おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2009年11月30日

「犬」(その6)

今回は、シリーズ最終年の1967年に製作された2本の中から、最終作の1つ前となるシリーズ第8作について記します。

シリーズ第8作早射ち犬」(1967年)
作品データを記しておくと、1967年の大映京都の作品で、時間は86分、監督は村野鉄太郎、脚本は藤本義一、撮影は上原明、美術は渡辺竹三郎、音楽は山内正である。そして出演は、田宮二郎、天知茂、小沢昭一、江波杏子、坂本スミ子、成田三樹夫、藤岡琢也、財津一郎、嘉手納清美、橘喜久子、伊達三郎、橋本力、夏木章、仲村隆、北城寿太郎、小山内淳、藤井竜史、山根圭一郎、たちである。

気ままな暮らしをしていた鴨井大介は、ギター片手に流しの歌手として暮らすようになっていて、その美声は界隈では評判となっていたが、華やかな歌手となることを嫌い、ボロアパートでの暮しに満足していた。そんなある日、大阪で三千数百万円の現金が強奪されるという事件が起った。また、底には白井という男の焼死体があり、同じアパートに住む五郎が、その事件の容疑者として浮かび、五郎は全国に指名手配されてしまった。東京でそれを知った大介は、顔馴染みの刑事・木村と協力して事件を究明することに乗り出した。まもなく、クラブ「ハバナ」が麻薬と関係がありそうだと知った大介は、「ハバナ」に潜入して調査をする。そして、「ハバナ」と新興宗教・天心精霊会の関係が麻薬で結ばれていることを突き止めた。一方、五郎は出産間近の妻がいて、逃げ回っていることを知る。五郎は、焼死体で発見されたのは白井ではなく、天心であり、白井は天心に化けていて生きていること、そして自分は白井に身替りの犯人にされそうになって逃げていた。全ての事実を知った大介は立ち上がり、精霊会に乗り込む。そして白井たちとの戦いになる。大介の拳銃の腕前の前に白井たちは敵ではなく、一味は全て倒された。事件の全てが明るみに出て、五郎の容疑は晴れ、身重の妻は無事に赤ちゃんを出産した。

これまでの作品と比べて違うのは、大介の身に降りかかった火の粉を払うために動くのではなく、親しくしている隣人に対する容疑に立ち向かって行くという所である。そのため、「大介がいい人」という印象になってしまい、「鴨井大介」というキャラクタの魅力が半減してしまったのが残念なところであった。一応、見事な曲撃ちが登場して、事件の黒幕をあぶり出し、それをやっつけるというお馴染みの展開はあるものの、スケールが小さくなってしまったという印象だけが残った作品でした。→シリーズも終焉が近い、と感じさせる内容だった、と言うことが出来る。(が、本作は人気が落ちて終演したのではなく、田宮二郎が大映を退社したことによるシリーズ終了だったのですけどね...)

↓DVDではなくてビデオです。

早射ち犬 [VHS]

  • 出版社/メーカー: 大映
  • メディア: VHS

posted by MEICHIKU at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形泪4話[裏ネタ編]PART 8

銭形泪」第4話「舞台の上で死ねれば本望だ! 〜劇団ちからわざ俳優殺人事件」の裏ネタ編・増補の第3回目(この物語についての通算では8回目となる)となる裏ネタ編は、この物語についての打ち止めとなります。今回はこの物語での舞台劇がこれだったことから「学園ドラマ」についてと、そこに出てきた小物から「教卓」について、「黒板」について、「バケツ」について、そしてちゃんはこれが起こったと思った口にした「漏電」について記します。

この物語について過去に記した記事については「ここをクリック」してご覧下さい。(この物語についての「裏ネタ編」は、2008/7/29,31,8/5,7,9付けで記しています。)

学園ドラマ」:物語の舞台を学校としたドラマのことである。また、学校全体やクラスなどを中心としたもの、ある一人の教師を中心としたもの、ある一人の生徒を中心にしたものに分類出来る。この物語の舞台劇はあるクラスを中心としたものであったが、佐藤二朗さんの校長先生が中心だったとも言える内容でしたね...

当然、小学校、中学校、高等学校、大学のそれぞれが舞台となる作品があり、それぞれに於いて名作と呼ばれる作品が生まれている。また、それ以外の学校としては、幼稚園や保育園、予備校や塾、専門学校、職業訓練学校(警察学校や消防学校など)を舞台とした作品もある。

ちなみに、「ケータイ刑事」は主役が女子高生であるが、学校が舞台になる物語は無く、「学園ドラマ」ではない。(何本かは学校が事件の舞台となった物語もあるが、それらも「学園ドラマ」とは言うことは出来ない。)

教卓」:英語では「Teacher's Desk」、学校の各教室に設置されているものであり、教師が使用する机のことである。(教師が事務処理などを行うのに使う職員室にある教師用の机のことは含まない。)高さは1m前後であり、立っている教師が使いやすい高さに設計されている。また、天板の大きさは、幅は70cm〜1m程度で奥行きは45cm〜50cm程度というものが一般的である。

教室にあるため、小学校のように(一部の例外はあるものの)全教科を担任教師が教える場合を除いて、複数の教師が使用することになるため、共用設備ということになる。また、授業の際に教師が教科書や教材を置くのに使われるが、引きだしは無く、天板とその下に一段の棚が設けられている程度である。

また、学校の教室ではなく、体育館や講堂の舞台上に、講演会や演説会が行われる場合などにも使用される。これも「教卓」と呼ばれるが、学校の教室で使用されるものと比べると、見た目もしっかりしたものになっていて、木製のしっかりしたものが多い。また、こちらの教卓には、舞台上に設置されて使用されるのが一般的であるため、その際に使用されるマイクなどの備品を収納する引きだしが付いているものが多い。最近では、講演の際にパソコンを使って資料を見せることが一般的になっていることもあって、電気コンセントやパソコン接続用の端子などを備えたものもある。

黒板」:白墨(チョーク)を使って文字や絵を書くこと/消すことが出来る板である。学校や企業の事務所などで広く使用されるものである。英語では「Blackboard」と言う。

板に油煙済や漆などの塗料が塗布されているため、黒または緑色をしている。(現在では緑色と言うのが一般的である。→それでも「緑板」でなく「黒板」と言う。英語の「Blackboard」の直訳した言葉が定着したためでもある。)

チョークで文字を書き、消すのは黒板消し(「黒板拭き」と言う場合もある。)を使う。原理は、雑巾のように黒板上に記されたチョーク(の粉)を拭き取る。そのため、使用した黒板消しにはチョークの粉が付き、叩いたらそれが飛び散ることになる。(汚れた黒板消しを外で叩いてチョークの粉を落として綺麗にする、ということが一般的に行われるが、掃除機の同じ原理で、クリーナーでチョークの粉を拭き取るクリーナーがある。)で、黒板消しは学校の悪戯の一つとして、古くからある。(教室の扉(→一般的に引き戸ですね。)に挟んでおき、扉を開けた人の頭に落ちるように仕掛けるというもの。)

チョークは粉が残り、また手にもそれが付いて汚れるため、近年では水性ペンを使ったホワイトボードと呼ばれるものに取って代わられるようになっている。(特に企業の事務所ではホワイトボードの方が主流である。)
近年では「電子黒板」と呼ばれるものが登場しているが、これは「ホワイトボード」をより使いやすくしたものであり、正確には「黒板」を電子化したものではない。(ホワイトボードを電子化したもの、と言った方が正しい。)しかし、「電子黒板」が登場した当初は、ホワイトボードもあったものの、一般的には浸透していなかったこともあって、「電子黒板」と呼ばれている。

電子黒板は、盤面上に書いた文字や絵プリントアウトすることが出来るものである。(要するに、移動可能なシートの上に文字や絵を書き、それをスキャニングして、ファックスの原理で紙に印刷する。)近年ではコンピューターと接続して使用するものも登場している。

バケツ」:(主に)液体の運搬に使用される取っ手の付いた容器のことである。蓋の付いたものと付いていないものの両者があり、円筒形のものが一般的である。(正確には寸胴ではなく、円錐の一部分を切り取った形というのが正しいですが...)木製や金属製のものがあるが、現在では合成樹脂を使ったものが一般的になっている。

「バケツ」と言う言葉は、元々は英語の「Bucket」であり、鉱石や土砂の運搬に使用されている容器を指す言葉が訛ったものである。そのため「バケツ」以外の名称として「バケット」と言うことも(一部には)ある。

用途は液体の運搬(拭き掃除をする際の水を溜めておくというのは誰もがやっていますね。)に使用したり、家庭ゴミ(主に生ゴミなど)を一時的に保管しておく容器として使用される。また、液体でなくても粉末や小物の運搬、更には土や砂の運搬にも使用されることもある。更に、花瓶の大きなものと見なして、生花の一時的な保存用の容器として使用されることもある。

液体の運搬ということでは、火事の際に行われる「バケツリレー」が知られている。(最近では、バケツで水を運搬しなくても、大人数が列を作り、そこで物資の運搬をリレーすること自体を「バケツリレー」と言う様になっている。)これは、人が水の入ったバケツを移動して運ぶよりも効率が良いということで行われるものである。しかし、バケツリレーを行うにはちょっとしたコツ(水位、リレーの列、受渡しの際にバケツを持つ位置などは効率に直結する。)があり、それから外れると効率が悪くなる。(ちなみに「バケツリレー」と言う言葉は和製英語である。)

現在、一般的に販売されているバケツの容量は、せいぜい15リットル程度まで(大抵は10リットル以下である。)である。これは、容量が大きくなると大量の液体が入るが、それだけ重くなってしまい、運搬しにくくなるためである。尚、家庭ゴミの一時保管として使用される「ポリバケツ」と呼ばれるものがあるが、これは「バケツ」を大きくしたものである。但し、運搬するためというよりも一時保管用の容器という方が強くなっている。ポリバケツでは容量が50リットル〜90リットル程度のものが一般的となっている。

漏電」:文字通り、電気が漏れることである。電気自身は目で見ることが出来ないものであるため、「漏れる」と言っても、電気回路から外れて電流が流れる現象のことである。電気配線の絶縁が破けたり、絶縁されている導体間が何かによって接続されることで閉回路が作られ、予期していない所に電流が流れることである。

漏電が起こると、損失電力の増加になり、更にこれが感電の原因になったり、過熱して火災の原因になる場合もある。(火災に至らなくても、熱によって絶縁体が解けることがある。→更なる「漏電」となったり、ショートを起こす原因となる。)

漏電の原因となるのは、長期使用による絶縁体の経年変化によるものもあるため、定期的に点検は必要である。また、時々耳にすることがある動物(鼠など)がケーブルをかじったことが原因となる事故も、定期点検で早期発見が可能になり、事故防止に繋がる。

また「トラッキング現象」と呼ばれるものは、長年の使用で埃が溜まり、それが電気回路を作り、電流が(アース電位に)流れることである。これは過程でも起こることであるが、定期的に電気機器やコンセントを掃除していれば防ぐことが出来る。(→特にコンセント回りは、埃が蓄積しているのを忘れがちになってしまうだけに、1年に1回ぐらいは掃除をしましょう。)

尚、英語では「Leak」と言う。→秘密情報が漏れることを「情報がリークした」と言うが、その「リーク(Leak)」である。


ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
↓いくつか

















木製 黒板 大 900x600mm ブラック WCF-9060D

木製 黒板 大 900x600mm ブラック WCF-9060D

  • 出版社/メーカー: ナカバヤシ
  • メディア: ホーム&キッチン


黒板イレーザースポンジ・プラ台 CR-ER80-BL

黒板イレーザースポンジ・プラ台 CR-ER80-BL

  • 出版社/メーカー: クラウングループ
  • メディア: オフィス用品

トンボ ニューセレクトバケツ BL B15

トンボ ニューセレクトバケツ BL B15

  • 出版社/メーカー: 新輝
  • メディア: ホーム&キッチン


かしこいバケツ 17L ナパオレンジ

かしこいバケツ 17L ナパオレンジ

  • 出版社/メーカー: イノマタ
  • メディア: ホーム&キッチン


リッチェル広口バケツ 9型 容量/8.8L 口径303×H207mm(RC:1000066494)

リッチェル広口バケツ 9型 容量/8.8L 口径303×H207mm(RC:1000066494)

  • 出版社/メーカー: リッチェル
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


8l  防火用バケツ[2個組] Ea999ld−1

8l  防火用バケツ[2個組] Ea999ld−1

  • 出版社/メーカー: エスコ
  • メディア: その他


Sunny Daysお洗たくバケツ

Sunny Daysお洗たくバケツ

  • 出版社/メーカー: 地球洗い隊
  • メディア:


ウォッシュマジック(バケツ付)

ウォッシュマジック(バケツ付)

  • 出版社/メーカー: ホームクオリティ
  • メディア: ホーム&キッチン

漏電保護 ビリビリガード(標準型) GR-XB1515

漏電保護 ビリビリガード(標準型) GR-XB1515

  • 出版社/メーカー: テンパール工業
  • メディア:


漏電しゃ断器の基礎と実務知識 (1974年)

  • 作者: 竹谷 是幸
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 1974
  • メディア: −


漏電しゃ断器ガイドブック (1980年)

  • 作者: 電気書院
  • 出版社/メーカー: 電気書院
  • 発売日: 1980/02
  • メディア: −
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形泪37話(2nd.24話・アナザーストーリー2話)[裏ネタ編]PART 7

今週は「名曲探偵アマデウス」が新作ではないので、ピンチヒッター・ちゃんです。尚、来週の「名曲探偵アマデウス」は、やはり15分繰り下がって20:15からで、ファイルNo.051のフォーク「レクイエム」、12/13はファイルNo.052の武満徹「ノヴェンバー・ステップス」、12/20は年内最後となるファイルNo.053・パガニーニ「24の奇想曲」と続きます。

7回目となる「銭形泪・2nd.24話」(通算では37話)の「第三帝国からの挑戦状 〜アドルフ・ヒトラーを迎撃せよ!」の「裏ネタ編」ですが、今回はちゃんが口にした「インディ・ジョーンズ」についてと「聖杯」について、柴田さんが口にした「クローン人間」について、最初の殺人事件から「貫通」についてと「薬莢」について記します。

尚、約3年2ヶ月前のBS-i(当時)での再放送時に記した本編について記した記事(「改訂版」となります。)の前半は「ここをクリック」、後半は「ここをクリック」してご覧下さい。

インディ・ジョーンズ」:考古学者のインディアナ・ジョーンズを主人公とした映画、ドラマ、とょ右折のシリーズのことである。ジョージ・ルーカスとスティーヴン・スピルバーグが原案を作、現在まで4作製作された映画「インディ・ジョーンズ」シリーズが最も有名であるが、TVの連続ドラマとしてインディの若かりし日々を描いたドラマシリーズ、更にはその小説が発表されている。

インディアナ・ジョーンズ(INDIANA JONES)は考古学者であり、冒険家という設定であり、1899/7/1に、アメリカ・ニュージャージー州プリンストンで、スコットランド出身の中世文学研究者ヘンリー・ジョーンズの長男として生まれる。本名はヘンリー・ウォルトン・ジョーンズ・ジュニアである。父からは「ジュニア」と呼ばれていたが、この呼び方が気に入らず、飼っていた犬の名前である「インディアナ(Indiana)」、またはその略称である「インディ(Indy)」を名乗るようになった。少年時代には、父が世界各地の大学で講演するのに同行し、世界各地を訪れている。この時に考古学の手ほどきを受けている。13歳の時、ボーイスカウトで訪れたユタ州の岩山で、コロナードの十字架を盗掘していた一味と対決することになり、この時に盗掘団のリーダーに度胸を認められ、フェドーラ帽を与えられ、この帽子が彼のトレードマークになる。また、この一連の争奪戦の時に、サーカス列車の中で、多数の蛇の飼育層に落ちて蛇嫌いになり、ライオンを仕込むのに鞭を使っていて、これは後々まで引きずっている。(この部分は、映画第3作で描かれている。)

若かりし日々を描いたドラマシリーズでは、この後の学生時代の冒険物語が描かれていて、第一次大戦に参加している。が、最前線で戦うことに虚しさを感じ、フランス軍の諜報機関に転属して、世界各地で諜報活動を行った。また、戦後、人類学者・ブロニスワフ・マリノフスキー博士と出会って考古学者になる決意をし、アメリカに帰国してシカゴ大学に進学、更にソルボンヌ大学の大学院に進学して、色々と学んだ。そしてプリンストン大学の教授となり、教鞭をとりながら世界各地を冒険するようになる。(時間軸では、映画第2作、第1作、第3作の順になる。)

第二次大戦ではOSSに在籍、再び諜報活動に従事する。終戦後は大学教授に戻るも、ロズウェル事件に関わっている。(映画第4作)

4本製作されている映画は、1981年の「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」、1984年の「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」、1989年の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、2008年の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」があり、いずれもハリソン・フォードがインディを演じている。

「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」は、神秘的な力を宿していると言う十戒の破片を納めた聖櫃を巡り、ナチスと対決する物語である。この作品が大ヒットしたことで、シリーズ化されることになった。かつての連続活劇の要素を取り入れた冒険アクションの連続という娯楽作品である。

作品データを記しておくと、1981年、115分の作品で、原題は「RAIDERS OF THE LOST ARK」。原案はジョージ・ルーカスとフィリップ・カウフマン、監督はスティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカスとハワード・カザンジャン、脚本はローレンス・カスダン、撮影はダグラス・スローカム、特撮はILM、音楽はジョン・ウィリアムス、出演は、ハリソン・フォード、カレン・アレン、ウォルフ・カーラー、ポール・フリーマン、ロナルド・レイシー、ジョン・リス・デイヴィス、デンホルム・エリオット、アルフレッド・モリナ、アンソニー・ヒギンズ、たちである。

「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」は、第1作よりも1年前の物語で、チベットからインドの山奥に入ったインディが、伝説の秘宝・サンカラ・ストーンを探し求めるている邪教集団と対決臑物語である。連続活劇がスケールアップして「ジェットコースター・ムービー」と言う言葉が生まれた作品でもある。

作品データを記しておくと、1984年、118分の作品で、原題は「INDIANA JONES AND THE TEMPLE OF DOOM」、原案はジョージ・ルーカス、監督はスティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカスとフランク・マーシャル、脚本はウィラード・ハイクとグロリア・カッツ、撮影はダグラス・スローカム、特撮はILM、音楽はジョン・ウィリアムス、出演は、ハリソン・フォー、ケイト・キャプショー、キー・ホイ・クァン、ロイ・チャオ、アムリッシュ・プリ、フィリップ・ストーン、ロシャン・セス、リック・ヤン、デヴィッド・ヴィップ、チュア・カー・ジョー、フィリップ・タン、ダン・エイクロイド、たちである。

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」は、インディの少年時代も描かれ、父・ヘンリーも登場するということになった作品であり、ナチスとの間で聖杯を巡る争いということで、今回の「銭形泪」のネタとしては多くのものがこの作品から引っ張られている。

作品データを記しておくと、1989年、127分の作品で、原題は「INDIANA JONES AND THE LAST CRUSADE」。原案はジョージ・ルーカスとメノ・メイエス、監督はスティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカスとフランク・マーシャル、脚本はジェフリー・ボーム、撮影はダグラス・スローカム、特撮はILM、音楽はジョン・ウィリアムス、出演は、ハリソン・フォード、ショーン・コネリー、デンホルム・エリオット、アリソン・ドゥーディ、ジョン・リス・デイヴィス、ジュリアン・グローヴァー、リヴァー・フェニックス、マイケル・バーン、ケヴォルク・マリキャン、たちである。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」は19年ぶりとなるシリーズ第4作であり、物語の時代設定も第二次大戦後の東西冷戦下となっている。インディの息子が登場したり、宇宙人が登場するというように、これまでのシリーズでは考えられない要素が入ったことで、期待を裏切られたという声が多かった。(「インディ・ジョーンズ」というよりも「Xファイル」のような雰囲気で...)

作品データを記しておくと、2008年、124分の作品で、原題は「INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL」。原案はジョージ・ルーカスとジェフ・ナサンソン、監督はスティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカスとキャスリーン・ケネディ、脚本はデヴィッド・コープ、撮影はヤヌス・カミンスキー、音楽はジョン・ウィリアムス、出演は、ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、イゴール・ジジキン、アラン・デイル、たちである。

テレビシリーズは「『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険」というタイトルの作品で、放送されたエピソードは22本ある。(これに映画の4本がエピソード23〜26として加わって、「インディ・ジョーンズ」シリーズが完成する。但し、映画第2作がエピソード23で、映画第1作がエピソード24となっている。→時系列順に並べているためである。)

1992年〜1993年に製作され、1〜5はインディが10歳頃、(演じたのはコーリー・キャリアー)、6〜22はインディが17歳頃(演じたのはショーン・パトリック・フラナリー)の物語である。

聖杯」:いくつかの意味があり、一般的に知られているのは、キリスト教の儀式で用いる祭具の一つであり、聖餐に用いられる杯のことを指している。ラテン語では「Calix」、英語では「Chalice」と言い、日本語では「カリス」とも呼ばれる。儀式では葡萄酒を入れる。

また、キリスト教では、聖遺物の一つとされていて、キリストの最後の晩餐の時に使われたとされる杯のことでもある。これは英語では「Holy Chalice」と言う。

そして、映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」に登場したものであり、ちゃんが言葉として発したものは、所謂「聖杯伝説」として語られているものであり、十字架に架けられたキリストの身体から流れた血を受け止めたとされるものであり、中世の西ヨーロッパにはこれにまつわるいくつかの伝説がある。(「聖杯伝説」)これはフランス語では「Graal」、英語では「Holy Grail」と呼び、日本語でも「聖杯」と呼ばれているが、伝説であって、本当に杯であるのかは定かではない。また、複数の伝説があり、それらが同一物とは思えない節もある。

尚、「聖杯伝説」については、アーサー王の伝説が有名であり、これについて記された書物もいくつかあるので、興味があれば読んでみるのがよろしいかと...

クローン人間」:「クローン」とは、同一の起源を持ち、かつ、均一な遺伝情報を持つ核酸、細胞、個体の集団のことである。1個の細胞(または1個の固体)から無性生殖によって増殖した生物であるため、元になったものと同一という特性を有している。英語では「Clone」と言う。

古くからあるものとしては、植物の「挿し木」がこれに該当する。(農業の発展にも寄与している。)

近年では、遺伝子工学の発展により、遺伝子クローンが作り出されている。また、動物も実際に生み出されている。古い所では1891年にドリーシュがウニ卵の分割によって正常なウニ幼生を発生させていて、これが人工的に作られた動物固体のクローンとされている。その後、研究が進み、1952年にヒョウガエルの初期胚の細胞や核を不活化した未受精卵に移植することで作り出されたものが世界初のクローン動物となった、その後、研究対象が哺乳類になって、カエルと同様の方法で1981年に羊のクローンが誕生している。(但し、これらは動物細胞のクローンであって、実際の動物固体ではない。)

動物の体細胞を持ったクローンは、1962年にアフリカツメガエルのオタマジャクシから核を移植することで作り出されたのが最初である。そして1996年7月に、有名な羊のドリーというクローン羊が作り出されている。(ドリーは2003/2/14に死亡している。現在は剥製されて、エディンバラの王立博物館に陳列されている。)

現在では、クローンが作成された動物としては、ヒツジ、ウマ、ヤギ、ウサギ、ブタ、ネコ、ラット、イヌなどがある。

「クローン人間」となると、人間のクローンということになるが、現時点ではこれに成功下という報告は無い。但し、既に成功しているが、それが公にされていない、とも考えられている。また、積極的には研究されておらず、倫理的な問題から、ヒトクローンは禁止するということがほぼ合意されつつある。というのは、他の動物のクローンから分かったこととして、ほぼ全ての動物のクローンには、何らかの欠陥(エラー)が報告されているため、人間に適用するには倫理的に問題がある、とされている。そのため、既に法律でクローン人間を生み出すことを禁止している国もある。(イギリス、フランス、ドイツ、日本などでは既に法律が施行されている。)

また、倫理以前に技術的な問題(欠陥)があるとされている。クローンには何らかの欠陥があるため、現時点では通常のその動物固体よりも寿命が短いのではないかと言われている。

現実世界ではクローン人間は法的に禁止された国もあるが、禁止されていない国もある。また、技術的な問題と倫理的な問題があって、完成したという報告は現時点では全く無いが、空想の世界(映画や小説などの世界)では既に一般的なものになっていて、クローン人間が登場する作品は既に多数ある。(「スター・ウォーズ」のクローン兵はクローン人間であり、共和国側が兵士として生み出したものである。)

クローン人間というと、同じ顔をしているというイメージがあり、実際、「スター・ウォーズ」に登場するクローン兵は同じ顔である。(髪型までは同一ではない。)また、同じ顔になるということから、「独裁者がクローンで自分の影武者を作る」「クローン人間同士による殺人ゲームをギャンブルとする」というアイデアを映画化した作品もある。→これらを認めると、クローン人間は人間と違って人権を認めないことになり、奴隷と同じになってしまうため、現実世界ではこれを防ぐためにもヒトクローンは全面禁止されるべき、という考えが主流になっている。

まあ、空想世界の話として、SFの世界に登場するもの、という認識でよろしいかと...

貫通」:突き通すこと、または突き通ることである。身の回りにあるものでは、「トンネルが貫通した」「ピアス用の穴が貫通した」などと言うことがある。また、この物語では被害者の身体から銃弾が発見されなかったために「銃弾が貫通した」と考えられたが、銃社会のアメリカでは、比較的耳にすることの多い使い方でもある。(但し、「銃弾が貫通した」ということは、この傷が致命傷となって死亡する場合もあるが、その部位にもよるが、銃弾が体内に残らなかったことから命が助かった、ということもあり得る。)

鉄道車両では、複数の車両が連結されているが、車両と車両との間を貫く通路のことを「貫通通路」と言い、そこにある扉を「貫通扉」と言う。特に先頭車両の場合には、先頭車両同士を連結することもあるが、先頭車両には運転台があるため、貫通通路が設けられない場合がある(新幹線の車両はこの代表例である。)が、一部のJR特急車両や一部の鉄道会社の車両では、先頭車両同士が連結された場合でも貫通通路が確保されている車両もある。(貫通扉が設けられている先頭車両を「貫通型」、貫通扉が設けられていない先頭車両を「非貫通型」と言う。但し、貫通型であっても、運転台には立入出来ないようにする扉の工夫がされている。)

英語では「Penetration」または「Perforation」と言うが、「Go through」と言う言葉も使われることがある。ちなみに「胸に貫通銃創を受ける」ことを「Be shot through the chest」と言う。

薬莢」:英語では「Cartridge Case」または「Shell」と言う。銃砲で弾丸を発射するための発射薬(一般には火薬が使われる)を詰めるための容器のことである。材質は真鍮、軟鋼などの金属というものが一般的であるが、猟銃用の薬莢では、プラスチック製や紙製というものも一部にある。(軍や警察が使用する銃砲の薬莢は金属製である。)

薬莢の役割は、これを用いることで、銃に弾頭と火薬を迅速に装填することが可能になるということと、発射薬を水分から保護する(高湿や乾燥の両方から守ることになる。)こと、更に、発射時に銃砲尾から火薬ガスが発生して漏れないように、銃砲尾を塞ぐ役割がある。

尚、薬莢の開発の時に、偶然に発見された金属が「ジュラルミン」(アルミニウムと銅、マグネシウムなどの合金である。)であるということは有名な話である。(軽い薬莢を開発する際、アルミニウム製の薬莢が開発されたが、アルミは強度が高くないので、より強度のある金属材料の開発が行われていた。この時、軽いアルミに銅を混ぜたらよいのでは、という発想から生まれた。但し、薬莢としては失敗したが、この時生まれたジュラルミンは軽量で強度の高い金属として幅広く利用されていくことになった。→このように、当初の開発目的とは違う所で多く使われることになった発明品って、意外と多くあります。)


ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

インディ・ジョーンズ コンプリート・コレクション [DVD]

インディ・ジョーンズ コンプリート・コレクション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 [Blu-ray]

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray
↓リージョンコード「1」ですが...

The Adventures Of Young Indiana Jones Vol.1 [DVD] [Import]

The Adventures Of Young Indiana Jones Vol.1 [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Paramount
  • メディア: DVD


インディ・ジョーンズアルティメット・ガイド (LUCAS BOOKS)

インディ・ジョーンズアルティメット・ガイド (LUCAS BOOKS)

  • 作者: ジェームズ ルシーノ
  • 出版社/メーカー: エフエックス
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 大型本


インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 (ハヤカワ文庫NV)

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: ジェイムズ・カーン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/04/09
  • メディア: 文庫


ヤング・インディ・ジョーンズ(全8巻)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本

アーサー王と聖杯の物語―サトクリフ・オリジナル〈2〉 (サトクリフ・オリジナル (2))

アーサー王と聖杯の物語―サトクリフ・オリジナル〈2〉 (サトクリフ・オリジナル (2))

  • 作者: ローズマリ サトクリフ
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本


レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説 (叢書ラウルス)

レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説 (叢書ラウルス)

  • 作者: マイケル ベイジェント
  • 出版社/メーカー: 柏書房
  • 発売日: 1997/07
  • メディア: 単行本


聖杯の探求―キリストと神霊世界

聖杯の探求―キリストと神霊世界

  • 作者: ルドルフ シュタイナー
  • 出版社/メーカー: イザラ書房
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本


知られざる聖杯伝説―死海文書と聖杯の謎 (開かれた封印 古代世界の謎)

知られざる聖杯伝説―死海文書と聖杯の謎 (開かれた封印 古代世界の謎)

  • 作者: クリストファー ナイト
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: 単行本


クローン人間 (光文社新書)

クローン人間 (光文社新書)

  • 作者: 粥川 準二
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 新書


生命科学の冒険―生殖・クローン・遺伝子・脳 (ちくまプリマー新書)

生命科学の冒険―生殖・クローン・遺伝子・脳 (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 青野 由利
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 新書


クローン、是か非か

クローン、是か非か

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 産業図書
  • 発売日: 1999/08
  • メディア: 単行本


人クローン技術は許されるか

人クローン技術は許されるか

  • 作者: 御輿 久美子
  • 出版社/メーカー: 緑風出版
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本


マイクロエース クモハ123-2・3 前面非貫通 2両セット A3680 【鉄道模型・Nゲージ】

マイクロエース クモハ123-2・3 前面非貫通 2両セット A3680 【鉄道模型・Nゲージ】

  • 出版社/メーカー: マイクロエース
  • メディア: おもちゃ&ホビー


ドイツ軍弾丸ネックレス ペンダント ミリタリー

ドイツ軍弾丸ネックレス ペンダント ミリタリー

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ


スカイ・クロラ 押井守モデル 薬莢(やっきょう)型ドアチャイム

スカイ・クロラ 押井守モデル 薬莢(やっきょう)型ドアチャイム

  • 出版社/メーカー: プロモーショナル・パートナーズ・ワールドワイド
  • メディア: おもちゃ&ホビー


 

1/35 12.7mm弾(Cal.50)空薬莢(10発入)

  • 出版社/メーカー: アドラーズネスト
  • メディア: おもちゃ&ホビー


各種薬きょう記号集 (1965年) (科警研資料〈第34号〉)

  • 作者: 警察庁科学警察研究所
  • 出版社/メーカー: 警察庁科学警察研究所
  • 発売日: 1965
  • メディア: −
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

「NATIONAL LAMPOON'S CHRISTMAS VACATION」

表題の作品は1989年の映画「ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション」である。あの「ナショナル・ランプーン」シリーズの第三弾であり、あのグリズワルド家のバケーションが三度登場ということになった作品である。が、本作は前作までのように旅に出るのではなく、楽しいクリスマスを迎えようというお話である。(当然、これまでと同様にドタバタ・コメディとして展開されていく。→アメリカでは最大のかき入れ時であるクリスマスを如何にして楽しむか、ということで、家族全員で楽しめる作品となるが、日本では今一つなのが残念な所でもある。)

作品データを記しておくと、時間は95分、監督はジェレマイア・チェチック、脚本はジョン・ヒューズ、撮影はトーマス・アッカーマン、音楽はアンジェロ・バダラメンティである。そして出演は、チェヴィー・チェイス、ビヴァリー・ダンジェロ、ランディ・クエイド、ダイアン・ラッド、ジョン・ランドルフ、E・G・マーシャル、ドリス・ロバーツ、ジュリア・ルイス・ドレイファス、メエ・クエステル、ウィリアム・ヒッキー、ブライアン・ドイル・マーレイ、ジュリエット・ルイス、ジョニー・ガレッキ、ニコラス・ゲスト、ミリアム・フリン、たちである。

グリズワルド家の長・クラークは、古き良きアメリカのクリスマスを再現することを決意した。ということで、妻・エレンと息子・ラスティ、娘・オードリーの一家でクリスマスツリーとなる大きな樅木を切り出しに行き、家に持ち帰った。理想的なクリスマスを迎えるために、自分と妻の両親、更には従兄弟も招くことにしたが、両親とは今年の新年に喧嘩していたことを思い出し、ケチがつき始める。が、兎に角、クリスマスの飾り付けを行うことに集中する。ドタバタが繰り広げられていき、何とかして飾り付けが終わるも、クリスマス・ボーナスがまだ届かいていないことから、クラークは社長を誘拐し、クリスマス・ボーナスを支給して貰うように要求する。何だかんだで、ラストは、一家揃っての楽しい楽しいクリスマスを迎えることが出来た...

兎に角、アメリカではクリスマスというと1年の中での最大の楽しみである。それを「理想のクリスマス」を迎えようと考えるのも分かりやすい発想である。そんな中で悪戦苦闘する姿は身近な笑いでもあるだけに、大人から子どもまでがたっぷりと楽しむことが出来る。旅をするロードムービーではないが、「ナショナル・ランプーン」シリーズの楽しい所がたっぷりと出ているだけに、家族みんなで見たい作品の一つである。が、日本ではDVD化されていないという扱いなのが残念です。


↓ビデオです。
ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケ [VHS]
  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: VHS
↓こちらは輸入版なので、日本語字幕はありません。

National Lampoon's Christmas Vacation [VHS] [Import]

National Lampoon's Christmas Vacation [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Warner Home Video
  • メディア: VHS
posted by MEICHIKU at 18:10| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下川みくに『Reprise 〜下川みくにアニソンベスト』

2007年にリリースされた2枚組のベスト盤であるが、基本的にはカヴァー曲が中心なので、「ベスト盤」らしいと言うことが出来るベスト盤である。収録曲は全22曲で、トータルでは約100分ということなので、たっぷりと聴くことが出来るのだが、1枚あたりにすると約50分×2ということで、ベスト盤としては中途半端なイメージもするベスト盤でもある。→1枚ものにして80分弱にすると、CDの能力を活用したものということになるが、2枚にしたということで、1枚もののベスト盤が持っているDISCを変える必要がないということが失われ、収録時間も通常アルバムと大差がないので、形ばかりのベスト盤に成り下がっているのが残念な所である。

まあ、アニソン王国のコロムビアではないということもあるのでしょうね...

収録曲は、各DISCに11曲ずつであり、DISC 1の収録曲は以下の通りである。『水の星へ愛をこめて』『魂のルフラン』『悲しみよこんにちは』『願い事ひとつだけ』『想い出がいっぱい』『残酷な天使のテーゼ』『輪舞-revolution-』『ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜』『愛・おぼえていますか』『KUJIKENAIKARA!』『そばかす』。

続いてDISC 2の収録曲は以下の通りである。『Alone』『tomorrow』『枯れない花』『all the way』『それが、愛でしょう』『君に吹く風』『南風』『もう一度君に会いたい』『Bird』『藍色の空の下で』『Life』。

オリジナル曲も含まれているが、こういう内容では、どうしてもカヴァー曲の方に目が入ってしまう。で、オリジナル曲とどうしても比べてしまうことになる。(そうなると、やはりオリジナルの方を聴きたくなってしまって...)

ということで、彼女のファンであれば良いでしょうが、やはり2枚ものにしたことで平凡すぎる内容になってしまい、折角の企画を潰してしまってますね、というベスト盤でした。


Reprise~下川みくにアニソンベスト

Reprise~下川みくにアニソンベスト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2007/12/19
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(特撮/邦楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタル侍#9

今回の物語は、越後屋の恋と幽霊、平八親分の死ということがあって、いつも以上にハチャメチャな展開の楽しい物語になっていました。また、今回はBON JOVIの名前が劇中に登場していましたね。また、悪の限りを尽くすお奉行が、意外な一面を見せた物語でもありました。

出っさん、平八親分、おみつは盆除毘(ぼんじょび)渓谷にやってきて、おみつが観光ガイド気分で、過去にここで起こった悲劇の話をする。織物問屋の娘・お岩が悪代官に手籠めにされたことで身投げをし、この場所には幽霊が出るというのだった。江戸の町に戻ってきた3人だったが、急に平八親分が苦しみだして、おたふくに担ぎ込まれる。霊感でおみつは、盆除毘渓谷の幽霊が平八親分に取り憑いたものと考えて、祈祷師・おみつになって、悪霊退散!と始める。

で、お岩が現れた。(足のある幽霊だが、江戸時代以前の幽霊は足があった。17世紀後半から、幽霊は足がないということになっていった。)で、おみつが事情を聴いた。(お岩ちゃんと言っていました。)

そんな所に、越後屋が乗り込んできて、「堂々と(おみつを)掠っていく!」と宣言して、おみつを連れて行こうとするが、お岩に一目惚れして、おみつではなくお岩を掠っていった。

越後屋は奉行に申し出て、お岩と一緒になり、足を洗うという。奉行はそんな越後屋をお払い箱にした。が、それから越後屋は体調を崩してしまった。が、それと入れ替わるように、平八親分は何事もなかったように健康を取り戻した。

お払い箱にしたものの、越後屋の事が気がかりな奉行はお百度参りで越後屋の病気回復を祈っていた。それを目にしたおみつに奉行は、越後屋に対する思いを告げた。(この時、奉行は自分のことを「悪の権化」とまで言っていた。また、何度も掠われているのに、おみつは真剣に話を聞くというのも面白い...)そんなおみつは奉行の心に感動して、あることを告げた。

盆除毘渓谷に出っさんたち3人がいる。おみつは奉行に、越後屋を助けるために、お岩を封印するとして、ここに連れて来るように言っていた。で、お岩を連れて来た奉行は、おみつに引き渡した。で、祈祷師に早変わりしたおみつは、封印しようとする。お岩はその呪文で苦しみだし、お岩に惚れている越後屋は止めに入る。が、おみつは、お岩は幽霊であること、更に、お岩は幼なじみに惚れていて、どう転んでも越後屋を好きにならない、平八親分はお岩の思い人に瓜二つ、ということを告げた。

平八親分に気づいたお岩は、平八親分を追いかけ始めた。また、おみつの言葉で越後屋は元に戻り、奉行に付いていくことを改めて誓う。で、おみつを気絶させ、奪って逃げていった。それを見た出っさんは「許せねぇ」。一方、お岩に追いかけ回されている平八親分は、足を滑らせて盆除毘渓谷に転落してしまった。

奉行の屋敷では、いつものようにいつもの台詞が語られて、奉行は裸になっておみつを手籠めにしようとする。そこに出っさんが登場し、いつもの展開に。メタル侍になった出っさんは、手下を退治し、越後屋を倒すと、奉行に向かって行く。いつものように「どなたと心得る」「南町奉行であらせられるぞ」「助けてくれ」そして小判をばらまく命乞いをするが、メタル侍はアクビをしてそれを聴いていた。で、奉行の一連の命乞いが終わると、メタル侍は「鋼鉄頭部震源地」を繰り出して、奉行を成敗すると、去っていった。おみつはまたもメタル侍に惚れ直していた。

おたふくで、平八親分の祭壇が飾られている。盆除毘渓谷に落ちた平八親分は死んでしまったのだった。が、そこに平八親分が現れた。遺影を見て「自分だ」と言う平八親分は、棺桶を見て「自分がいる」と言うと、死んだことを口にして、幽霊になって戻って来たことを告げた。更に、お岩と所帯を持つことにしたと言う。平八親分はお岩と共に幽霊として出っさんとおみつの側にいるというのだった。

怪談話の形式でスタートするが、それを面白おかしくおみつが言っていることから、「怖さ」は全くないのだが、時代劇の幽霊登場のパターンをネタにしてしまうのは本作らしいところですね。が、平八親分が死んでしまったというのはちょっと意外な方向に進んでいきました。

後半の奉行の屋敷では、メタル侍がアクビをしながら奉行の一連の台詞を待っているというのは面白い所でした。それぞれの見せ場をちゃんと見せてやるメタル侍は、悪者を退治するヒーローとしては、そこまで余裕を見せないでもと思ってしまうが、「見せる」ということでは視聴者のことをしっかりと分かっているキレモノですね。

今回はおみつのコスプレは無いに等しいものだったが、祈祷師となって「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」の呪文を言っていたところは迫力がありました。メタル侍よりも目立っていて、おみつが完全に主役と言って良い物語でもありました。


メタル侍 第参巻 [DVD]

メタル侍 第参巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD

メタル侍 第壱巻 [DVD]

メタル侍 第壱巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD
メタル侍 第弐巻 [DVD]

メタル侍 第弐巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD
メタル侍 第四巻 [DVD]

メタル侍 第四巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD
↓盆除毘(BON JOVI)のアルバムをいくつか...

ザ・サークル~デラックス・エディション(DVD付)

ザ・サークル~デラックス・エディション(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: CD

クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI

クロス・ロード/ザ・ベスト・オブ BON JOVI

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD
Bon Jovi

Bon Jovi

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island / Mercury
  • 発売日: 1999/02/09
  • メディア: CD
New Jersey

New Jersey

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Vertigo
  • 発売日: 1999/02/09
  • メディア: CD
Slippery When Wet

Slippery When Wet

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Japan
  • 発売日: 1999/02/09
  • メディア: CD
Cross Road

Cross Road

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal International
  • 発売日: 1994/10/18
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形泪37話(2nd.24話・アナザーストーリー2話)[裏ネタ編]PART 6

6回目となる「銭形泪・2nd.24話」(通算では37話)の「第三帝国からの挑戦状 〜アドルフ・ヒトラーを迎撃せよ!」の「裏ネタ編」は、月経流巣が口にした言葉の中から、第三帝国でも行われていたことでもある事柄に関して、「陰謀」について、「粛清」について、「異常」について、「演説」について、「処刑」について記します。

尚、約3年2ヶ月前のBS-i(当時)での再放送時に記した本編について記した記事(「改訂版」となります。)の前半は「ここをクリック」、後半は「ここをクリック」してご覧下さい。

陰謀」:密かに企む謀(はかりごと)のことである。謀であるため、これは良からぬことを企むものであり、悪事に関係することについてのものである。(人助けなどの善行について、他人に知られないように勧めている事柄は「陰謀」とは呼ばない。)但し、それに加わっている人物にとっては「悪事」という認識はなく、「作戦」「計画」「戦略」などという認識がされている。

法律用語の世界では、2人以上の複数の人間が違法行為(犯罪行為)を謀議することを指している。よって、謀叛、暗殺計画、強盗計画などは、単独犯でなければ「陰謀」と言うことになる。(単独犯でこれらの犯罪行為に手を出そうとしている場合は、法律の世界では「陰謀」と呼ばない。→あくまでも現代の日本の法律が及ぶ範囲に於いてのことである。)

尚、「悪事」というのは、その時の権力者側を中心にした立場ということになり、計画段階は同じであっても、これが成功した場合と失敗した場合とでは呼び方が変わることがあるものでもある。つまり、権力者の暗殺計画というものが練られたする。暗殺が失敗した場合は、権力者は無事で実行犯が捕らえられることになり、権力者を倒すという悪事を防いだことになり、権力者から見るとこの計画は「悪事」と言うことになって「陰謀」と呼ばれる事になる。逆に、暗殺が成功して権力者が倒れた場合は、実行犯は、若しくはその仲間が権力を握ることになり、この実行犯が権力者となるため、以前の(悪い)権力者を倒したという「改革」(または「革命」)を成功させた英雄となる。よって、暗殺計画は悪事ではなくなるので「陰謀」とは呼ばれないことになる。→実行前段階ではどちらも同じであるが、実行した際の結果で180度違うことになってしまう。(失敗したら「極悪人」となり、成功したら「英雄」ですからね...→クーデターも、成功すれば「革命」となり、失敗すれば「陰謀」ですからね...)

また、権力者の方が政敵などを失脚させる目的で、良からぬことを企んでいるように見せかけて、それを暴いて「陰謀を企んでいた」とすることがあるが、この場合は権力者が無事であれば、無実であっても失脚した方が「陰謀」に加担していたとされてしまう。(失脚した人にしてみると、「権力者による陰謀」ということになるのだが...)逆に、これが権力者によるでっち上げと言うことがバレて、権力者の方が失脚した場合は、新たな権力者(この場合は失脚を逃れたものになることが多い。)が前の権力者の陰謀を防いだ、ということになる。

このように、あくまでも「陰謀」というのは、それに加担しているものにとっては単に、理想を求めるための「計画」でしかなく、結果によって「陰謀」となることがあるものである。

尚、英語では「Plot」と言うが、「Conspiracy」「Intrigue」と呼ばれることもある。(日本語の場合と同様に、失敗した場合であり、成功したら「革命(Revolution)」になる。)

粛清」:権力者が、自分の反対勢力の者たちや、将来自分の地位を脅かす存在になりそうな人物や勢力を排除することを言う。その手段は様々であり、暴力を伴って身柄を拘束し、何らかの罪を犯した事にして排除することが多い。または何らかの弾圧をおこなったり、時には強制収容や暗殺ということが行われる場合もある。

捕らえられた方は、主に政治犯として強制収容所に収容されたり、遠方に送致されたりする。中には収容所で死刑が執行される場合もある。

特に、独裁国家の場合は、歴史を紐解くと、当たり前のようにこれが行われていて、独裁者はその地位を保ち、反対者を排除している。(共産主義国家でも多く見られる。)

歴史上では古代から行われていることであって、古代の中国(国名を記すと「秦」「漢」「清」などで行われたものは特に有名である。)では頻繁に行われた記録がある。また、中世のヨーロッパでも多数行われている。日本でも、豊臣秀次が処刑されたり、幕末期の安政の大獄がある。また、昭和初期の治安維持法による弾圧もこれに含まれる。

20世紀になってからは、ソ連が成立した直後のレーニンによる粛清やスターリンの大粛清、ヒトラーが政権を取った後に行われたナチス政権下での大粛清は有名である。また、戦後では、冷戦下でのアメリカでの「赤狩り」、中国の「文化大革命」、カンボジアのクメール・ルージュによる大粛清、北朝鮮での一連の粛清、東欧諸国での粛清などがある。

尚、英語では「Liquidation」または「Purging」という。

ところで、「粛正」も「しゅくせい」と呼んで、同音であるが、これは厳重に取り締まって不正を無くしたり、ぶさんな所を排除するという意味であり、「粛清」とは全く異なるものである。

異常」:「普通とは違った状態」のことを指す言葉である。ここでいう「普通」というのは、「正常」「通常」「健常」ということである。しかし、人によって「正常」「通常」というものは違いがあるため、「正常」や「通常」という言葉自体もはっきりと定義する事が出来ないので、「異常」という定義もはっきりと行うことが出来ない。

しかし、統計学的な概念を導入すると、「通常」というものは平均値と標準偏差からある程度定義することが可能となる。例えば、気象学ではこれが適用されて、「異常気象」ということが言われる。(例えば「今年の夏は異常に暑い」「異常に雨が降る」などであり、これらは平均気温や平均降水量と比べて標準偏差以上に差がある場合を言う。)

また、形などを対象とした場合は、奇形なものであれば「異常」と言うことが出来る。但し、工業製品の形であれば、量産品の場合では奇形な場合、すなわち正しくないものは「不良(品)」と呼んで「異常」とは言わないし、動物学的な奇形であれば「奇形」と言って「異常」とは言わないことが多い。

つまり、言葉の上では基本となる「普通」ということが定義出来ないため、一般的な通念が基準となって、それと違っているものが「異常」と呼ばれる事になる。よって、時代の変化によっては、これまでは「異常」と呼ばれたものが「異常」では無くなるということもある。

違った所では、特に評点が劣っているものに対して「異常」と言うことがある。尚、この場合は「居城」という言葉に蔑視しているという意味合いが含まれていることになる。逆に、飛び抜けて優れているものに対しても「異常」と言う場合がある。(この場合は「蔑視」ではなくて「畏敬の念」があるのが一般的である。)→要するに、正規分布で平均値から標準偏差の±σは「普通」であるが、±2σや±3σに入るようだと「普通ではない」と見なされるということですね...

この物語では、月経流巣が「異常」という言葉を口にしたのだが、月経流巣の考えている「普通」というものと、ちゃんが考えている「普通」というもの、更にはマニアックな柴田太郎さんの考えている「普通」というものは、ある程度は重なっているでしょうが、隔たりも大きいような気もするのですが...(誰の「普通」が、一般人の考える「普通」に最も近いのでしょうかねぇ?→普通に考えるとちゃんということになるでしょうが、ちゃんは「IQ180」ということでは「異常」ですし...(IQは平均が100ですから...))

演説」:議会や民衆の前で、自分の主義や主張を話すことである。現在では、選挙の際に候補者が選挙運動の一つとして行ったり、各国首脳が議会などで行うのが一般的なものとなっている。また、「演舌」という表記もある。

「演説」という言葉は、元々は仏教語であって、道理、教義、仏の教えを人々に説いて布教するという行為のことを指した言葉である。これが、いつしか、自分の意見や主張を人々に向けて述べるという現在の「演説」に転じて用いられるようになった。

歴史上でも、近代国家では政治家がこれを行うことで民衆に広く支持されるようになるため、重要視されていて、現代ではその意見や主張の内容だけでなく、「演説」の上手い下手が選挙に大きな影響を与えるようになっている。(特に、アメリカの大統領選挙は演説が下手であると致命的になる。)

歴史上では、1863年のアメリカ・リンカーン大統領のゲティスバーグ演説、1961年のケネディ大統領の大統領就任演説は余りにも有名である。

日本でも、明治時代には多くの政治家の演説の中に有名なものがいくつかある。(残念ながら、現代の政治家は、演説が上手いと言えるような人がいないので...)

尚、英語では「Speech」と言うが、「Address」「Harangue」「Oration」という単語も「演説」という意味がある。また「Public Speaking」と言う場合もある。

処刑」:刑に処すことである。尚、「刑に処す」と言うのは、懲役○年ということで刑務所に収監されることであっても、「罰金○万円」ということで罰金を払うことであっても「刑に処せられた」ことになる。しかし、「処刑」というと、いくつかある刑罰の中でも「死刑」に処すことを言う。(「死刑」以外の刑に処した場合は「(刑罰を)執行」と言うのが一般的である。但し「死刑」も「死刑を執行した」と言う場合もある。)よって、「死刑」と同義語と言って良いのが現状である。(ちなみに「死刑」と「私刑」は、共に「しけい」と読むが、前者は法的に定められた刑罰で命を絶つ刑罰であるが、後者は方に寄らずに私人が勝手に制裁を加えるものである。)

英語では「Execute」と言い、「死刑執行」のことを「Execution」と言う。


ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD
↓いくつか

陰謀の世界史 (文春文庫)

陰謀の世界史 (文春文庫)

  • 作者: 海野 弘
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 文庫


世界の陰謀論100―天使と悪魔のデスノート人類家畜化計画進行中。 (SAKURA・MOOK 62)

世界の陰謀論100―天使と悪魔のデスノート人類家畜化計画進行中。 (SAKURA・MOOK 62)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 笠倉出版社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本


「陰謀」大全 (宝島社文庫)

「陰謀」大全 (宝島社文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫


世界陰謀史事典

世界陰謀史事典

  • 作者: ジョエル レヴィ
  • 出版社/メーカー: 柏書房
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本


ソ連極秘資料集 大粛清への道―スターリンとボリシェヴィキの自壊1932‐1939年

ソ連極秘資料集 大粛清への道―スターリンとボリシェヴィキの自壊1932‐1939年

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 単行本


20世紀最大の謀略 赤軍大粛清 (学研M文庫)

20世紀最大の謀略 赤軍大粛清 (学研M文庫)

  • 作者: ルドルフ シュトレビンガー
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 文庫


赤軍大粛清―20世紀最大の謀略 将校大量殺戳の謎に潜むスターリンの狂気とヒトラーの陰謀

赤軍大粛清―20世紀最大の謀略 将校大量殺戳の謎に潜むスターリンの狂気とヒトラーの陰謀

  • 作者: ルドルフ シュトレビンガー
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本

異常値の出るメカニズム 第5版

異常値の出るメカニズム 第5版

  • 作者: 河合 忠
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本

データマイニングによる異常検知

データマイニングによる異常検知

  • 作者: 山西 健司
  • 出版社/メーカー: 共立出版
  • 発売日: 2009/05/23
  • メディア: 単行本


後世に伝える言葉―新訳で読む世界の名演説45

後世に伝える言葉―新訳で読む世界の名演説45

  • 作者: 井上 一馬
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本

名演説で学ぶアメリカの歴史

名演説で学ぶアメリカの歴史

  • 作者: 上岡 伸雄
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2006/09/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


演説力―わかりやすく熱い言葉で政治不信を吹き飛ばせ

演説力―わかりやすく熱い言葉で政治不信を吹き飛ばせ

  • 作者: 岩見 隆夫
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2009/07/25
  • メディア: 単行本


リンカーン演説集 (岩波文庫 白 12-1)

リンカーン演説集 (岩波文庫 白 12-1)

  • 作者: エイブラハム・リンカーン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1957/01
  • メディア: 文庫


世界を変えた名演説集―その時、歴史は生まれた

世界を変えた名演説集―その時、歴史は生まれた

  • 作者: サイモン・シーバッグ モンテフィオーレ
  • 出版社/メーカー: 清流出版
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本


ナチ・ドイツと言語―ヒトラー演説から民衆の悪夢まで (岩波新書 新赤版 (792))

ナチ・ドイツと言語―ヒトラー演説から民衆の悪夢まで (岩波新書 新赤版 (792))

  • 作者: 宮田 光雄
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 新書


拷問・処刑・虐殺全書―現代も行なわれている残酷刑のすべて

拷問・処刑・虐殺全書―現代も行なわれている残酷刑のすべて

  • 作者: 柳内 伸作
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 単行本


知れば知るほど残酷な世界史―拷問、処刑、殺人…禁断のファイル (祥伝社黄金文庫)

知れば知るほど残酷な世界史―拷問、処刑、殺人…禁断のファイル (祥伝社黄金文庫)

  • 作者: 桐生 操
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫


処刑と拷問の事典

処刑と拷問の事典

  • 作者: ジェフリー アボット
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 単行本
posted by MEICHIKU at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

「NATIONAL LAMPOON'S EUROPEAN VACATION」

表題の作品は1985年の映画「ナショナル・ランプーンズ・ヨーロピアン・ヴァケーション」である。1983年の「ホリデーロード4000キロ」が好評だったことから制作された「ナショナル・ランプーン」シリーズの第二弾である。但し、日本では劇場未公開作品である。前作でシカゴからカリフォルニアまで、ワゴン車で旅をしたグリズワルド家が、今度はヨーロッパ旅行をすることになり、そこで繰り広げられる珍騒動を描いた作品である。(丹に、ヨーロッパ旅行をするのではなく、その旅行はクイズで勝ち取る、というのもポイントである。)

作品データを記しておくと、時間は94分、監督はエイミー・ヘッカリング、脚本はジョン・ヒューズとロバート・クレインの2人、撮影はロバート・ペインター、音楽はチャールズ・フォックスである。そして出演は、チェヴィー・チェイス、ビヴァリー・ダンジェロ、ジェイソン・ライヴリー、ダナ・ヒル、エリック・アイドル、ヴィクトル・ラヌー、ジョン・アスティン、ロビー・コルトレーン、たちである。

グリズワルド家の面々は、「家族対抗商品ガッポリ!ブタさんクイズ」に出場し、優勝候補の強敵を押しのけて、ヨーロッパ旅行を勝ち取った。ということで、2週間のヨーロッパに旅をすることになった。行き先は、ロンドン、パリ、ドイツ、ローマ。が、やはり彼らの旅行は平穏な旅とはならず、行く先々で何かと珍騒動を繰り広げていく。(それぞれの土地のネタを使ったトラブルと言うのがまた面白い所である。)そして、旅先で喧嘩をして、家族はバラバラになる。そんな所に誘拐事件に巻き込まれてしまい...

ギャグに関しては、前作の方がパワフルであり、それと比べるとやや控えめな感じがするのだが、本作ではヨーロッパの旅先の土地ならではのギャグになっているのが特徴である。前作ではブラックな笑いであったが、これがストリートになったことが面白さを落としているものの、ストレートに笑うことが出来るというので、家族全員で笑って楽しむことが出来る作品に仕上がっている。

日本では劇場未公開のビデオ作品という位置づけになっていることもあって、DVD化されていないのだが、何とかリリースして貰いたい作品である。


↓輸入版のビデオです。

National Lampoon European Vacation [VHS] [Import]

National Lampoon European Vacation [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Warner Home Video
  • メディア: VHS
posted by MEICHIKU at 18:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「NATIONAL LAMPOON'S VACATION」

表題の作品は1983年の映画「ナショナル・ランプーン/ホリデーロード4000キロ」である。当初は「ホリデーロード4000キロ」というタイトルであったが、「ナショナル・ランプーン」シリーズとして第二弾が製作されたことから、「ナショナル・ランプーン/ホリデーロード4000キロ」という邦題タイトルに変更された作品である。そして、このシリーズは全4作が製作された。それまでも何本かのコメディ映画に出演しているC・チェイス主演の人気シリーズとなった。本作はその第一弾ということで、家族旅行をテーマにしたコメディ・ロード・ムービーである。

作品データを記しておくと、時間は99分、原案と脚本はジョン・ヒューズ、監督はハロルド・ライミス、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はラルフ・バーンズである。そして出演は、チェヴィー・チェイス、ビヴァリー・ダンジェロ、イモジーン・コカ、ジョン・キャンディ、ランディ・クエイド、アンソニー・マイケル・ホール、ダナ・バロン、クリスティ・ブリンクリイ、エディ・ブラッケン、ブライアン・ドイル・マーレイ、ユージン・レヴィ、たちである。また、FLEETWOOD MACのLINDSEY BUCKINGHAMが主題歌を歌っているというのもポイントの高いところである。

イリノイ州シカゴに暮らすグリズワルド家は、夏のバカンスとして、カリフォルニアまでの4000キロを車で走破するという計画を立てた。まずはワゴン車を購入し、準備を整え、そして出発した。いきなり、ホイル・キャップやバンパーが盗まれるという災難に遭い、10年以上も会っていない従弟・エディの所に寄って、意地悪な婆さんのエドナとペットの犬が同乗してくることになる。さらにその先では犬が行方不明になり、婆さんはショック死してしまった。フェニックスの親戚の所に寄って葬儀を行って貰おうとする。で、何だかんだでカリフォルニアに辿り着く。そして最終目的地の遊園地に向かったが、その日、遊園地は休園日だった...

家族旅行という楽しいバカンスのはずが、ことある毎に不幸な目に遭う一家。また、途中から旅に加わるエドナ婆さんがブラック度たっぷりに物語を混乱させてくれる。そして、ラストのオチも見事にやってくれる作品であり、コメディ作品に求められる要素は全て整っている。しかもC・チェイスが真面目な顔で珍騒動に立ち向かって行くのも面白い所である。

本作がシリーズ化されるのも、本作が面白いためであるが、単なるドタバタ・コメディではなく、ブラックな笑いがある所が本作の特長である。たっぷりと笑って楽しむことの出来る作品である。


↓DVD化されていません。ビデオです。

ホリデーロード4000キロ [VHS]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: VHS
↓輸入版です。

National Lampoon's Vacation Gift Set (3pc) (P&S) [VHS] [Import]

National Lampoon's Vacation Gift Set (3pc) (P&S) [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Warner Home Video
  • メディア: VHS


National Lampoon's Vacation [VHS] [Import]

National Lampoon's Vacation [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Warner Home Video
  • メディア: VHS


National Lampoon's Vacation [VHS] [Import]

National Lampoon's Vacation [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Warner Home Video
  • メディア: VHS
posted by MEICHIKU at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RICK JAMES『COLD BLOODED』

表題のアルバムは1983年に発表された彼の7枚目のソロ・アルバムである。'70's終盤にはファンキーなサウンドで、次代を担うアーティストとして期待され、PRINCEのライバルとされた彼であるが、1981年の「STREET SONGS」の大ヒットから続く最盛期の最後のアルバムである。(本作での音の変化が嫌われることになった。)本作は、これまでの彼のサウンドから変化して、流行のエレクトリック・サウンドになったが、完成度の点では高いアルバムである。(ただ、過去の彼のサウンドからの変化が大きすぎで、受け入れられなかっただけのこと...)Billboardで最高位16位を記録するヒットを記録している。

収録曲は以下の全9曲である。『U Bring The Freak Out』『Cold Blooded』『Ebony Eyes』『1, 2, 3 (You, Her And Me)』『Doin' It』『New York Town』『P.I.M.P. The S.I.M.P.』『Tell Me (What You Want)』『Unity』。

この中からシングル・カットされたのは3曲で、アルバム・タイトル・ナンバーの『Cold Blooded』がBillboardで最高位40位、イギリスで最高位93位を記録、続く『U Bring The Freak Out』はそれほど大きなヒットとはならず、SMOKEY ROBINSONと共演した『Ebony Eyes』はBillboardで最高位43位、イギリスで最高位96位を記録している。

本アルバムからのお薦め曲は、アルバム・タイトル・ナンバーの『Cold Blooded』と『New York Town』、本アルバムの中ではファンキーなナンバーである『1, 2, 3 (You, Her And Me)』、デュエット・ソングである『Ebony Eyes』と『Tell Me (What You Want)』をピックアップしておく。

本アルバムは、サウンドが余りにも変わりすぎていたことから、拒否反応の方が大きかったが、時代の流行りを取り入れたサウンドに変化しただけのことであり、それが今一つだったというだけのことである。この時期には、某大物ロック・バンドでもエレクトリック・サウンドにサウンドが変化するということが見られ、音楽シーン全体がピコピコ・サウンドに傾倒していた時期でもある。ファンキーな彼のサウンドに期待するものが大きかっただけに、それに十二分な答えが得られなかったことでスケープゴートにされてしまった缶のあるちょっと可哀想なアルバムになってしまったのが残念でした。が、本アルバムは彼の残したアルバムの中では最も'80'sサウンドらしいアルバムであり、再評価されてもいいアルバムである。→改めて「'80'sサウンド」ということで聴き直して、それからもう一度評価し直すべきである。


Cold Blooded

Cold Blooded

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Motown
  • 発売日: 1992/01/06
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。