おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2008年07月06日

篤姫#27

ホームドラマとして「家族」ということが前面に出て、落ち着いた物語もいよいよ大詰めということで、今回の物語は家定と御台が真の家族になった物語でした。(でも、描写の方は心の方で、身体の方は描かれないのはやっぱりと言う所でした。)

今回は、バトルとして対立する所は、滝山幾島という、マリバロン・綾小路麗子・本寿院チームの参謀と、銭形愛・篤ちゃんチームの参謀の対立という形に集約されて、お世継ぎレースの争いを前面に出さずに、上手い形で決着を付けていました。

滝山が井伊を大老に、という嘆願書を提出しようとして御台様のところにやってきた。が、これに幾島が猛反発。中立の立場をと決めた御台様は預りという形をとり、幾島との間に亀裂が入っていく。

ということで、敗色が強くなった組織では幹部の裏切りが起こるのが常であるが、いよいよ幾島が離れていくことの布石をしっかりと用意しておいたということですね。

嘆願書について、御台様は滝山に一任する、という結論を出した。反発する幾島と、御台様がミカタになったと感じた滝山のリアクションの違いが面白い所でした。

で、井伊と、松平という紀州・慶福派と水戸・薩摩・慶喜派が推す大老候補の双方に会うことらする御台様。家定もすっかり篤ちゃんを頼りにしていて、いい感じ。

結局、家定は井伊を大老に選び、もはや紀州・慶福派の勝利は確定的に。が、家定が井伊を選んだ理由は、これまでは思ったこともない自分の家族を守りたいという気持ちからだった。で、それを知った御台様もある決意をした。

決意をしたら、一直線で止まらない御台様は、大奥から表に出て、家定の元へ。扉番に対しても凄い迫力でした。で「徳川将軍家の人間」として生きていく決心をしたことを告げた。

更に、夜、おわたりで、家定は世継を慶福と決めたことを告げた。もはや心の方は完全な家族になっている家定と篤姫。ラブシーンには突入しないが、ホームドラマとしたらハッピーエンディングということで、とても良い形でホームドラマに幕を下ろしてくれました。

今回、薩摩で小松帯刀と大久保という初代ダメ男と2代目ダメ男のやりとりがあったが、やっぱり初代の方がまたもという感じになっていて、いつまでこの役回りを担うのでしょうかねぇ???

家定が篤姫に対して頬を押さえて「面白い顔をしておるのぉ」と、やっぱり笑わせてくれることを仕込んでおくのを忘れませんね。ところでこの後、この夫婦は初夜となったのでしょうね...

本寿院が家定に話をしている最初の所で、扇投げをしている家定だったが、これをおわたりの時、篤姫に教えて、二人でそれをというのも面白いと思ったんですけどね...(赤いストラップ(紐)が伸びてきて、やっぱり愛ちゃんの圧勝にという図しか浮かびませんが...)

次回は、一気に物語が動きます。主要人物の2人の死ということで、いくら何でもホームドラマというのんびりした物語にはならないでしょう。と同時に篤姫の幸せそうな笑顔も見られなくなっちゃうのでしょうね。

※今回から「ダビング10」の運用開始によって、今までだとDISCにダビングしたら「ムーブ」となるので消えてくれていたのに、HDDに残るため、消去するということをしないと、HDDの残量がピンチになる可能性も...


篤姫 後編 (3) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: ムック

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)

  • 作者: 宮尾 登美子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 文庫
別冊歴史読本 天璋院篤姫ガイドブック (別冊歴史読本 14)

別冊歴史読本 天璋院篤姫ガイドブック (別冊歴史読本 14)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: ムック
「篤姫」オリジナルサウンドトラック

「篤姫」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: 吉俣良
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: CD
↓やっぱりこれを...
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ラベル:篤姫
posted by MEICHIKU at 19:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(27) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

篤姫27話
Excerpt: 徳川家の人間、家定の妻として夫に従う道を決めた篤姫。今までどっちつかずで、苦しそうな姫を観ているとこっちも落ち着かなかったのでハッキリ結論が出て良かったです。幾島はお気の毒ですが。この人、長年務めた近..
Weblog:  なんかいろいろと、趣味の日記
Tracked: 2008-07-06 19:40

篤姫 第27回「徳川の妻」!
Excerpt: <日本一の男の妻!>尚五郎さんに「日本一の男の妻になる」と言って於一のことを思い出しました。「慶喜をおきらいだからですか?」世継ぎなどどうでもよかった家定が、家族のため、篤姫のために徳川将軍家を守り、..
Weblog: バレルオーク日記
Tracked: 2008-07-06 20:12

篤姫 2008/07/06 第27話「徳川の妻」
Excerpt: 誰が大老になろうと知ったことか!家定さんの残された時間が問題!というわけで、今回のおさらいです。・篤姫の決意に怒る幾島・滝山、嘆願書への署名をお願いするも、篤姫は保留・遊ぶ家定、またもや自害をほのめか..
Weblog: piyomarimoのよろよろ日乗
Tracked: 2008-07-06 20:44

『篤姫』第27回「徳川の妻」
Excerpt: 政治の主導権を巡る戦いが、紀州派VS一橋派の争いへ。どちらにもつかないと言う篤姫に、怒る幾島。滝山は嘆願書を。井伊直弼は大老にという。。滝山VS幾島、女のバトル。「両名とも控えよ」家定は扇遊び。話して..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-07-06 20:55

篤姫 第27回 徳川将軍家の妻
Excerpt: 『徳川の妻』内容一橋派、紀州派どちらにも与しないと幾島に宣言した篤姫。そんななか、滝山が、井伊直弼を大老に推すという大奥としての嘆願書を『表』に提出するため、篤姫へも署名を求めてくる。即答を避けた篤姫..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2008-07-06 21:01

「篤姫」第27回
Excerpt: 第二十七回「徳川の妻」篤姫は、父の斉彬を裏切ることになっても自分が納得するまでは慶喜と慶福のどちらにも味方しないことを決めた。そんな折、井伊を大老に推すための嘆願書を持参した滝山は、篤姫に賛同を求める..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-07-06 21:02

第27回「徳川の妻」
Excerpt: 「古い幕府を壊すのだ」斉彬の壮大な野望、幕府政治の主導権を握ること…そのような伝統に縛られない能力主義を採用していく方式を提言するも、それは抵抗勢力がないなんていうことは、どの時代にもありえない。さて..
Weblog: 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
Tracked: 2008-07-06 21:02

大河ドラマ「篤姫」第27話「徳川の妻」
Excerpt: 「己の心が定まるまでは、どちらにもつかぬ」跡継ぎ候補が決まるまで、自分の心のままに生きると申し出る篤姫。井伊直弼を大老にするという案。 滝山の嘆願書に即座の返答を断る篤姫。滝山の気持ちも分か..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-07-06 21:09

篤姫第27話『徳川の妻』感想
Excerpt: (´Д⊂ウワァァァン!もうすぐ上様が〜ッ!もう35分過ぎから泣きモード入って仕方ない。どちらにも付かぬと決心した篤姫を幾島はしつこくしつこく咎める。語気も強まるばかりで今日は幾島の..
Weblog: メガネ男子は別腹☆楽天
Tracked: 2008-07-06 21:19

【堺雅人】篤姫27話「徳川の妻」【宮崎あおい】
Excerpt: 島津斉彬が出した建白書をきっかけに紀州派と一橋派の争いは激化。 大奥は本寿院・滝山を中心に井伊直弼を大老に押す嘆願書を篤姫に提出。 ...
Weblog: 失われた何か
Tracked: 2008-07-06 21:25

【篤姫レビュー】徳川の妻
Excerpt: 滝山と幾島の対決から始まった今回。大奥の権威を守る為に水戸派を退け井伊直弼を大老に推す滝山とあくまで慶喜を次期将軍にと考える幾島。両者がここまで論戦を繰り広げたのは初めてではないでしょうか。ここで立派..
Weblog: 必然的なヒストリー
Tracked: 2008-07-06 21:34

「篤姫」27話
Excerpt: 「徳川の妻」 公方様  は〜〜 後 来週を残すのみでしょうか〜〜〜〜  今回も 大変色っぽい家定堺さまでありました。。。 
Weblog: ice-coffee
Tracked: 2008-07-06 21:41

【篤姫】第二十七回
Excerpt: 母上、後継ぎの事は自分で決めまする。それが私の勤めにて。上さまは、お変わりになられました。私が変わったとすれば、それは母上のおかげにございます。母上が薩摩から元気な嫁を貰ってきてくださったおかげにござ..
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2008-07-06 21:42

篤姫・第27話
Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラック吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る まずみなさまにひとつお詫びを・・・先週、今回でカステラ将軍が「ご退場」というように書きましたが、もう一週ありましたね。..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-07-06 21:53

『篤姫』第27回
Excerpt:  〜徳川の妻〜  
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-07-06 22:22

「篤姫」第二七話
Excerpt: 家族を守りたいという心と 家族になると決めた心。 第二七話『徳川の妻』
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
Tracked: 2008-07-06 22:23

大河ドラマ「篤姫」 第27回「徳川の妻」
Excerpt: 家定の想いに心打たれ、徳川の妻になる決心をした篤姫。 夫婦の絆も深まり、心温まる感動の物語に! ・・・とみえる 今回の話ですが、篤姫の「徳川の妻宣言」は、薩摩にしてみれば 裏切り宣言なわけでし..
Weblog: 風のうわさ
Tracked: 2008-07-06 22:25

篤姫 第27回 「徳川の妻」 感想
Excerpt: 今回の話はひとつのターニング・ポイントとして描かれていましたね。今まで自分の変化
Weblog: くまっこの部屋
Tracked: 2008-07-06 22:30

篤姫〜第27回 感想・徳川の妻
Excerpt: 滝山(稲森いずみ)が、井伊直弼(中村梅雀)大老推薦の建白書に御台様の署名が欲しいと言うと幾島(松坂慶子)が怒り出します。滝山は珍しく興奮し、自分は公方様付きで幾島は御台付きと格の違いを強調しますが、篤..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-07-06 22:45

篤姫 第27話
Excerpt: ついに家定との夫婦愛を感じ始めた篤姫、当初の目的は封印して中立を保とうとします。
Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・
Tracked: 2008-07-07 00:16

大河ドラマ:篤姫第27話「徳川の妻」
Excerpt: 切なくも美しい回でしたね。もはや家定様なしでは語れなくなった篤姫ですが、夫婦の絆ここに極まれりといったところでしょうか。心底、お互いを必要としているのが伝わってきました。家定様と篤姫の場面は、時間の流..
Weblog: 山南飛龍の徒然日記
Tracked: 2008-07-07 02:07

篤姫「徳川の妻」
Excerpt:  いやぁ、あまりのラブラブに見てて胸が痛かったよ。来るぞ来るぞ、家定死ぬぞーって。来週のようだけどさ。  家定が家祥を次に指名するのは、若いから篤姫を後見にすることができる、ということも考えてのこと。..
Weblog: blog mr
Tracked: 2008-07-07 07:05

篤姫 第27話「徳川の妻」
Excerpt: ★最高の夫婦  政治やしがらみに翻弄されながらも愛を育んできた篤姫(宮崎あおい)と家定(堺雅人)。  今回はその頂点に。  篤姫は慶喜、慶福のどちらにも味方しないことを決意。  中立の立場を貫き幾島..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2008-07-07 13:44

篤姫 #27 徳川の妻
Excerpt: 家定さまとお会いできるのも、あと1回となった模様ですーーー[E:crying] 来週はお別れなのね・・・orz 中立を決めた篤姫ですが、中々そうもいかず。まずは、滝山が大奥の嘆願書を持ってやってきまし..
Weblog: たっくんママのひとりごと
Tracked: 2008-07-08 00:37

篤姫第27話(7.6)
Excerpt: 「御台様は、もはや徳川将軍家のお方でございます。 徳川家の大奥千人の主として、十分にお考え下さいまするよう、 瀧山、心からお願い申し上げます。」 『井伊直弼@中村梅雀を大老に』という嘆願書を提出..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2008-07-08 00:56

篤姫感想 二十七回「徳川の妻」
Excerpt: すこーし 忙しくて日があいてしまいました が  一応私のブログのメイン感想ですので 頑張って書きまする(書いたけど1回消えてしまった 涙) 冒頭 幾島に「中立」な立場になるという事を 告白した..
Weblog: murmur
Tracked: 2008-07-08 13:55

篤姫「徳川の妻」
Excerpt:  次週は絶対にハンカチまたはタオルが必要。もしくはテッシュの箱を抱えて見ようと思います。なぜなら、予告編で既にボロボロ泣いてしまったのです。でも、そんな人は私だけではないと思います。  でも私、次週..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2008-07-08 23:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。