おしらせ

著作権保護の観点から、権利者の承諾なし(使用許可の表示無し)に著作物を掲載しているBlog記事及び、アフィリエイト関係で取り上げたもの関連のBlog記事
からのTBは全て削除します。

更に、TB/コメントを受付ていないBlog記事からのTBも受付ません。
また、「○○バトン」、「アクセスランキング」、「TBセンター」、「ブログ記事のリンク集」、特定サイトの紹介、広告目的、等は全て拒否します。

TV番組などのレヴューの場合、公式HPなどに記されている内容の記述しか無い記事のTBも拒否します。(そんなのは公式HPで十分で無意味ですから...)Blogとしての存在価値は、何らかの感想や意見を記すことですからね。

一部Blogを中心にTBが送れない事態が多発しています。その場合には「MEICHIKUなんでもぶろぐ」または「テキスト版」からTBを送る場合があります。(都合2回送ってエラー等でNGになった場合はそこで打ち切らせていただきます。(「goo」は全滅、「Livedoor」と「fc2」もアウトの方が多い状態です。「なんでもぶろぐ」または「テキスト版」からお返しさせて頂く場合があります。ご了承ください。)

本Blogは、TB/コメントのいずれも承認制としています。反映されるまで時間がかかる場合がありますが、ご了承下さい。尚、各記事において、その記事内容と関係ないTB/コメントは、承認せずに無条件削除します。


スパムTBを送ってくるクズ野郎は、犯罪者扱いとしてそれなりの対処をする場合があります。


2006年08月31日

特報「ケータイ刑事 THE MOVIE2」

ケータイ刑事 THE MOVIE」のDVDがリリースされたばかりですが、嬉しいニュースが飛び込んできました。「ケータイ刑事 THE MOVIE2」が、来年の3月に公開されるとのこと。(3/10からだそうです。)夏帆ちゃんのブログ(2006/8/26「撮影現場」)にあった写真、どう見ても「ケー刑事」の撮影で、本庁会議室であっただけに、やっぱりということでした。


で、ちゃんとちゃんが顔を合わせるということになるそうです。が、零ちゃんは警視監に昇進しているだけに、どういう形で雷ちゃんと絡んでくれるのでしょうか?楽しみです。


(以下、筆者の勝手な物語りの推測です。)

・2nd.14話」において、雷ちゃんと高村さんの別れがあるでしょうが、それを受けて雷ちゃんはパートナーがいない状態で、「警視庁から入電中」という連絡で出動する。で、事件現場で雷ちゃんは五代さんと出会う。(ここで、雷ちゃんがお約束の身分証を学生証と間違えて「公文書偽造で逮捕する」が入る。)で、この事件は大がかりな罠が張り巡らされていて、雷ちゃんは犯人グループに捕らえられてしまう。五代さんが何とか脱出して警視庁に逃げ帰ったら、たまたま本部長会議で来ていた零ちゃんの姿を見かけて、声を掛ける。(零ちゃんと五代さんの再会。)で、雷ちゃん(=従姉妹)の危機を知った零ちゃんが救出に向かうことにする。また、ひょっこりひょう多もん島署からトミーもたまたま本庁に出張していて、「雷ちゃん・ピンチ」の報を聴いて零ちゃんの元に駆けつける。(ここで、身分証と資格証を間違えるお約束で、零ちゃんが「公文書偽造で逮捕します」をやってくれる。)で、結局、零ちゃんが、五代さんとトミーのダブル・パートナーで雷ちゃんの救出に向い、零ちゃんの活躍で事件は無事に解決、犯人グループは逮捕される。(一応、犯人のボスは、零ちゃんのチェーンで拘束された上、雷ちゃんの雷稲妻落としという合体技を喰らう。)最後に零ちゃんが雷ちゃんに「まだまだ修行が足りないですね。レレレ」と決めてくれる。


このストーリーだと、鑑識・柴田は束志というのが順当になってしまうが、是非とも太郎も登場させるようにしてもらいたい所です。また、ちゃんとちゃんは本部長会議に出席と言うことで、芽以ちゃん黒ハート真希ちゃん揺れるハートの出演は無くても名前は劇中に登場させることが出来ます。(が、愛ちゃんは絡めようがない。)また、高村さんについても登場願いたいところですが、こちらは「・2nd.14話」の結末次第で考えることにしたいと思います。


(尚、6代目も絡めることも可能ですが、そちらはとりあえずなし、ということでしょうかね。)


 

 

 


(9/1 12:00追記)
映画のタイトルは、「ケータイ刑事 THE MOVIE 2 石川五右衛門一族の陰謀 〜決闘!ゴルゴダの森」(やっぱり長いタイトルです。)ということです。


それにしても、「石川五右衛門一族」だなんて、やっぱり「ケー刑事」ですね。また、「ゴルゴダ」って、キリストが処刑された丘の名前だし、やってくれますね。


日本刀を使ったアクション・シーンがあるということですが、「銃撃戦」にしない所が「ケー刑事」ですね。


 

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 (HD-DVD)

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 (HD-DVD)

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
↓零ちゃん&雷ちゃん
ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/01/27
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 21:30| Comment(3) | TrackBack(3) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HARB ALPERT & THE TIJUANA BRASS『GOING PLACES』

表題のアルバムは1965年10月に発表されたものである。この時期は彼らの最盛期に突入した時期でもあり、まさに何をしても大ヒットとなるということで、本アルバムも当然の如くBillboardのアルバム・チャートで全米No.1を獲得している。(1週1位の後、後退したが、再び1位に返り咲いて5週間、通算6週に渡ってNo.1を獲得した。)また、本アルバムは1966年の年間アルバム・チャートでは3位、1967年は9位、1968年は62位というように、3年連続年間アルバム・チャートにランクインしている。(TOP 40に100週間もランクインしていたのだから、3年連続年間アルバム・チャートTOP 100にランクインと言うのも当然と言えば当然ですね。)


収録されているのは以下の全12曲である。『Tijuana Taxi』『I'm Getting Sentimental Over You』『More And More Amor』『Spanish Flea』『Mae』『3rd Man Theme』『Walk, Don't Run』『Felicia』『And The Angels Sing』『Cinco De Mayo』『A Walk In The Black Forest』『Zorba The Greek』。


この中では『Tijuana Taxi』『Spanish Flea』『3rd Man Theme』『Zorba The Greek』と言った辺りがヒットを記録したこともあって有名である。(スタンダード・ナンバーでもあるので、当然「お薦め曲」ということになる。)とにかく、勢いの乗った時期でもあって、そのサウンドには勢いを感じることが出来る。彼らの特徴であるブラス・サウンドの方も、心地良さを与えてくれる響きがあり、たっぷりと聴かせてくれる。


それにしても、当時の彼らは、半年に1枚以上というハイペースでアルバムを発表していて、それらが全て大ヒットを記録するのだから、凄いものである。(まあ、勢いに乗っている時というのは神憑り的なことが出来るものですが、それにしても凄いことです。)一時代を築いたそんな彼らのブラス・サウンドには'60'sのゆったりとした雰囲気もあります。そういうサウンドをたっぷりと堪能して楽しみましょう。

 
 
Going Places

Going Places

  • アーティスト: Herb Alpert & the Tijuana Brass
  • 出版社/メーカー: Shout Factory
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HARB ALPERT & THE TIJUANA BRASS『WHIPPED CREAM & OTHER DELIGHTS』

表題のアルバムは1965年の4月に発表されたものである。月まで記したのは、この頃は毎年複数のアルバムを発表していたためである。で、アルバムの発表ラッシュはとてつもない記録を達成することにもなった。まずは本アルバムに付いてであるが、本アルバムはBillboardのアルバム・チャートで、通算9週に渡ってNo.1の座を獲得したが、(2度の返り咲きを記録している。)1965年の年間アルバム・チャートでは44位であったが、翌1966年は1位、1967年は8位、1968年は49位というように、年間アルバム・チャートに4年連続ランクインを達成した。また、彼らは1966年は年間アルバム・チャートのTOP 50に5枚(TOP 100に6枚)のアルバムわランクインさせ、1967年にはTOP 50に7枚のアルバムをランクインさせたのである。まさに彼らの時代であったのである。


本アルバムは、そんな彼らのアルバムの中でも、日本ではお馴染みもお馴染みという曲が収録されているアルバムとして有名である。その曲は『Bittersweet Samba』であるが、ニッポン放送の「オールナイト日本」のテーマソングである。ということで、有名なスタンダード・ナンバーである『A Taste Of Honey』が収録されているのに、別の曲が(日本では)看板になっているアルバムとしても有名な一枚である。


収録されているのは以下の全12曲(2曲の未発表曲がボーナス・トラックとして追加されたものが現在はリリースされているが、筆者が所有しているのはそれがありません。)である。『A Taste Of Honey』『Green Peppers』『Tangerine』『Bittersweet Samba』『Lemon Tree』『Whipped Cream』『Love Potion No. 9』『Garbanzo』『Ladyfingers』『Butterball』『Peanuts』『Lollipops And Roses』。


サウンドの方は'60'sという、現代よりものんびりしていた時代のサウンドであり、あくせくしていない落ち着きがあり、ブラスの響きが心に響いてくれる。そしてとても聴きやすいブラス・サウンドは暖かさとハートフルな心地良さを与えてくれるものであり、よき時代のことが頭に浮かんでくるようになる。が、やはり『Bittersweet Samba』だけは、例え朝や昼間(要するに太陽が出ている時間帯)に聴いても、夜(深夜)だという感覚になってしまいます...


お薦め曲は、やはり『A Taste Of Honey』を外すわけにはいかない。更に『Tangerine』『Butterball』という所をピックアップしておく。尚、『Bittersweet Samba』については「お薦め曲」からはあえて外すことにするが、この曲に関しては、色々と思い出があるという方もおられるでしょう。そういう方には何も言うことはありませんが、本アルバムを手元に持っておくというのがよろしいかと思います。(オムニバス盤などにも収録されていますが、オリジナル・アルバムを持っていると言うことが一つのステータスでもありますから...)ただ、「思い出の一枚(一曲)」としてだけでなく、他の曲も聴いてくださいね。

Whipped Cream & Other Delights

Whipped Cream & Other Delights

  • アーティスト: Herb Alpert & Tijuana Brass
  • 出版社/メーカー: King Japan
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
↓ボーナス・トラックありはこちら
Whipped Cream & Other Delights

Whipped Cream & Other Delights

  • アーティスト: Herb Alpert & the Tijuana Brass
  • 出版社/メーカー: Shout! Factory
  • 発売日: 2005/04/19
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ刑事銭形舞12話[改訂版]

MBSの再放送も12話まで来たと言うことは、次回が最終回である。現時点では後番組が何になるのかは不明です。(9/12のこの放送枠は、本作の放送前に放送しているお笑い番組が、その日2本目の放送になるようになっていました。→9/19と9/26も特別編成として、10月になってから「銭形雷」という可能性もあるかもしれませんね。(普通に考えたらTBSに倣って「銭形泪」の1st.シリーズと思いますが...))尚、この記事のタイトルに「[改訂版]」とあるのは、この物語については過去に一度書いているためである。が、最近の「ケータイ刑事」の記事と比べると、それは内容が浅いということで、以前に書いたものをベースにして、時事ネタに関する部分は修正し、物語については加筆を行ったため「[改訂版]」としたものである。尚、今回の物語について、過去に記したものをご覧になるのであればここをクリックして下さい
 
今回の物語は、第12話「金利・手数料は当方が負担します! 〜通販番組殺人事件」であるが、「ケー刑事」の本家BS-iをはじめ、BSデジタルの各局はとにかく「テレビショッピング」番組が非常に多い。CSならば専門チャンネルまであるが、それは専門チャンネル化されたCSということで分かるが、ことデジタルも、深夜になるとどの局もこぞって「テレビショッピング」を流している。そんな時間帯に流しても、注文する人は皆無とは言わないが、いてもごく少数でしょうし、電話のオペレータはスタンバイしなければならないでしょうから、結構大変だと思います。(が、テレビ局はON AIRするだけで、オペレータを用意するのはショップの方だから、TV局としたら非常に楽なのでしょうが...)だからといって、録画予約までして見るような人がどれだけいるのでしょうか?(まあ、ゼロではないでしょうが...)また、今回は、鑑識柴田太郎の弟・柴田次郎が登場するということで、こちらも注目。佐藤二朗さんの怪演ぶりが見られます。(でも、白い(長い)スカーフの方もきっちりと身につけています。)それではいつものように、「長文」&(今更ながらの)「ネタバレ」ありとして、そちらに突入します。


いきなり「警視庁から入電中」ということで事件を知らせるメールが届く。事件の方は、殺人予告事件であり、狙われているのは通販会社社長の野崎萬造であった。ということで「直ちに現場に急行せよ」ということで、テレビ局にやってきた舞ちゃん。(テレビショッピングの収録が行われている、ということです。)が、五代さんがいない。そうしていると「お待たせ」といって五代さんが現れるが、いつものラフな格好ではなく、スーツを着ている。それを見た舞ちゃんは「どうしたんですか、その格好?」と尋ねる。すると五代さんは「ひょっとして、TVに映るかも知れないでしょう」が、舞ちゃんは「何で私たちが?」と聞き返す。が、「えっ、知らないの」と五代さんが一転して反撃に出る。要するに、このテレビショッピングの番組は途中で客席をドーンと映すということだった。が「社長の護衛に来たんですよ、私たちは...」と言う舞ちゃんは任務をちゃんと分かっています。(今回、「知らないの?」なんて言っている五代さんですが、まもなく泪ちゃんに「知らないんですか〜?」と言われるようになりますが、その伏線がここにありました。(→泪お姉ちゃまが妹・舞ちゃんの仇を取ってくれると考える。))


そうしていると、アシスタントの春風瑠美が、社長宛に届いた殺人予告状を持って舞ちゃんたちの所にやってきた。まずは警察手帳を見せる五代さんと舞ちゃん。瑠美から直ぐに殺人予告状を受け取ると、それを開く。文面は「ケー刑事」ではいつものことであるが、新聞や雑誌、広告などの文字を切り抜いてそれが紙に貼り付けられて作られている。で、いつものように声を出して読んでくれる舞ちゃん。「やい、テレショップ野崎!てめーの番組のアブバッヂとかいう商品胸に貼ってもちっとも腹筋なんて鍛えられねーじゃねーか!このインチキ通販野郎め!ぶっ殺してやる!」(この文面もまたいつものようなイチャモンから始まっていますね...)で、舞ちゃんが読み終わると五代さんは「腹筋アブバッヂ」について語り始める。(腹筋は付かないが、マッサージ効果はあるそうです。)舞ちゃんはいちいち受けてくれませんでした。で、話をしていると「手当たり次第何でも売る」というのが社長のポリシーだということが分かり、五代さんはポリシーも良いけど社長のキャラが良い、ということまで口にして、舞ちゃんもこの番組のファンになる、なんて言っている。(ということは、五代さんはこのテレビショッピングを見ているということですね。)が、この時、五代さんは右の手首をアニータと腕相撲したときに痛めていることが分かる。


本番が近づき、スタジオ(の客席)に入ろうとする舞ちゃんと五代さんだったが、その前に舞ちゃんは「ちょっとトイレ行ってきます」と言うと手にしていたコートを五代さんに預けてトイレに行く。で、舞ちゃんがトイレに入ろうとすると、中からピンクの服を着た髪の長い人が出てきて、トイレに入ろうとする舞ちゃんとぶつかる。が、その人は何も言わずに急いでいるようで立ち去ってしまう。これに、少しだけ口を尖らせながら首をかしげる舞ちゃん。(その表情がいい!)


テレショップ野崎のショッピングアワー」という番組の本番が始まる。塚原誠司と春風瑠美のコンビで番組が始まり、「お茶の間のペット、野崎社長です」という紹介で野崎萬造が登場する。で、「金利・手数料は当方が負担します!」と言って会場は盛り上がる。で、舞ちゃんも仕方なく拍手をしましたが、隣の五代さんの盛り上がりとは対照的でした。(この「金利・手数料は…」って、最近はどこのテレビショッピング番組でも言っていますよね。どうせなら「送料」も負担してもらいたいところです。)


番組が始まり、まずは最初の商品として「ふとももスリムウォーカー」が紹介される。(青竹踏みが2つ付いて9890円)会場は盛り上がっているが、舞ちゃん一人は冷めていて「自分の命が狙われているのに、よくあんなに堂々としていますね...」とちょっと呆れ気味でいる。続いての商品は万能包丁「切れルンです!」(包丁が切れなかったら、それは包丁とは言いません。「切れる」で当然だと思いますが... →レンズ付きフィルム「写ルンです」は富士フイルムの商品ですが、その富士フイルムのCMに舞を演じる真希ちゃんが出ていますが、そっちの方を狙っていますね...)で、この商品は会場の皆さんにもチャレンジしてもらいましょう、ということで、五代さんが観客を代表して実際に使ってみることになる。まずは名前を聞かれて「五代潤です」と答えるが、カメラを意識してポーズを決めている。で、チャレンジの方は、羊羹を切るということだった。(人数分に切る)で、切れルンです!を手にした五代さんは「お任せ下さい」と言って羊羹を切ろうとするが、右手首を痛めているということで、左手に持って羊羹を切る。で、切ったら「この切れルンです!、凄く良く切れますね」と口にする五代さんですが。舞ちゃんが「そりゃあ切れるよ、羊羹だもの」って、その通りですね。(羊羹だったら、包丁じゃなくても切れますし、やっぱり殺人予告状にあったインチキ通販会社だと思ってしまいます。)で、野崎、塚原、五代、瑠美はそれぞれ羊羹を一切れずつ手にして口に運ぶ。「切れ味が良いと美味い」と言う五代さんはお役ご免と言うことで客席に戻る。


続いては「鰹節に挑戦してみましょう」ということで、瑠美が側にあった鰹節を手にするが、それと同時に瑠美はその場に倒れてしまった。駆け寄る野崎と塚原、五代さんもこう言うときは素早く、「警察です。現状を保存しますので、皆さんそこから動かないように」と警察手帳を見せながらその場にいるみんなに指示を出す。そして、救急車が来て瑠美は担架に乗せられて運ばれていく(まだ死んではいない)のと入れ替わるように白いスカーフをした鑑識の制服を着た男が入ってくるが、いつもの柴田太郎ではない。五代さんは「柴田は何処行ったんだ」と行っているが、そこに鑑識の男が来て、テレビ電話を受けているFOMA端末を舞ちゃんに手渡す。通話の相手は柴田太郎であり、「そこにいるのは弟の次郎です」と紹介する。すると「刑事の姉妹がたくさんいるように、柴田家にも鑑識員の兄弟がゴロゴロいるのである」ということで、次郎が鑑識作業を行うことになる。(今でこそ「たくさん」というのは分かりますが、初放送の時では、姉妹は「愛お姉ちゃま」と「舞ちゃん」だけしか分かっていませんでした。でも、泪ちゃん、零ちゃんも既に警察に入っていて活躍していました。また、柴田さんの方もここから「柴田一族」という方に走り出し、「・2nd.8話」で、とんでもないことが判明します。)尚、次郎は白い長いスカーフを首に巻いているが、この時は誰もそこには突っ込まず、また次郎も何も語りませんが、これは「」と「劇場版」に登場した公安の白いスカーフと何か関係あるのでしょうか?


直ぐに報告をする次郎。「原因は毒物、瑠美の口内から微量の青酸カリが検出された」と言うと、五代さんは「羊羹だよ、おら、羊羹食っちまっただよ...」と言うと洗面所に走っていく。それを見た舞ちゃんは「大丈夫ですかねぇ」と言うも、次郎は「あんな大きな声が出る人は大丈夫」とあっさりと片付けました。が、舞ちゃんは羊羹は野崎社長と塚原も食べていたのに、どうして瑠美だけが、と疑問を感じる。次郎は、皿の上に置かれている羊羹を皿ごとてにすると、「注射器を使って混入された可能性はある」と言うが、舞ちゃんは小さな一切れにピンポイントで入れられるものなのか、と疑問を口にし、社長を殺すなら全体に行き渡らせた方が確実だと言い、次郎も「確かに」と納得する。で、舞ちゃんは「うずく、悪の予感


洗面所の五代さんは「いやぁ、死ぬかと思った」と言って一安心しているけど、水を飲んだとかうがいをした、というのではなく、ちゃんと吐いたのでしょうね。そうでなければダメなんですが、まあ、深く追求するのは止めておきます。で、洗面所から出た五代さんは、「立入禁止」という立て札がある置くにロッカールームを見つけ、一枚の紙がロッカーの下から出ているのを発見してそれを見に行く。で、下からは乱している紙を手にして広げてみると、それは野崎社長への殺人予告状をコピーしたものだった。で、そのロッカーの名前を見ると「塚原誠司」とあった。で、五代さんは気になってそのロッカーを開けてみる。すると、鍵は掛かっておらず、中から青酸カリが入った小瓶があった。ということで、五代さんは犯人は塚原だと決めつけ、塚原に責め寄る。


五代さんは塚原が犯人だと言うが、塚原は、自分は瑠美とつきあっていて、来年の春には結婚する約束をしていると言い、犯行を否定する。が「状況証拠がそろっているんだ」と五代さんは塚原を責め立てる。が、「待ってくださいよ」と舞ちゃんは「これじゃあ、いくら何でも話が出来すぎだと思います」と言ってと目に入り、更には「私、犯人らしき人物を見たんです」といって、本番前に行ったトイレですれ違った人物を、監視ビデオの映像を使って指し示す。「この時、特徴的な甘い匂いがしたんです」と言い、青酸カリはアーモンドに似た臭いがすると言うことを口にする。また、この人は何だかとても慌てていて、明らかに様子がおかしかったという。が、五代さんは観客かスタッフだと言って片付けようとするが、舞ちゃんは「こんな人、セットの中にいませんでした」としっかりと周囲の観察を行っていました。が、この人物が何者なのかまでは分からなかった。


で、その時の監視カメラの映像を印刷して、それを野崎社長に見せて尋ねる。が、見覚えはない、ということだった。で、舞ちゃんは野崎に「お体は大丈夫ですか?」と尋ねるが、それは「瑠美さんが食べたものから毒物が検出されたんです」ということを告げるためでもあった。が、これに野崎は「あの羊羹なら私も食べましたよ」と答える。五代さんは予告状の犯人が毒を仕込んだのだと言うと、瑠美は自分の身代わりになったと悟る。


が、ここで五代さんが話題を変えて「色んなグッズを取り扱っていらっしゃるのですね」と、隣の部屋に並んでいる通販グッズの方に移動する。五代さんは、こう見えて結構通販好きだということを口にして、昔、雑誌の裏側に載っていたブルーワーカーとかぶら下がり健康器などの話題で野崎と盛り上がる。(舞ちゃんは完全に蚊帳の外になっている。)で、「福耳大顔面」というかぶり物を手にして、通販との出会いが自分の人生を変えたと、しみじみと語り出す野崎だった。それに何度も頷いている五代さん。で、話が途切れたと言うことで舞ちゃんが話題を変えて、塚原と瑠美のことを尋ねる。「二人はつきあっていて、結婚の約束をしているというのは本当ですか?」と塚原の言ったことを確かめる。それは湾頭だが、このところあまり上手くいってないみたいだったと語る野崎。ということで、舞ちゃんの頭は、どうやって青酸カリを羊羹に入れたかということを考え始めていた。か、「どうやって...?」と謎は解けない舞ちゃん。その頃五代さんは並んで展示されている通販グッズを眺めていて、その中から「野比ゴム太」くん(このネーミングは「野比のび太」をいじっているのは簡単に分かりますね。)という縄跳びのような商品を手にして「どうするの?こうかな?」といってそれを使って縄跳びをするという格好をする。が、紐の中央部を足で踏んだまま、両方の手で上に引っ張り(エキスパンダーのつもりでしょうか?)、右の手首を痛めていることに気づいて「痛っ!」で、それを見ていた舞ちゃんは「謎は解けたよ、ワトソンくん


テレビショッピングの収録スタジオ。観客席に五代さんと野崎、塚原が座っていて、エプロン姿の舞ちゃんが、手に「切れルンです!」を手にして現れ、「みなさん、どうもこんにちは。銭形テレビショッピングへようこそ」ということで、「着れルンです!」を使って世にも不思議なトリックの検証と解明を行うと言う。何だこれは、という顔をした野崎に「どうもすいませんねぇ」と五代さんは一言入れていました。


銭形テレビショッピング お料理教室!」(テロップは「舞さま黒ハート お料理教室」と出ている。)ということで、舞ちゃん、塚原、野崎、五代の順に並んで、首からはそれぞれ「野崎」「塚原」「五代」「瑠美」という札を下げている。(ということは、事件の再現実験ということにもなる。)目の前には、右手/左手に包丁を持って4切れに切った羊羹が置かれている。で、「まずは左手で切った羊羹から召し上がれ」と舞ちゃんが言い、4人はそれぞれ羊羹を手にして口に運ぶ。「美味しい〜」と口に出す舞ちゃんだったが、五代さんは「うわっ!何だこれは!」と吐き出してしまった。すると「五代さん、大当たり!」と舞ちゃんは、「五代さんが食べた羊羹には、包丁の左側にわさびを塗って切ってみました」と説明してくれる。が「なんでそんなことするんだ、お前は?」と怒る五代さん。が、舞ちゃんは気にしないで次に進め、右手で切った羊羹をということになるが、先に、「包丁の左側に辛子を塗って切ってみました」と先に言いました。「それではいただきましょう」という舞ちゃんに「ちょっと待った!」と五代さん。そして塚原と自分の立ち位置を無理矢理変わり、それから羊羹を口に運ぶ。が、またも五代さんが「うえっ!」と吐き出す。で「五代さん、またまた大当たり!」と舞ちゃん。で、「何でこうなるの?」と言う五代さんは考え始めようとするが、何故なのか分からない。で、舞ちゃんが説明してくれる。


右手で包丁を持った場合、人は自然と右から切っていくが、左手で持つと自然と左から切っていく。つまり、包丁の左側に毒が付いていると、右から切ると「右から2番目」に毒が付くが、左手で持って左から切ると「一番左端」に毒が付く。番組中、3人の立ち位置は変わっていないから、自ずと食べる切れ端も決まっていたということで、本来なら犠牲になるのは瑠美ではなく塚原だったと語る舞ちゃん。犯人は塚原を殺そうと狙っていたが、五代さんが左手で羊羹を切られたから計画が狂った。また、犯人は番組中に包丁に青酸カリを塗る必要があり、その間包丁を自由に出来た人物は唯一人、ということで、「野崎社長、真犯人はあなたです」と舞ちゃんは指摘する。また、自分を狙ったという殺人予告は狂言だったとも言う。瑠美が食べたことで計画を変更せざるを得なくなり、塚原に容疑をかぶせることを思いつき、ロッカーに青酸カリの瓶を入れた。(番組収録前は瑠美のロッカーにあったはずだ、と舞ちゃん)で、防犯カメラの人物がそれを実行し、その人影は野崎だと言う舞ちゃん。


しかし、五代さんが、その人影は「じゃないか」と反論が始まる。しかしこれには舞ちゃんも「この人が女性だなんて一言も言っていませんよ、私」と言い、この人は「女装した男性だ」と言う。「どうしてそんなことが分かるの?」と尋ねる五代さんに、あの時トイレに入った舞ちゃんは、便座が上がっていたのを目にしていて、普通女の人は便座を上げないと言う。で、トリックを解いた舞ちゃんは野崎に詰め寄る。が、野崎は笑いだし「想像力溢れる実に見事な推理ですね」と言い、舞ちゃんの推理にはとてつもない大きな穴が開いていると言うと、防犯カメラの人影の背丈は舞ちゃんとほぼ同じであるが、野崎は舞ちゃんよりも背が高く、女装したら大柄になるはずだ、と言う。で、「背が低くなる魔法の商品があるのか?あれば番組で紹介したい、売れるとは思えないが...」と皮肉を言うと去っていきました。


唇を噛む舞ちゃんは反論できず、野崎を見送ることしかできなかった。で、五代さんも「今回はお前の完敗だな。いつもいつも推理が当たるとは限らない。これも修行の内ですよ」と言って慰めている。(考えたら、舞ちゃんはこういうパターン、結構ありますね)が、これぐらいのことでへこたれる舞ちゃんではありません。で、部屋から出て行った舞ちゃんと五代さんは鑑識の服を着た福耳大顔面を被った男とすれ違い、「誰だお前?」と五代さん。(でも、こんなことをするのは次郎しかいないと分かり切っていると思いますが...)これに「次郎です」と答える所は、やっぱりジロー・ワールドです。が「急にでっかくなったね、どうして?」と五代さんは尋ねる。で、次郎の足下を見た五代さんと舞ちゃんは「ああっ!」と声を上げる。で、舞ちゃんは「今度こそ、謎は解けたよ、ワトソンくん


収録を終えた野崎はテレビ局から出てきた。が、突然スポットライトに照らされると、銭形ストラップが飛んできて、それが赤いリボンとなり、それに縛り上げられる。「この世にはびこる悪の舞。…」舞ちゃんの口上が始まり、「正義の舞様ステップ、受けてみな!」で大回転となった野崎は靴が脱げてしまい、その場に倒れ込んでしまう。が、起きあがると舞ちゃんの姿を見て「またお前か、いい加減しつこいぞ」と文句を言う。が、舞ちゃんは「見つけたんです、背を低くするための魔法の商品を」と言って、先ほどの推理の続きを語り始めようとする。が「一体何のことだね」と惚ける野崎。が、舞ちゃんはいきなり本題に入り「その靴です」と、野崎から脱げた靴を指摘する。で、五代さんがそれを拾う。(凄い高さの上げ底靴です。)で、舞ちゃんは五代さんに野崎と並ぶように言う。で、五代さんが無理矢理野崎を発たせる。が、先ほどと比べて野崎の背が低くなっている。「あなたが履いていた靴はシークレットシューズだったんです」と舞ちゃんが言うと、五代さんが靴から上げ底パーツを取り出し「これか」で、野崎の表情が変わった。


舞ちゃんは更に語る。若い頃、通販と出会った野崎は人生が大きく変わったと言ったが、野崎は本当は小柄であり、背が低いことにコンプレックスを持っていた、舞ちゃんは指摘する。で、五代さんがシークレットシューズを野崎に手渡すが、同時に、野崎が持っていた鞄が開いているのに気づき、中から長髪のカツラとピンクの服(舞ちゃんがぶつかった人の服)が発見された。で、野崎はその場に座り込んで犯行を認めた。が、舞ちゃんは「でも、動機だけが分かりませんでした。どうしてですか、どうしてこんなことを?」と尋ねる。すると野崎は語り始める。「瑠美の奴、恩を仇で返しやがって」と、瑠美がいつの間にか塚原と婚約したことに嫉妬したのだった。また、通販を通じて出会った人生の最高の相棒はシークレットシューズであり、人間は見た目だと思っている野崎は、塚原と瑠美を地獄へと考えたのだった。これに対して舞ちゃんが「瑠美さんがあなた(野崎)ではなく塚原さんに惹かれた気が分かった気がします」と言い、「人間は見た目じゃないですよ」と良いことを言ってくれます。(泪ちゃんはこういう名言を続発してくれますが、舞ちゃんもやっぱり姉妹ですね、良いことを言ってくれます。)で、五代さんが野崎を逮捕した。


事件解決後、川辺で舞ちゃんと五代さんが話をしている。が、その内容はというと、これもまたいつもの様なものであり、五代さんが舞ちゃんに、社長が怪しいとどうして気づいたのか、ということを尋ねている。これに舞ちゃんは「事情聴取の時です」と答え、野崎社長が「あの羊羹なら私も食べました」と言ったが、舞ちゃんは「瑠美さんが食べたものから毒物が検出されました」としか言っていないということできづいたのでした。(こういう言葉からヒントを得るというのは「ケー刑事」ではよくあるパターンです。→だからこそ、一言一句まで集中して見ることにもなります。)で、五代さんは「口は災いの元ですね」ということで、本当にその通りです。で、ここから先は舞ちゃんの優しい一面が見られます。(でも、一筋縄には行かない舞ちゃんでもあります。)五代さんの右手を気遣い「右手、大丈夫ですか?」と尋ね、「通販天国」という別の通販で「救急ボックス」1980円を頼んでおいてくれました。で、「お体大切に」と優しい声をかけると、敬礼して「それじゃあ」と言って、時展示に乗って去っていきました。五代さんは「気が利くね」と舞ちゃんに感謝するが、走り出した舞ちゃんは一旦自転車を停めて振り向いて「だって五代さん、もうお年なんだもん」(五代さんは怒って「待て〜」と追っかけ始めましたが舞ちゃんの自転車には追いつけないで、息を切らすだけかと...)


今回のトリックは、包丁に関してはちょっとした盲点ですが、筆者は(最初に見た時)直ぐに気づきました。また、「背がどうだ」と言った時点でシークレットブーツだろうと思いましたが、その通りでした。(トリックとしたら簡単でしたが、舞ちゃんは可愛いからトリックの物足りなさも許しちゃいます。)それにしても五代さん、今回の事件は五代さんがアニータと腕相撲して右手首を痛めていたことから思わぬ方向に進んだ事件でしたが、それが思わぬ方向に転がっていき、結局は無事に事件解決に繋がるのですから、五代さんって悪運が本当に強いとしか言いようがないですね。


次回は舞ちゃんの最終回ということになり、これまでの物語とはちょっと違った物語です。(「・26話」もそうでしたし、「・1st.13話」「・2nd.22話」「・1st./2nd.13話」「・1st.25&26話」もそうです。)


鑑識メモ。今回は「柴田次郎の鑑識メモ」ということで、柴田次郎が担当する。で「皆さん、お元気(おげんこ)」と言って次郎が現れる。場所は通販グッズがたくさん並べられている所である。が、次郎の黒子が劇中よりも大きくなっているのと、「・3話」に出てきた黄色い鳥のぬいぐるみを右手に抱えている。で「通販は本当に色んなものが揃えてございますね」と言って、手錠、(鑑識の)制服、鑑識セットを紹介する。(鑑識セットまであるの?)更には「カツ丼」と言うが、これには自分で「誰が頼むのか」と突っ込み、「蕎麦屋で食えよ」(が、取り調べと言えばカツ丼ですし...)。で、ここから先はジロー・ワールドに突入し、黒子がさっきよりも大きくなっていることに気づき、黄色い鳥野ぬいぐるみに「君、誰だ?」「足、細いなぁ」(ぬいぐるみですからねぇ...)で、「さようなら」→この後、佐藤二朗さんも「ケー刑事」には書かすことの出来ない顔となりますが、「舞」ではまだ十二分に独自の世界を醸し出していません。(「・1st.4話」でアピールし、「・2nd.18話」で確認しておき、「・2nd.8話」で遂に番組を乗っ取る所まで走ってくれます。)

 


 

 
ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/04/23
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/05/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/06/24
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/01/27
  • メディア: DVD

↓今回から、この作品も仲間入りです。(いずれも予約が始まりました。)

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: DVD
↓こちらは買わないと逮捕されます。
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

こちらは既にプレミアが付いています。

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状+TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状+TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ, ナミ&チヨ
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: CD

↓参考まで

図解 マル得通販マニュアル―大人気通販のサービス比較から最新テレビショッピング事情、海外通販まで

  • 作者: 生活向上研究会
  • 出版社/メーカー: 同文書院
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
↓「切れルンです!」って、こういうセラミック包丁でした。
京セラ セラミックナイフRモデル 三徳タイプ FKR-160WH

京セラ セラミックナイフRモデル 三徳タイプ FKR-160WH

  • 出版社/メーカー: 京セラ
  • メディア: ホーム&キッチン
↓まだあるんですねぇ
GT ぶらさがり君ベンチシート付 GT-870015

GT ぶらさがり君ベンチシート付 GT-870015

  • 出版社/メーカー: 後藤
  • メディア: ホーム&キッチン
ストレート・ブラウン

ストレート・ブラウン

  • 出版社/メーカー: アイコ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ミラクルリーゼント 黒

ミラクルリーゼント 黒

  • 出版社/メーカー: ジグ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
↑↓色々とあります。
落武者カツラ

落武者カツラ

  • 出版社/メーカー: アイコ
  • メディア: おもちゃ&ホビー
↓こういうものは用意してありますか?
ファミリーエイドキット(救急箱) KFA500

ファミリーエイドキット(救急箱) KFA500

  • 出版社/メーカー: ゴイチ
  • メディア: ヘルス&ビューティー

災害用 外傷救急セット

災害用 外傷救急セット

  • 出版社/メーカー: 玉川衛材
  • メディア: ヘルス&ビューティー
posted by MEICHIKU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

HENRY MANCINI『THE MUSIC FROM PETER GUNN』

表題のアルバムは、伝説のTVシリーズ(1958年〜1961年の放送)の音楽集であり、1959年に発表されたものである。で、TVシリーズがヒットしたこともあって本アルバムは大ヒットを記録し、Billboardのアルバム・チャートで10週連続1位に輝いたのをはじめ、1959年の年間アルバム・チャートでも堂々の1位に輝いたアルバムである。このtvシリーズは、後に名コンビとなるブレイク・エドワーズ監督と彼とのファースト・コンタクトとなった作品であり、ここから彼は映画音楽の世界へと入っていくことになる記念碑的な作品である。また、本アルバムには、あのジョン・ウィリアムスがピアノで参加しているということもあり、後に再度注目されることにもなった。


収録されているのは以下の12曲である。(現在は4曲のボーナス・トラックが追加収録されて全16曲というものがリリースされている。)『Peter Gunn』『Sorta Blue』『Brothers Go to Mother's』『Dreamsville』『Session at Pete's Pad』『Soft Sounds』『Fallout!』『Floater』『Slow and Easy』『Profound Gass』『Brief and Breezy』『Not from Dixie』。


ここではやっぱり『Peter Gunn』であろう。8ビートで軽快なテンポのこの曲は、数多くのアーティストたちがカヴァーしたこともあって、あまりにも有名な一曲となっているが、そのオリジナル版ということになる。雄大なスケール感を持ち、パワフルなこの曲は一度耳にしたら忘れられなくなる絶大なインパクトがある。その他の曲も、ジャジーなテイストがするもの、メロディアスなナンバー、愉快なサウンドというように、彼の名前を一気にメジャーな存在にした。


インスト・ナンバーということで、物足りなさを感じる方もいるでしょうが、元々は映画やテレビの音楽(スコア)ということもあり、当時はサントラ盤がアルバム・チャートの中心にあった時代であるが、そんなアルバム・チャートを征するだけの衝撃的なサウンドを奏でる本作は、映画のサントラ盤、舞台のオリジナル・キャスト盤だけではなく、TVシリーズの音楽も一気にポピュラー音楽の一ジャンルにまで高めてくれた歴史的なアルバムである。映画音楽がお好きな方だけでなく、多くの方に聴いてもらいたいアルバムである。

 
The Music from Peter Gunn (1958-1961 TV Series)

The Music from Peter Gunn (1958-1961 TV Series)

  • アーティスト: Henry Mancini
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 1999/06/15
  • メディア: CD
↓ビデオをいくつか
Peter Gunn: Death House Testament

Peter Gunn: Death House Testament

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1996/06/18
  • メディア: ビデオ

Peter Gunn: Lynn's Blues

Peter Gunn: Lynn's Blues

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1995/08/18
  • メディア: ビデオ

Peter Gunn: Comic

Peter Gunn: Comic

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1996/02/06
  • メディア: ビデオ

ピーター・ガン

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1990/03/21
  • メディア: ビデオ
posted by MEICHIKU at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HARRY BELAFONTE『CALYPSO』

表題のアルバムは、Billboard誌においては記念すべきアルバムでもある1956年に発表されたものである。(発表から半世紀が流れました。)ということで、遂に'50'sのアルバムまでピックアップすることになりました... 本アルバムが「記念すべきアルバム」というのは、Billboardがアルバム・チャートを始めたのが1956年のことであり、本アルバムはその1956年の年間アルバム・チャートで1位を獲得したアルバムである。(ちなみに、毎週掲載されるようになった1956/3/24付けの初めてのレギュラー・チャートで1位を獲得したのも彼である。(本アルバムではなく「BELAFONTE」である。))また、本アルバムは4番目に1位を獲得したアルバムであり、更には初めて1位に返り咲くということを記録したアルバムでもある。その他、現在ではいずれも記録を更新されているものの、20週連続1位、通算31週1位というように、記録ずくめの超大ヒット・アルバムである。で、1956年の年間アルバム・チャート1位に続いて、翌年の1957年も年間6位にランクインしている。ということで、Billboard誌においてはいきなり飛び出した金字塔である。
 

収録されているのは以下の11曲である。(最近では6曲のボーナス・トラックが追加されたものもリリースされていますが、筆者が所有しているのはオリジナルの方なので、11曲ということで述べる。)『Banana Boat Song (Day-O)』『I Do Adore Her』『Jamaica Farewell』『Will His Love Be Like His Rum?』『Dolly Dawn』『Star-O』『Jack-Ass Song』『Come Back Liza』『Hosanna』『Brown Skin Girl』『Man Smart (Woman Smarter)』。

この中では、何と言っても『Banana Boat Song (Day-O)』である。あまりにも有名なこの曲は、数多くの映画にも使われることにもなり、彼の名前を知らなくてもこの曲は必ず何処かで耳にしているであろう。(あの「♪で〜〜お」である。)この曲はシングルとしても大ヒットを記録していて、1957年のBillboard年間シングル・チャートの15位(レギュラー・チャートでは最高位5位)を記録している。尚、余談であるが、アルバム・チャートの方では凄い記録を持っている彼であるが、シングル・チャートの方では何故か1位を獲得した曲がない。


その他、本アルバムはカリビアン・サウンドのゆったりとしたメロディが流れる曲が詰まっていて、『Jamaica Farewell』をはじめ、『Hosanna』『Man Smart (Woman Smarter)』なども現在ではスタンダード・ナンバーとなっている曲であり、古き良き時代ののんびりしたリゾート地の雰囲気をたっぷりと味わうことが出来る。(まさに「夏」をイメージさせてくれるアルバムである。)


「故きを温ねて新しきを知る」という諺があるが、本アルバムには現在でも輝きを失っていない長閑な安らぎがある。'80's前半のレゲエのブームから始まってワールド・ミュージックの一大ブームが起こったが、本アルバムに接してみると、本当に世界は広い、様々な音楽がある、ということを「当たり前」と思われることを教えてくれる。やっぱり「名曲はいつの時代でも名曲」なんですね。

Calypso

Calypso

  • アーティスト: Harry Belafonte
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 1992/04/28
  • メディア: CD

↓ボーナス・トラックありはこちらです。
Calypso

Calypso

  • アーティスト: Harry Belafonte
  • 出版社/メーカー: Universe Italy
  • 発売日: 2005/10/25
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「007/ON HER MAJESTY'S SECRET SERVICE」

007シリーズ第21作「CASINO ROYALE」が12/1に公開になるが、それに向けて、これまでのシリーズ全20作を7月からDVDで改めて見ている。(シリーズ40周年記念のDVD-BOX+「ダイ・アナザー・デイ」。一応、特典映像の方も改めて見ているので、1本を見るのに3時間半から4時間という時間が必要となる。尚、今度は全20作のアルティメット・コレクションのBOX(スーツケースに収納)が発売されるのですね。全作吹き替え版もあるということで、一応は「アルティメット」と感じます。(が、40周年のBOXを持っているので、流石に購入の方は...)で、今回は2代目ボンドの唯一の作品であり、シリーズ第6作となる「女王陛下の007」です。


尚、007シリーズに関してはHPの方に資料として作っていますので、そちらもご覧頂ければ幸いである。(ここをクリックしてください。)尚、各作品については「作品解説」と「脱線メモ」という2本立てで記していますが、前者は筆者が書いたもの、後者は年間に映画を600本以上見るという友人のG氏が書いたものです。


「ON HER MAJESTY'S SECRET SERVICE」これは1969年製作のシリーズ第6作であり、フレミングの原作小説は1963年に書かれたものである。この作品は映画シリーズの中でも最も原作小説に忠実な物語であり、ラストではボンドが本当に結婚をするという異色の作品でもある。(映画のラストは本当にハッピーエンドではない唯一の作品でもある。)原作に忠実と言うことで、原作小説の方も読んでみることをお薦めします。


監督はこれまでのシリーズでは編集を担当していたピーター・ハントが監督に昇格した初監督作品でもある。脚本はリチャード・メイバウム、ボンドは2代目となるジョージ・レイゼンビー(2代目ボンドの唯一の作品でもある。)、ボンドガール(ボンドの妻になる)トレーシーにはダイアナ・リグ、スペクターのボス・ブロフェルドにテリー・サバラス、トレーシーの父にガブリエル・フェルゼッティ、バーナード・リー、デズモンド・リュウェリン、ロイス・マックスウェルというM、Q、マネーペニーも当然登場する。そして、主題歌を歌うのはルイ・アームストロングで、「We Have All The Time In The World」という優しいラブ・ソングを熱唱している。(これは挿入歌扱い)オープニングのインストのテーマ曲(同名タイトル)は重厚さとスケールの大きさを感じる一曲である。公開当時は評価が低かったのだが、'90'sになってから再評価されて、現在では高い評価を得ている作品でもある。(まさに手のひらを返したような扱いの差となっています。公開時、興行的には失敗してしまったということもあるのでしょうが、TV放送でも滅多にON AIRされず、ビデオなどの発売でも、本作が発売されて全シリーズ作品が揃う、と言ったような扱いを受けていたのが、今では「誰が2代目ボンドを演じていても失敗しただろう」というように言われるようになり、原作に忠実ということと、人気ボンドの人間的な一面が描かれていること、またスペクターの細菌を使った作戦のスケールの大きさ、スイス・アルプスを舞台にしたスキー・チェイスなど、あらゆる所で評価が変わり、「素晴らしい」ということに成ってしまったのですから、評論家の言うことって、いい加減なものでもある。)


物語は、スペクターの首領・ブロフェルドを追い続けていたボンドだったが、その手掛かりが掴めないでいた。ある日、ふとしたことから一人の女性を助けたボンドだったが、その彼女・トレーシーとの出会いはボンドの運命を大きく変えることになる。また、この出会いが得られなかったブロフェルドに関する情報を得ることにも繋がっていく。ブロフェルドはスイスに逃亡していて、新たな野望に燃えていた。紋章院のヒラリー卿になりすましたボンドはブロフェルドに接近する。が、そこではブロフェルドは細菌兵器を使った人類抹殺計画を進めていた... スキー、ボブスレー、ストック・カー・レースによる追っ駆けっこはスピード感があり手に汗握るものである。


本作は、秘密兵器も登場するが、それに頼ったど派手なアクションはなく、スポーティなアクションを中心としたものになっていて、こういう所もよりヒューマン・ライクなボンドを描くことに繋がっている。何せ、あのJames Bondが本気で恋に落ちて結婚までしてしまうのですから、これだけでも異色作となるが、アクション・ヒーロー作品では考えられないようなエンディングといい、本当に異色作である。が、そこはやっぱり007であり、見所満載の娯楽アクション作品となっている。


尚、次作「ダイヤモンドは永遠に」は本作から続く形で物語がスタートするし、12作目の「ユア・アイズ・オンリー」の冒頭ではボンドがトレーシー(テレサ)の墓参りをするところから始まるというように、シリーズでは後にしっかりとフォローもされています。(そういう甲斐もあって、本作が評価されるようになったと言うことは嬉しい所です。)現在は6代目にバトンが渡されたボンドですが、こういう作品があっても良いところです。また、本作は第20作の「ダイ・アナザー・デイ」までで本編時間が最も長い作品であり、異色のラストまで、たっぷりと味わってください。

 
posted by MEICHIKU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

番組告知・ドラマ「ケータイ刑事 THE MOVIE」

8/27の「銭形雷35話(2nd.9話)」でちらっと記したが、表題の宣伝番組が流れたので、それについて一応記しておく。放送されたのは深夜のことであり、時間は1分間ということで、始めから宣伝だということは分かっていました。が、もしかして何かの新情報(例えば、「ケータイ刑事 THE MOVIE」をBS-iがON AIRする等)が得られないかと期待したのだが、結局収穫はなしでした。(その前には「あずみ」が9/2の深夜24:30からBS-iで放送されるという番宣がありましたから...)


流れた映像は、映画の見せ場である3人で愛ちゃんの口上を言う所と、エンディング前の泪ちゃんの携帯に愛ちゃんからメールが届いた所(「逮捕しちゃおうか」)、(当然、映画のタイトルは最初にあります)がダイジェスト的に流れました。(でも、映画館でもDVDでも複数回見た映像です。(って、当たり前ですが...))


また、これも当然と言えば当然ですが、本作DVDが発売になったばかりなので、「ケータイ刑事 THE MOVIE「バベルの塔の秘密 〜銭形姉妹への挑戦状」DVD絶賛発売中」というテロップがありました。(とにかく、プレミアム・エディションの方は、既にオークションでは2倍以上の値段になっています。→予約しておいて良かった良かった.....)


でも、この内容だったら、正確には「番組告知」ではなく「映画DVD告知」と言った方が正しいのでは?(「番組告知」とあったら、ON AIRする日が決まり、そのお知らせではないかと思ってしまいます。→BS-iは毎週日本映画を放送している枠(火曜日21:00〜)があるから、番組改編期である10月か、今年の年末ぐらいには地上波に先だってON AIRするのではないかと思っていますが...)


尚、BSデジタル放送では基本的に「一回録画可」というコピー制限が掛けられているのだが、この番宣はそれが掛かっていませんでした。つまり、これはDVDにダビングしても「ムーブ」ではなくコピーされると言うことであり、HDDにちゃんと残るということです。ということなので、「銭形雷」を録画してそれを焼いたDVD-RWの余っている所にダビングしまくるということも可能ということになります。(そこまでするかどうかはまた別問題ですが...)

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 (HD-DVD)

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 (HD-DVD)

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD

 

↓これがあったので、追加します。(8/30 0:10)

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: DVD
posted by MEICHIKU at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ刑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOLLIES『THE BEST OF THE HOLLIES』

表題のベスト盤は1983年にリリースされたものであり、LP時代にリリースされたものの一つである。彼らは'60'sの時代から活躍しているグループの一つであり、ポピュラー音楽の世界に有名なヒット曲を発表してきているグループの一つである。ということで、彼らのベスト盤というのは本アルバム以外にも色々なベスト盤がリリースされている。後にリリースされた充実したベスト盤と比べると物足りなさを感じてしまうベスト盤であるが、LPの時代であれば、これはごく普通のベスト盤と言うことになる。(他にも彼らのベスト盤はリリースされているということもあるのだろうが、本ベスト盤をCD化する際、ボーナス・トラックを追加するというようなことを行わなかったのは収録曲に自信があってのことなのか、それとも他のベスト盤をどうぞ、と言うことなのだろうか?)ベスト盤と考えたら物足りなさを感じてしまうが、収録されている曲の方には特に内容が悪いというようなことは無く、彼らの楽しいサウンドをたっぷりと堪能できるものである。(が、筆者が(LPで)所有しているのは本アルバムなのである。いずれは多数曲が収録されたベスト盤の方も入手したいと思っていますが...)


収録されているのは以下の全10曲である。『Just One Look』『Look Through Any Window』『I Can't Let Go』『Bus Stop』『Stop, Stop, Stop』『Running Through The Night』『It's You』『On A Carousel』『Pay You Back With Interest』『Carrie Anne』。


いずれの曲もが聴きやすいものであり、心地良さを与えてくれるものである。とにかく、派手なところは無く、おとなしいと感じてしまう所もあるが、その分は安心して聴くことが出来るサウンドである。(時にはオーソドックスなサウンドも聴きたくなるものです。)


ということで、筆者が所有しているLPを引っ張り出してみたものの、収録曲が多数収録されているベスト盤の方が一段と欲しくなったので、本アルバムではお薦め曲というものはピックアップしないことにする。(コレクターであれば本ベスト盤も入手するべきでしょうが、一般の方には、現在ではお薦めしません。)ベスト盤も、状況が変わると全く存在理由からも否定されてしまうものがあるということですね。

The Best of the Hollies

The Best of the Hollies

  • アーティスト: The Hollies
  • 出版社/メーカー: Emi Special Markets
  • 発売日: 1995/11/01
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HEART『MAGAZINE』

表題のアルバムは1978年に発表されたものである。が、本アルバムは政治的な曰くがあるアルバムとして有名なものである。1976年にアンとナンシーのウィルソン姉妹を中心としてデヴューした彼女たちの発表した1st.アルバム「DREAMBOAT ANNIE」は大ヒットを記録した。その後彼女たちはレコード会社を移籍したが、最初の会社が勝手に本アルバムをリリースし、裁判沙汰となって発売禁止になったというアルバムである。LPを持っていたら、貴重なものとなるが、CDではそういう特別な価値のない通常アルバムですか...(そういう過去がある本アルバムであるが、無事に解決したからこそCDでもリリースされている。)1st.アルバムのヒットがあったことから当然の如くヒットしたが、チャートの記録が今ひとつとなっているのはゴタゴタがあったためでもある。(Billboardの1978年年間アルバム・チャートで90位、レギュラー・チャートでは最高位17位を記録している。)


収録されているのは以下の全8曲である。『Heartless』『Devil Delight』『Just The Wine』『Without You』『Magazine』『Here Song』『Mother Earth Blues』『I've Got The Music In Me』。


この中の後ろ2曲(『Mother Earth Blues』『I've Got The Music In Me』)はライブ収録であるが、移籍ということによる音源不足を何とかしようとした努力が感じられるが、これがライブということで、今になって言えることであるが、デヴュー当時のHEARTのライブは質が高く、それを聴くことが出来るというのは嬉しいことでもある。


お薦め曲は『Devil Delight』『Without You』をピックアップしておく。前者は1st.アルバムの雰囲気をそのまま持った聴きやすい一曲であり、後者はR & Bに傾いた曲であってじっくりと聴かせてくれる。ということで、完成度が高くて「名盤」の誉れのあるデヴュー・アルバムの雰囲気を味わうことが出来るのと、より彼女たちの世界に踏み出したサウンドを聴くことが出来るのは嬉しいところである。


現在では問題なく入手することが出来る本アルバムであるが、コレクターであれば、発売禁止となったLP(当然のことであるが、US盤)を入手したい所であるが、これだけは中古レコード店を何軒、何十軒と回ってもお目にかかれたことが一度もない。いずれは何とかして入手したいと思っているが、リリースから30年近くが流れようとしており、しかも時代はLPからCDに完全に変わった現在、日本に本アルバムのUS盤は一体何枚存在していることでしょうか?(ということで、サウンドのことではないことに拘りを持っている筆者です。)

 
Magazine

Magazine

  • アーティスト: Heart
  • 出版社/メーカー: Cema Special Markets
  • 発売日: 1995/06/16
  • メディア: CD
posted by MEICHIKU at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。