おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2012年03月31日

「THE CAR」

表題の作品は1977年のアメリカ映画「ザ・カー」である。日本での劇場公開は1977年8月であった。無人の車が人を襲うという恐怖映画であって、「ジョーズ」を車に置き換えた様な恐怖を与える作品である。

作品データを記しておくと、時間は99分、原案はデニス・シュリアックとマイケル・バトラーの2人、監督はエリオット・シルヴァースタイン、脚本はデニス・シュリアック、マイケル・バトラー、レイン・スレートの3人、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はレナード・ローゼンマンである。そして出演は、ジェームズ・ブローリン、キャスリーン・ロイド、ジョン・マーリー、R・G・アームストロング、ロニー・コックス、ジョン・ルビンスタイン、キム・リチャーズ、カイル・リチャーズ、たちである。

サンタイネスという西部の小さな町の郊外で、アベックやヒッチハイカーたちが連続してひき殺されるという事件が起こった。保安官のウェードは自分の子どもを恋人のローレンが務めている学校に送ってから現場に向かった。捜査を始めると、目撃者・エイモスは、車の運転者はいないと言う。その翌日、再び車が、子供たちが遊んでいる広場に突入して子供たちを襲った。ローレンは車に対して罵った。また、警官たちは発砲するが、車には全く通じなかった。ウェードは逃げる車をバイクで追ったが、車はウェードをドアに叩きつけて逃走していった。負傷したウェードが病院にいる間に、車はロレーンをひき殺していた。それを知ったウェードは復讐に燃えて、車を爆破して始末するという作戦を立てて、その準備を進める。町外れの渓谷に爆薬をセットし、ウェードはバイクで車をおびき出し、渓谷に車が突っ込むと、大きな爆発が起こった。が、車は...

車の恐怖ということでは「激突!」という作品があり、また人を襲う恐怖ということでは「ジョーズ」がある。本作はその2つの作品を組み合わせたような作品となっていて、また、描き方もその2作を意識している。(ストーリー展開もその2作品に似ている。)結果的にはB級作品の範疇の作品であるが、着眼点はなかなか面白く、作品としても悪くない。ただ、大作志向の方には辛いと感じるところも見られるが、'70'sのブームになった要素を取り込んでいる所など、作品の製作された時期のことを考えると、色々面白い作品である。


ザ・カー [DVD]

ザ・カー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CHRIS MONTEZ『CALL ME: THE A&M YEARS』

表題のアルバムは2006年にリリースされた彼のベスト盤である。タイトルから分かるように、本ベスト・アルバムは、1966年から所属したA&Mレコード時代に発表した楽曲を集めたものである。(A&M時代にはいくつかの大きなヒット曲が生まれていて、彼の全盛期でした。)当然のことながら、ここにあるのは'60'sサウンドであるが、楽曲としてはスタンダード・ナンバーとなっているジャズ系の曲を'60'sポップスにしたというものが中心である。

収録曲は以下の全22曲である。『Call Me』『The More I See You』『Foolin' Around』『Very Thought Of You』『Time After Time』『There Will Never Be Another You』『Where Are You Now』『Because Of You』『The Face I Love』『Our Day Will Come』『Going Out Of My Head』『Elena』『Shadow Of Your Smile』『Once I Loved (O Amor Em Paz)』『Fly Me To The Moon』『Keep Talkin'』『Love Is Here To Stay』『Little White Lies [Album Version]』『Just Friends』『I Will Wait For You』『I'm Glad There Is You (In This World Of Ordinary People)』『End Of A Love Affair』。

お薦め曲としては、BillboardでTOP 40入りを果たしたヒット曲である『Call Me』『The More I See You』『There Will Never Be Another You』『The Face I Love』『Love Is Here To Stay』というところと、シングル曲である『Because Of You』、更に『Elena』『Shadow Of Your Smile』『Just Friends』という所をピックアップしておく。

元になっている曲は有名な曲ばかりであって、曲名までは知らなくても何処かで耳にしたことがあるような有名な曲が多く、それらを聴きやすいポップなものに仕上げているだけに、とても聴きやすい曲ばかりが集まっている。中には('60's)ロック寄りのものなど、なかなかユニークなものもある。

また、シンガーとしての彼も優しさを感じられる声ということもあって、ゆったりと聞きたくなる曲が多く、安心して聴いていられるものである。もう少しセクシーさが出ていればという気もしないでもないのだが、ゆったりと聴くことが出来るというのは、それはそれで良いところである。

知名度と言うことでは今一つという所があるが、取り上げている楽曲が良いということで、一度、耳を傾けることお薦めできるアルバム(ベスト盤)である。


Call Me: The A&M Years

Call Me: The A&M Years

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal UK
  • 発売日: 2006/08/01
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本零士「オズマ」#3

今回で半分が終了ということになるのだが、物語上の謎についてようやく触れられるようになって、物語としてはこれからという所を迎えたが、ストーリー展開が遅く、今一つ面白くないですね。また、今回はこういう物語ではお馴染みの展開になってしまったことで、このまま期待外れとして終わってしまいそう...(長年「温め続けた作品」というよりも「お蔵入り」になったものを無理矢理仕上げたと言った方が良さそう...)

今回は、マヤに付いての秘密が(部分的に)明らかになり、更に、そのマヤがバルダノスの元を自ら去り、それをサムが戻って来るようにと追いかけていき、その先でシーシアスが出てきて、争奪戦へという絵に描いたような定番と言えるような展開でした。その中で、マヤの秘密(身体のこととオズマに関すること)が語られるということで、秘密が明らかになっていくという展開も王道過ぎるものである。

ということで、余りにも先が読めてしまう展開で進んでいって、あっという間に23分が流れてしまって、物語としては盛り上がりも無い、平凡過ぎる形で「次回へ」となっちゃいました...

はっきり言って、23分の全6話の作品にするのではなく、2時間弱の1本の長編作品にした方が良かったと思います。兎に角、次週まで引っ張ってくれるような強烈な印象が無く、先読み出来てしまう通りの展開ではね...ということで、後半に突入の次回からは、毎週見るのでは無く、最後まで放送されてから、その3話をまとめて一気に見ることにしようと思います。


↓これとは関係ないですが、こちらのアニメ化の方が良かったかも???

電光オズマ [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 松本 零士
  • 出版社/メーカー: 若木書房
  • メディア: コミック

電光オズマ 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 松本 零士
  • 出版社/メーカー: 若木書房
  • メディア: コミック
posted by MEICHIKU at 11:30| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CHRIS DE BURGH『FAR BEYOND THESE CASTLE WALLS』

表題のアルバムは1975年に発表された彼のデビュー・アルバムである。父が外交官だったことから、イギリス国籍ながらアルゼンチンで生まれ、いくつかの国で育ったという変わった経歴を持っている。そんな彼は、デビューしても本国イギリスではさっぱりであったが、ブラジルでのみ大ヒットをすることになる。が、2nd.アルバムはイギリスでそれなりのヒットをするが、他国はさっぱり、3rd.と4th.アルバムは世界的にもさっぱり、5th.アルバムはノルウェーでのみ大ヒットというように、特定の国だけでヒットするという変わったことになった・本アルバムはそんな彼の最初のアルバムであって、ブラバルでは1位を獲得するヒットになったが、それ以外の国ではチャートインを果たせなかった。

収録曲は以下の全10曲である。『Hold On』『The Key』『Windy Night』『Sin City』『New Moon』『Watching The World』『Lonesome Cowboy』『Satin Green Shutters』『Turning Round』『Goodnight』。

この中からシングル・カットされたのは2曲である。デビュー・シングルの『Hold On』はいずれの国でもチャートインしなかったが、2nd.シングルの『Turning Round』はブラジルでは1位を獲得する大ヒットになったが、それ以外の国ではさっぱりだった。

お薦め曲はシングル曲でもある『Hold On』と『Turning Round』、そして『New Moon』と『Lonesome Cowboy』をピックアップしておく。

サウンドの方は大人向けの、所謂「アダルト・コンテンポラリー」と言った所であって、比較的聴きやすいものである。本アルバムは1975年の作品ということで、「A.O.R.」という言葉はまだ確立していないが、その路線に近いものであって、'70'sの大人向けのサウンドである。ということなので、「A.O.R.」のブームよりも時期的には少し早かったことで、陽の目を見なかったと言えるが、A.O.R.がお好きな方であれば、ほぼ琴線に触れるようなものである。また、男性ボーカル・アルバムとしても聴き応えがある作品に仕上がっているので、じっくりと聴いてみることをお勧めするアルバムである。


Far Beyond These Castle Walls

Far Beyond These Castle Walls

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal I.S.
  • 発売日: 1999/05/18
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 09:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形海22話(2nd.9話)[裏ネタ編]PART 6

銭形海」の第22話(2nd.9話)「恋愛泥棒現る! 〜謎の怪盗予告事件」の裏ネタ編・増補の5回目となる今回は、舞台となった質屋の人として登場したのがこの人と言うことから「主人」について、彼はこれのために左手を吊っていたことから「捻挫」について、「三角巾」について、彼のこれがいたことから「婚約者」について、五代さんは主人がこれを隠し持っていると言ったことから「鉄アレイ」について記します。尚、「主人」は「・6話[裏ネタ編]PART 2」で「ご主人様」として記したものを、「捻挫」は「・6話[裏ネタ編]PART 8」で、「婚約者」は「・2話[裏ネタ編]PART 6」で「フィアンセ」として記したものを、「鉄アレイ」は「・26話(2nd.13話)[裏ネタ編]PART 6」で記したものをそれぞれベースにして加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事(MBS放送時に記した[改訂版])は「ここをクリック」してご覧下さい。BS-i(当時)での本放送時に記した記事へのリンクもあります。また、この物語についての過去に記した裏ネタ編は2008/8/31付です。

主人」:いくつかの意味がある。「一家の主(あるじ)」、「自分の仕えている人」、「人を貴んで言う言い方」、「妻が夫のことを言う言い方」、「客をもてなす人」を指す。また、接客業に於いては、客のことをこのように言う場合がある。(特に「ご主人様」という言い方になる。)

この物語では、店(質屋)の主人ということで、意味としては「主(あるじ)」と言う意味である。この意味で使われることは、妻が夫のことを言う場合と共にポピュラーな使い方である。

英語では「Master」、ドイツ語では「Meister」、フランス語では「Maître」、イタリア語では「Padrone」、スペイン語では「Amo」、ポルトガル語では「Mestre」、中国語では「主人」と言う。

捻挫」:人が受ける外傷の一つであって、関節をねじりくじくことを言う。人が受ける外傷の中では比較的多いものである。

関節は可動範囲があるが、その許容範囲を超えた動きが与えられた時に起こる損傷である。患部には痛みと腫脹、熱感を伴うのが一般的である。また、この程度が大きくなり、関節の骨がずれてしまった場合は「脱臼」という。(関節が部分的には元に戻っているものの、一部分が離れている場合は「亜脱臼」といい、これは「捻挫」と「脱臼」の中間といったことになる。)また、骨が折れるという「骨折」に繋がる場合もある。但し、「捻挫」であれば、瞬間的には関節の可動範囲を超えてしまったが、骨と骨の位置関係は元に戻っていて、そのダメージが関節の周囲の筋肉や靱帯などの組織にあるという症状となる。(見た目は何ともなかったり、腫脹や熱感がある。)

また、関節は体の各部にあるため、すの全ての関節に対して捻挫は起こる可能性がある。そのため、医学的には損傷部位を特定して「○○靭帯損傷」と言うのが一般的であって、「捻挫」という言い方は、その症状の総称という位置づけでもある。

良くあるものとして、「突き指」があるが、これも捻挫の一種である。しかし、「突き指」の場合は「骨折」が起こっている場合もあるので、「突き指=捻挫」とは言い切れない。(骨折があったら「捻挫」とは言わない。)

英語では「Sprain」、ドイツ語では「Verstauchung」、フランス語とポルトガル語では「Entorse」(但し、発音は異なる)、イタリア語では「distorsione」、スペイン語では「Esguince」、中国語では「扭傷」という。尚、捻挫はちょっとしたことで起こるものであるため、海外旅行をする場合、この単語は頭の中に入れておいた方が、万一の時に役立ちますよ。

三角巾」:三角形をした包帯布のことである。大幅の布を正方形に切り、その正方形の布を対角線に沿って2つに折った(直角二等辺)三角形の状態で使用する。

腕の骨折、脱臼、または捻挫などによって、動かすことが出来ない場合、その受傷した腕を出来るだけ動かさない様にして固定するために用いられるものである。受傷した腕の反対側の肩に三角巾の一端を掛けて、三角巾の上に肘を曲げて受傷した腕を添えて吊すようにして固定する。そして三角巾のもう一端を受傷した腕の肩の上から首の後ろを通して、もう一端と結ぶ。これによって腕は三角巾にくるまれた状態になり、首に掛けられた三角巾によって吊されることになる。

尚、骨折の場合は、腕に副木を当てることが行われるため、受傷した腕と副木が一緒に三角巾によって吊されることになる。

ということで、かなり大きな布(正方形の状態では一辺が1mぐらいが一般的である。)が使われることになる。

三角巾はそうそう使用することになるものではないが、いざという場合に備えて、大きな布を救急箱の側に用意しておくと良いが、そういう容易をしていない場合、及び手近なところに三角巾が無い場合でも、風呂敷のような正方形の布や、長方形であるもののバスタオルなどの大きな布であれば代用として使うことが出来る。(応急的にとりあえずそれを使用しておき、それから病院に行って診察を受けましょう。)

英語では「Triangle Bandage」、ドイツ語では「Dreiecksverband」、フランス語では「Pansement du Triangle」、イタリア語では「Benda di Triangolo」、スペイン語では「Venda del Triángulo」、ポルトガル語では「Bandagem de Triângulo」、中国語では「三角巾」と言う。

婚約者」:婚約した相手のことをいう。「許婚(いいなずけ)」と言うこともある。また、最近ではフランス語をそのまま使った「フィアンセ」という言い方も使われる。(但し、フランス語の「フィアンセ」は「Fiancé」であるが、これは男性名詞である。則ち、女性の結婚相手である男性のことを指す。)

日本語り「婚約者」「許嫁」という言い方では性別に関係なく使われるが、外国語では男性名詞と女性名詞がある言語に於いては、性別によって言い方が変わる言葉でもある。英語では「Fiance」、ドイツ語では「Verlobter」、フランス語では性別に応じて「Fiancé/Fiancée」、イタリア語では「Fidanzato」、スペイン語では「Novio」、ポルトガル語では「Noivo」、中国語では性別に応じて「未婚夫/未婚妻」)と言う。

鉄アレイ」:漢字では「鉄亜鈴」と記す。また「ダンベル」という言い方もある。トレーニング器機の一つであって、主に腕や肩の筋肉を鍛えるのに使用されるものである。

鋳鉄製の金属製品であって、手で持つことが出来るようになっている中心軸に錘を取り付け、それを手に持ち、それを動かす運動をすることで、筋肉に負荷を掛けて鍛えるというものである。また、おもりは適宜選べることが出来るため、低負荷である軽い状態から、高負荷の重い状態にまで、使用者のやりたいように変えることが可能である。

また、近年では、プラスチック製の容器で出来ていて、中に水や砂を入れることで重量物として、用いるというものもある。(但し、この場合は「鉄亜鈴」とは呼ばずに「ダンベル」と呼ぶのが一般的ですが...)これは家庭でちょっとした運動をするのには便利である。→これを真似て、1.5リットルや2リットルのペットボトルに水を入れてダンベルとして使うということも出来る。但し、簡易的にはペットボトルを使っても良いが、ある程度太さがあるため、運動として使用する際には持ちにくいということ、また運動中に落としてしまうなど、別の問題がある。また、せいぜい2リットルまでであるため、重量も2kg強という範囲のものにしかならない。そのため、ダンベルとしては軽い部類であって、身体を鍛えるというレベルにまでは達しないですが...)

英語では「Iron Dumbbell」、ドイツ語では「Bügle Hantel」、フランス語では「Repasse l'haltère」、イタリア語では「Stira Dumbbell」、スペイン語では「Pesa Férrica」、ポルトガル語では「Haltere Férreo」、中国語では「鐵陣列」と言う。


ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

バーの主人がこっそり教える味なつまみ

バーの主人がこっそり教える味なつまみ

  • 作者: 間口 一就
  • 出版社/メーカー: 柴田書店
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 単行本
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

「THE CARPETBAGGERS」

表題の作品は1964年のアメリカ映画「大いなる野望」である。日本での劇場公開は1965年6月であった。大富豪ハワード・ヒューズをモデルにしたH・ロビンズの小説の映画化作品でで、ハリウッドの内幕を描いた作品である。

作品データを記しておくと、時間は150分、原作はハロルド・ロビンズ、監督はエドワード・ドミトリク、脚本はジョン・マイケル・ヘイズ、撮影はジョセフ・マクドナルド、音楽はエルマー・バーンスタインである。そして出演は、ジョージ・ペパード、キャロル・ベイカー、エリザベス・アシュレイ、アラン・ラッド、ラルフ・テーガー、マーティン・バルサム、マーサ・ハイヤー、リュー・エアーズ、ロバート・カミングス、リーフ・エリクソン、ボブ・カミングス、ルー・エイヤース、たちである。

時は1923年、ジョナス・ゴード・ジュニアは急死した父の後を継いで、若くしてコード化学の社長に就任した。また、かつての自分の恋人で、父の妻になったリナと金で縁を切ると、リナはジョナスの幼馴染みのネバダと共に去って行った。ジョナスは多方面にわたって会社を発展させると共に、自身では航空機によるアメリカ大陸横断のスピード記録を更新するという快挙を成し遂げ、航空技師の娘・モニカと結婚する。一方、ネバダは映画界に入って、カウボーイ・スターになっていた。しかし映画界はサイレント映画からトーキーへの移行期と言うことで、経済的に苦境に陥っていた。ネバダはジョナスに援助を求め、ジョナスはそれを受けて映画界に進出することを決断した。そしてリナを女優にしてネバダと共演させた作品を作り、その作品は大成功して、リナは人気スターとなる。ジョナスはモニカに離婚を承諾させ、他の事業と平行して映画会社への大々的な進出をするために乗っ取り工作を始める。しかし、部下の裏切りがあって、予定していた以上の高値で買収することになった。一方、スターになったリナはネバダと結婚するが、飲酒運転で事故を起こして死んでしまう。ジョナスはコールガールのジェニーを新たなスターに育てる。そして、モニカの父に仕事を頼もうとして、モニカと娘に会うが、その場にジェニーが現われたことで、モニカは誤解したまま去ってしまった。ジョナスは過去を承知した上でジェニーに求婚するが、ジェニーは、ジョナスは自分を求めているのでは無く、野望を実現するために結婚しようとしていることを知り、去ってしまった。遂に、ジョナスを理解しているのはネバダだけになってしまうが、ある日、ネバダの言葉から喧嘩になってしまう。ジョナスは兄が狂い死にしたことから、自分もそうなるかも知れない恐怖から逃れるために必死に仕事をしていたが、ネバダの言葉がその不安を払拭させた。で、ジョナスモニカと娘の元に帰っていった。

人間ドラマとしては十分描かれているが、2時間半という時間が少し長く感じてしまう作品でもある。もう少しまとめるなどの工夫をした方がよいと思ってしまうのだが、作品としてはけっして悪いものではない。内幕ものということもあって、色々と説明している部分なども必要なのは分かるが、ということでちょっと残念な残念な作品である。まあ、1964年というまだどちらかというとのんびりしていた時代らしい作品だとは思いますが...


↓リージョンコード「1」の輸入版DVD
The Carpetbaggers [DVD] [Import]

The Carpetbaggers [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
↓日本盤はビデオのみです。

 

大いなる野望 [VHS]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン株式会社
  • メディア: VHS
posted by MEICHIKU at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形愛2話[裏ネタ編]PART 7

銭形愛」の第2話「死者からの伝言 〜天才物理学者殺人事件」の「裏ネタ編」の増補の3回目となる今回は、真犯人がこれをしていたことから「くしゃみ」について、愛ちゃんが変装でこれを着ていたことから「割烹着」について、被害者の発見したこれはこうだったことから「定理」について、「根底」について、これを破ったものだったことから「常識」について記します。尚、「くしゃみ」は「・24話(2nd.11話)[裏ネタ編]PART 10」で、「割烹着」は「・21話(2nd.8話)[裏ネタ編]PART 8」で記したものをベースにして、それぞれ加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事は「ここをクリック」してご覧下さい。また、この物語に対する過去に記した裏ネタ編は2009/1/5、8、10、13付です。

くしゃみ」:漢字で記すと「」(画数が多いので、大きく表示しおきます。)となる。しかしこの漢字は難読漢字であり、かつ常用漢字でもなく、第二水準の漢字であるため、普通はひらがな表記をするのが一般的になっている。

鼻粘膜の刺激によって起こる激しい呼気運動のことであって、呼吸器が起こす反射的な運動でもある。鼻腔内にウイルスや埃などが侵入した場合、それらの侵入物を排除するために、激しい呼気を起こして体外に排出しようとするものである。風邪を引いたときや、アレルギー性鼻炎の場合には、これが頻繁に起こることになる。また、強い光を見た場合や急激に視界が明るくなった場合にも起こることがあって、視神経とも関係しているとされている。(光が原因となって起こるくしゃみについては詳しくは分かっていない所があって、そのメカニズムはまだ解明されていない。)

尚、くしゃみの擬声語は様々なものがあって、言語が異なると全く違うものとなっている。日本語でも「ハックション」「ハクション」「クシュン」などいくつかの擬声語があるが、言語が異なると全く違う言葉となっている。が、不思議なことであるのだが、全く似ているとは感じられない擬声語であっても、実際にくしゃみをする場合には、それが上手く表現されているように聞こえるのだから、言葉って面白いものである。

尚、俳句の世界では「くしゃみ」をはじめ、同義語である「嚔(くさみ)」「くしやみ」「はなひる」は全て冬の季語である。これは、冬になると風邪をひくことが多くなり、冬では日常的に見られることになるためである。尚、昔はアレルギー性鼻炎については全く知られていなかったのをはじめ、花粉の飛散量も少なかったものとされていて、認識されていなかったこともあって、春先のスギをはじめ、初夏にかけてのヒノキ、秋のブタクサなどの花粉が原因で起こるものは、それらは全て夏風邪と思われていたため、くしゃみというと全て風邪が原因で、冬のものと考えられていた。

また、日本では、他人に噂されているとくしゃみが出る、と考えられていた。(医学的な説明は全くなく、迷信の一つである。)また、その時のくしゃみの回数で、他人がしている噂の内容がどういうものかという解釈もされていた。(「一そしり二笑い三惚れ四風邪」と言われていて、1回だったら批判されていて、2回だったら笑われていて、3回だったら惚れられていて、4回だったら風邪を引いている、というものである。)しかし、これらは全て医学的な説明が出来ないものであって、言い伝えであり、迷信である。尚、地域によっては、1回だと褒められていて、2回だと憎まれている、と解釈する所もある。(3、4回は同じで、惚れられている/風邪を引いている、である。)

英語では「Sneeze」、ドイツ語では「Niesen」、フランス語では「Éternuement」、イタリア語では「Starnuto」、スペイン語では「Estornudo」、ポルトガル語では「Espirrando」、中国語では「噴嚏」と言う。

割烹着」:日本で、料理や家事を行う際、着物の上から着るものであって、これによって衣服が汚れるのを防ぐ役割をするものである。役割から考えると、前掛け、エプロンの仲間ということになる。

サイズは、おおむね着物の袂が納まる袖幅と袖丈であり、身丈は膝までというのが一般的である。また、袖口にはゴムが通っているものもあり、簡単に着る/脱ぐことが出来る。紐が付いていて、それを肩の後ろで結んで使用する。

歴史は比較的新しく、大正時代の初頭に生まれたものである。当時、家庭用仕事着として考案されたものであり、それが広がっていくことになる。昭和になると、国防婦人会が成立し、割烹着がその会服となったことから、女性は普段着(和服)の上に着るものということになり、誰もが着るお馴染みのものとなる。が、太平洋戦争の戦況の悪化によって、割烹着の材料となる木綿が不足し、女性の服装は次第にもんぺへと変わっていくことになって、見かけることが少なくなっていった。しかし、戦後になると、再び復活することになる。と同時に洋服の一般化とエプロンが広く普及していくことになって、戦前の様に大復活とまでは行かなかったが、割烹着は袖がある(エプロンは前掛けでしか無い)ということもあって、現在でも好まれて使われ続けられているものの一つとなっている。

尚、割烹着は、昭和初期から戦中には広く着られていたことから、昭和の臭いのするものというイメージが定着している。

英語では「Japanese-style Apron」、ドイツ語では「Coverall-Schürze」、フランス語では「Tablier Coverall」、イタリア語では「Grembiule di Coverall」、スペイン語では「Delantal de Coverall」、ポルトガル語では「Avental de Coverall」、中国語では「烹飪服」と言う。

定理」:既にそれが「真」であると証明された一般的命題のことを言う。特に数理学の世界で証明された命題が多く、それぞれについて「○○の定理」というように名称が付けられている。(数理学以外の世界にも当然存在する。が、数学と関係ないと思われる分野の定理も、それが真であると理論的に証明されている。)

数学や物理学の世界には多数の定理が存在しているが、三平方の定理(ピタゴラスの定理)などは誰でもが真っ先に名前が浮かぶ定理として知られている。(「ケー刑事」では「フェルマーの最終定理」という名前が後に出てきていますね。)尚、物理学では「○○の法則」と呼ばれている定理も多数ある。

英語では「Theorem」、ドイツ語では「Grundsatz」、フランス語では「Théorème」、イタリア語では「Teorema」、スペイン語では「Teorema」、ポルトガル語では「Teorema」、中国語では「定理」と言う。

根底」:「根柢」という表記もある。物事の土台になっている事柄、根元、根本、基礎中の基礎のことである。これらがあるからこそ、学術の世界が成立、発展していることになるものである。

例えば、注せ手までは地球は静止していて、太陽が地球の周りを回っているという天動説が当然と考えられていた時代に、地球が太陽の周りを回っているという地動説は異端な説として扱われることになったが、地動説が証明されると、それまでの天動説で理論体系づけられていた世界は全て崩壊し、地動説による新たな理論体系が構築されることになったが、この事例は物事の根底が変わったことを示すじれての代表的なこととして知られている。(それまでの常識は全て否定されてしまった。)

英語では「Root」、ドイツ語では「Wurzel」、フランス語では「Racine」、イタリア語では「Radice」、スペイン語、ポルトガル語では「Raiz」(但し、発音は異なる。)、中国語では「根底」と言う。

常識」:普通、一般的な人が持っている知識や思慮分別のことを言う。一般的な人ということは、普通に教育を受けた人のことであって、特に専門知識の有無は関係ない。

または、ある社会に於いて、その構成員であれば誰もが受け入れている意見や知識のことをいう。また、この意味では、社会の変化によって「常識」と捕らえられている知識の内容も変化していくことになる。→現代社会でも、国によって「常識」というものは異なっている。特に独裁体制の国家では、一般的な国の常識とは大きくかけ離れたことが常識になっていることがある。(特にどの国がそうだとは言わないが、言わなくても分かりますよね...)

尚、この考えは比較的新しいものであって、18世紀のイギリスの啓蒙学者のトマス・ペインの政治論で語られた言葉である。(アメリカ独立運動に多大な影響を与えることになった。)日本では明治中期の1890年に福沢諭吉が「人生の常情」という言葉を使って語ったのが最初である。以後、数年後に「常識」と言う言葉となって定着する言葉になった。

英語では「Common Sense」、ドイツ語では「Gesunder Menschenverstand」、フランス語では「Bon Sens」、イタリア語では「Senso Comune」、スペイン語では「Sentido Común」、ポルトガル語では「Bom Senso」、中国語では「常識」と言う。


ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)

ペニシリンはクシャミが生んだ大発見―医学おもしろ物語25話 (平凡社新書)

  • 作者: 百島 祐貴
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 新書
日々、きものに割烹着

日々、きものに割烹着

  • 作者: 猪谷 千香
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: 単行本
服飾考察”ニッポンの美”シリーズ[割烹着] [DVD]

服飾考察”ニッポンの美”シリーズ[割烹着] [DVD]

  • 出版社/メーカー: タカラ映像
  • メディア: DVD
きもの用割烹着

きもの用割烹着

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:
定理と法則101―ピタゴラス、フェルマー、アインシュタインから現代まで (大人の「科学」と「学習」)

定理と法則101―ピタゴラス、フェルマー、アインシュタインから現代まで (大人の「科学」と「学習」)

  • 作者: 白鳥 敬
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本
ピタゴラスの定理―4000年の歴史

ピタゴラスの定理―4000年の歴史

  • 作者: E. マオール
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/02/27
  • メディア: 単行本
価値と倫理を根底に置いたソーシャルワーク演習

価値と倫理を根底に置いたソーシャルワーク演習

  • 作者: 川村 隆彦
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本
図解 マナー以前の社会人常識 (講談社プラスアルファ文庫)

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 岩下 宣子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: 文庫
これだけは知っておきたい! 大人の「常識力」

これだけは知っておきたい! 大人の「常識力」

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
わかる!!わかる!!わかる!!一般常識〈2012年度版〉

わかる!!わかる!!わかる!!一般常識〈2012年度版〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 新書
今さら他人には聞けない大人の常識力630+α (光文社知恵の森文庫)

今さら他人には聞けない大人の常識力630+α (光文社知恵の森文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 文庫
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CHRIS REA『WHATEVER HAPPENED TO BENNY SANTINI ?』

表題のアルバムは1978年に発表された彼のデビュー・アルバムである。イギリス出身で、ハスキー・ボイスとスライドギターということで知られている彼であるが、不思議なことに、本国イギリスとアメリカとでは、レコード会社の力もあるとはいうものの、どちらか一方でのヒットしか記録していないという傾向が強い。本国イギリスでは、本アルバム以外は好調であったが、アメリカはその逆である。本作はそんな彼のデビュー・アルバムであって、数少ないアメリカでの方がチャート成績やセールスが良かったアルバムである。チャート成績の方は、アメリカではBillboardで最高位49位を記録し、ゴールドディスクを獲得しているが、本国イギリスではチャートインしていない。(次作からは、イギリスではチャートインするが、アメリカではチャートインしないということが続くことになります。)

収録曲は以下の全10曲である。『Whatever Happened To Benny Santini?』『The Closer You Get』『Because Of You...』『Dancing With Charlie』『Bows And Bangles』『Fool (If You Think It's Over)』『Three Angels』『Just One Of Those Days』『Standing In Your Doorway』『Fires Of Spring』。

この中からシングル・カットされたのは2曲である。1st.シングルの『Fool (If You Think It's Over)』は、本国イギリスとニュージーランドでは最高位30位、アメリカではBillboardで最高位12位を記録して1978年のBillboard年間シングル・チャートでは84位にランクインしている。また、2nd.シングルの『Whatever Happened To Benny Santini?』はアメリカのものチャートインであって、最高位71位を記録している。

お薦め曲はシングル曲の『Fool (If You Think It's Over)』と『Whatever Happened To Benny Santini?』、更に『Because Of You...』と『Just One Of Those Days』をピックアップしておく。

若さから来るエネルギッシュなロックンロール・ナンバーと、瑞々しく繊細なところがあって、そのバランスがまた魅力的である。また、ハスキーボイスが渋さを出していて、本作製作時は20代後半であったにも関わらず、大人の味(30代から40代と感じられるものである。)もたっぷりと出している。

彼の作品の中では、本アルバムは忘れられがちとなっているが、最も瑞々しさがあるのは何と言っても本作である。また、'80's中盤のA.O.R.としてのヒット曲以降の渋さとは曲がった独特のも力もあるだけに、忘れずにチェックしておきたいアルバムである。じっくりと聴きましょう!


WHATEVER HAPPENED TO BENNY SANTINI ?

WHATEVER HAPPENED TO BENNY SANTINI ?

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wea International
  • 発売日: 1989/05/17
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 09:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ケータイ刑事」と「007」の驚くべき類似点(その253)

今回のテーマは「流行のグッズ」です。(但し、「流行」というものは年代によって変わっているだけに、ここでは「同一の物」ということにはならず、あくまでもその当時に「流行している物」ということになります。)で、取り上げる物語は、「ケータイ刑事」からは「・1st.10話」と「・2nd.2話」の2本を、「007」からは「ドクター・ノオ」と「死ぬのは奴らだ」の2本です。

ケータイ刑事」:「・1st.10話」。「爆弾魔からの挑戦状 〜手錠は爆弾を結ぶ」という物語。この物語のパターンは「・15話」を発展させたものである。後に、更にこのパターンを発展させた物語もシリーズには登場している。

17歳で女子高生のちゃんは、流行に敏感で、トレンドハンターとして、流行している物に対してのチェックをいつもしていた。この物語では、柴田太郎さん宛てにプレゼントが届くが、ちゃんはその箱を見て、ホワイトデーのお返しで、自分へのプレゼントだと勝手に判断する。が、五代さんが、それは柴田さんに届いたものであって、と言うことを代わりに受け取って預かっていたことを告げた。すると、ちゃんは、その箱が綺麗な包み紙に包まれていて、リボンが付いていたことから興味を持った。そして、それは女性からのプレゼントだと判断した。すると五代さんがその箱を開けてしまった。

中から出てきたのはピンク色をした小箱に2つの手錠が繋がったものであって、五代さんはそれが何なのか、全く分からなかった。ちゃんはそれを見ると、現在女子高生の間で流行っている「開運手錠」というものだと説明した。(手に入れるのに3ヶ月待ちという人気商品で、手錠を掛けたその人の運を知ることが出来るというものと、ちゃんと説明までしてくれた。)

五代さんはそれに対してすっかり興味を失ってしまったが、ちゃんは逆に、流行のものということで「試してみましょう」と言って、すかさず手錠の1つを開き、自分の左腕にはめ、もう一方をの手錠を五代さんの右腕にはめてしまった。そしてスタートボタンを押した。(柴田さん不在で、勝手に使ってしまいました。)

しかし、それは本物の開運手錠ではなかった。占いの結果が出るのでは無く、2時間のカウントダウンが始まったのだった。そんな所に柴田さんがやってきて、荷物を受け取ろうとして尋ねた。しかし、直ぐに荷物が開封されたことを知った。(これで怒らないのが柴田さんの優しい處でもある。)そして、箱に同封されていたメッセージカードに気づき、差出人が「名無権兵衛」だと知る。また、ちゃんは箱の蓋に付いていたメッセージカードに気づき、それに目を通し、これが(時限)爆弾ということを知ったのだった。

ケータイ刑事」:「・2nd.2話」。「音で人を殺せるか? 〜売れっこ漫画家殺人事件」という物語。新パートナーの高村さんを迎えて、その2話目となった物語である。早くもちゃんと高村さんとの新・ケー刑事黄金コンビぶりが出ている物語である。

住宅街を散歩していた高村さんがトラブっている所に姿を現したちゃんは、近所に住んでいるという人気漫画「プリマをねらえ!」の作者の漫画家・胡桃割一郎にサインを貰おうということでやってきたのだった。人気漫画ということでちゃんはそれに填まっていたが、高村さんは「漫画に夢中になれるとは子供の特権だね」と言って、ちゃんを子供扱いするだけだった。これに対してちゃんは「(漫画は)大人だって読んでますよ」と反論したが、流行のものは何でも手を出すのが泪ちゃんである。また、流行のものを追いかけて、相棒に「知らないんですか〜?」と、ちょっと馬鹿にした言い方もちゃんらしいところであった。

今回はちゃんしか取り上げていないが、本家四姉妹は、ちゃん、ちゃん、ちゃんも同じようなところがありました。また、分家四姉妹は、自分が興味を持って入れことであれば本家四姉妹と同様であるが、興味の無いものであれば全く知らないということになっていた。

007」:「ドクター・ノオ」。1962年の記念すべきシリーズ第1作である。製作から50年という時間が流れたこと、また本作は低予算作品であったことで、流石に現在では、劇中に登場する車をはじめ、グッズの数々には時代を感じてしまうが、物語の面白さは色褪せてはいない。

ロンドンにあるボンドのアパートが登場する数少ない作品である。(ジャマイカに飛ぶ前に、一旦自宅に戻ってきているところで登場する。)高級アパートメントに住んでいるボンドであるが、なかなか豪華な暮らしをしている。アパートは高級アパートであって豪華な作りであるが、彼の部屋には、当時はまだ高級品であるテレビが設置されていた。(テレビ放送が始まったのは1950年代後半であって、まだそれほど時間が経っていない時期である。)流行の品となるのはもう少し後であるが、既に手に入れている所が、流行に敏感なボンドらしいところである。

また、当時流行していたのがヴィンテージ・カーであったが、ボンドはそのヴィンテージ・カーの写真を自室にいくつか飾っていた。写真を撮って、それを飾るということから、カメラに対しても並々ならぬ力の入れようであって、流行しているものには手を出すのがボンドということを語っているところである。

007」:「死ぬのは奴らだ」。1973年のシリーズ第8作であり、3代目ボンドのデビュー作である。3代目ボンドの作品も、40年近くが経過していて、劇中に登場しているグッズには時代を感じさせるようになっているが、「ドクター・ノオ」と同様に、物語の面白さの方は全く色褪せていない。

この物語も、ボンドの自宅(アパート)が登場する。早朝にもかかわらず、Mがマネーペニーを連れて、ボンドに緊急の任務ということを告げるためにやってきた。(前の任務の女性と、いつものパターンになっていたが、マネーペニーの好フォローで助けられている...)

ボンドのアパートは「ドクター・ノオ」の時とは変わっていて、近代的な('70'sの)最新設備を備えたアパートであった。キッチンは(当時の)最新式のシステム・キッチンであって、電化キッチン製品が備えられており、自宅でコーヒーをということで流行していたコーヒーミルとエスプレッソ・メーカーまで備え付けられていた。

嗜好品には不快拘りのあるボンドだけに、コーヒーに対しても自分で拘った入れ方をしていて、そのためには再審の装置を導入して、深い造詣と拘りを見せている。で、Mが尋ねてきたこの時にも、その拘った入れ方で入れたコーヒーをMに出していた。

尚、I・フレミングの原作小説では、ボンドのアパートには年配のスコットランド人で、名前はメイという家政婦がいるが、映画では「ドクター・ノオ」、「死ぬのは奴らだ」のいずれにも家政婦は登場していない。

共通点は、主人公のキャラクターとして、流行に敏感であること流行の物に関しては拘りを持っていることそれらには手を出していることである。また、その具体例である今回取り上げた物語では、その流行の物(「ケータイ刑事」では開運手錠、「007」ではコーヒー)について、その場にいた相手(「ケータイ刑事」では相棒の五代さん、「007」では上司のM)に対して語っている所である。

尚、主人公が流行に敏感であるというのは、キャラクターというだけでなく、話題となるものを取り入れることで作品時代への注目度を高めることにもなるだけに、ある意味では主人公というキャラクターならではという大人の事情があるのかも知れないですが...

一方、相違点としては、「ケータイ刑事」(ちゃん)は女子高生で小遣いが少ないこともあると思われるが、流行の物を全て手に入れると言うことまではしていない(漫画や本などは手に入れているが、開運手錠までは手に入れていない。)が、ボンドはさりげない形て流行の物を手に入れているということが違いとなる。

次回も今回と同様に「ある物(できごと)」をテーマにして記す予定です。何が登場するのかはお楽しみに。


ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
ドクター・ノオ [Blu-ray]

ドクター・ノオ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
ドクター・ノオ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

ドクター・ノオ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
死ぬのは奴らだ [Blu-ray]

死ぬのは奴らだ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
死ぬのは奴らだ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

死ぬのは奴らだ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

CAROUSEL(SOUNDTRACK)

表題の作品は19556年のアメリカ映画「回転木馬」である。ヒット・ミュージカルの映画化作品であって、舞台よりもメルヘンチックな所を強調して描かれた作品である。

作品データを記しておくと、時間は129分、原作はフェレンツ・モルナール、製作と監督はヘンリー・キング、脚本はベンジャミン・F・グレイザー、脚色はヘンリー・エフロンとフィービー・エフロンの2人、撮影はチャールズ・クラーク、音楽はリチャード・ロジャースとアルフレッド・ニューマンの2人である。そして出演は、ゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ、キャメロン・ミッチェル、スーザン・ラッキー、バーバラ・ターナー、クララメイ・ターナー、ロバート・ラウンズヴィル、ジーン・ロックハート、ジョン・デナー、たちである。

天国で星の番人をしているビリー・ゴードンは、ある日、下界で暮らしている彼の娘が不幸な境遇にいるということで、天国の規則に従って、1日だけ下界に降りることを許された。ということで、下界に戻って来たビリー。生前の彼は、身重の妻を残して死んでしまい、彼の死後に生まれた娘・ルイズが、父無し子としていじめられていたことを知る。ビリーが下界に降りてきた日は、丁度、ルイズが高校を卒業する日であって、ビリーはルイズの前に現れたが...

物語の方はメルヘン・チックなものであって、舞台では描きにくい所が映画ならではということで、上手く描かれている。ただ、物語としては、ミュージカル作品にありがちな良い感じの物語であって、刺戟が欲しいという場合には物足りなさを感じてしまうが、ファンタジックな作品と言うことでは上手くまとめられている。

また、ミュージカルであるだけに、劇中で歌われている音楽の方も色々と注目されるところであって、良い感じの曲が多く、雰囲気の良い曲に満ちている。ということで、映画と一緒に音楽の方も喜みたい作品である。

で、サントラ盤の方も曲数も多く、たっぷりと楽しむことが出来る。そして、ここにはファンタジックな作品の世界をよりいっそう表現している曲をはじめ、心地良さを与えてくれる曲がたっぷりと詰まっている。じっくりと堪能しましょう。

最後に、サントラ盤の収録曲を記しておく。収録曲は以下の全18曲である。『Introduction』『Main Title: The Carousel Waltz』『You're A Queer One, Julie Jordan』『When I Marry Mr. Snow』『If I Loved You』『June Is Bustin' Out All Over』『June Is Bustin' Out All Over Ballet』『Soliloquy』『Blow High, Blow Low』『When The Children Are Asleep』『A Real Nice Clambake』『Stonecutters Cut It On Stone』『What's The Use Of Wond'rin'』『You'll Never Walk Alone』『Ballet』『If I Loved You (Reprise)』『You'll Never Walk Alone (Finale)』『The Carousel Waltz (LP Version)』。


Carousel (1956 Film Soundtrack)

Carousel (1956 Film Soundtrack)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Angel Records
  • 発売日: 2001/03/13
  • メディア: CD

↓映画DVDはこちら

回転木馬 (製作50周年記念版) [DVD]

回転木馬 (製作50周年記念版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

回転木馬 [DVD]

回転木馬 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 18:00| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(サントラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。