おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年08月10日

篤姫#32

確かに、今回の物語には「桜田門外の変」が描かれているが、相変わらず各回のサブタイトルに誤りがある展開ですね。後半の重要人物・和宮が登場するまでのつなぎという感じで、そこまでにやっておかなければならないことを詰め込んだという感じでした。よって、今回は主眼が何かがはっきりしないものとなり、人員整理が更に進んだというものに収まってしまいました。

まずは、幾島が大奥から下がる日がやってきて、幾島との別れが描かれる。でも、何も今回にこの部分を引っ張る必要があったのか、疑問である。→前回の最後で下がった方が、いい感じの別れになったでしょう。

続いては、咸臨丸の話から、勝麟太郎の登場と、実に久しぶりとなったジョン万次郎が登場。ここに来て「於一」とか「尚五郎」の名前がまたも出てきたが、これって、今回の物語に本当に必要だったのか疑問がある。まあ、ミシンの話を出したかったということは分かりますけどね...

薩摩での動きは、桜田門外の変に繋がる部分であるので、ここは良いのだが、帯刀がもはや人格者になっていて、ジョン万次郎が口にした「尚五郎」から随分と成長していましたね。この対比をより鮮明にするためにジョン万次郎が一役買っているのも事実ですけど...

で、尚五郎に代わってヘタレ・キャラの地位を受け継いでいた大久保も遂にそれから脱却した所を見せてくれました。(でも、他にも色々とありすぎて、霞んでしまったのが残念。)

今回のメイン・イベントである「桜田門外の変」の前に、井伊と対面する天璋院。人間としてのふれあいを大事に描いているという所が本作の良い所であり、これは本作らしいところである。

そして桜田門外の変。本作にしたら珍しく、それなりのアクションがありましたね。(普通の大河ドラマで考えたら、この程度だったら「アクション」と言えないでしょうが...)大奥での桃の節句を祝う天璋院たちの姿を挟みながらという演出は本作らしい所であって、ホーム・ドラマを前面にしているだけに、暴力的な描写を少しでも和らげることは成功していました。

で、(今や完全に銭形愛チームの重臣になった)滝山から、井伊が暗殺されたこと、更に首を取ったのは薩摩の者ということが伝えられた...

「桜田門外の変」という歴史上重要な事件がある以上、これに触れない訳にはいかない。が、他にもここまでにやって置かなければならないことと同列に扱われ、それらを一気に詰め込んだために、それぞれがぼけてしまい、今回の主題がはっきりしなかったのが残念な所でした。が、「暗殺」という思い事柄が重くなることがなかったのは、ホームドラマとしたら正解なんでしょうね。

今回は、今ひとつでどちらかというとつまらない物語でした。でも、次回からはいよいよということになるので、それを迎えるための残務整理ということで、仕方ないことだったということで...

次回から、遂に「篤姫」は「銭形」の姑−嫁バトルの物語に衣替えです。(この日がくるのをドレだけ待ったことか...)でも、またも大挙して新たな登場人物が出てくることにも向きあわなければ...「匂う、悪の香り」「うずく、悪の予感」。何か小ネタで良いので、1つでも出てきたら嬉しいんですけど...(NHKだから、そこまで期待していませんが...


NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: ムック

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 文庫
↓愛ちゃん、もとい天璋院さまにこれを献上しましょうか...
はじめてのミシンソーイング―ミシンの基本操作から作品づくりまで、詳しくレッスンします!

はじめてのミシンソーイング―ミシンの基本操作から作品づくりまで、詳しくレッスンします!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2006/06/02
  • メディア: 楽譜
ゼロからはじめるミシン生活―いちばんやさしいソーイング入門

ゼロからはじめるミシン生活―いちばんやさしいソーイング入門

  • 作者: しかのるーむ
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本

職業用ミシンの操作と調整法

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本
いよいよですね、長女vs三女のバトルは...
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TBS
  • メディア: DVD
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(36) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

篤姫 第32回 遅すぎた理解
Excerpt: 『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-08-10 20:51

「篤姫」第32回
Excerpt:  第三十二回「桜田門外の変」天璋院は、ついに幾島との別れの日を迎えた。天璋院は別れのあいさつなどいらないと強がるものの、涙が止まらない。そのころ、幕府では蒸気船”咸臨丸”をアメリカに向け出航させる準備..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-08-10 21:03

第32回「桜田門外の変」
Excerpt: 井伊直弼は、安政7(1860)年3月3日…江戸城桜田門の前にて、水戸や薩摩鹿児島といった各藩出身の浪士らに襲われ、その46歳の生涯を閉じた。世に言う桜田門外の変の顛末だが、その事件が勃発する実に5年も..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-08-10 21:11

大河ドラマ「篤姫」第32話「桜田門外の変」
Excerpt: いよいよ桜田門外の変!!最後までイヤなおじさんで終わってしまうのかと思いきや、今回は井伊のいいシーンが出てて、少しだけ和解した感じ。最後にほろりとさせてくれました(^^)しかしなんだかんだ言いつつ今回..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-08-10 21:11

篤姫第32話『桜田門外の変』感想
Excerpt: 上様が亡くなってからテンションだだ滑りだったんですが、久々に面白かったわ〜!井伊直弼と天璋院の腹の探り合いのような刺々しかった遣り取りが、茶の湯ひとつで少しずつ変化していく過程が実に面白い。幾島が大奥..
Weblog: メガネ男子は別腹☆楽天
Tracked: 2008-08-10 21:20

篤姫 第32回「桜田門外の変」!
Excerpt: <“誠忠士の面々へ”!>「私は長い間そちが嫌いであった」「私も貴方様にはほとほと手を焼きました」気心の知れた天璋院様と幾島らしい最後のかけあいでした。「私は手がかかるぞ」天璋院様は重野というよい家来を..
Weblog: バレルオーク日記
Tracked: 2008-08-10 21:32

篤姫・第32話
Excerpt: 『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) 遂に「その時歴史が動いちゃった」・・・「桜田門外の変」です! よくよく考えるとちょっと「ヘン」なネーミングですね。「桜田門」に「外」が付いていて..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-08-10 21:41

『篤姫』第32回
Excerpt:  〜桜田門外の変〜      
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-08-10 21:42

篤姫第32回「桜田門外の変」
Excerpt: 安政の大獄が出たと思ったらもう桜門外の変。しかも来週の予告ではもう和宮が登場します。折り返し地点に来てなんだか展開が速いですね〜。さて、幾島の件は先週の涙涙のシーンで終了したのかと思いましたが、まだ江..
Weblog: さくら色通信
Tracked: 2008-08-10 21:56

【篤姫】第三十二回
Excerpt: 公方様は彼の者が点てた茶を飲まれたことはありますか。これから手を携え、解り合えたかも知れないのに・・・安政七年三月三日、大奥で花の祭りが行われていた時、大老・井伊直弼は桜田門の前で、水戸の浪士に襲われ..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2008-08-10 21:58

篤姫 第32回 「桜田門外の変」 感想
Excerpt: 安政七年(1860年)3月3日、ついにその時がやってきました!雪が静かに降る中、
Weblog: くまっこの部屋
Tracked: 2008-08-10 21:58

大河ドラマ「篤姫」 第32回「桜田門外の変」
Excerpt: まずは、幾島との別れのシーンから。 先週、さらば、といっておきながらも、まだまだ未練たっぷりなところが 幾島らしいですね。 勝海舟が、お土産を携えて 対面にやってきました。 将軍そっちのけで..
Weblog: 風のうわさ
Tracked: 2008-08-10 22:01

篤姫〜第32回・桜田門外の変
Excerpt: 篤姫ですが、幾島(松坂慶子)が正式に大奥を去ることになります。幾島は、天璋院(宮崎あおい)に桜島の絵を描いた掛け軸を渡します。これは斉彬からの贈り物ですが、幾島や薩摩の思い出となります。(以下に続きま..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-08-10 22:07

篤姫「桜田門外の変」
Excerpt: 篤姫「桜田門外の変」 篤姫に晩年まで付き従うと思ってた幾島が退場{/m_0170/}。 わたくしは…手がかかるぞ!って、次の老女も大変です(汗){/m_0199/}。 大老井伊「この国を治めるのは..
Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。
Tracked: 2008-08-10 22:15

篤姫:桜田門外の変
Excerpt:  今夜は、桜田門外の変。 大老:井伊直弼が、水戸と薩摩の浪士たちに襲撃され・・・ 史実によると、最初は、銃撃を受け、井伊の首が横真一文字に刀で切られ、血しぶきを飛ばして、上に高く跳ねあがり、雪の中をご..
Weblog: 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集
Tracked: 2008-08-10 22:20

「篤姫」第三二話
Excerpt: 新たな出会いと再会。 心のわだかまりが少し解け・・・別れが訪れる。 第三二話『桜田門外の変』
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
Tracked: 2008-08-10 22:22

NHK篤姫(32)勝海舟と桜田門外の変
Excerpt: 承前:NHK篤姫(31)出藍の誉れ・幾島去る  勝海舟(勝麟太カ)が咸臨丸でアメリカへ行くころ(1860(万延元年))、井伊大老が桜田門外の変で最期を迎えました(1860(安政7)年3月3日:万延元年..
Weblog: MuBlog
Tracked: 2008-08-10 22:27

大河ドラマ「篤姫」#32
Excerpt: 「桜田門外の変」 前回かなりウルウル来てしまったので、今回改めて幾島とのお別れが描かれても「あら?まだいたの?」って思ってしまった私は薄情者でしょうか。前回幾島が去っていくところまでやるわけにはいか..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-08-10 23:02

大河ドラマ:篤姫第32話「桜田門外の変」
Excerpt: とても見応えのある回でしたね。これまでに放送された篤姫の中でも間違いなく上位に来る出来です。話の持って行き方といい、緩急のつけ方といい、江戸・薩摩の両方が立つ作りといい、今回はべた褒めな感じですよ(笑..
Weblog: 山南飛龍の徒然日記
Tracked: 2008-08-11 01:04

桜田門外の変!!
Excerpt: ついに幾島との別れの日が来ましたね{/sayonara/} 以前、幾島については紹介した事がありますので→こちら 『私は長い間そちが嫌いであった』と天璋院。 『私もあなた様にはほとほと手を焼きました』..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2008-08-11 10:20

篤姫 #32 桜田門外の変
Excerpt: 大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)冒頭で幾島が去り、寂しくなるなぁと思ったのも束の間、薩摩の...
Weblog: ビヨビヨ素材日記
Tracked: 2008-08-11 12:10

篤姫 [32:桜田門外の変]
Excerpt: 別れの日、幾島は亡き斉彬から折をみて天璋院に渡すよう預かっていた薩摩の情景を描いた掛け軸を広げて見せた「いまこそ、その時かと・・・」懐かしき故郷の景色・・・天璋院は、薩摩と共に幾島を思い出す事にしよう..
Weblog: MiracleFruits
Tracked: 2008-08-11 13:57

「篤姫」第32回
Excerpt:  桜田門外の変、勃発。 日本史の授業で必ずでてきますね。 日本の歴史教育って、明治維新まではなんとか間に合うんですけど、 明治以降は「授業時間切れ」でね〜。 それでも今回の篤姫で 桜田門外の変、にいた..
Weblog: 「プレシャス」な 女たち
Tracked: 2008-08-11 15:31

篤姫感想 三十二回「桜田門外の変」
Excerpt: のわ〜〜〜〜っ! 勝先生は まだ 麟太郎さんでありましたかっ! お若いんですね・・・・(´∀`) 先週の初見。どこ見てんだッて感じですみません・・・(汗) 白髪なんか1本も無かった・・・・。 ..
Weblog: murmur (夏休み不定期更新中・・・_(_ _;)ゞ)
Tracked: 2008-08-11 17:03

『篤姫』第32回「桜田門外の変」
Excerpt: 殺されるべくして殺される井伊直弼。。幾島が大奥を去る日。それに際して「長い間、そなたが嫌いであった」と。。幾島は斉彬から預かったという鹿児島の絵の掛け軸を篤姫に。そして代わって重野が。井伊大老による安..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-08-11 21:26

篤姫第32話(8.10)
Excerpt: 「この直弼を動かしたのは、この国を護りたいという一心にございます。 諸外国からこの国を護るために、通商条約を結び、 愚劣な輩から国を護るために、恨みを買うこともやむを得ずと。」 「私は己の役割を..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2008-08-11 23:44

命を奪っても心は獲れぬ・・・茶の道じゃ(宮アあおい)俺は医者だ・・・助け合いたい(竹野内豊)
Excerpt: 北島康介選手・・・金メダルおめでとう・・・である。これで金も裏を返した。 銅→銅
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2008-08-12 01:08

篤姫 32回の感想 
Excerpt: 「桜田門外の変」 篤姫、勝海舟との出会いと幾島さんとの別れが対比してましたか。
Weblog: spring star☆
Tracked: 2008-08-12 01:21

【篤姫レビュー】桜田門外の変
Excerpt: 日本史史上、有名な部類に入るであろう桜田門外の変がメインであった今回。『歴史イベント』がサブタイトルになるのも久々な気がします。序盤、前回で出番終了だと思っていた幾島が今度こそ江戸城から退去。松坂慶子..
Weblog: 必然的なヒストリー
Tracked: 2008-08-12 04:02

篤姫「桜田門外の変」
Excerpt:  勝麟太郎と天璋院のシーンは、勝と上司の関係が、かつての篤姫と周囲の関係を連想させて面白い。  井伊と天璋院のお茶も圧巻。  その、勝との面会で嫌味を言ったりしていた (それにも割と驚いたが) ほど..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-08-12 09:07

篤姫 第32回「桜田門外の変」
Excerpt: ★井伊直弼の歴史的役割  天璋院(宮崎あおい)に茶をたてる井伊直弼(中村梅雀)。  その主張は次のようなもの。  「攘夷などすれば外国に攻められ国が滅ぶ。自分はそれを防ぐために攘夷勢力を弾圧した」  ..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2008-08-12 11:35

「篤姫」32話
Excerpt: 「桜田門外の変」 ついにこのときが来ました。。
Weblog: ice-coffee
Tracked: 2008-08-12 13:32

篤姫 第30・31・32回
Excerpt: 『篤姫』第30回“将軍の母”、第31回“さらば幾島”、第32回“桜田門外の変”― 例の如く纏め書きでございますが安政の大獄〜直弼暗殺までと言う事で・・・西郷さん、幾島、直弼が去り、替わって勝さん..
Weblog: 月夜の浜辺
Tracked: 2008-08-12 15:26

篤姫「桜田門外の変」
Excerpt:  「相棒」ファン様にしか分からないことだと思うのですが、この「桜田門外の変」と聞くと、「桜田門内の変」を連想してしまう・・・困ったものです。  幾島は去って行きました。去るものがいれば、必ず空いた..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2008-08-12 18:00

篤姫 第32話
Excerpt: 今回は見所沢山でした…花火大会だったので携帯鑑賞でしたけど…
Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・
Tracked: 2008-08-12 20:41

篤姫 第32回 桜田門外の変
Excerpt: 今回はちょっと不満ですよぉー! 井伊直弼は、悪役のまま逝って欲しかったなぁー。なんで、こういう演出にするかね。ほんとがっかりです。 そんな、心を通わせられる人だったら、安政の大獄はおこってないってっっ..
Weblog: たっくんママのひとりごと
Tracked: 2008-08-18 23:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。