おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年09月14日

篤姫#37

幕末の動乱の事件が起こる中、今回の物語は少し雰囲気が違ってましたね。が、今回のメインイベントは、やはり天璋院と帯刀(尚五郎)の再会と久しぶりの囲碁ということですけど... 史実に従って進めていかなければならない所が色々とあるため、その色が出ていて、今ひとつ「篤姫」らしくない雰囲気でした。(妖怪軍団も、これという見せ場がなかったし、滝山も今ひとつで、開店休業と言う感じでした。)

薩摩が勅使と共に江戸に入る。天璋院は、その一行の中に「小松尚五郎」がいないかと気になる。→何だかんだで、この繋がりがあるから、今回の物語のメインイベントに繋がるのですけど...

勅使と幕府との交渉は紛糾して先に進まない。で、久光の命をによって大久保は、力で脅すやり方で直命を受け入れさせた。が、帯刀はそのやり方に納得できないでいた。で、松平春嶽と会った席で、勝麟太郎と会った帯刀は、勝の言葉に感銘を受けた。

天璋院は、薩摩の真意を正すために、家定の命日の墓参りの時、久光に会見した天璋院。(このアイデアの発端になったのは、滝山の言葉であり、「謎は解けたよ、ワトソンくん(滝山、でかした)」は久しぶりという感じでした。)

久光の従者として帯刀が付いていたが、この時は言葉を交わすこともなかった天璋院と帯刀の久しぶりの再会。(→やっぱり、於一と尚五郎の再会と行った方が良いでしょうね...)が、会談は物別れに終わった。

手に詰まった天璋院・を救ったのは、妹・和宮・だった。(来世で姉妹になると解釈することにします。)天璋院の元にやってきた和宮・は、故郷を捨てた、と言う言葉に、自分は故郷を捨てることなどできない、と言い、それによって天璋院・は意を決することが出来た。(この時、「天璋院さん」と行った和宮だったが、ここは「お姉ちゃま」と記して、ルビとして「てんしょういんさん」と付けておいた方がよろしいかと...)

天璋院は家茂に願い出て、帯刀との再会の場を作ってもらう。呼ばれた帯刀と天璋院だったが、天璋院の「尚五郎さん」という言葉から、昔に戻る。で、囲碁盤が運ばれて、やっぱり囲碁を打つ二人。(この2人と言えば、やはり囲碁ですからね。)で、囲碁を打ちながら語る2人。懐かしい話、今和泉家のこと、尚五郎の結婚のことなど、久しぶりに会ったかつての恋人(少なくとも尚五郎にとっては...)の会話が続く。で、天璋院は、大奥を守る決意を語り、尚五郎に薩摩を守ることを改めて頼む。→この2人、過去にもこういうことがあったけど、久しぶりと言うことになると、これはこれでよろしいかと...

そしてもう一つ。「それと...参りました」と天璋院。ということで、囲碁の勝負は尚五郎の初勝利となりました。「腕を上げた」と行っていた天璋院だったけど、家定と五つ並べに熱中していたことで「腕が鈍った」と言うのがいいんじゃないの...

薩摩と幕府の交渉が終わり、江戸を離れる薩摩の一行。そして生麦事件が起こった。(結局、さりげなく描かれて、次回のネタフリとして出てきただけでした。)そしてその知らせが、(騒ぎを起こす張本人となる)滝山から天璋院に伝えられ、薩英戦争へと進んで行くことに...

今回は、天璋院と尚五郎の囲碁勝負ということで、前半ではお馴染みだったものが久しぶりに見られたが、そのあおりで、妖怪軍団の存在感も無く、本寿院は登場しないということで、ちょっと寂しい内容でした。ただ、滝山は、次回へのネタフリ役として、最後の最後に存在感を示したものの、やっぱり影が薄かったですね。

次回は、家茂の上洛話、生麦事件の後始末などということで、幕末の動乱期を感じさせるテーマが出てくるが、それらはどれだけ描かれることになるのでしょうか?(史実描写は全く期待していませんけど。というより、本作にそれを期待する方が間違ってます。)尚、BS-hiでの放送は、いつもより1時間繰り上がって、17:00からの放送です。(総合、BS-2はいつも通りの時間です。)よって、いつもより1時間繰り上げてUPする予定ですが、最近、時間的にちょっと苦しくなってきているので、19:00が目処になるかも...


NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: ムック

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 文庫
↓一応、こういうものを
生麦事件

生麦事件

  • 作者: 吉村 昭
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 単行本
「幕末」に殺された男―生麦事件のリチャードソン (新潮選書)

「幕末」に殺された男―生麦事件のリチャードソン (新潮選書)

  • 作者: 宮沢 真一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1997/09
  • メディア: −
新釈生麦事件物語

新釈生麦事件物語

  • 作者: 長岡 由秀
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋企画出版部
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 単行本
生麦事件〈上〉 (新潮文庫)

生麦事件〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 吉村 昭
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 文庫
生麦事件〈下〉 (新潮文庫)

生麦事件〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: 吉村 昭
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 文庫
↓やっぱり長女&三女をピックアップ
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TBS
  • メディア: DVD
↓尚五郎(帯刀)はこういうもので学んだ???
一人で強くなる囲碁入門―基本を覚えれば上達が早くなる

一人で強くなる囲碁入門―基本を覚えれば上達が早くなる

  • 作者: 石倉 昇
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 1998/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
決定版! 囲碁入門その後の最速上達法

決定版! 囲碁入門その後の最速上達法

  • 作者: 石倉 昇
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/04/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
読みの力が10倍になる至高の詰碁―上達のための厳選228題 (MYCOM囲碁ブックス)

読みの力が10倍になる至高の詰碁―上達のための厳選228題 (MYCOM囲碁ブックス)

  • 作者: 郭 求真
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本
実戦で強くなる囲碁入門―手筋を覚えればさらに上達する

実戦で強くなる囲碁入門―手筋を覚えればさらに上達する

  • 作者: 石倉 昇
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(34) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『篤姫』第37回「友情と決別」
Excerpt: 江戸へ向かう久光と勅使。・家茂の上洛・有力諸侯(島津、毛利、山内、伊達、鍋島)の幕政への参加・一橋慶喜、松平春嶽の幕府要職への就任久光、小松、大久保らを従え江戸へ。尚五郎=帯刀のことが気になる篤姫。薩..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-09-14 20:59

「篤姫」第37回
Excerpt:  第三十七回「友情と決別」久光率いる薩摩の兵が幕府の改革を求め、帝の使者を伴って江戸へ入ってきた。天璋院は、一行の中に帯刀がいるのではないかと気になって仕方がない。勅使と幕府老中との交渉は進まず、久光..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-09-14 21:12

篤姫第37話『友情と決別』感想
Excerpt: あーあ、何だかんだ言って尚五郎ラブな私は、半年振り位に尚五郎(´・ω・)カワイソス連発してしまったわ〜。おとうさん@勝海舟はオイシイ役が続いているのぅ。薩摩が幕府に突きつけた勅命の条件は以下の3つ。将..
Weblog: メガネ男子は別腹☆楽天
Tracked: 2008-09-14 21:25

篤姫 第37回 薩摩との決別、友との再会
Excerpt: 『友情と決別』内容久光(山口祐一郎)は、朝廷からの勅使を伴い、薩摩兵とともに江戸入り。そして、、、勅使から、3つの命令が告げられた。家茂の上洛。有力諸侯の幕政参加。一橋慶喜、松平春嶽の幕政登用。だが、..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-09-14 21:26

【篤姫レビュー】友情と決別
Excerpt: 島津久光、江戸へ到着。徳川幕府と勅使という後ろ楯を得た島津久光。分は久光側にありました。ここで天璋院は「薩摩ではなく徳川の事を優先せよ」と断言。久光上洛を喜んでいた和宮一派にも、そう告げます。そして後..
Weblog: 必然的なヒストリー
Tracked: 2008-09-14 21:27

大河ドラマ「篤姫」 37話 「友情と決別」【生麦事件】
Excerpt: 島津久光と小松帯刀、大久保が勅使と一緒に江戸へ向かい 力をちらつかせ幕府に対して幕政改革の勅命を促す事に成功する。 天璋院は薩摩の真...
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2008-09-14 21:30

『篤姫』第37回
Excerpt:  〜友情と決別〜  
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-09-14 21:40

大河ドラマ「篤姫」 第37回「友情と決別」
Excerpt: 先週、薩摩ゆかりの品々を焼き捨て、薩摩との縁を切る覚悟を見せた天璋院ですが、やはり 故郷を捨てることは 簡単にはできません。 薩摩の様子を聞くたびに、心が動き 心配はつのり 悩みは増すばかり・・。 ..
Weblog: 風のうわさ
Tracked: 2008-09-14 21:42

篤姫・第37話
Excerpt: NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 3週間振りですね、ご無沙..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-09-14 21:44

篤姫 第37回「友情と決別」!
Excerpt: <それと、まいりました!>「いや、やはりよい。知ってどうなるものでもない」少しは優柔不断なところを見せる天璋院様でした。「小松様はお優しすぎます」帯刀は大久保と違い、甘いのでしょうか?「滝山、でかした..
Weblog: バレルオーク日記
Tracked: 2008-09-14 21:46

NHK篤姫(37)篤姫と久光:お互いの心象が興味津々
Excerpt: 承前:NHK篤姫(36)寺田屋事件  今夜は、篤姫と久光と、そして小松帯刀の江戸城での会見が山場になりそうです。  その前に、おそらく後半で話題になる「生麦事件(なまむぎじけん)」を予習し、附録としま..
Weblog: MuBlog
Tracked: 2008-09-14 22:00

【篤姫】第三十七回
Excerpt: 薩摩は強引なやり方で幕府を脅した。こんなやり方は下の下です。上等な人間は力で人は動かさない。心です。心で人を動かすのです。勝の話を聞いて、帯刀は言う。自分も、こんなやり方は間違っていると思います。薩摩..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2008-09-14 22:15

篤姫37 篤姫ラストフレンズかぃ?!
Excerpt: 今日は奈良猿沢池の采女まつりに出演してました。船とぎょが終わったのが7時30分、大急ぎで帰宅して今篤姫見終わりましたです。猿沢池采女まつりについては後日報告をアップするとして 今日の篤姫だけど生..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2008-09-14 23:18

篤姫 第37回 「友情と決別」 感想
Excerpt: 久光(山口祐一郎)が勅使を伴って江戸にやってきました。勅使は将軍の上洛、雄藩の幕
Weblog: くまっこの部屋
Tracked: 2008-09-14 23:36

大河ドラマ「篤姫」友情と決別
Excerpt: 勅使を警固しながら江戸へ入った薩摩、武力をちらつかせ脅すことで、幕府にうんと言わせてしまう。そんな薩摩の潔くないやり方は、篤姫にとっても小松帯刀にとっても、卑怯で許せないこと。島津久光、強引だったり計..
Weblog: 今日も何かあたらしいこと
Tracked: 2008-09-15 00:23

大河ドラマ「篤姫」第37話「友情と決別」
Excerpt: 勅使がもたらした朝廷から幕府への帝への使者。久光がついに江戸へ!!感想遅くなりました(><)でも食事は美味しかった〜♪「今、幕府は朝廷の言いなりになるわけにはまいりません」それだけを言いに、和宮に会い..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-09-15 00:24

篤姫第37回「友情と決別」
Excerpt: 薩摩軍団ついに江戸に到着!そして朝廷側は幕府にいろいろ命令を出しますが、幕府はそれに応じません。そこで、薩摩が脅しのようなやり方で強引に推し進めようとします。その場にいた尚五郎はそんな「脅しはいけない..
Weblog: さくら色通信
Tracked: 2008-09-15 00:28

大河ドラマ:篤姫第37話「友情と決別」
Excerpt: 今回の見所は、3つの異なる対面でしたね。1つめは、天璋院vs島津久光そもそも対極にいる両者ですから、主義主張が異なるのは当然。状況的に攻める側の久光の方が精神的にも余裕があった感じです。しかし、対面後..
Weblog: 山南飛龍の徒然日記
Tracked: 2008-09-15 00:56

篤姫 [37:友情と決別]
Excerpt: 文久2(1862)年6月7日島津久光率いる薩摩の一行が、ついに江戸へ入ってきた。勅使が幕府に下した勅命は将軍家茂の上洛有力外様の諸侯の国政参加一橋慶喜を将軍後見職とし松平春嶽を大老とすること幕府老中は..
Weblog: MiracleFruits
Tracked: 2008-09-15 06:44

ふるさとは捨てがたいものよ・・・(宮アあおい)武力攻撃ではなく心理戦です!(瑛太)
Excerpt: 19世紀である。世界は力こそ正義へと移行しつつあったが・・・日本は太平の夢の中・
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2008-09-15 06:59

生麦の由来!!
Excerpt: 久光は武力を背景に改革案を強引に幕府側に認めさせて しまいましたね{/kuri_5/} 少し早急過ぎる感じがするのです{/cat_6/} 斉彬が藩主ならば絶対にこう云う交渉の仕方はしなかっ た筈です。..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2008-09-15 08:38

第37回「友情と決別」
Excerpt: 久光は、京都で勅使と合流して江戸に向かっていた…3つの条件を携えて。その3つの条件とは、想像に難くないとは思うが以下に。・家茂の上洛の実現・一橋慶喜や松平春嶽らの幕政参加を認める・大獄の犠牲に遭った主..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-09-15 11:13

篤姫 第37回「友情と決別」
Excerpt: ★「人は力で動かすものでなく心で動かすものですよ」  力で幕政改革を行う久光(山口祐一郎)に疑問を持つ帯刀(瑛太)に勝麟太郎(北大路欣也)が言った言葉。    人は心にもやもやを感じる時、何とか形にし..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2008-09-15 11:32

篤姫 三十七話
Excerpt: 篤姫にとって苦しい局面がどんどん出てきますね。 久光は何としても譜代たちが幕府にかかわることを望んでいる ようですがそのやり方がなんとも強引。 しかも朝廷をも欺いているのを知った篤姫は久光の..
Weblog: Simple*Life
Tracked: 2008-09-15 11:32

篤姫「友情と決別」
Excerpt:  一つ気になったのは、天璋院が、尚五郎が小松帯刀になったということを知らなかったこと。  書いてから、そんなもんかもしれない、とは思いなおしたが。前回、薩摩とは手を切ってるからなぁ…。  手紙が「帯刀..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-09-15 12:25

「篤姫」37話
Excerpt: 「友情と決別」きょうは じ〜〜〜〜んときた。。
Weblog: ice-coffee
Tracked: 2008-09-15 12:27

篤姫 #37 友情と決別
Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話は薩摩が朝廷の威を借りて幕府に意見をするという、...
Weblog: ビヨビヨ素材日記2
Tracked: 2008-09-15 12:59

篤姫感想 三十七回「友情と決別」
Excerpt: なんか最近の「篤姫」のタイトル、ワンパターンですね(苦笑) ○○と▲▲とか、対比が多い。 今の天璋院様の状況を考えたら、そうなるのも仕方がないんでしょうがも少し捻ってはどうかと・・・。 あ、「大..
Weblog: murmur
Tracked: 2008-09-15 13:25

篤姫「友情と決別」
Excerpt: 篤姫「友情と決別」 薩摩が江戸に来る。何をしに参るのじゃー{/cat_6/}。 Answer ⇒ 御政道改革のため。 その壱:家茂の上洛(他に写真が無かったのかしら…)。 その弐:有力諸侯の国政参..
Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。
Tracked: 2008-09-15 17:53

篤姫 第37話
Excerpt: とうとう薩摩軍の江戸城入城…
Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・
Tracked: 2008-09-15 22:45

ドラマ・篤姫 〜第37回〜
Excerpt:  「ふるさとは遠きにありて思ふもの」天璋院の活躍した時代より遥か後に、詩人・室生犀星が故郷を偲んだ詩です。薩摩の意向を知るため、幕府の人間として薩摩に接触しようとした天璋院は捨てたと思っていたにもかか..
Weblog: いわぴいのドラマ日記
Tracked: 2008-09-15 22:54

篤姫第37話(9.14)
Excerpt: 文久2(1862)年6月7日、島津久光@山口祐一郎、勅使と共に江戸入り ・将軍徳川家茂@松田翔太が上洛し、国家安泰について、朝廷と話し合うこと ・島津・毛利・山内・伊達・前田の有力諸侯を国政に参加..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2008-09-16 02:18

篤姫 第37話 「友情と決別」
Excerpt: 篤姫ようやく観た…。 面白かった! 幕末の設定だから躊躇してたんだけど宮崎あおいさんの演技は可愛くて上手く、着物や小物はゴージ...
Weblog: 青いblog
Tracked: 2008-09-16 16:25

篤姫 #37 友情と決別
Excerpt: どんどん、幕末らしくなっていきますね。今週ラストでは、生麦事件が勃発しました。 久光は、朝廷勅使の護衛として? 江戸入り。もちろん、帯刀も帯同しています。勅命をのらりくらりとかわしていた老中達を、大久..
Weblog: たっくんママのひとりごと
Tracked: 2008-09-16 23:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。