げて徳川勢は総崩れ・・・はわかっているのですが、まったく戦シーンがないのは何故数年前の大河であれだけ組!が激..
Weblog: うさうさ日記
Tracked: 2008-11-17 23:34

篤姫「慶喜救出」
Excerpt:  サブタイトルとエピソードが時々合ってないよな、このシリーズ。  和宮が慶喜を許せないと言うのは、彼女が徳川の人間になったから、と理解する。まぁ、個人的な意識としては色々とありましょうが。  慶喜..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-11-18 06:56

篤姫第46話(11.16)
Excerpt: 王政復古の大号令で、幕府の廃止と天皇親政が宣言される 今回も、徳川慶喜@平岳大は、公方様と呼ばれてましたが、 実際は、もう征夷大将軍を罷免されてしまってるわけです。 しかし、徳川慶喜が日本の..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2008-11-18 07:34

篤姫「慶喜救出」
Excerpt: 篤姫「慶喜救出」 慶喜殿ですか?。 天璋院「つかみどころの無い方かと存じます。わたくしも好きにはなれませぬ。」 徳川軍一万五千、薩摩軍は五千。 西郷「徳川軍をば迎え撃つ。」 大久保「戦は兵の数にあ..
Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。
Tracked: 2008-11-18 07:50

大河ドラマ「篤姫」慶喜救出・武家の世の幕は篤姫が引く
Excerpt: 水戸の出身であり、基本的に朝廷には弱い慶喜であることを見抜いて、錦の御旗を掲げたのなら、岩倉具視や西郷隆盛は、敵をよく知る策略にたけた軍師ともいうべき二人。朝敵になることが恐れ多くて耐えられず、江戸へ..
Weblog: 今日も何かあたらしいこと
Tracked: 2008-11-19 18:54

篤姫 #46 慶喜救出
Excerpt: 大奥で気をもんでいる篤姫を尻目に、いよいよ鳥羽・伏見の戦いが始まっちゃいました[E:bearing] 薩摩側が錦の御旗を出した事から幕府軍総崩れ−−慶喜は一人逃げ出したとか・・・そりゃ、酷いな・・・[..
Weblog: たっくんママのひとりごと
Tracked: 2008-11-19 21:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。